2022年1月24日更新

おすすめヒューマンドラマ映画25選をランキング形式で紹介!絆の深さに感動必至

ショーシャンクの空に
©COLUMBIA

時に笑って時に泣けて、そして時に考えさせられるヒューマンドラマ映画。映画のジャンルでも広い意味合いを持つため、作品ごとに全く雰囲気が変わるのが特徴です。しかし共通するのは、絶望や苦難のなかに確かに存在するわずかな希望と温もり……。 今回は人生の様々な場面に寄り添ってくれる、おすすめのヒューマンドラマ25作品を紹介します!

おすすめのヒューマンドラマを選んだ基準は?

おすすめのヒューマンドラマはどう選んだ?

ランキングの基準は主に3つ。①人とのつながりの深さ、②人生疑似体験度、③感動度をもとに映画に詳しいciatr編集部がランキングを作成しています。

ヒューマンドラマのおすすめは?

上記の基準で選んだ結果『万引き家族』『ショーシャンクの空に』がおすすめです。

1位~5位を紹介

1位『万引き家族』(2018年)

『万引き家族』
​(C) 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

血ではなく、犯罪で繋がった家族が問いかける“家族とは?”

ジャンルヒューマンドラマ
キャストリリー・フランキー , 安藤サクラ , 松岡茉優
上映時間120分

2018年の第71回カンヌ国際映画祭にて、コンペティション部門最高賞のパルムドールを獲得し、国内外の賞レースを席巻した『万引き家族』。是枝裕和監督が親の年金を不正受給し逮捕された家族の事件に着想を得て、血を超えた絆で結ばれた家族を通じ、人と人の繋がりを問う社会派ドラマです。

都会の片隅で取り残されたように、万引を繰り返しながら貧しくも幸せに暮らしていた家族。彼らは虐待を受けていた1人の少女を拾います。しかし、家族として迎え入れたことで、それぞれの過去や辛い現実と向き合うことになり……。

ここがおすすめ!

家族ドラマの名手・是枝監督の手腕はもちろん、リリー・フランキー、樹木希林、安藤サクラ、松岡茉優らキャストの熱演あってこその名作と言えるでしょう。血のつながった人の集まりだけが家族ではないということを考えさせられるラストにも注目です。

2位『ショーシャンクの空に』(1994年)

ショーシャンクの空に
©COLUMBIA

冤罪で収監された男の数奇な運命をつづる映画史に刻まれた名作

ジャンルヒューマンドラマ
キャストティム・ロビンス , モーガン・フリーマン
上映時間143分

映画ファンには言わずと知れたヒューマンドラマの名作『ショーシャンクの空に』。スティーブン・キングの中編『刑務所のリタ・ヘイワース』を、ティム・ロビンス、モーガン・フリーマンの主演で映画化した作品です。

妻とその愛人を殺害した罪で、ショーシャンク刑務所に収監された元銀行員のアンディ。彼と同じ新入りの1人は刑務主任から折檻を受け、初日の夜に死亡してしまいます。

さらに刑務所内ではホモのボグズ一味に目をつけられ、2年もの間、彼らに追い回される日々の連続。しかしある時、刑務主任が相続税で悩んでいると知り、銀行員時代の知識で彼を助けます。アンディは劣悪な状況下で希望を見失わずに戦い抜いていきますが……。

ここがおすすめ!

アンディの持つ不思議な魅力で囚人たちの心を掴み、さらに彼の才能で様々なことを成し遂げていく姿には、思わず涙がこぼれます。理不尽に負けそうな時、前に進めなくなった時、人生のどんな場面にも寄り添ってくれる名作です!

3位『ワンダー 君は太陽』(2017年) 

ワンダー 君は太陽
©︎Lionsgate/Photofest/zetaimage

宇宙飛行士のヘルメットを被った少年が周囲を変えていく感動のストーリー

ジャンルファミリー , ヒューマンドラマ
キャストジュリア・ロバーツ , ジェイコブ・トレンブレイ
上映時間113分

R・J・パラシオのベストセラー小説を、『ルーム』(2015年)で知られる天才子役ジェイコブ・トレンブレイを主演に迎え、スティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化した『ワンダー 君は太陽』

生まれつきの障がいで、他の子とは違う容姿を持つ10歳の少年オギー。彼は母イザベルの元で自宅学習をしていましたが、小学5年生になるのを機に学校へ通うことに!最初はなかなかクラスメイトに受け入れてもらえませんが、両親や姉、教師の支えを受けて、同級生たちとオギーの関係が変化していきます。

ここがおすすめ!

