2017年7月6日更新

『ドラゴンボール』世界一の暗殺者タオパイパイ(桃白白)を大紹介!

悟空を敗北へと追いやった、レッドリボン軍最高の殺し屋。仰天エピソードを持ち、今でもドラゴンボールの悪役との中で根強い人気を誇るタオパイパイとは一体どんな人物だったのでしょうか?彼のキャラクターについてご紹介します。

タオパイパイ(桃白白)のプロフィール

タオパイパイ(桃白白)は、悟空抹殺と悟空の持つドラゴンボールを奪取する為、最強軍団レッドリボン軍が遣わした世界最高の殺し屋です。悟空と幾度も戦った天津飯の師匠、鶴仙人の実弟であり鶴仙流の使い手でもあります。

ちなみに元々サラリーマンでしたが、脱サラして殺し屋家業を始めたという経緯があり、趣味は人殺しなのだそうです。

孫悟空の最初の難敵だったタオパイパイ

最強の殺し屋、タオパイパイに狙われた悟空は、彼と2度対決する事となります。何故なら1度目は惨敗してしまったからです。幼少の頃から敵なしに見えた悟空ですが、彼にはかすり傷1つ負わせる事すら出来ませんでした。

当時、やっと覚えていた悟空の必殺技「かめはめ波」ですら、タオパイパイの服をボロボロにする事しかできず。お返しに「どどん波」をくらい、倒れてしまいました。

「柱」がファンの中でとても熱かった!

ドラゴンボールを回収すべく悟空の元へ派遣されたタオパイパイですが、彼は移動の際に驚くべき手段を用いています。トン、と指先でついて建物の柱を折ったタオパイパイ。北東に2300キロか、と呟いて柱を真直ぐに担ぎ、宙に投げます。そしてその柱に飛び乗り悟空のいる場所まで辿りついてみせたのです。

恐るべし腕力。

タオパイパイが使っている技

タオパイパイの使っている必殺技といえば「どどん波」でしょう。どどんぱ、と読みます。これは鶴仙流の奥義で、指先に気を集中させて一気に気功波を放つ技です。種類的にはかめはめ波と同じエネルギー波ですが、こちらの方がエネルギーの消耗が少ない様です。

また、上級技にスーパーどどん波が存在します。サイボーグと化したタオパイパイが放つ必殺技で、本人曰く「今までとは比べ物にならない」との事でしたが、放った相手天津飯には残念ながら通用しませんでした。

タオパイパイのすごすぎるエピソード

世界一の殺し屋であるタオパイパイのエピソードの中でも特に衝撃的なものに、ブルー大佐の処刑があげられます。ドラゴンボールの略奪に失敗したブルー大佐を、「舌だけで倒す」と宣言し、実際にこめかみを舌で突く、という驚きの方法で殺害しています。

鍛え抜かれた肉体のなせる技なのでしょうか。また、理不尽さ満載のエピソードとして、服を仕立てた際、仕立て屋の主人に「代金の代わりに殺したい奴を殺してやろう」と提案。主人が断った所「ならば貴様が死ぬか?」と、人差し指で殺害したというものがあります。

趣味が人殺しだというのも納得です。

一回負けたぐらいじゃまだまだ消えないぞ!

悟空との再戦により散ったタオパイパイでしたが、その後サイボーグとなって復活した事で生き延びていた事が判明しました。殺し屋家業で稼いだ金を己につぎ込み、なんとサイボーグ化して復活したのです。悟空への執念がそうさせたのでしょう。

悟空への復讐と鶴仙人に反した弟子たちの始末の為に、第23回天下一武道会に出場したタオパイパイ。天津飯と対戦しましたが、修行によって強くなった天津飯の相手にはならず、あっさりと返り討ちに合ってしまいました。

タオパイパイの声優は誰?

最高の殺し屋タオパイパイの声を担当していたのは大塚周夫(おおつかちかお)です。1929年7月5日生まれ、東京出身で俳優・ナレーターとしても活躍しました。

低くダンディな声で知られ、大塚の代表作といえばアニメ『ルパン三世』の石川五エ門です。名言「またつまらぬものを斬ってしまった」でおなじみのあのキャラクターです。

他にも『美味しんぼ』の海原雄山や、意外な所では『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男も演じています。海外映画の吹き替えにも出ており、リチャード・ウィドマークの吹き替えのほとんどが彼によって演じられています。

2015年に虚血性心疾患のため病院でなくなり、多くの人に惜しまれました。