『北斗の拳』心も実際も燃えている熱い男、炎のシュレン!

2017年7月6日更新

大人気マンガ『北斗の拳』に登場する見た目も心も熱い南斗五車星の一人シュレン。彼の挙法や今までの戦い、兄弟への熱い思いをご紹介します。これを機に『北斗の拳』をもう一度見直してみませんか?

シュレンのプロフィール

シュレン プロフィール

風のヒューイの兄星で、燐を使い炎を発生させることができる炎燐拳の持ち主・通称「炎のシュレン」。炎を使うことから髪の毛や衣装も全身赤で覆われています。

アニメでは2話目で登場が終わってしまいますが、アクセントを付けるところが変わっている独特の声優の声もあり、シーンが短いながら印象に残るキャラクターとして知られています。

南斗五車星の一人

南斗五車星

南斗五車星とは海・山・雲・炎・風の5つの星の戦士によって作られた、南斗正統血統のユリアを守り仕えている者たちのことです。

メンバーは「海」の「海の兵団」を率いる軍師リハク、「山」の鬼の拳も持ち「若草色の軍団」を率いるフドウ、「雲」の我流の拳を持ち「雲の軍団」を率いるジュウザ、「炎」の炎燐拳を持ちヒューイの兄星のシュレン、「風」の「風の旅団」を率いるヒューイの5人で構成されています。

シュレンは「朱の軍団」を率いていて、本人と同じく赤色で身を包んでいる軍団。また、シュレンの城というものを持っていてそこがアジトになっています。

炎燐拳の使い手

炎燐拳の使い手

炎燐拳は幼い時から内弟子となり練習していた挙法。燐を使い炎を操るシュレンの得意技の一つです。

今までに使った相手はヒューイやラオウがいて、少年時代のヒューイとの戦いでは体に燐を撒き挙を使って炎で包みました。しかし風を使うヒューイとは相性が悪く炎燐拳は吹き飛ばされてしまいます。

他の技で炎掌爆滅拳や双炎飛翔拳を使いますが、リハクが止めに入り勝負はつかず仕舞いで終わっています。

弟星ヒューイの仇をうちにいく!

ヒューイ シュレン

ヒューイは拳王の侵略を止めるため拳王侵攻隊を襲撃しましたが、拳王に傷一つ負わせることなく一撃で全身を飛ばされ命を落としました。そんなヒューイの仇をとろうとシュレンは再び拳王に挑むのでした。

出陣の際はヒューイに弔いの意味でシュレンの城を自ら燃やし、また帰る場所をなくすことで部下たちの拳王と戦う決意を固めさせました。再び拳王軍を襲撃したシュレンは火矢を放ち先制攻撃に成功し、シュレン撃退のために拳王が用意した凄腕の戦士2人もいとも簡単に五車炎情拳によって倒し、あっという間に拳王と一騎打ちにまで持ち込んだのです。

体がやられても闘いにいく熱いやつ

シュレン

ヒューイの仇だと戦いに挑んだシュレンは拳王と一騎打ちになり、得意の炎の技で背後から襲い掛かりますが拳王には行動がすべて見透かされてしまうのです。蹴り上げた足や拳も握り潰され、手も足も出ない状態が続き絶対絶命のピンチに追い込まれていきます。

しかしシュレンは諦めることなく、ユリアを泣かせるわけにはいかないと最後の力を振り絞り、炎で全身を包み飛びかかり攻撃を続けました。その攻撃もむなしく挙王には傷一つ付けることができませんでした。首を曲げられ倒されてしまいます。

傷を負っても最後までユリアやヒューイのことを思い、戦い続けるシュレンの熱い気持ちが溢れていますね。

シュレンの声優は誰?

若本 規夫

シュレンの声は、1945年10月18日生まれ山口県出身の声優・若本 規夫が担当しています。大学卒業後に警視庁機動隊に2年間務めてから、黒沢良のアテレコ教室を経て声優に転向した異色の経歴を持った人物です。

声優になったきっかけは、仕事を解雇され途方に暮れていたときにたまたま見た新聞に黒沢良のアテレコ教室のオーディションがあり、受けたら合格したというあっけないものでした。

今では代表作も多く、『サザエさん』のアナゴさん役・、『ドラゴンボールZ』のセル役・『人志松本のすべらない話』ナレーション・『嵐にしやがれ』ナレーションなど誰もが一度は聞いたことのある声優・ナレーションを務めています。