オギーの姉やその親友、そして同級生たちの視点を描いた点が本作の大きな特徴。当事者ではない受け入れる側の戸惑いにも、きちんとスポットが当てられました。色眼鏡を通さずに、ありのままを見つめることの大切さに気付かされます。

4位『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997年)

『グッド・ウィル・ハンティング』ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン
© Miramax Films/zetaimage

心に傷を抱えた天才青年と心理学者が紡ぐ魂のふれあい

ジャンルヒューマンドラマ
キャストマット・デイモン , ベン・アフレック
上映時間127分

1998年の第70回アカデミー賞で助演男優賞と脚本賞を獲得した「グッド・ウィル・ハンティング」。本作の原案は、若き日のマット・デイモンが大学の授業で執筆した戯曲です。

マサチューセッツ工科大学で清掃員として働く不良少年のウィル。彼はある時、数学科教授のランボーに天才的な頭脳を見込まれます。ランボーは知人で精神分析医のショーンに依頼し、ウィルのカウンセリングを行おうとしますが……。

ここがおすすめ!

幼少時のトラウマを抱えたウィルと最愛の妻を失ったショーン。孤独に苛まれた2人がお互いに癒やし、癒やされる姿に心が洗われます。傷ついてどん底まで落ちかけた時に、そっと背中に手を添えてくれるような作品です。

5位『この世界の片隅に』(2016年)

この世界の片隅に
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

戦時下の広島で人間らしく生きる少女が愛した日常の風景

ジャンルヒューマンドラマ , 恋愛 , 戦争
キャストのん(能年玲奈) , 細谷佳正 , 稲葉菜月
上映時間126分

こうの史代の同名漫画を、片渕須直監督が主人公の声優キャストに女優・能年玲奈改め、のんを迎え映画化した長編アニメーション映画『この世界の片隅に』。残酷な現実とすずが愛した日常の対比を丁寧に描き、2017年の第40回日本アカデミー賞では、最優秀アニメーション作品賞を獲得しました。

舞台は戦時下、広島の軍港都市・呉。広島市江波から18歳で嫁いだ主人公すずは、持ち前の明るさとしなやかさを発揮し、食糧難に苦しむ家庭を支えます。ささやかな幸せが戦火に呑まれても、彼女は懸命に生き抜いていましたが、日本はついに1945年の8月を迎えて……。

ここがおすすめ!

従来の戦争映画とは異なり「市井の人々」に着目していて、朝ドラに似た雰囲気を醸す作品。忘れがちな日常の尊さと、それを一瞬で奪う戦争の残酷さに涙が溢れるでしょう。小さな希望を見出していくすずの姿は、観る人を温かな気持ちにさせてくれます。

6位~10位を紹介

6位『グラン・トリノ』(2008年)

グラン・トリノ クリント・イーストウッド
©︎Warner Bros. Pictures/Photofest/zetaimage

人種、年齢を超えた心の交流。去りゆく者が若者に送るメッセージとは……?

ジャンルヒューマンドラマ
キャストクリント・イーストウッド , ビー・ヴァン
上映時間117分

巨匠クリント・イーストウッド監督・主演で、急激に様変わりする時代を嘆く頑固な老人と、アジア系移民の少年の交流を描く『グラン・トリノ』。

妻に先立たれ、孤独に生きる人種差別主義者コワルスキー。デトロイトで隠居生活を送る彼の家には、実の息子たちすら寄り付こうとはしません。ある日、隣に越してきた一家の少年が彼の愛車「グラン・トリノ」を盗もうとガレージに忍び込みました。

コワルスキーは意図せずタオを不良から助ける形になり、2人は少しずつ心を通わせていきます。

ここがおすすめ!

