2019年3月27日更新

「ごくせん」全シリーズ出演の主要歴代キャスト一覧【生徒役が豪華すぎた!】

ごくせん

主演・仲間由紀恵で、大ヒットを記録した学園ドラマシリーズ「ごくせん」。仲間由紀恵の代表作となり、生徒役から多くの人気俳優を輩出しました。初代の第1シリーズからファイナルの第3シリーズまで、豪華な歴代生徒キャストの現在の活躍をまとめます。

大人気ドラマ「ごくせん」のキャストが豪華すぎ!若手俳優の登竜門だった

森本梢子の同名漫画をテレビドラマ化した『ごくせん』。任侠一家で育った高校教師・山口久美子(通称・ヤンクミ)が、問題児揃いの3年D組を担当し奮闘する熱血学園ドラマです。主役のヤンクミを仲間由紀恵が務め、生徒役には若手俳優を多数起用。2002年放送の第1シリーズの高視聴率を受け、2005年には第2シリーズ、2008年には第3シリーズが放送されました。 第1シリーズがほぼ原作通りであるのに対し、第2シリーズ以降はオリジナル色が強いようです。仲間の出世作であると同時に代表作となった作品であり、生徒役として出演したことをきっかけにブレイクした俳優も多く、若手の登竜門的な番組としても注目度の高かったドラマでした。 それぞれのシーズンのメイン生徒を松本潤、亀梨和也、髙木雄也が演じジャニーズ俳優の輩出に寄与した作品でもあります。 2009年には、完結編となる劇場版『ごくせん THE MOVIE』が公開され、大ヒットを記録。マンガ、ドラマ、映画とすべての作品が話題になり、大ヒットとなった人気作品でした。ここでは、第1シリーズから第3シリーズに出演した主要キャストたちのその後の活躍をまとめていきます。

山口久美子(ヤンクミ)/仲間由紀恵

シリーズを通して、主人公の山口久美子(通称・ヤンクミ)を演じた仲間由紀恵。任侠集団・大江戸一家で育った熱血高校教師役で、おさげ髪に黒縁メガネのジャージ姿は、誰もが一度見たら忘れられない独特なコスチュームですね。 沖縄県出身の仲間は、映画初主演となった2000年の『リング0 バースデイ』で注目を浴びました。その後、ドラマ『TRICK』の山田奈緒子役や『ごくせん』の山口久美子役で大ブレイクを果たします。 それ以降、CM・ドラマ・舞台・映画で欠かせない女優となり、NHK紅白歌合戦やレコード大賞の司会など俳優以外の分野でも活躍しています。2014年に俳優の田中哲司と結婚し、2018年には双子の男の子を出産しました。

猿渡五郎(教頭)/生瀬勝久

リーゼント頭が特徴的な教頭・猿渡五郎(さわたりごろう)。問題生徒が多数いる3年D組を常に見張っていて、ヤンクミの天敵です。ヤンクミと至近距離で睨みあうシーンは、「ごくせん」のお馴染みになりました。「さわたり」が正しい名字ですが、D組の生徒たちには「さるわたり」と呼ばれています。 兵庫県出身の生瀬勝久は、俳優として多くの作品に出演し名バイプレイヤーとして知られていますが、タレント、司会者としての顔も持ちます。代表作には「ごくせん」シリーズの他に、「トリック」シリーズ、トリックのスピンオフ作品で生瀬がドラマ初主演を務めた『警部補 矢部謙三』、『リーガル・ハイ』などがあります。 権力者には媚びて自分より弱い立場の人物には厳しく当たる役を演じることが多い生瀬。誰かに憎まれそうな役どころですが、主役を引き立てるクセのあるキャラクターを演じる名脇役です。

熊井輝夫(くま)/脇知弘

ヤンクミのかつての教え子で、前シリーズに登場した“くま”こと熊井輝夫。短い金髪頭で体格もよく一見強面な外見ですが、実は人懐っこくて優しい人物です。実家はラーメン屋を営んでいます。高校卒業当初は継ぐ気がなかったため親子で喧嘩ばかりしていましたが、父親が急死したため現状を受け入れ熊井ラーメンを継ぐことになりました。 演じた脇知弘(わきともひろ)は、2000年のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』でGボーイズ・ワッキー役として俳優デビュー。脇役として学園ドラマ・コメディドラマからNHK大河ドラマまで幅広い作品に出演しました。2008年には大きな体格を生かしプロレスデビューを果たします。2019年現在、俳優業の傍らプロレスラーとしても活動しています。

