2017年7月6日更新

演奏シーンに鳥肌が立つピアノを扱った映画7選

音楽という芸術の中で私たちになじみの深いピアノ。天才的な音楽は聞いているだけでも興奮しますが、映画では指使いなども観ることができるので、さらに鳥肌が立つこと間違いなし。そんな名演奏シーンがある映画を集めました!

ポーランドの国民的ピアニストの奇跡の実話。人種を超えて感動を与えた演奏シーンが見所

Hayato_Watanabe 本当に衝撃的! 世の中には知らない事、知らないことが罪な事、恥ずかしい事、たくさんあると思う!もう度ストレートにぞーーーっとするような戦争の悲惨さが伝わる!その中で精神的にも体力的にもボロボロで必死に生き抜く主人公ピアニスト、シュピルマン。そして、ボロボロの廃墟で敵軍将校の前での演奏はもう言葉を失う他ない!!

史上の事実として是非一度は見て欲しいと思うし、また見たいと思った。

一度も船から降りたことのない伝説のピアニストの半生を描くヒューマンドラマ。即興で奏でる音色が素晴らしい。

dAnCe27DaNcE 幼稚園時代の友人から先日すすめられた作品。

船の中でピアノをひきながらガラスを割っちゃうシーンが好きです(笑)

おとぎ話チックで素敵な映画。

ピアノの才能は有るけど攻撃的な不良女囚と才能を見込んだピアノ教師の魂の演奏がしびれる作品。

gallivant55 タイトル通り、4分間の演奏は鳥肌が立ちっぱなしだった。

彼女が奏でる音色には、まるで山猫のように飛んだり跳ねたりと、荒々しく奔放で、見ている先生がアワアワするぐらい大胆で自由だった。

そして、時折見せる繊細な一面ものぞかせながら、音が耳から耳へと伝わっていく。

そう、この演奏後に待ち構えている彼女の運命が分かっていたからこそ、私にはよりいっそう心に強く残ったのかもしれない。

精神を病んでしまっても再び立ち上がった実在のピアニスト、ディヴィット・ヘルフゴッドの半生を描いた感動の物語。ヘルフゴッド自身で演奏しているピアノに注目。

____RiN____ 汗だくになりながらラフマニノフの第3番を弾くシーンでは鳥肌がたちました。ものすごくセクシーだった。 クラシックにはまったく知識のない人間ですが、主軸は「親子愛」という普遍的なテーマなので、違和感なく楽しめました。ラストが少し駆け足になったなー、オチはぬるいなーと思います。中盤で一番の盛り上がりが見られます。

実際のピアノコンテストの優勝経験を持つ12歳ピアニスト、テオ・ゲルギューが演じるピアノと数学の天才少年が弾くピアノが圧巻。

chiho いい意味で予想を裏切られた。(邦題のせいだと思うの) 12歳の少年ヴィトスの天才であるが故の苦悩と成長の物語。 この映画のすごいところは主役が本当に弾いてるってこと! もうピアノ弾いてるときの彼、いっちゃってるね!指がいっちゃってる! 派手さはないし、おだやかに話は進んでいくけどラストは音楽映画らしく爽やかな感動に包まれる素敵な映画でした。

楽譜すら読めない少年がピアニストとして開花していく成長物語

iii_beta 久しぶりに自主的にジブリ以外のアニメ。 主役の声優が上戸彩ってのは把握してたけど、エンドロールで、えっ!あの人の声?!っていう発見がたくさん。

1音でも間違えたら殺される!?世界で2人しか演奏できない難曲に挑む心理サスペンス

EllyMimy ピアノをやっているので観たかった一作。

全体的になにか物足りない作品だったけど、 (ジョン・キューザックの悪役が微妙…) ピアノ&クラシック好きなのでなかなか楽しめました。 劇中の難曲は、監督が自ら作曲したそうな。すごい!