朝鮮戦争で人を殺したという辛い記憶がタオとその一家によって安らぎ、コワルスキーの表情も柔らかくなっていくのが印象的。コワルスキーが最後に選んだ答えと、タオへ送ったプレゼントにコメられた想いに思わず涙が溢れます。

7位『レオン 完全版』(1994年)

『レオン』ナタリー・ポートマン
© GAUMONT/zetaimage

公開から30年近く経ってもなお愛され続ける孤独な愛の物語

ジャンルアクション , ヒューマンドラマ
キャストジャン・レノ , ゲイリー・オールドマン , ナタリー・ポートマン
上映時間133分

映画『ニキータ』(1990年)のリュック・ベッソン監督、脚本で映画化された『レオン』。本作はナタリー・ポートマンの映画初出演作であり、彼女の出世作でもあります。

凄腕の殺し屋であることを隠し、ニューヨークで暮らすイタリア系移民のレオン。そんな彼のもとに、家族を皆殺しにされた隣人の少女・マチルダが転がり込んできます。彼女は復讐をするため、「殺しの技術を教えてほしい」とレオンに依頼するのでした。

ここがおすすめ!

親子ほど年齢が離れた孤独な2人の家族とも、恋人とも付かない関係が絶賛された作品。「完全版」は追加シーンがあり、より恋愛に近い関係を強調して描いています。マチルダの印象もガラリと変わるため、通常版と観比べてみると面白いでしょう。

8位『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)

『ボヘミアン・ラプソディ』
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

イギリスが誇るロックバンド「クイーン」が残した伝説を見よ!

ジャンルヒューマンドラマ , 音楽・ライブ
キャストラミ・マレック , ジョセフ・マッゼロ
上映時間135分

2019年の第91回アカデミー賞で、主演男優賞ほか最多4冠を獲得した『ボヘミアン・ラプソディ』。「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を追う音楽伝記映画です。

舞台は1970年代初頭のロンドン。移民のファルーク(後のフレディ)はバンド「スマイル」のボーカル脱退を聞きつけて、新たなボーカルとして自身を売り込みました。バンドは彼とベーシストのジョンを迎えて「クイーン」と名を改め、斬新な音楽を生み出しますが……。

ここがおすすめ!

音楽総指揮としてブライアン・メイ、ロジャー・テイラー本人が参加し、劇中歌にはフレディの歌声も採用するなど再現性にこだわった本作。チャリティーコンサート「ライヴ・エイド」のシーンは、当時を知らない観客でも涙してしまうこと間違いなし!

9位『最強のふたり』(2011年)

『THE UPSIDE/最強のふたり』メイン
©2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

地位、名誉、人種……全く異なる境遇の2人はいつしか、かけがえのない親友に

ジャンルコメディ , ヒューマンドラマ
キャストフランソワ・クリュゼ , オマール・シー
上映時間113分

2013年の第36回日本アカデミー賞で最優秀外国作品賞を獲得した『最強のふたり』。日本国内の興行収入は16億円を超え、フランス映画では異例のヒットとなりました。

主人公は車イス生活を送る大富豪フィリップと、彼の介護人として雇われたスラム街出身の黒人青年ドリス。フィリップは体が不自由で、新たな住み込みの介護人を募集していました。

面接に現れたドリスは失業手当をもらうのが目的で、不採用通知が欲しかったのですが、フィリップが彼の無遠慮な態度を気に入りなんと採用に……。2人が価値観の違いに衝突しながらも、深い信頼関係を築いていきます。

ここがおすすめ!

白人の裕福な老人と、障がい者だからと同情し、腫れ物のように扱っていないか?改めて考えさせられます。生まれや地位、お金も名誉もすべて取っ払って、“人と人が向き合うこと”の尊さ、その先に何が生まれるのかを考えさせてくれる爽やかな作品です。

10位『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994年) 

フォレスト・ガンプ
©︎Paramount Pictures/Photofest/zetaimage

生き方に正解も間違いもない、やってみないとわからない!