「ごくせん」第1シリーズ「白金学院高校3年D組」の生徒キャスト

2002年に放送が開始された「ごくせん」第1シリーズ。松本潤、小栗旬など当時からすでに人気を博していたキャストが多く出演し、この作品を通じてさらなる飛躍をとげていきました。

沢田慎/松本潤

3年D組のリーダー的存在で文武両道のイケメン、沢田慎を演じた松本潤。 いまや国民的アイドルグループ・嵐として人気を不動のものにしていますが、俳優としても映画やドラマで活躍中です。 映画初主演となった2007年の『僕は妹に恋をする』以降、2013年『陽だまりの彼女』や2017年の『ナラタージュ』など、話題作に主演しています。 テレビドラマでは『ごくせん』の3年後、『花より男子』の道明寺司役でさらなる大ブレイクを果たしました。本作で後述の小栗旬と再共演しています。2016年には深山大翔役で主演した『99.9% -刑事専門弁護士-』が高視聴率を獲得。2018年にシーズン2も放送されています。

内山春彦(うっちー)/小栗旬

正義感が強く、沢田慎に次ぐリーダー格である“うっちー”こと内山春彦を演じた小栗旬。 『花より男子』に花沢類役で出演し、松本潤と再共演。これ以降、『リッチマン、プアウーマン』のようなラブコメから、『東京DOGS』や「BORDER」シリーズのような刑事役など、幅広い役柄で活躍しています。 NHK大河ドラマにはこれまで、『天地人』の石田三成役や『西郷どん』の坂本龍馬役など、計7作品に出演。2014年には月9初の時代劇『信長協奏曲』で、主人公のサブロー(織田信長)を演じました。 『クローズZERO』『宇宙兄弟』『銀魂』など、漫画原作の映画化作品に主演することが多く、いずれもヒットに導いています。2020年公開予定の『ゴジラVSコング(仮題)』で、ハリウッドデビューを飾ることも報じられました。

毛利研一/松山ケンイチ

3年D組の一員である毛利研一を演じた松山ケンイチ。 俳優デビューが『ごくせん』で、2年後の2004年には『ウイニング・パス』で映画初主演を果たしています。映画『デスノート』のL役や『デトロイト・メタル・シティ』のヨハネ・クラウザー2世役が話題となり、その柔軟な演技から“カメレオン俳優”と呼ばれるほどに。 2012年にはNHK大河ドラマ『平清盛』で主演を務め、一躍全国的な知名度を上げます。2016年の映画『聖の青春』では実在の天才棋士・村山聖を演じ、日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞しました。

大石雄輔/上地雄輔

同じく3年D組の一員である大石雄輔を演じた上地雄輔。 『ごくせん』出演後は、バラエティ・歌手方面で活躍。『クイズ!ヘキサゴン!!』の常連出演者となり、つるの剛士や野久保直樹とともに結成した音楽ユニット「羞恥心」で歌手デビュー、2009年からは「遊助」名義でソロ活動も始めました。 高校時代は横浜高校野球部でキャッチャーを務め、松坂大輔とバッテリーを組んでいたことも有名。この経験から、『アストロ球団』『ROOKIES』『バンクーバーの朝日』など、野球選手役を演じることも多いようです。

結城正人/ウエンツ瑛士

不登校の生徒・結城正人を演じたウエンツ瑛士。 『ごくせん』出演後は、2004年に小池徹平と音楽デュオ「WaT」としてCDデビュー。NHK紅白歌合戦にも2度出演しましたが、2016年には解散しています。 実は4歳の時からモデルとして子役活動を始め、NHKの『天才てれびくん』に5年間レギュラー出演していたという芸歴の長いタレント。 俳優としては2005年に昼ドラ『正しい恋愛のススメ』で初主演し、2007年には実写映画『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎役で主演を務めました。 2018年10月から1年半、日本での芸能活動を休止し、演技の勉強のためイギリス留学することを発表しています。

「ごくせん」第2シリーズ「黒銀学院高校3年D組」の生徒キャスト

前作の人気を受け、2005年に放送が開始された第2シリーズ。白金学院から黒銀学院へと舞台を移した本シリーズにも、亀梨和也、水嶋ヒロなど多くのイケメン俳優が出演していました。

