『3年B組金八先生 第6シリーズ』のキャストの現在が気になる!

2017年12月16日更新

武田鉄矢演じる坂本金八先生でおなじみの『3年B組金八先生』。その第6シリーズのキャストの現在を調べてみました。性同一性障害の中学生役を演じた上戸彩のヒット作となりましたが、他にも売れっ子芸能人たちが多数出演していました。

2001年-2002年に放送された『3年B組金八先生 第6シリーズ』

『3年B組金八先生』シリーズは、日本を代表する学園ドラマで、1979年から2000年代まで、30年以上放送され続けているロングヒットドラマシリーズです。主人公の桜中学の教師・坂本金八を演じるのは、もちろん武田鉄矢。 シリーズごとに扱うテーマが異なり、その時代の世相を反映し、子供たちを取り巻く環境、教育、社会問題などを織り込んだ内容となっています。 第6シリーズは2001年から放送がスタートし、性同一性障害などを主なテーマとした作品でした。

鶴本直/上戸彩

『3年B組金八先生 第6シリーズ』でメインの中学生役を演じたのが、鶴本直役の上戸彩です。女性として生まれながら、男性の心をもった中学生役で演じるのが大変難しい役でした。このドラマへの出演で上戸彩は、その年のゴールデン・アロー賞(放送新人賞、最優秀新人賞)を受賞し、注目を集めました。 それからの活躍は飛ぶ鳥を落とす勢いで、様々なドラマや映画に出演、歌手としてソロデビューも果たし、国民的女優の地位を確立。2012年、EXILEのHIROと結婚、2015年に第一子を出産、今ではママとなりました。

成迫政則/東新良和

東新良和が演じた成迫政則は、複雑な家庭環境で暮らす男子中学生の役です。 父親は殺傷事件で服役、姉が強姦事件の被害者、祖母が痴呆老人のため、成迫政則は桜中学に転校してきて、金八の元同僚の家に預けられます。後半では一連の事件の主犯少年と対峙し、残された家族としての厳しい心の内を吐露します。 演じた東新良和は元ジャニーズ事務所所属で、2011年まで俳優として活動していましたが、2016年現在は芸能活動はしていないようです。『3年B組金八先生 第6シリーズ』出演後は、2003年NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で真田大助役を演じていました。

信太宏文/辻本祐樹

『3年B組金八先生』第6シリーズから第7シリーズにも出演し、貧困にあえぐ男子中学生信太宏文役を演じたのは、辻本祐樹です。芸能界デビューがこの『3年B組金八先生 第6シリーズ』だったのですが、それ以降、ドラマや舞台の世界で精力的に活躍しています。 最近では2016年、明治座ミュージカル『TARO URASHIMA』にダイオウグソクムシ参謀役で出演します。

青沼美保/本仮屋ユイカ

2016年現在、女優として活躍している本仮屋ユイカは、学級委員長の青沼美保役を演じました。上戸彩が話題をさらってしまった第6シリーズでしたが、本仮屋ユイカもしっかりと実力をみせつけ、その後のキャリアアップに活かしています。 ドラマや映画で女優として活躍していますが、2012年から2015年までTBSの情報番組『王様のブランチ』でメインMCを務め、活動の幅を広げファンを増やしました。

今井儀/斉藤祥太

イケメン双子芸能人として知られた斉藤兄弟の兄・祥太です。彼は、『3年B組金八先生』第6シリーズで、不良の兄の影響を受ける男子中学生役を演じています。 代表作はTBSドラマ『キッズ・ウォー2』紺野翼役や映画『タッチ』上杉達也役などで、2016年もフジテレビドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』第1話に出演するなど、芸能活動は続けています。番組の企画で全く知らない土地に移住するという企画に挑戦しているようです。

赤嶺繭子/佐藤めぐみ

佐藤めぐみは、東京都出身の女優で、ドラマや映画で活躍しています。彼女が演じた赤嶺繭子は私立高校への受験を失敗してしまう女子生徒の役でした。 2016年31歳になった佐藤めぐみは、2007年NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』で準ヒロイン・和田清海役を演じたり、2007年TBSドラマ『砂時計』でヒロイン・水瀬杏役を演じるなど、主役級の配役をされることが増えてきたようです。

江藤直美/鈴田林沙

多方面で活躍している鈴田林沙は、『3年B組金八先生』第6シリーズで、江藤直美という上戸彩演じる直に憧れの気持ちを抱く女子中学生役を演じました。 『3年B組金八先生』卒業後は、女優の仕事もしていましたが、ファッションの道を進み、デザイナー、ブランドスタッフとして活動しているようです。ロックミュージシャンの松岡英明と結婚、一児を設けましたが離婚しています。

長谷川賢/加藤成亮

加藤成亮は、ジャニーズ事務所所属NEWSのメンバー・加藤シゲアキの本名です。 NEWSとしてのグループの活動の他、小説家としての顔も持ち2012年小説『ピンクとグレー』を発表しています。以降も作品を発表し続けており、2016年『ピンクとグレー』が映画化され、2015年に発表した『傘をもたない蟻たちは』が2016年に連続ドラマ化されました。

木村美紀/森田このみ

木村美紀役を演じた森田このみは、高円寺の阿波踊り団体・葵新連の家系出身で、踊りをメインに活動しているそうです。女優としてもいくつか作品に出演しており、石田卓也が主演を務めた映画『キトキト!』や、小劇場の舞台などで活躍しているようです。

北村充宏/川嶋義一

木村美紀役を演じた川嶋義一は、現在は芸能活動をしておらず翻訳の仕事をしているようです。(写真・左) 『3年B組金八先生』第6シリーズで演じた川嶋義一役は、自らのいじめ体験ゆえに、堂々と男性だと宣言した上戸彩演じる直に敵意を燃やす男子生徒でした。

シゲル/三浦涼介

2010年『仮面ライダーオーズOOO』アンク役で人気に火がついた三浦涼介は、シゲル役を演じています。シゲルは、上戸彩演じる直と同じ性同一性障害という障害をかかえた役。 三浦涼介は、イケメン仮面ライダー俳優として人気が出た後は、引き続きドラマや映画、舞台などで活躍しています。2016年は東野圭吾の小説『手紙』のミュージカルに出演し主人公の弟・直貴役を演じ話題になりました。