2019年1月9日更新

俳優・伊藤健太郎が『今日から俺は!!』で新境地を開拓 デビューからの軌跡を辿る

2018年に改名後、俳優として大活躍中の伊藤健太郎。デビューは2014年のヒットドラマ「昼顔」でした。この記事では伊藤健太郎の俳優としての軌跡をたどります。

モデルから俳優へ!『今日から俺は!!』で大注目の伊藤健太郎とは

伊藤健太郎は1997年6月30日生まれ、東京都出身。知人の紹介で14歳の時にモデル事務所「ボン イマージュ」に入り、「MEN’S NON-NO」「FINEBOYS」「Choki Choki」「smart」などの雑誌や広告を中心にモデルとして活動をスタートしました。 モデルから俳優としても活動を始め、所属事務所も「aoao」へ。ドラマデビューは2014年の『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』、映画デビューは2015年の『俺物語!!』でした。 家族構成は両親と姉の4人で、本名も伊藤健太郎。高校生時代はバスケ部に所属していたそうです。趣味はスノーボード、特技はバスケットボールとドロップキックとのこと。そういえば、ドラマ『今日から俺は!!』でも見事なキックを披露していました!

俳優デビュー、ドラマ『昼顔』での演技に注目が集まる!

伊藤健太郎が初めて人前で演技をしたのは蜷川幸雄演出の舞台のオーディションで、当時は演技についてまだ理解不足でした。セリフだけを覚えて臨んだら、他の参加者の真剣さに羞恥心を感じたそうです。 しかし、これをきっかけに演技に興味を持つようになりました。 その後、2014年に17歳で『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』にて俳優デビュー。『昼顔』は上戸彩主演の不倫をテーマにしたドラマです。健太郎は高校生・木下啓太役でした。 不倫相手である高校教師(斎藤工)の教え子で、不倫のきっかけとなった車上荒らしをしたり、2人の不倫写真を撮って脅迫しようとしたり、先生の家にいきなり現われて険悪なムードにしたりと印象に残るシーンが多く、その体当たりな演技が注目を集めました。 実は監督が本当に厳しい人で、何度も怒られてかなり鍛えられたそうです。

その後も話題作に多数出演!若手俳優・健太郎として認知度が高まる

『俺物語』2015年公開

主演の鈴木亮平が30キロ増量という過酷な役作りで話題になった2015年公開の『俺物語!!』で映画デビューを果たしました。 常人離れした身体能力を持つ豪傑高校生、剛田猛男(鈴木)は電車で痴漢にあっていた女子高生、大和凜子(永野芽郁)を助け一目惚れしますが、幼なじみのイケメン砂川誠(坂口健太郎)に惚れたと勘違いして……。 『俺物語!!』はそんな高校生たちが巻き起こすドタバタラブコメディーです。 主人公猛男の友人であるお調子者の高校生・栗原役を演じましたが、当初は砂川役でオーディションを受けていたそうです。しかし、砂川は同じモデル出身の坂口健太郎に決まって悔しい思いをしたと語っています。

『学校のカイダン』2015年放送

2015年1月期放送の土曜ドラマ『学校のカイダン』で健太郎は千崎波瑠を演じました。 名門明蘭学園高校に特別採用になった主人公・春菜ツバメ(広瀬すず)は見下され、権力のない生徒会長を押し付けられます。しかし、天才スピーチライター雫井彗(神木隆之介)に手助けされ、学校の改革に乗り出します。 波瑠は学園を牛耳るプラチナ8の一員で、運動も勉強も出来るイケメン男子として他校からも評判ですが、プラチナメンバー以外を見下していて、キレると手がつけられない武闘派。過去にバスケ部で問題を起こしたことがあるようです。

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』2016年放送

2016年4月期放送のラブコメドラマ「できしな」では、健太郎は主演の中谷美紀演じるみやびの高校生時代に恋した同級生・桜井洋介役を演じました。 美容皮膚科開業医の橘みやびは、独身でプライドが高いアラフォーです。グルメ女子会で訪れた割烹「とくら」で、高校の同窓会で会った男たちの悪口に夢中になっていると、店主十倉誠司(藤木直人)から恋愛弱者であることを指摘されます。 それをきっかけに毒舌な十倉の恋愛指南を受けながら、みやびは婚活に励むように……。 健太郎は高校時代の回想シーンで登場します。バスケ部のレギュラーでチームを引っ張り、女子からも大人気だったという役どころです。

