『北斗の拳』瞬殺されちゃう南斗五車星の風のヒューイの魅力とは?

2017年7月6日更新

アチョー!という主人公・ケンシロウの雄たけびで有名な『北斗の拳』の、南斗五車星の一人ヒューイの魅力について様々な視点からご紹介していきます。これを見ればヒューイのファンになるかもしれません!

ヒューイのプロフィール

「南斗五車星」の一人で通称は「風のヒューイ」と呼ばれていて、実の兄にシュレンと、アニメ版では弟にシオンがいます。「風の旅団」を率いる彼は、機動性が凄いバイク部隊でラオウに挑んだこともあるようです。「五車風裂拳」という必殺技を持ち、空中に真空を起こし一瞬で鉄などを切り刻みます。

ヒューイは原作では一瞬にして死んでしまうキャラクターですが、アニメの方では原作よりも少し長めに登場しているようです。少し弱いところもありますが、それが彼の魅力でもあります。

南斗五車星の一人

南斗五車星は海・山・雲・炎・風の5戦士からなる、南斗正統血統のユリアを守護しています。それぞれ拳法の使い手であり、「海」はリーダー的存在のリハク、「山」はラオウも恐れた巨大男フドウ、「雲」は雲のように自由で型にはまらないジュウザ 、「炎」は火を自在に扱えるシュレンというメンバーです。

そしてヒューイは「風」で、真空波を空気中に起こす拳を持っていて、その拳は南斗聖拳に最も近い拳を使います。メンバーの腕には5つの星のタトゥーが入っており、自分の星の部分は他より大きくなっていてそれが南斗五車星の証です。

風の旅団のリーダー

風のヒューイが率いる風の旅団は、バイク部隊で全身青色の装飾の衣装を身にまとい敵をおびき出し各地の拳王侵攻隊を襲撃しています。弟シオンがサブリーダーを務めていて、ラオウ戦に出陣したりケンシロウ戦で負傷した兄を手当てするなど兄弟思いの弟です。

北斗の拳外伝 金翼のガルダでは地下街を守っていて、そこにガルダ現れバイクで襲撃しましたが奥義 鉄扇翔呀で切り刻まれてしまいました。

ラオウに一瞬にしてやられる

「風の旅団」を率いてラオウの侵略を止めるために戦いを挑み、初戦はヒューイ側が圧倒し勝利しますが、いざ一騎打ちになった途端に拳は通用せず一撃でラオウに倒されてしまいました。原作ではワンパンチの一瞬で倒される、可哀想なキャラクターとしてもお馴染みです。

またネット上では「いうなれば風のヒューイでしょ」という言葉も密かに流行っていて、ネタ元はニコニコ動画の実況で人気のあるM.S.SProjectのメンバーきっくんから発信されています。よく動画でも使うそうですが、何故この言葉が思いついたのかは知られていないようです。思わぬところにヒューイの名が使われていたのですね。

ヒューイの声優は誰?

1948年4月16日生まれ千葉県出身の曽我部和恭がヒューイの声優を務めています。戦国武将・長宗我部氏の末裔の由緒ある家系に生まれ、歌手を目指し大学を中退しタレント養成学校に入学しました。1972年公開アニメ映画『パンダコパンダ』のおまわりさん役で声優デビューを果たし、1974年『破裏拳ポリマー』で初主演に抜擢された経歴を持っています。

美形男子の声を演じることが多く、『パタリロ!』のジャック・バルバロッサ・バンコラン、『超電磁マシーン ボルテスV』の峰一平、『美少女戦士セーラームーン』のクンツァイト、『聖闘士星矢』の双子座のサガ・双子座(海龍)のカノン、『幽☆遊☆白書』の美しい魔闘家鈴木などが代表作としてあげられます。

地元千葉県の自治体で主催していた、劇団「陽気妃」の舞台演出家としても幅広く活動していました。2000年12月31日に声の衰えが原因で引退していて、後任は置鮎龍太郎、稲田徹らに引き継がれたようです。2006年9月17日に58歳という若さで食道癌を患い、沢山の方に惜しまれながら息を引き取りました。