小田切竜/亀梨和也

矢吹隼人の親友でクールな小田切竜を演じた亀梨和也。 1998年にジャニーズ事務所へ入り、『3年B組金八先生』第5シリーズで連続ドラマに初出演。2001年からは「KAT-TUN」のメンバーとして活動しながら、『ごくせん』の第2シリーズにメインキャストで出演し、矢吹隼人を演じた赤西仁とともに知名度を上げました。 『ごくせん』出演の年、『野ブタ。をプロデュース』にW主演した山下智久と音楽ユニット「修二と彰」を結成し、主題歌「青春アミーゴ」を発表。大ヒットを記録し、ミリオンセラーを達成しています。 映画では2012年の『俺俺』で単独初主演を務め、以降2015年から3年連続で『ジョーカー・ゲーム』『PとJK』『美しい星』と準主演作の公開が続いています。 また芸能界屈指の野球好きで、小学生の時は日本代表にもなったという亀梨。豊富な知識と的確なコメントで、スポーツキャスターとしても高い評価を受けています。

矢吹隼人/赤西仁

3年D組の仕切り役で、小田切竜の親友・矢吹隼人を務めたのは赤西仁。 ジャニーズ事務所では亀梨と同期であり、同じアイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーとして活動。『ごくせん』第2シリーズに出演し、亀梨とともに大ブレイクしました。 その後ドラマでは2007年に『有閑倶楽部』、映画でも2010年に『BANDAGE バンデイジ』で主演を務め、同年ソロアーティストとして全米デビューを飾ります。2012年にはキアヌ・リーブス主演の映画『47RONIN』でハリウッドデビューするなど、多方面で活躍を見せました。 2014年には正式にジャニーズ事務所を退社。これ以後は音楽活動に重点を置き、同年自身の公式サイトとファンクラブを設立。2017年に個人レーベル「Go Good Records」を立ち上げています。

土屋光(つっちー)/速水もこみち

扇子がトレードマークの“つっちー”こと土屋光を演じたのは速水もこみち。 2002年のドラマ『逮捕しちゃうぞ』で俳優デビューし、その後の『ごくせん』第2シリーズで一躍名を上げました。 2006年には、初主演映画『ラフ ROUGH』で第30回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。俳優としてキャリアを重ね、月9ドラマ『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』でも主演を果たし、2013年からはTBSドラマの「浅見光彦シリーズ」で3代目浅見光彦を務めています。 “料理上手な人はモテる”と聞いて、小学時代から料理をしていた速水。今ではレシピ本を多数出版するほか、情報番組『ZIP!』で料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。資格のキャリカレで「クッキングマイスター講座」を開講したり、キッチングッズ「MOCOMICHI HAYAMI」もプロデュースしています。

武田啓太(タケ)/小池徹平

金色の髪にピンを留めたキュートなルックスの武田啓太を演じたのは小池徹平。 2001年「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界入りします。俳優デビューは、2002年のドラマ『天体観測』。 同年には、同じバーニングプロダクションのウエンツ瑛士とデュオ「WaT」を組んで歌手活動を始めます。路上ライブなどで実力をつけ、2005年にメジャーデビューを果たしました。 「WaT」として、2度NHK紅白歌合戦に出場。『ごくせん』第2シリーズで注目を浴びた後は、NHKドラマ『鉄の骨』や映画『ホームレス中学生』などで主役を務め、俳優として実績を積んでいます。 2016年には「WaT」を解散。近年は舞台での活動に力を入れており、解散の年に主演を務めた『キンキーブーツ』は、2019年に再演が決まっています。

船木健吾/高良健吾

個性的な剃り込み坊主頭の船木健吾を務めた高良健吾。 俳優デビューが、2005年の『ごくせん』第2シリーズ。2006年には『ハリヨの夏』で映画デビューし、それ以降『蛇にピアス』、『白夜行』など映画を中心に活躍します。『蛇にピアス』では、特殊メイクでの全身刺青や顔に15個のピアスを施したことも話題に。 2011年に『時計じかけのオレンジ』で舞台初挑戦。さらに演技を磨き、2013年には主演映画『横道世之介』でブルーリボン賞主演男優賞を受賞するなど、俳優として高い評価を得ています。 テレビドラマでは、2016年に『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で有村架純とW主演を務めています。NHKドラマへの出演が多く、大河ドラマ『花燃ゆ』では高杉晋作、「精霊の守り人」シリーズでは主人公バルサと敵対するラウル役を演じ、強い印象を残しました。

三沢ヒロ/水嶋ヒロ

いつも若草色のTシャツを着ている三沢ヒロを務めたのは水嶋ヒロ。 『ごくせん』第2シリーズで俳優デビューした後、端役や脇役などで俳優としての経験を積み、主演した『仮面ライダーカブト』や『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』への出演で、その人気と注目度は一気に高まりました。 それ以降もドラマ『メイちゃんの執事』や『MR.BRAIN』、映画『BECK』や『黒執事』などの話題作に数多く出演。俳優としての地位を確立する一方で小説家デビューも果たし、『KAGEROU』で第5回ポプラ社小説大賞を受賞しています。 2016年4月には自身の会社を立ち上げ、同年5月には転職・求人関係の事業を行う会社のCLO(=チーフ・ライフスタイル・オフィサー)に就任するなど、その活躍は多岐にわたっています。この年にはアメリカのドラマ『GIRLS/ガールズ』にも出演し、海外ドラマデビューも果たしました。