ジャンルコメディ , ヒューマンドラマ , 恋愛
キャストトム・ハンクス , サリー・フィールド
上映時間142分

1995年の第67回アカデミー賞をはじめ、国内外で数々の映画賞を獲得した、トム・ハンクス主演の名作『フォレスト・ガンプ 一期一会』。周囲の人びとを惹き付ける心の美しさを持った主人公フォレストの半生を、アメリカの現代史を交えつつ描きました。

人よりも知能は劣るけれど、他の子どもと同じように育てられた主人公フォレスト。彼は小学校に初登校する日、ジェニーという少女と運命の出会いを果たします。幼少期はいじめられていた彼ですが、大学時代は並み外れた俊足を武器に、アメフトのスター選手として名を馳せるのです。

さらにその後スカウトされ軍隊に入り、ベトナム戦争で仲間を救い勲章をもらうなど成功を収めていくのですが……。

ここがおすすめ!

インダストリアル・ライト&マジック社のVFXによって実現した、ジョン・レノン、ケネディ元大統領など偉人たちとガンプの共演にも注目してください!何事もやってみないと分からない、真っ直ぐぶつかってみよう!と、勇気をもらえる作品です。

11位~15位を紹介

11位『ギルバート・グレイプ』(1993年)

ギルバート・グレイプ,ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ
©Paramount Pictures/zetaimage

家族のためにすべてを捧げた青年の葛藤と成長を描く

ジャンルヒューマンドラマ , 恋愛
キャストジョニー・デップ , ジュリエット・ルイス
上映時間117分

『ギルバート・グレイプ』はピーター・ヘッジズの同名小説を、ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオの共演で映画化した作品。家族のために自分の夢を諦め、家族の生活を一身に背負いどこにも行けず苦悩する主人公ギルバートの成長を、温かく優しいタッチで描いています。

舞台はアイオワ州の田舎町エンドーラ。彼は重度の知的障がい者の弟と過食症の母、そして姉妹2人の生活を支えてきました。毎日家族が生きるだけで精一杯で、生まれてから24年、1度も町を出たことはありません。

ある日、トレーラーハウスで旅をする少女ベッキーと出会います。彼女との出会いによって開放されたいという思いが強まり、ギルバートは人生を見つめ直すのです。

ここがおすすめ!

見どころはやはり、レオナルド・ディカプリオの繊細な表情の演技!苛立ちをあらわにした兄に、初めて叩かれた時に浮かべる表情は見逃せません。閉鎖的な田舎の雰囲気も相まって息苦しく、最後にほっと一息つけるような作品です。

12位『横道世之介』(2013年)

愛おしい主人公に癒やされ、彼にまつわる記憶を旅する青春ドラマ

ジャンルコメディ , ヒューマンドラマ , 恋愛
キャスト高良健吾 , 吉高由里子
上映時間160分

吉田修一の同名小説を、『南極料理人』(2006年)などで知られる沖田修一監督が映画化。主演を高良健吾が務め、『蛇にピアス』(2008年)以来となる吉高由里子との共演も話題になりました。

1980年代、大学進学のために長崎から上京したお人好しの青年・世之介。彼は明るく素直な性格で人付き合いに苦労することなく、同級生たちと交流を深めました。さらに、お嬢様の祥子から一方的に好かれて熱いアプローチを受けますが世之介自身は年上の千春にぞっこんで……。

世之介は賑やかな青春を謳歌していくのでした。そんな笑顔と幸福に溢れた1年間を描きつつ、合間ではなぜか世之介のいない、16年後の後日談を垣間見せます。

ここがおすすめ!

学生時代を思い出し、強烈なほど記憶に刻まれた誰かを思い出すような作品。張り裂けそうな心の痛みすらも歓びに染めてくれる、愛おしい主人公に出会えるはずです。

13位『7番房の奇跡』(2013年)

知的障がい者の父親とその無罪を信じた娘の揺るがない絆を描く

ジャンルコメディ , ファミリー , ヒューマンドラマ
キャストリュ・スンリョン , パク・シネ , カル・ソウォン
上映時間127分

1972年に韓国・春川市で起きた実際の事件に着想を得て製作された『7番房の奇跡』。韓国のアカデミー賞とも称される大鐘賞では、主演男優賞ほか4冠を達成しました。

知的年齢が6歳のヨングは、小学校の入学を控えた6歳の娘イェスンと2人暮らし。幸せでいっぱいだった彼は、ある日突然、女児の誘拐と殺人の容疑で逮捕されてしまいます。ヨングに命を救われた7番房の房長はその他の仲間と協力して、父娘の再会を計画しますが……。

ここがおすすめ!

