望月歩の演技力がすごい!いじめられ役など闇のある人物に定評あり

2017年7月6日更新

映画『ソロモンの偽証』やドラマ『マザー・ゲーム』で陰りを帯びた難しい役柄を見事に務め、存在感を示した望月歩。その演技力には定評があり、将来を期待される大型新人です。今回は、そんな望月歩についてまとめてみました。

望月歩って誰?

望月歩(もちづき・あゆむ)は、2000年9月28日生まれ。2015年公開の映画『ソロモンの偽証』で俳優デビューしたことで知られていますが、その前に2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』に出演し、平資盛の幼少時代を務めた経歴があります。

性格は真面目で負けず嫌いだそうで、オーディションにも強い意志を持って臨むのだとか。進化系ボードの「リップスティックDX」が得意で、お肉やショートケーキが好きなあたりは年相応の少年を感じさせる一方で、演技力は大人顔負けと言われ高い評価を受けています。

今回はそんな期待の新人俳優・望月歩についてまとめてみましょう。

映画『ソロモンの偽証』で俳優デビュー

望月歩の実質的な俳優デビューは映画『ソロモンの偽証』でした。本作は、ある生徒が不可解な死を遂げたことにより、クラスメイトたちが学校内裁判を開いて真相を解明していくという物語。1万人以上が応募した大規模なオーディションで望月が勝ちとったのが柏木卓也役です。

柏木卓也は物語の発端となる亡くなった生徒。クラスメイトらの調査により、当初は屋上からの飛び降り自殺とされたその死に関しての意外な事実が明らかにされます。

本作出演にあたり、望月は役作りのために原作を読んだり、監督のアドバイスで役の年表を作ったりしたのだとか。その努力により、いじめられ精神を病み最期は転落死してしまうという重要な役柄を見事に演じ切りました。

ドラマ『マザー・ゲーム』では引きこもりに

望月がレギュラー出演した2015年放送の『マザー・ゲーム』。裕福な家庭の子女が通う幼稚園を舞台に、木村文乃演じる庶民的なシングルマザー・蒲原希子がセレブママたちから嫌がらせを受けながらも毅然とした態度で立ち向かい、次第に友情を育んでいく様子を描いたドラマです。

望月が演じたのは、 檀れい演じる超セレブママ・小田寺毬絵の長男・小田寺彬。父親の仕事が原因で同級生から恨みを買ってしまい、不登校から引きこもってしまった少年です。

希子(木村文乃)と毬絵(檀れい)の交流が中心となるドラマの後半においてのキーマンであり、『ソロモンの偽証』に続き『マザー・ゲーム』でも闇を抱えた難しい役を務めあげています。

役柄にはあまり共感できない?

『マザー・ゲーム』でさらにその存在感を示した望月ですが、陰のある役が続き少し戸惑いもあったようです。豪邸に住む引きこもりという設定が実際の自分とはあまりにも違いすぎるため、役作りも入念に取り組んのだとか。

監督からは母親のことは嫌いではなく好きで、小学4年生の時に引きこもりを始めてしまうと聞かされました。だから僕なりに、小学生のころ、勉学で1番を目指すも少しずつ挫折を重ね続ける中、弟が生まれたことをきっかけに重圧に耐えられず感情が崩壊してしまったんじゃないかというふうに役について掘り下げました。また、怒りを表すシーンでは自分の中の怒りの感情を引き出して演じています。

また、映画『ソロモンの偽証』では、前述したように役の年表を作るなどして自分の中で役を固め高い評価を受けていますが、柏木役に関して以下のように語っています。

柏木はいじめられたストレスを間違ったかたちで友人に発散してしまうような男の子だったので、個人的には共感できない部分が多かったですね。僕的には、友人のために力を尽くす神原くんのような人でありたいと思っています。

望月歩は演技力に定評あり

出演作はまだ少ないものの、望月の演技力には定評があります。

『ソロモンの偽証』での精神を歪ませ不気味さを漂わせる表情、『マザー・ゲーム』での狂気と悲哀が渦巻くシーン。そして、ドラマ『コウノドリ』では、同級生を妊娠させてしまい生まれた子どもは結局養子に出すしかなかった無力な中学生の父親を丁寧に演じました。

俳優・望月歩の大きな魅力として、その細やかな表現力が挙げられるのではないでしょうか。

テラスハウスのスタジオメンバー入りで話題に!

面識のない男女6人の一つ屋根の下での生活を追ったフジテレビ系バラエティ番組『テラスハウス』。Netflixでの配信も決まった2015年9月からの新シーズン開始にあたり、望月が新スタジオメンバーとして加入し話題となりました。

番組登場時まだあどけなさの残る14歳。恋愛模様がメインの共同生活をウォッチングする番組のレギュラーに大抜擢です。スタジオメンバー最年少のフレッシュな感覚で、2015年9月から5ヶ月間務めました。

『秘密 THE TOP SECRET』に出演予定の望月歩

清水玲子の同名漫画を映画化した『秘密 THE TOP SECRET』は、生田斗真を主演に迎え、『るろうに剣心』の大友啓史監督がメガホンをとった近未来系サスペンス。被害者の脳に入り込み残された映像から事件の犯人を捜し出す通称「第九」と呼ばれる警察機関の活躍を描いています。

共演者も岡田将生をはじめ、吉川晃司、松坂桃李、栗山千明、椎名桔平など、人気と実力を兼ね備えたそうそうたるメンバーが名を連ねます。そんな同作のキャストに望月歩の名前が挙がりました。役名等の詳細情報は不明ですが、話題作への出演に更なる飛躍が期待されます。スクリーンでその姿を探してみてはいかがでしょうか。

映画『秘密 THE TOP SECRET』、2016年8月6日(土)にいよいよ脳内捜査の公開です。