『北斗の拳』義星に生まれたレイはかっこいいに決まってる!

2017年7月6日更新

大人気マンガ『北斗の拳』において、ケンシロウの相棒であるレイ。レイは、その美しい容姿と、人のために生き人のために死んだ生きざまから、男女問わず大人気のキャラクターです。そんな彼の魅力を一挙公開! プロフィールからその最期までまとめます!

レイのプロフィール

レイのプロフィールは、身長185cm、体重100kg、バスト132cm、ウエスト92cm、ヒップ106cm、首周り45cm。美しい長髪で、原作では黒髪ですが、アニメなどでは水色の美しい髪色でデザインされています。

また、女性と見まごうほどの美しさの持ち主で、登場シーンも女装しており、その美しさゆえに盗賊をまんまとおびき寄せることに成功しています。

ケンシロウの協力者となってからは、よきパートナーとしてケンシロウと共に戦う存在です。

最も華麗な南斗水鳥拳の男

レイの伝承した、南斗水鳥拳は、その動きが美しいことで有名。しかし、その動きは水面に浮かぶ水鳥のように、非常に優雅で華麗なものではありますが、その見目の麗しさに反して、その拳の威力は残虐非道の必殺拳と言われています。

指先だけで、相手の体を撫でるように拳を振れば、相手の身を切断することができます。敵は無数の肉片へと姿を変えるしかない、非道で残虐な拳なのです。また、その鋭い手刀は、空気中に真空波を生みます。このため敵に直接触らなくても相手の肉体を細かく切り刻むことも出来るという恐ろしい拳なのです。

鳥が舞うように、しかし凄まじい突進からの拳を繰り出し、瞬時に敵の体を切り裂くといった戦い方がメインではありますが、極意であり要である足の動きを封じられてしまえばその強さを失ってしまう、といのが弱点です。

人のために生き人のために死ぬ男

義星を伝承するレイは、この「義」という文字の意味のとおり、人のために生き、人のために死ぬ宿命を負った男です。

妹アイリを助けるために行動したり、マミヤのために尽くしたり、自分の死が迫っているのにケンシロウのために行動したり、といったようにまさしく義星の男でした。

はじめは周りから嫌われていた?

彼が登場した時は、自分の留守中に家族を惨殺して、最愛の妹アイリを連れ去った「胸に七つの傷のある男(=後にジャギであることがわかります)」への復讐の念に凝り固まり、非道で孤独な旅を続けていました。

盗賊を襲い食料を確保したりするなど、自分の利害を基準に物事を考えていたそうです。自分にとって不利だと感じると、あっさりと仲間を裏切って敵側につく、といったレイとしてはありえないような行動もとっていたのです。しかしケンシロウやマミヤと出会うことで、本来の義星の特徴、「人のために行動する」という彼らしさを取り戻していきます。

村のために戦うマミヤがレイを変えた!

牙一族のスパイとして、村に潜伏した先でレイはケンシロウとマミヤに出会います。

マミヤは、なんとユリアにそっくりの美しき女戦士です。彼女は、二十歳の誕生日の時、妖星のユダに襲われ、目の前で両親を殺された上に囚われの身となります。ユダは、各地から美女を拉致していました。マミヤも左肩に消せない「UD(ユダ)」の焼印を押され、心身共に傷つけられた、といった過去を持つ人物。ユダの元からなんとか生還したマミヤは、女であることを捨て、村を守るための戦うことを決意します。

そんな彼女が一生懸命村のために尽くしている姿に心を打たれたレイは、彼女を愛するようになりました。しかし、マミヤは村へやってきたケンシロウのことを想うようになるのです。

彼女と出会い、人のために生きるという本来の自分を取り戻したレイですが、彼女がケンシロウを愛していることを知った後は、それも含めて見守ることを決意します。まさに、人のために生き、人のために死ぬということを体現していますね。

ケンシロウを殺すために生きてきた?

そんなケンシロウのよきパートナーであるレイ。しかし初めはケンシロウを殺すために生きていました。

自分が留守の間に父母を惨殺され、妹が連れ去られたというつらい過去を持ちます。その犯人が「胸に七つの傷を持つ男」だという情報を得ていたのです。そのため、胸に七つの傷を持つ男を殺すことだけに執念を燃やして旅をしていました。

後にケンシロウの胸の傷に気付きましたが、ケンシロウの周りからの人望の厚さと、今までの付き合いから感じた人柄から「妹をさらったのはこの男ではない」と確信しています。実際の犯人は、ケンシロウを貶めようとしていたジャギだったのでした。

ラオウに新血愁を突かれた

ラオウがマミヤの村を襲うと知ったレイは、一人で村へ駆けつけました。しかし、ラオウの力はあまりに圧倒的で、全く歯が立ちません。その戦いの中、レイはラオウに「新血愁」を突かれてしまいます。

この「新血愁」を突かれると、徐々に肉体は破壊されていき、3日後には絶命してしまうのです。身体が崩壊していく苦痛に耐える中、マミヤから未来を奪って戦い続けることを宿命づけ、彼女の"死の運命"の鍵をも握る男であるユダの存在が発覚します。レイは余命僅かななか、愛するマミヤのためにユダを倒すことで、自分の最期を飾ろうとするのでした。こうして宿敵として戦うことになるのです。

ユダとの闘い

ユダは、妖星のもとに生まれ、自分自身の美しさを愛するナルシストな男です。彼は、修行時代にレイの技を見てその美しさに嫉妬して、自らの誇りを傷つけられたという過去を持ちます。ユダは彼を「自分より美しい男」として、ただ1人認めた相手で、美しさに執着していました。

そんなユダが未だにマミヤを苦しめている運命を変えるために、レイは最後の力を振り絞ってユダへと戦いを挑みます。足をとられて南斗水鳥拳の威力をなかなか発揮できずに苦戦しますが、ケンシロウの機転により、最後は美しい奥義を放つことができました。

ユダは、その美しさに心奪われて、レイに敗れます。美に執着したユダらしい最期でした。

ユダを倒したことで、マミヤの死の運命を変えることに成功。しかし、レイの寿命も同じくして尽きてしまい、彼は最期の姿を見せない様にただ1人で崩れ死んでいきました。まさに、人のために生きて人のために死んだのでした。

レイの声優は誰?

そんな男女ともに大人気のレイを演じたのは、声優の塩沢兼人。様々な有名作品に出演した大人気の声優です。

『キン肉マン』のジェロニモ、『クレヨンしんちゃん』の初代ぶりぶりざえもんや、『名探偵コナン』の白鳥刑事などその役の幅はコミカルな役からシリアスな役、なんでも似合うセクシーな声の持ち主でした。

残念ながらもう亡くなっているので、現代新しく『北斗の拳』関連の作品が生まれる際は、人気の若手声優が演じることが多くなっています。