格差や偏見、障がいなど重いテーマを扱いつつも、親子愛をユーモラスに描いた作品です。7番房の仲間たちとのやり取りにはクスッと笑えてしまいます。一方、父親の汚名をそそぐため弁護士になったイェスンの姿やラストには号泣必至!

14位『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年)

『ニュー・シネマ・パラダイス』フィリップ・ノワレ、サルバトーレ・カシオ
© CRISTALDIFILM/zetaimege

映画愛とノスタルジアにあふれた映画史に残る名作

ジャンルヒューマンドラマ , 恋愛
キャストフィリップ・ノワレ , ジャック・ペラン
上映時間124分

イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、映画を愛した男の人生を描く『ニュー・シネマ・パラダイス』。成功をおさめた1人の映画監督が、故郷のシチリアに残った映写技師の友の訃報を聞き、映画に魅せられた少年時代から現在までを振り返る回想録です。

ある時、ローマ在住の映画監督サルヴァトーレのもとに、故郷の母親から電話が入ります。「映画館パラダイス座」の映画技師で、トトと呼んで可愛がってくれた旧友の訃報。映画好きの少年だったトトは、映写室に忍び込んではつまみ出されたあの頃を思い出し……。

ここがおすすめ!

幼い頃の夢や年齢を超えた男の友情を感じさせてくれる作品で、特にサルヴァトーレが試写室で形見のフィルムを見るラストシーンは必見です。さらに、エンニオ・モリコーネによる主題歌「Cinema Paradiso」は、日本を含む各国で広く親しまれてきました。

15位『レ・ミゼラブル』(2012年)

『レ・ミゼラブル』2012 ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ
©Universal Pictures/zetaimage

魂に響く歌の力に圧倒される名作ミュージカル

ジャンルヒューマンドラマ
キャストヒュー・ジャックマン , ラッセル・クロウ , アン・ハサウェイ
上映時間158分

ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、世界中で語り継がれてきた名作ミュージカルの魅力を、圧倒的スケールでスクリーンへと昇華させた『レ・ミゼラブル』。

19世紀、フランス革命の時代を舞台に、貧しさゆえにパンを盗んで19年もの間投獄されていた男ジャン・バルジャン。ある日、運命の女性ファンテーヌから愛娘を託され、実の親子のように暮らし始めるも、やがて激動の時代の波が彼らを呑み込むのです。

ここがおすすめ!

2時間40分にも及ぶ超大作ですが、主演のヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイらの魂を揺さぶる歌と演技が時間を感じさせません。人々の人生、想い、信念が交錯し、歴史そのものを作っていく様は、時代を超えて感動を届けてくれます。

16位~20位を紹介

16位『ミッドナイトスワン』(2020年)

『ミッドナイトスワン』
©2020Midnight Swan Film Partners

草彅剛が姪への擬似親子愛に目覚めるトランスジェンダーを好演

ジャンルヒューマンドラマ
キャスト草彅剛 , 服部樹咲
上映時間124分

2021年の第44回日本アカデミー賞で、最優秀作品賞と最優秀主演男優賞に輝いた『ミッドナイトスワン』。監督を務めたのは、『獣道』(2017年)などの内田英治です。

故郷の広島を飛び出し、新宿のショークラブで働くトランスジェンダーの凪沙。彼女は性転換手術の費用を貯められるかもしれないと、遠い親戚の少女・一果を預かります。最初は厄介事でしかなかったものの、彼女を知るうちに凪沙に母性が芽生えていくのでした。

ここがおすすめ!

