2019年9月19日更新

白洲迅(しらすじん)、どこかで見たことのあるイケメン俳優を紹介&おすすめドラマ一覧

僕はまだ彼女を愛さないことができる

2019年、ますます活躍の場を広げている若手俳優・白洲迅(しらすじん)。イケメンで実力もあるので、多くの作品に出演しています。そのため、何かしらの作品で見たことがある人も多くいるのでは?デビューからこれまでの芸能活動、おすすめドラマを紹介していきます。

目次

イケメンカメレオン俳優・白洲迅(しらすじん)の経歴、出演映画/ドラマに迫る!

インスタグラムも更新中

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身のイケメン俳優・白洲迅(しらすじん)。2011年の芸能デビュー以来、そのルックスと実力で非常に多くのドラマ・映画に出演しており、彼の姿を見る機会も多いのではないでしょうか。白洲はチャラい学生役から熱血社員、温厚なジムトレーナーなど様々な役をこなし、まさに「イケメンカメレオン」俳優なのです。 この記事では、白洲の経歴などのプロフィールを紹介したのち、おすすめ出演ドラマを紹介していきます。

2009年:芸能界へのきっかけはジュノンボーイ・コンテスト

白洲は1992年11月1日生まれ、東京都出身で俳優・タレントとして活動しています(旧芸名は白州迅)。 芸能界デビューのきっかけは、2009年第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのベスト30に残ったことだそう。ベスト30ってそんなに上位?と思うかもしれませんが、応募総数約15,000人の中のベスト30なので、やはり相当な自信になったことでしょう。これを機に芸能事務所に入り、芸能活動を開始します。

2011年:『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』で華々しく俳優デビュー

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの翌年には、『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』にキャスティングされ、舞台デビューを飾ります。 役どころは、ライバル校の氷帝学園中等部の2年生鳳長太郎(おおとりちょうたろう)役です。コンテストからまだ日も浅いうちに、「若手俳優の登竜門」といわれている「テニミュ」でデビューを飾ったということで、周りからの期待の高さがうかがい知れます。 ちなみに、「テニミュ」に出演してその後ブレイクした俳優には城田優、瀬戸康史、斎藤工などがいます。

2012年:「イケメン病」で舞台を降板することに

テニミュの次のステップとして2012年にミュージカル『Bitter days, Sweet nights』への出演が決定します。芸能界のライバルとなる若手俳優たちと切磋琢磨していた環境から、堀内敬子や新妻聖子といった実力俳優・女優に囲まれる本格的舞台の世界へ進んでいったのです。 そんな順調な芸能活動にも陰りが。『Bitter days, Sweet nights』の練習中に肺気胸が見つかり、やむなく降板することになったのです。まさにこれから実力をつけていこうとした最中での出来事でした。降板した白洲に代わり、ダブルキャストとして出演を予定していた上山竜司が、全公演を務めることになりました。

2013年『押忍!!ふんどし部!』で主演に抜擢!

約半年の間肺気胸の治療を受けたのち、ドラマ『押忍!!ふんどし部!』で芸能活動に復帰。元々舞台だった作品がテレビドラマシリーズ化されたものです。 白洲は本作で、主演である富永一郎太役に抜擢されました。プロデューサーに所属事務所の名前もあるので、復帰第一弾作品として強力な後押しがあったようですね。これもやはり実力や人気があったからこそ、周りが協力してくれたのでしょう。 その後もブランクをものともせず、活動を続けていきます。2014年宮藤官九郎脚本『ごめんね青春!』では高校生のクイズ王・昭島司役を演じ、翌年2015年は広瀬すず主演の『学校のカイダン』で同級生の日向タクト役を演じ、学園物への出演が増えていきます。

2019年:ドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』で足立梨花とW主演

僕はまだ君を愛さないことができる
© Gala Television Corporation ©Three Phoenixes Production Co., Ltd.

