『北斗の拳』美しさにこだわっているユダの疑惑も検証してみよう!

2017年7月6日更新

ユダは、『北斗の拳』に登場する人物の中で、もっとも美しさにこだわりを持っているとされています。中性的な美しさをも持つユダの魅力を見ながら、疑惑の検討もしてみましょう。

ユダのプロフィール

ユダは、身長183cm、体重99キロ、首回り43cm。スリーサイズは、バスト133cm、ウエスト93cm、ヒップ108cmです。

背中まである紅いロングヘアはウェーブがかかっており、左右の髪の一部は編んであります。また、深紅の軍服に紫のマントを着用、薄緑色のマフラーと、「UD」と印のある金色のブレスレットを装着しています。

顔には化粧が施されており、中性的な容姿も持っています。

南斗紅鶴拳の使い手

ユダは、南斗六聖拳「妖星」の男として登場します。

拳速に優れていたことから南斗紅鶴拳の伝承者としても存在します。南斗紅鶴拳のその拳名は、返り血で身を紅く染める鶴の姿から由来されています。

衝撃波から斬撃に長じる動きをもった技です。

裏切りの星ではない!

ユダは、「裏切りの星」とも言われる「妖星」の男とされ、裏切りの宿命を背負っています。

しかし、彼自身はこの宿命にもこだわりを持ち「裏切りの星」を否定しています。自ら「最も美しく輝く星、天をも動かす美と知略の星」と語り、それに誇りを持っています。

自分の美しさには絶対の自信

ユダは、自分の美と知略を誇るナルシストでもあるのです。

自分の星の宿命を否定し、美しさと置き換えていることからも自身の美に絶対の自信を持っているとも言えます。普段から、紅色のアイシャドウと紫の口紅といった化粧をしていることで妖艶さも見せています。

また、自分の美しさげの自信と異常なまでの美への妄執から、修行時代よりレイの技の華麗さに対して激しい嫉妬心を抱いていました。

南斗六聖拳の分裂はユダが原因

核戦争後、ユダは拳王・ラオウのもとへ配下の南斗二十三派を引きつれていき、手を結ぶことになります。

これは、実質的に拳王上位の同盟関係となりますが、南斗六聖拳分裂の引き金にもなりました。しかし、この行動の黒幕はサウザーであるとされています。サウザーは戦乱の世にしたいがために、ユダを動かし思惑通りの世界へと近づきます。

彼の行動がきっかけとなりましたが、彼だけが原因とはいえませんね。

レイとの闘い

レイに嫉妬心を抱くユダは、ラオウとの闘いに負け余命いくばかになったレイの醜態を嘲笑います。これがきっかけとなりレイとの闘いが始まります。

決闘では、追い詰められたレイが出した奥義に、ユダが再び心を奪われてしまい不覚を取り負けてしまいます。

異常なまでの美への妄執が、敗北へと導いてしまったのでしょう。敗北したユダは死を迎えますが、嫉妬心を抱いていたレイへの気持ちに気づき想いを伝えた後に息を引き取ります。

あれ?ユダに抱く疑問

ユダは、レイとの決闘で死を迎えます。そして最期に、レイに対する憎しみは愛情と羨望の裏返しであったことを告白し、レイの胸に抱かれて息を引き取ります。

しかし、レイは南斗六聖拳「殉星」の男のひとりで、性別ももちろん男性です。この最期の告白は、ユダがゲイなのではないかといった疑問も抱かせます。濃い化粧と、美へのこだわりからもゲイであることを連想することはできますね。

一方でユダは、各地から美女を拉致し調教、居城にはべらせています。異常なまで美へのこだわりがゲイ疑惑へと繋がっているものなのかは謎に包まれています。

ユダの声優は誰?

主にテレビやゲームでのユダの声は、声優・島田敏が担当。島田敏は、『ONE PEACE』のフォクシー海賊団船長と悪ブラックドラム王国王ワポル、『ちびまる子ちゃん』のさくら友蔵、『忍たま乱太郎』のヘムヘムなど、多くの作品に声優として参加しています。

その他に、アニメ版『天の覇王』では谷山則章、北斗無双では馬場圭介はユダの声を担当しました。