子ども嫌いの凪沙は一果に辛く当たりますが、実母からネグレクトされた苦しみなどを知って心境に変化が表れ、少しずつ変わっていく表情にも注目です。LGBTを取り巻く現状や葛藤、人間模様が上手く絡み合ったドラマに引き込まれます。

17位『ビッグ・フィッシュ』(2003年)

ビッグ・フィッシュ
©COLUMBIA

ファンタジーの名手ティム・バートンが描く父子の物語

ジャンルファンタジー , ヒューマンドラマ
キャストユアン・マクレガー , アルバート・フィニー
上映時間125分

同名ベストセラー小説を、鬼才ティム・バートンが映画化した『ビッグ・フィッシュ』。ファンタジー要素がありながらも、現実世界を舞台に展開するのが特徴です。

“父子の確執”という普遍的なテーマを掲げ、おとぎ話のように人生を語って聞かせる「ホラ吹き」の父親と、彼に反発する息子の葛藤と絆を描いた本作。

妊娠中の妻と暮らすウィルが、父エドワードが危篤だと知り故郷へ帰るところから始まります。ウィルは3年前の自身の結婚式以来、喧嘩別れになってしまった父親と向き合おうとしていました。しかしそんな彼をよそに、再会したエドワードは相変わらずホラ話ばかりで……。

ここがおすすめ!

不思議かつ独特な作風を心温まるドラマに昇華しただけでなく、ラスト数分の伏線回収も秀逸で、ティム・バートン監督の最高傑作とも名高い作品です。ティム・バートン作品の常連ダニー・エルフマンが音楽を手がけ、父子のドラマを盛り上げました。

18位『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)

『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)
© FOX SEARCHLIGHT PICTURES/All Star Picture Library/Zeta Image

崩壊寸前の負け組家族の再生を描くハートフル・ロードムービー

ジャンルコメディ , ヒューマンドラマ
キャストグレッグ・キニア , トニ・コレット
上映時間100分

2007年の第79回アカデミー賞で4部門にノミネートされ、脚本賞および助演男優賞を獲得、日本でも高い評価を得た『リトル・ミス・サンシャイン』。

家族それぞれに問題を抱え、崩壊寸前のフーヴァー一家。末娘オリーブが全米美少女コンテストの地区代表に選ばれ、一家は旅費節約のためオンボロのミニバスで開催地を目指すのですが……。

ここがおすすめ!

登場人物も演じるキャストも個性が強くて、垢抜けないオリーブがとってもキュート!全員が失敗続きなのにどこか楽しそうで、勝ち負けよりも大切なことを教えてくれます。会場を騒然とさせた一家のダンスは、笑えるのになぜか涙が溢れる名シーンです。

19位『ノマドランド』(2020年)

『ノマドランド』
(C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

心のなかにホーム(故郷)を持って放浪するノマドたちの誇りと現実

ジャンルヒューマンドラマ
キャストフランシス・マクドーマンド , デヴィッド・ストラザーン
上映時間108分

ジェシカ・ブルーダーのノンフィクションを、クロエ・ジャオ監督が映画化した『ノマドランド』。2021年の第93回アカデミー賞では、作品賞を含む4部門を受賞しました。

2008年に起きたリーマンショックを契機に、不況の波が世界中を襲った時代。臨時教員をしていたファーンもその煽りを受け、住み慣れた家を手放してしまいます。彼女はキャンピングカーに乗り込み、現代のノマド(遊牧民)として日雇い労働を渡り歩くことに……。

ここがおすすめ!

ファーンが似たような境遇の人々と出会い、交流を深めていく過程が感動的な作品。労働に関する問題を提起するというよりも、ノマドの生き様に重点が置かれています。淡い色彩で映し出される大自然と、そこに佇むファーンの姿が印象的です。

20位『きっと、うまくいく』(2009年)

『きっと、うまくいく』 アミール・カーン R・マーダヴァン(マドハヴァン) シャルマン・ジョーシー
©TWENTIETH CENTURY FOX HOME ENTERTAINMENT/zetaimage

愛すべきキャラクターたちに笑って泣ける社会派のインド映画

ジャンルコメディ , ヒューマンドラマ
キャストアーミル・カーン , R・マーダヴァン , シャルマン・ジョシ
上映時間170分

本国インドでは公開当時、インド映画の歴代興行収入1位を記録した大ヒット映画であり、第37回日本アカデミー賞の優秀外国作品賞受賞作『きっと、うまくいく』。インド映画=歌って踊るイメージが強いですが、学歴・競争社会への風刺なども深く掘り下げられ、社会派のドラマになっています。

親友同士のランチョーとファラン、そしてラジューの3人組。エリート大学の問題児たちは、ランチョーと学長の娘が急接近したのを機に退学の危機に!紆余曲折の末に無事卒業できたものの、その直後にランチョーが消息を断ってしまいます。それから時が経ち、ファランとラジューは彼の行方の手がかりを得ますが……。

ここがおすすめ!