ここからは白洲が出演する、2019年の最新注目作を紹介していきます。 2019年7月16日からフジテレビで放送されているドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』で白洲は、足立梨花とW主演を果たしています。本作は2011年製作の台湾ドラマ『イタズラな恋愛白書』をリメイクした作品で、親友同士の男女の恋愛を描いた物語です。 白洲が演じたのは、デベロッパー勤務で優しく穏やかな性格の持ち主である石田蓮。足立梨花演じる御手洗陽とは高校時代からの幼馴染で、お互いに本音を打ち明けられる相手であるものの、恋愛関係に発展することは「絶対にない」と言い合う間柄です。しかし、「30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る」という賭けが引き金となり、二人の関係性が変わっていき……。

2019年:ドラマ『ハル 〜総合商社の女〜』でまた熱血若手社員に

テレビ東京で放映されるドラマ『ハル 〜総合商社の女〜』(2019年10月21日夜10時〜)への出演が決定。本作は、大手総合商社を舞台に、中谷美紀演じる海原晴が様々な問題を解決していくお仕事ドラマです。 白洲が演じるのは、晴の後輩の社員。『営業部長 吉良奈津子』でも同じく熱血若手社員を演じましたが、そのキャラとはどのように違うのか注目です。本作には、白洲の他に藤木直人や奥田瑛二、寺田心などが出演します。

2019年:映画『HiGH&LOW THE WORST』では秀才高校生を演じる

HiGH&LOW THE WORST
©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会

さらに活躍の場を広げる白洲は、2019年10月4日公開の映画『HiGH&LOW THE WORST』へも出演。本作は「HiGH&LOW」シリーズと、高橋ヒロシによる人気コミック「クローズ」「WORST」がコラボした作品です。高橋が初の映画脚本を務め、各々の作品に登場するキャストが一つの物語に集結する豪華なストーリーなっています。 そんな本作で白洲は、「希望ヶ丘団地」という団地で育った幼馴染グループの一人である桐原誠司を演じます。誠司はヤンチャな他の幼馴染たちとは違い、有名進学校に通う秀才キャラ。友達思いで、正義感が強い性格の持ち主です。

白洲迅のおすすめ出演ドラマ一覧

『ごめんね青春!』(2014年)

錦戸亮・満島ひかり出演、宮藤官九郎脚本のドラマ『ごめんね青春!』をまずは紹介。錦戸演じる教師・原平助の罪の告白や、満島演じる蜂矢りさとの恋愛模様、生徒との交流がコメディタッチで描かれています。 本作の白洲の役所は、3年3組の生徒・昭島司。自称・チャラ男で、クイズ好きな生徒です。作品内で三者択一クイズも放送されていたので、印象に残っている人も多くいるのではないのでしょうか。

『連続テレビ小説 とと姉ちゃん 』(2016年)

NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも白洲は出演。本作は亡き父親に変わり家族を支える常子(高畑充希)の人生を軸に、彼女の家族の歴史や雑誌『あなたの暮し』を刊行していく様子が描かれています。 その役所は、鞠子(相楽樹)が所属する早稲田大学文学研究会に同じく所属している木戸稔という学生です。木戸は鞠子と親密な交流をしていたものの、彼女が小説家を諦めることを知った際には、別れを告げることとなりました。

『営業部長 吉良奈津子』(2016年)

2016年7月21日松島奈々子が主演を務めるフジテレビ系テレビドラマ『営業部長 吉良奈津子』では、白洲は若手会社員・丸尾裕人役を演じました。 本作は、2014年に社会現象を巻き起こしたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(2014年)の井上由美子脚本で、「家庭と仕事」の両立に悩む現代女性を描いたドラマです。 白洲演じる丸尾は熱血キャラで、暑苦しい人物。クライアントの接待のために女装をし、キャビンアテンダントのコスプレを披露するシーンも放映されました。

『向かいのバズる家族』(2019年)

内田理央主演のドラマ『向かいのバズる家族』はSNSでバズったことによって、崩壊していく一家の様子と再生を描いたドラマ。一見平凡に見える家族が、それぞれSNSに翻弄されていくという一風変わった設定で話題となりました。 白洲は本作で、あかりのカフェの常連客のジムトレーナー兼彼氏の皆戸涼太を演じました。

白洲迅の今後の活躍は期待大!次はどんな一面を見せてくれるのか

デビュー以来多くの作品に出演し、段々とその存在感を見せてきた白洲迅。どんな役でもぴったりとハマる白洲の、人気ドラマや大作映画への今後の出演が期待されます。