“テラスハウス”のスタジオメンバーに仲間入り

2016年には、Netflix配信のリアリティ番組『TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY』のセカンドシーズンで、スタジオメンバーとして参加。2月から翌年9月まで出演し、スタジオトークに挑戦しました。 『テラスハウス』は、シェアハウスに住む男女6人の青春模様を記録したリアリティ・バラエティ。伊藤健太郎はファーストシーズンから見ていたそうで、緊張して収録に臨んだといいますが、鋭いコメントでテラスハウスメンバーに突っ込みを入れていました。

2017年、映画『デメキン』でついに初主演

映画初主演となったのは、2017年公開の『デメキン』。原作はお笑い芸人・バッドボーイズの佐田正樹による自伝小説で、伊藤健太郎は主人公の佐田正樹を演じました。 幼い頃から「デメキン」と呼ばれていじめられていた佐田が、ケンカの腕を上げていじめっ子たちを返り討ちにし、福岡で最大勢力を誇る暴走族の総長になるまでを描いています。 真っ赤な髪にド派手な特攻服、暴走族のバイクを乗り回してケンカに明け暮れるというリアルな不良役を演じた経験は、『今日から俺は!!』の伊藤役にも繋がっているかもしれませんね。

2018年、芸名を「伊藤健太郎」に改名

以前は芸名を「健太郎」としていた伊藤健太郎。21歳の誕生日を迎えた2018年、『今日から俺は!!』で伊藤真司役を演じることをきっかけに、本名の「伊藤健太郎」に芸名を改名しました。 いつかは苗字を付けて、本気で役者として生きていきたいと思っていたこともあり、本名と同じ“伊藤”役を得たことは運命的出会いだったといいます。『今日から俺は!!』の撮影現場で、福田監督や三橋役の賀来賢人たち出演者に誕生日を祝ってもらったそうです。

改名後、俳優として映画・ドラマで大活躍

芸名の改名という区切りを迎えた2018年には、その決意通り俳優として映画やドラマで大活躍!なんと合わせて18作もの作品に出演しています。 映画では、「新しい地図」による『クソ野郎と美しき世界』が4月に公開。草彅剛主演のエピソード「光へ、航る」に出演しています。7月公開の『ルームロンダリング』では池田エライザ、9月公開の『コーヒーが冷めないうちに』では有村架純と共演。10月公開の『覚悟はいいかそこの女子。』、11月公開の『ういらぶ。』で少女漫画原作の青春ラブストーリーにもチャレンジしました。 ドラマでは、元旦スペシャル『相棒』を皮切りに、木村拓哉主演『BG〜身辺警護人』や『世にも奇妙な物語‘18春』、NHKのスペシャルドラマ『忍べ!右左ヱ門』や『アシガール』にも出演。 出演した作品のジャンルも様々で、チョイ役ではなくメインキャストや主演として作品に出演することが多くなった健太郎。まさに大飛躍の1年となりました。

『今日から俺は!!』が新たな代表作に

2018年に大きな爪痕を残した作品といえば、なんといっても『今日から俺は!!』の伊藤真司役!キャラクターの特徴であるツンツン頭を忠実に再現し、これまで見せたことのないようなコメディタッチの演技を披露しました。 伊藤の相棒・三橋貴志を演じた賀来賢人の突き抜けたコメディセンスにも負けず劣らず、彼女の京子とのやり取りではデレた態度が最高!その一方男気あふれる役柄もピッタリで、不良同士のケンカシーンでは迫真のアクションを見せています。

今後の伊藤健太郎の活躍から目が離せない!

映画やドラマ以外でも写真集や写真展、ラジオ「オールナイトニッポン」のパーソナリティ、JR SKISKIのCM出演など、さらなる快進撃を続けています。 改名とともに躍進を続け、新たなジャンルにも挑戦していく姿勢も清々しい俳優・伊藤健太郎。今後も多方面での活躍に期待していきたいですね!