2017年7月6日更新

秋本麗子、『こち亀』の美しすぎるハーフヒロインの魅力を紹介

抜群のスタイルと風になびく金髪のロングヘアのハーフ美女が、『こち亀』の女性キャラの間でも特に人気が高い秋本・カトリーヌ・麗子です。麗子もまた、中川に負けず劣らずの大金持ちで、そのあっと驚くような富豪キャラを見せつけてくれます。

『こち亀』のヒロイン、秋本・カトリーヌ・麗子

金髪のロングヘアに迫力あるプロポーションが印象的な秋本・カトリーヌ・麗子は、フランス人と日本人とのハーフ。父は貿易会社の社長、母は世界的なファッションデザイナーと、生まれながらのお嬢様です。

幼い頃からその美しい容姿を見初められ、モデルとして多数活躍するなど、華やかで輝かしい経歴の持ち主でもあります。亀有公園前派出所では紅一点的存在であり、男性警官の中で果敢に活躍する『こち亀』のヒロインです。

初登場シーンがすごい

秋元麗子が漫画に初めて登場したのは第100話、アニメでは1話からの登場となっています。寺井の補欠員として公園前派出所に配属されました。

麗子と言えばポルシェを乗り回しているイメージがありますが、初登場時には驚きの出勤スタイルを取って話題となりました。ミニパトで乗り付けたのは良いものの、そのまま派出所にドアを突き破って突っ込んでくるという、両津勘吉も顔負けの破天荒さです。

幼少期から行動力がありすぎる

幼い頃からその美しい容姿で世間からも注目されていた麗子。フランスのパリで生まれ、幼少期を過ごしていましたが、モデルとして活動するうちに、有名になりすぎてしまい、5歳の時に誘拐事件に巻き込まれてしまいます。

普通の子供なら恐怖に震えているでしょうが、さすがは麗子で、独りで犯人を捉えることに成功。この頃から、警察官としての適正が伺われますが、その行動力の凄まじさは、両親も気に病んでいるようです。

子供のころから勝気な性格でもある麗子は、上司である両津にも怯むことなく度々激しく喧嘩をしているシーンも多く見受けられます。

警察官だけでなく、会社も経営している

亀有公園前派出所に勤務する仲間である中川圭一と同様に、麗子もまた、会社経営を行っています。本来であれば、副業は禁止されているはずであるのに、なぜ問題なく経営を続けていくことができるのかは謎です。

両津勘吉も良くサイドビジネスに手を出して散々な目にあっていますが、副業を続けるためにもう一つの戸籍を手に入れるなど、苦しい策ですり抜けているようです。

麗子の家族は?

社長令嬢である麗子の家族もまた、華やかで輝かしい経歴を持っています。麗子の父、秋本飛飛丸(ぴゅんぴゅんまる)は神戸で秋本貿易の経営者。母、秋本フランソワーズは世界的なファッションデザイナーという富豪一家です。

また両親の他にも、優という名前の妹が一人おり、オックスフォード大学の学生です。

実は両さんのことが好き?

その勝気な性格からか何かと両津に反発するような時もありますが、基本的には両津のことを慕っており、良く行動を共にしています。そのため、両津の行動パターンや思考パターンを知り抜いていて、うまく操っているとも言えます。

上司である両津のことを親しげに「両ちゃん」と呼ぶなど、好意を持っているとも思える態度を良く取りますが、本人ははっきりと意思表示はしていません。

中川は、二人の日頃の仲の良い様子から、麗子は両津のことが好きなのではないかと疑っています。

愛車はポルシェ

麗子の愛車と言えば、ポルシェ。中川がフェラーリやランボルギーニで出勤しているので、亀有公園前派出所の駐車場はとても華やかな光景になっていることでしょう。

麗子の運転技術はとても高く、追跡などでもその腕前を発揮していますが、ハンドルを握ると人格が変わってしまうスピード狂としても知られています。

秋本麗子の声優は?

テレビアニメ『こち亀』の秋本・カトリーヌ・麗子の声優を務めるのは、森尾由美です。

女優業やタレント行での印象が強い彼女。昼ドラマ『大好き!五つ子』で五つ子を束ねる母を演じたことで有名です。しかし麗子の声優を務める前にもあだち充原作のアニメ『陽あたり良好!』で、主演の岸本かすみ役を務めるなど、声優としてのキャリアも重ねています。