「ごくせん」第3シリーズ「赤銅学院高校3年D組」の生徒キャスト

3年のブランクを経て、2008年に放送開始された第3シリーズにも、三浦春馬、三浦翔平など旬な若手キャストたちが集結していました。

緒方大和/高木雄也

3年D組のリーダー・緒方大和を演じた高木雄也。 Hey! Say! JUMPのメンバーで、ジャニーズ事務所のグループでの活動がメインですが、個人としても映画やドラマ出演などで活動の幅を広げています。 『ごくせん』第3シリーズが連続テレビドラマへの初出演となり、2009年には劇場版『ごくせん THE MOVIE』でも映画初出演を果たしています。 深夜ドラマ『私立バカレア高校』では、ドラマ・映画ともに立浪祥平役で出演。AKB48とジャニーズJr.の共演作として話題に。 2014年には、中島裕翔主演のドラマ『水球ヤンキース』で、主人公・稲葉尚弥のライバルとなる北島虎雄を演じ、Hey! Say! JUMPメンバーとの共演が注目されました。 2017年のドラマ『孤食ロボット』では、同メンバーの有岡大貴と八乙女光と3人で主演を務め、音楽ユニット「A.Y.T.」を組んで主題歌も担当しています。

風間廉/三浦春馬

緒方の相棒・風間廉を演じたのは三浦春馬。 4歳から子役として活動し、2006年に『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演。ドラマでは2008年に『ごくせん』第3シリーズに出演した後、『ブラッディ・マンデイ』で連続ドラマ初主演を果たしました。 その後『サムライ・ハイスクール』、『ブラッディ・マンデイ Season2』と、3年連続で主演ドラマが続き、2011年には『大切なことはすべて君が教えてくれた』の柏木修二役で、月9初主演も務めています。 映画でも目覚ましい活躍を見せ、2010年に『君に届け』で風早翔太、2015年には実写映画『進撃の巨人』でエレンを演じ、主役を張れる若手実力派の映画俳優としても名を馳せました。 2018年の『銀魂2 掟は破るためにこそある』では、重要な役所である伊藤鴨太郎を原作の漫画キャラクターになりきって演じ、新境地を開いています。

市村力哉(いっちー)/中間淳太

風間の取り巻きの一人で、オシャレないっちーこと市村力哉を演じたのは中間淳太。 『ごくせん』第3シリーズがドラマ初出演、『ごくせん THE MOVIE』が映画初出演となりました。『ごくせん』出演当時は関西ジャニーズJr.として活動していましたが、その後2014年には、ジャニーズWESTのメンバーに選出されます。 主にジャニーズWESTとしての活動が多く、個人ではバラエティ・情報番組のレギュラーや、関西テレビのドラマに出演しています。2016年からは、日本テレビの情報番組『ヒルナンデス!』の木曜レギュラーとして活躍中です。

倉木悟(クラ)/桐山照史

同じく風間の取り巻きの一人で、大阪出身のクラこと倉木悟を演じたのは桐山照史。 中間と同じく関西ジャニーズJr.として活動し、ジャニーズWESTのメンバーに選ばれています。『ごくせん』第3シリーズでは、オーディションでメインの生徒役6名の一人に選出。同じジャニーズ事務所から選ばれた髙木雄也、中間淳太の3人で“ごくせんトリオ”とも呼ばれました。 やはり映画初出演となったのは『ごくせん THE MOVIE』。2013年には『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲』で、同グループの重岡大毅とW主演を務めました。 『ごくせん』終了後もテレビドラマで活躍し、2015年にはNHK連続テレビ小説『あさが来た』にも出演。ヒロインのあさが嫁いだ白岡家の三男・白岡榮三郎役を演じて人気を博し、スピンオフ『割れ鍋にとじ蓋』でも同役を演じました。

神谷俊輔/三浦翔平

女好きで派手なメッシュ髪が特徴の神谷俊輔を演じたのは三浦翔平。 『ごくせん』出演前からモデルなどで芸能活動をしていましたが、『ごくせん』で存在感のある役を演じたことで俳優としても注目されるように。その後はほぼ毎クール各局のドラマに出演し続け、持ち前のルックスを武器に女性人気が上がっていきました。 2011年の映画『THE LAST MESSAGE 海猿』では、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。翌年には、続編『BRAVE HEARTS 海猿』にも同じく服部拓也役で出演しています。 AbemaTV配信のオリジナルドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』に主演した2018年には、女優の桐谷美玲との結婚も発表して世間の注目を集めました。

