2017年7月6日更新

本田速人、バイクに乗ると人格が変わっちゃう白バイ警官を徹底解剖

こち亀

秋本治による漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場する白バイ隊員、本田速人。普段は気弱で温厚な性格の本田ですが、一度バイクに乗れば、その性格は一転!二重人格が疑われる本田速人を徹底解剖します。

目次

バイクに乗ると人格が変わる男・本田速人

本田速人とは、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場するキャラクターです。

所属はどうやら明確ではないようですが、白バイに乗っていることから新葛飾警察署交通課白バイ隊所属ではないかと言われています。それか、交通機動隊所属と特に定まっていないようです。

見た目はひょろひょろで、バイクなんて扱えそうにないほどのもやし体型で、性格は気弱で温厚。ヲタクな趣味を持ち、妹の影響からスイーツや、少女漫画が好きな中性的な面も垣間見える本田速人ですが。

バイクのハンドルを握った途端、人が変わったような荒々しい性格に変わります。先ほどまでの気弱そうな顔つきから一転、男性ホルモン全開のような表情になって、ひょろひょろだった体も何故かムキムキに変わっています。

主人公両津とはヲタクの趣味が合い、普段から友達として仲良くしている本田。バイクに乗っていなければ気弱な性格のままなので、両津の無理な誘いを断れずにいる場面も。

実は元暴走族総長

そんな二重人格が疑われる本田速人ですが、実は過去に「関東男連合」という暴走族の初代総長だったという経験があります。九州などで暴走族1000人を相手にし、ボコボコにし、数え切れないほどのバイクを破壊した、恐ろしい過去を持っています。

そんな恐ろしい経歴をもっているため、警察になった現在でも、過去の暴走族の仲間は本田を「レジェンド・オブ・ダークネス」崇めて、リスペクトされています。バイクに乗ると、荒々しい性格に変わってしまうのも頷けます。

実家はバイク屋を営んでいる

バイクが大好きな本田の実家は、「本田輪業」というバイク屋を営んでいます。父・改造と母の間に生まれ、3人兄弟の長男として育ちます。

本田という苗字からバイクメーカーは"ホンダ"を好んでいる息子に対し、父・改造は男なら"カワサキ"と譲らず、よく喧嘩になっています。父がカワサキを支持しているため、"本田輪業"という名前にも関わらず、お店にはカワサキのバイクしか置いてないようです。

本田家は少し変わっており、本田速人がバイクに乗ると人格が変わるのに対し、父親はつなぎを着ると人格が変わります。そして妹の伊歩は象に乗ると性格が変わり、末っ子の門樹は自転車に乗ると性格が変わるという、二重人格一家です。

ただし、お母さんだけは普通の方のようです。遺伝ってことなのでしょうかね。

妹には溺愛している

そして、本田は3人兄弟の長男で下に妹の伊歩がいますが、伊歩には溺愛しているよう。

スイーツや少女漫画といった趣味も妹の影響からだそうです。優しい性格で美人の伊歩のことを非常に大事にしている本田速人は、彼女が嫁に行くという話を知り、あまりのショックで暴走族に逆戻りしてしまうほどでした。

しかし最後は妹の幸せを願う兄の姿に戻り、暴走族を解散して無事に伊歩の結婚を祝福できました。

乙姫菜々とは恋人同士

普段バイクに乗っていない時は、乙女チックなものが大好きで、スイーツ、少女漫画、料理と趣味まで女々しい本田。そのせいか、(しかもバイクに乗ると性格が変わる二重人格のため)なかなか付き合った女性と長続きしません。

しかし、ようやく同じ趣味で気があった乙姫菜々とは恋人同士の関係を保っています。今回は長続きするといいですね。

本田の愛車

本田の使用する愛車・白バイは、ホンダのCB750 Four。ステレオでは矢沢永吉を聞いています。

他の白バイ隊員たちは、基本VFR750/800PやGSF1200Pに乗っていますが、本田のみいまだにCB750 Fourを乗り続けるというこだわりよう。

プライヴェート普段乗っているのはCBX1000と、GSX1300Rハヤブサです。バイクが好きな気弱な本田はこれに跨ると、ムキムキのマッチョになって、男らしい性格になれるのです。

本田速人の声優は?

二重人格の本田の声優は、家中宏です。

家中は1958年生まれの声優で、数多くのアニメや洋画の吹き替えを中心に幅広く活躍している人物です。

『ファイト・クラブ』などで有名なエドワード・ノートンの声もこの方が専任で吹き込んでいるそうですよ。