2017年12月18日更新

ミラ・ジョヴォヴィッチについてのみんな知らない13の事実

ミラ・ジョヴォヴィッチ
WENN.com

『フィフス・エレメント』『ジャンヌ・ダルク』などに出演、大人気アクション『バイオハザード』のアリス役としてお馴染みのハリウッド女優ミラ・ジョヴォヴィッチ。今回はミラ・ジョヴォヴィッチについてのみんな知らない13の事実を紹介します。

ミラ・ジョヴォヴィッチについてあまり知られていない事実13選!

ミラ・ジョヴォヴィッチと聞いて、名前と顔が一致しないような人でも「あのバイオハザードでライフルを両手で持っている女性」と言われたら大抵の人が分かるでしょう。 「バイオハザード」が彼女の代表作で、ミラ=アクション女優のイメージが定着していますが、「エターナル 奇蹟の出会い」で魅せたようなハートフルコメディでのパフォーマンス、「ストーン」で魅せたような妖艶な演技も光ります。 この記事では 大の日本好きとしても知られている彼女についての意外な事実を紹介します。

1.ミラ・ジョヴォビッチのプロフィール!

ミラ・ジョヴォヴィッチは1975年12月17日ウクライナキエフでセルビアの医師ボグダノヴィッチ、ロシアの女優ガリーナの子供として生を受け、5歳の時アメリカのカリフォルニアへと生活の場を移しました。

2.モデルとしてキャリアをスタート!?

幼少期からモデルとしてキャリアをスタートしたミラ・ジョヴォヴィッチは11歳の時初めて雑誌のカバーを飾り、その後すぐに映画の世界へ進出することになります。

3.リュック・ベッソン作品が出世作!?

ミラ・ジョヴォヴィッチの映画デビューは1988年『トゥー・ムーン』サマンサ役ですが、ブレイクを果たすのはそれからおよそ10年後1997年のことでした。 リュック・ベッソン監督のSF映画『フィフィス・エレメント』リールー役での演技が高く評価され、ミラは大きく飛躍を遂げます。

4.シンガーソングライターとしても活躍!?

女優やモデルとしての活動にとどまらないミラ・ジョヴォヴィッチはシンガーソングライターとしても才能を発揮しています。 彼女が18歳の時、“The Divine Comedy”というデビューアルバムをリリースしました。現在はオンラインで作品を発表し続けています。

5.10代の頃は母と2人暮らし!?

ミラは10代の時、母親と2人暮らしだったそうです。その理由は父親が不祥事を起こし、7年間刑務所に服役していたためです。

6.ミラ・ジョヴォヴィッチの好きなもの!?

彼女の趣味は旅行と料理、好きな色はピンク。大好きな映画としてスタンリー・キューブリック監督ジャック・ニコルソン主演の『シャイニング』をあげています。

7.スタントを自らこなしていた!?

ミラ・ジョヴォヴィッチの代表作といえば日本の人気テレビゲームを映画化した『バイオハザード』シリーズ。激しいアクションが大きな特徴の作品ですが、本作でミラはほとんどのスタントを自らこなしていたそうです。

8.オレンジ色の髪を維持するのは大変だった!?

『フィフィス・エレメント』のリールーはオレンジの髪が印象的なキャラクターです。 ミラ・ジョヴォヴィッチはビビッドなオレンジ色を維持するため、何度も髪を染め直したことで髪にダメージが溜まり、ほとんどの髪が抜け落ちてしまったそうです。 その後はウィッグを制作してリールーの髪色を維持したそうです。

9.2度の離婚歴がある!?

1992年、ミラ・ジョヴォヴィッチはショーン・アンドリュースと結婚しましたが、結婚生活はわずか数か月しか続きませんでした。 1997年、『フィフィス・エレメント』の監督リュック・ベッソンと2度目の結婚をしましたが、その2年後に離婚しています。

10.現在は幸せな結婚生活を送っている!?

2009年、ミラは『バイオハザード』の監督として知られるポール・W・S・アンダーソンと3度目の結婚をし、2人の子供を授かりました。今回の結婚生活は現在も続いているようです。

11.わずか4週間で仕事復帰!?

2007年、11月3日ミラ・ジョヴォヴィッチはポール・アンダーソンとの間の子供エヴァーを出産しました。そのわずか4カ月後、ミラは『パーフェクト・ゲッタウェイ』の撮影を開始していました。

12.『アベンジャーズ』出演俳優と共演が多い!?

ロバート・ダウニー・Jr(『チャーリー』(1992))、サミュエル・L・ジャクソン(『ノー・グッド・シングス』(2002))、トーマス・クレッチマン(『バイオハザードⅡアポカリプス』(2004))、クリス・ヘムズワース(『パーフェクト・ゲッタウェイ』(2009))と、ミラ・ジョヴォヴィッチは『アベンジャーズ』出演俳優5人と共演経験があります。

13.ミラ・ジョヴォヴィッチのミュージックビデオには元ネタが存在した!?

1994年に発表されたミラ・ジョヴォヴィッチのミュージックビデオ“The Gentleman Who Fell”はマヤ・デレンの短編映画『メッシュズ・オブ・ジ・アフターヌーン』(1943)が元ネタです。