現代インドに潜む闇をどこか明るく描きつつ、行方不明の親友を探すミステリー&ロードムービー要素も加わって、インド映画の魅力がたっぷり堪能できる作品。インド映画らしい踊りの数々にも注目です。

21位~25位を紹介

21位『グリーンブック』(2018年)

グリーンブック
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

人種差別の色濃い時代に深い友情で結ばれた凸凹コンビの珍道中

ジャンルコメディ , ヒューマンドラマ
キャストヴィゴ・モーテンセン , マハーシャラ・アリ
上映時間130分

2019年の第91回アカデミー賞で作品賞ほか3部門を獲得した『グリーンブック』。前哨戦の1つとされるトロント国際映画祭でも、最高賞の観客賞に輝いています。

舞台は1960年代、人種差別の残るアメリカ南部。ツアーに向かう黒人ピアニストと用心棒兼運転手として雇われた白人男性が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」片手に旅をした感動の実話が元になっています。ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリの共演で映画化しました。

ニューヨークのクラブで用心棒を務めるトニー・リップは、新しい仕事を探していたところ、黒人ピアニストのドン・シャーリーを紹介されます。トニーは「洗練された行動」を求めるドンに反発しますが、少しずつ距離を縮めていくのです。ドンとの旅を通じて黒人を取り巻く現実を知り、彼のなかで何かが変わり始めるのでした。

ここがおすすめ!

リアルな差別描写等が多いものの、2人の価値観がズレ過ぎているがゆえの笑いがそれを和らげてくれ、メッセージ性の強い作品に仕上がりました。ドンがトニーに手紙の書き方を教えたり、ポイ捨てで言い争ったりと、微笑ましいシーンも盛りだくさん!自身も差別意識を持っていたトニーが、客観的な視点を持ったことで改めるのも印象的です。

22位『ドリーム』(2016年)

『ドリーム』タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ
©︎Twentieth Century Fox Film Corporation/Photofest/zetaimage

苦難の時代にNASAの偉業を支えた黒人女性たちの実話!

ジャンルヒューマンドラマ
キャストタラジ・P・ヘンソン , オクタヴィア・スペンサー , ジャネール・モネイ
上映時間127分

実話を基にしたノンフィクション小説を、セオドア・メルフィ監督が映画化した『ドリーム』。2018年の第41回日本アカデミー賞では、最優秀外国作品賞に輝きました。

アメリカ人宇宙飛行士として、60年代に初めて有人地球周回に成功したジョン・グレン。彼が挑んだ「マーキュリー計画」の裏で、人種差別と戦った3人の黒人女性がいました。天才数学者のキャサリン、そしてエンジニアのドロシーとメリーです。

ミーティングへの出席が認められず、別館のトイレを使わされていた彼女たち。そんな状況下でも明るさと知性を武器に、アメリカの歴史的快挙に貢献したのです。

ここがおすすめ!

ロシアとの宇宙開発宇競争が激化するNASAでも、当たり前に行われていた黒人差別。「能力に人種は関係ない」と言う人が変わり者だった時代が、確かにあったのだと思い知らされます。3人のような「偉業の裏にいた英雄たち」は他にも存在したのかもしれません。

23位『はじまりのうた』(2013年)

『はじまりのうた』
© The Weinstein Company/Photofest/zetaimage

笑って泣ける!音楽の力に背中を押されるヒューマンドラマ

ジャンルコメディ , ヒューマンドラマ , 音楽・ライブ , 恋愛
キャストキーラ・ナイトレイ , マーク・ラファロ
上映時間104分

PVのような雰囲気が魅力の『はじまりのうた』は、『ONCE ダブリンの街角で』(2007年)のジョン・カーニー監督が、同映画に引き続き音楽をテーマにした作品。主演を務めるのは、キーラ・ナイトレイとマーク・ラファロで、人気バンド「マルーン5」のアダム・レヴィーンが出演したのも話題になりました。