浜口公輝/前田公輝

9話のメイン生徒役で、ミュージシャン志望の浜口公輝を演じたのは前田公輝。 NHK教育テレビ『天才てれびくんMAX』出身の元子役で、テレビや映画、さらには舞台へと、着実に俳優としてのキャリアを積んでいます。 『ごくせん』第3シリーズと同年の2008年、『ひぐらしのなく頃に』で映画初主演。主人公の前原圭一を演じ、翌年には続編も公開されました。 2015年のドラマ『デスノート』で演じた松田桃太役が、ビジュアルも演技も原作そっくりと話題に。2018年には、谷崎潤一郎の短編を原案とした映画『悪魔』に鈴木役で出演し、その個性的な存在感を発揮しています。

本城健吾/石黒英雄

実家は豆腐屋、短気で喧嘩っ早い本城健吾を演じたのは石黒英雄。 第17回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、2005年に『ごくせん』第2シリーズで俳優デビューを飾っています。この時の役柄は、赤西仁演じる矢吹隼人の弟役でした。 『ごくせん』第3シリーズに出演した後は、脇役として多数の作品に出演しつつ、演技力を培っていました。なかなか主演作品に恵まれなかった石黒ですが、2016年ついに『ウルトラマンオーブ』で主人公のクレナイ ガイ役を射止めます。 もともとウルトラマンシリーズが大好きだったという石黒。その後も『ウルトラマンオーブ』のスピンオフや劇場版にも出演するなど、代表作となっています。

「卒業スペシャル'09」2年D組の生徒キャスト

第3シリーズ放送終了後、2009年3月28日に放送されたSPドラマ「卒業スペシャル'09」。「ごくせん」シリーズを締めくくるドラマとなり(2009年9月公開の映画『ごくせん THE MOVIE』で完結)、第3シリーズに出演していたキャストに加えて、ジャニーズの玉森裕太、俳優の賀来賢人が出演しました。

高杉怜太/玉森裕太

赤銅学院2年D組の高杉怜太。荒高から転校してきた札付きのワルで、すぐに学年を統率しクラスのリーダー格となります。緒方大和の幼馴染。倉木と衝突したことで三年と二年の間には確執が生まれましたが、ヤンクミの一言に感銘を受けその後はおとなしくなりました。 玉森裕太はジャニーズグループ「Kis-My-Ft2」のメンバーで、「卒業スペシャル」がドラマ初主演、『ごくせん THE MOVIE』が映画初出演となりました。本シリーズ出演後、数は多くありませんが俳優としても活動し、韓国ドラマの日本版リメイク『美男ですね』の桂木廉や、時代劇をベースとした料理ドラマ『信長のシェフ』、少女漫画原作の『ぴんとこな』などで主演を務めました。

望月純平/賀来賢人

もっちーこと望月純平は、高杉が転校してくるまでクラスを仕切っていたリーダー格でした。短気で喧嘩っ早い性格で、売店で焼きそばパンを巡って喧嘩に発展し、二年と三年の確執が生まれました。 2006年から俳優として活動している賀来賢人は、賀来千香子の甥です。本作出演時はまだ無名だった賀来ですが、出演後学園ドラマを中心に出演作が増え、2014年放送の朝ドラ『花子とアン』で知名度を全国区へ広げました。プライベートではドラマ『Nのために』で共演した榮倉奈々と意気投合し、交際へ発展。交際中からオープンな関係を続け、2016年にゴールイン。2017年には第1子が誕生しています。

「ごくせん」の生徒キャストは「金八先生」を踏襲してる?

ジャニーズパワーと隠れ新人のすごさ

『ごくせん』の全シリーズでメインの生徒役を務めたのは、全員ジャニーズ事務所のアイドルたち!というと、どうしてもあの伝説の学園ドラマ『3年B組金八先生』が思い出されます。 『3年B組金八先生』には、80年代の“たのきんトリオ”からHey! Say! JUMPまで、ジャニーズJr.のアイドルたちが生徒役で出演。そこで実力をつけて、若手俳優として羽ばたいていきました。『ごくせん』もまた然り! また、それまで子役やモデルをしていた新人たちも『ごくせん』出演で俳優として注目され、次のステップへ上がっていくことも。いずれにしても、学園ドラマの生徒役は、若手の登竜門として見事に機能していたようです。