『北斗の拳』雲のジュウザを見ろ!やるときにやるのが男ってもんだ!

2017年7月6日更新

『北斗の拳』に登場する南斗五車星の一人・ジュウザ。ユリアの異母兄でリュウガの異母弟でもある美青年キャラです。彼の悲しき運命と見習うべき男らしい性格まで一挙にご紹介します!

ジュウザのプロフィール

北斗の拳 ジュウザ

ジュウザは身体能力が高く、ラオウから「前例を見ない変則的な拳」と評されるほどの自由奔放な我流の拳を持つのが特徴です。頭髪は原作では黒色ですがアニメでは兄リュウガと同じライトブルーで描かれています。

これまでのシリアスな性格の登場人物と違い、明るく奔放な性格で、その身を挺して闘い抜くという男らしさも兼ね揃えている為、出番は少ないですが多くの読者に愛されるキャラクターになりました。

南斗五車星の一人

北斗の拳 南斗五車星

南斗正統血統のユリアを護る集団「南斗五車星」は、海・山・雲・炎・風の五星で構成されており、ジュウザは雲にあたります。五人の腕にはそれぞれの星だけ一回り大きくなっている五つの星の刺青が彫ってあります。

南斗六星の一人であるユリアに仕えているため、五車星は南斗六星よりも格下の存在。ですが五車星の中ではジュウザが最強の実力を持つと言われています。

ユリアへの想い

北斗の拳 ジュウザ ユリア

美しい容姿と母性あふれる女性らしい性格から、数々の男たちを虜にしてきたユリア。ジュウザもその例外ではありません。

ユリアに心惹かれ次第に愛し始めてしまうのですが、実はユリアが自分の腹違いの妹だと知りショックを受けてしまいます。そこから彼は"儚む無頼の生"を送る運命を選択してしまいます。

任務を全うしていなかった?

北斗の拳 ジュウザ

「食いたいときに食い、飲みたいときに飲む」とまさに「雲」のような自由奔放さのジュウザ。物語前半では南斗の軍には協力せず南斗五車星としての務めには全く係わろうせず、リハクからの招集を無視し続けていました。

しかし南斗六聖拳・最後の将の素性を知ってからは、自らの命を賭けてラオウに挑んでいます。

ラオウとの闘い

北斗の拳 ジュウザ

ラオウの足止めを第一に考えていたジュウザは、ラオウを煙に巻き、黒王号を奪取してその場を去るというまさに我流の拳というトリッキーな闘いをしています。さらに伴をしてきたフドウの部下たちに、拳王軍の車両を落石で破壊させるように命じ、まんまと足止めに成功しました。

ジュウザはこの一撃に全てかけようと「撃壁背水掌」をラオウに打ち込みます。この一撃は決まったように見えましたが、ラオウはこれを受ける寸前に相手の肩の秘孔・鏡明を突くことで腕を麻痺させていた為、その一撃の威力は半減していました。

それでもラオウの腕一本でも取ってやろうと挑んだジュウザでしたが、ラオウの底知れぬ力を前にそれすらもかなわず息絶えてしまうのです。

ラオウの拳にも屈しなかった強靭な精神力

北斗の拳 ジュウザ

ラオウはジュウザから最後の将の所在と正体を吐かせようとしていましたが、彼は全身から血が噴き出し息が絶え絶えになりながらも最後まで口を割りませんでした。

その姿は男らしく、今でもファンの間では強靭な精神力だと語り継がれています。その後ラオウと黒王はジュウザを強敵と認め、遺体を丁寧に弔っています。

ジュウザの声優は誰?

北斗の拳 ジュウザ声優

テレビアニメ版では安原義人がジュウザの声を務めています。 安原義人(やすはらよしと、1949年11月17日生)兵庫県出身の俳優、声優で『ジャングル』シリーズの明石刑事役や、『マッドマックス』の第1作の主人公マックスの吹き替えも担当しています。

また、スピンオフ作品『天の覇王北斗の拳ラオウ外伝』では、『クレヨンしんちゃん』で野原ひろし役を演じた藤原啓治が担当しています。

パチンコ・パチスロ版では『ONE PIECE』サンジ役、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の吹き替えジャックスパロウ役でおなじみ、平田広明バージョンのジュウザとなっています。