恋人に裏切られた女性歌手と、自分の会社から追い出された音楽プロデューサーが音楽を通じて出会い、拗れにこじれた人生を解きほぐしていくストーリーです。

グレタは恋人のデイヴと共作した歌が映画の主題歌に起用され、順風満帆でした。2人はニューヨークで暮らし始めますが、一躍スターになったデイヴとはすれ違う日々。彼の浮気を知って家出した彼女は、旧友に勧められてバーで歌うことにします。

その時、歌を聞いていたダンから、アルバムを作らないかと持ちかけられますが……。

ここがおすすめ!

全編通して劇的は展開はありませんが、周囲を巻き込んで前へ前へと進んでいく2人の姿と、温かな音楽が元気を与えてくれる作品。グレタとダンの間にはプラトニックな愛だけがあって、希望に満ちたラストもどこか切なく胸に響きます。

24位『ミナリ』(2020年)

ミナリ
© A24/Photofest/ZetaImage

アメリカン・ドリームを夢見た韓国系移民を描くヒューマンドラマ

ジャンルヒューマンドラマ
キャストスティーヴン・ユァン , ハン・イェリ , アラン・キム
上映時間116分

映画制作会社「A24」、ブラッド・ピットの「プランB」のタッグで送る映画『ミナリ』。第93回アカデミー賞では、ユン・ヨジョンが韓国人初の助演女優賞を受賞しました。

舞台は1980年代、レーガン政権下のアメリカ。韓国系移民のジェイコブは農業で成功することを夢見て、一家でアーカンソー州への移住を決意しました。妻のモニカは広大な荒地に不安を覚えますが、毒舌家な彼女の母スンジャも加わり賑やかに!

しかし農場経営はなかなか軌道に乗らず、様々な困難が一家の家計を苦しめていくのでした。

ここがおすすめ!

ミナリとは植物のセリのことで、その生態から「子ども世代の幸せのために、親の世代が懸命に生きる」という意味が込められているそう。まさにジェイコブそのもので、親子、夫婦、祖母と孫と、派手さはなくても様々な形で描かれる家族の愛が心に染みてきます。

25位『少年の君』(2019年)

中国の二大若手俳優が共演!中国の社会問題に切り込む社会派ヒューマンドラマ

ジャンルヒューマンドラマ , 恋愛
キャストチョウ・ドンユイ , ジャクソン・イー
上映時間135分

第93回アカデミー賞にて、国際長編映画賞にノミネートされた中国・香港合作映画『少年の君』。香港の名優エリック・ツァンの息子、デレク・ツァンが監督を務めました。

進学校の高校3年生になり、大学進学のための全国統一入学試験を控える少女チェン・ニェン。彼女はいじめを苦に自殺した同級生の遺体に上着をかけたことで、新しい標的になってしまいます。壮絶なイジメにあっていたある日の下校途中、集団暴行を受ける少年と出会い……。

ここがおすすめ!

『白夜行』など東野作品との類似性を指摘する声もある本作。しかし、いじめや受験戦争、ストリートチルドレンなど中国社会の闇を扱う点が異なります。絶望が襲いかかるほどに純愛が胸を打ち、涙が止まらなくなってしまうでしょう。

人との繋がりを感じられるヒューマンドラマ映画に感動必至

『この世界の片隅に』劇中カット2
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

おすすめのヒューマンドラマ映画ランキングTOP25を紹介しました。 人生に疲れたり、目まぐるしい日々に自分を見失ったりして涙したい時にぴったりの、泣き笑いできる作品が盛りだくさんです。特に海外では人種、差別を扱った作品が高く評価されていますし、社会問題を知るという点でも必見のジャンルと言えますね。 心に訴えかける作品が多いので、誰に感情移入するかなどの要素で見え方が変わってくると思います。それぞれの人生の節目にぜひ鑑賞してみてください。