「バットマン」シリーズについての驚きの事実24選

2017年7月6日更新

1939年に初めてバットマンのキャラクターが登場してから70年以上の歳月が過ぎた今も、色あせることなく大人から子どもまで多くのファンを魅了するバットマン。そんな「バットマン」シリーズの驚くべき真実をご紹介します。

大人にも子供にも大人気のバットマン

1939年コミック雑誌「ディテクティブ・コミックス」で初登場し、アニメ『バットマン』や『バッットマン・ザ・フューチャー』、映画『ダークナイト』シリーズなどたくさんの作品が作られてきたバットマン。

長年に渡り愛され続けているバットマンについてもっと詳しくなってみませんか?バットマンの意外と知らなかった事実をお伝えします!

1:初期のバットマンのオープニングでタイトルは出たことがない!

実はアニメのオープニングでバットマンのタイトルは1度も出たことはないんです!

「バットマンはその特徴的な見た目で、すぐにバットマンだと気づくためタイトルは必要ない」とアニメの制作に当たったプロデューサーは考えたそうです。

ちなみに『バットマンとロビン』の第3~5シーズンではタイトルは出ていました。

2:ジョーカーの声優はあのこわいピエロだったかも

ジョーカーの声優には初め、俳優のティム・カーリーが選ばれていましたが、怖すぎるという理由で選ばれませんでした。

ティムはスティーブン・キング原作のホラー小説を映画化した『It』に出てくる不気味なピエロを演じている人物で、この作品の公開後、ピエロを怖がる人が増えたといわれるほど恐ろしいピエロを演じました。

そんなティムが演じると怖すぎるという理由には納得しかありません。

3. ハーレイ・クインの人気が止まらない!

アニメシリーズのバットマンから誕生した人気キャラクターには凄腕レニー・モントーヤ元刑事やアーカム精神病院の元暴力看守ロックアップなどがいます。

その中でも人気があるのが、ハーレイ・クインです。元々はアーカム精神病院に精神科医として勤務していた、ごく真面目で優しい性格だったハーリーン・クインゼル博士。研究対象として近づいたジョーカーの魅力にすっかり取りつかれてしまい、精神をおかしくしてしまうだけでなく、自身も悪役となってしまうのです。

2016年に公開予定の『スーサイド・スクワッド』にも登場していますよ。

4:不気味な印象を与える秘密

背景担当のアニメーターは通常であれば、白い紙に描かれる背景を黒い紙に描くようにしました。

これはあの独特の気味の悪い印象を作り出すためのアイディアなんです。

そして黒い紙を使う利点がもう1つあります。バットマンではほとんどのシーンが夜なので、背景を黒く塗る手間も省けるので時間短縮にもなるんです。

たくさんのイラストを描かなければいけないアニメでこういったアイディアは大切ですね。

5:あの2人は1度も会話を交わしたことがない!

バットマンことブルース・ウェインに仕える執事のアルフレッド・ペニーワースと、バットマンの数少ない理解者で良き協力者でもあるジェームズ・ゴードン。

バットマンにはかかせない重要な役割の2人ですが、実はシリーズを通して2人が言葉を交わしたことは1度もないんです。確かに直接の関係はないので納得ですが、意外な事実でした!

6. まさかのエミー賞を受賞!

1939年にバットマンがコミックに登場して以来、ファンを魅了してやまない「バットマン」シリーズ。その人気はコミックだけにとどまらず、アニメや映画さらにはゲームなど幅広く人気を博しています。

そんな「バットマン」シリーズですが、アニメでは1993年にエミー賞を受賞しています。以前にはシンプソンズなどが同様の賞を受賞しているなかで当時の他のアニメとは全く違い、複雑で大人びた暗いストリーのバットマンは世間に衝撃を与えました。

7. ティム・バートンのバットマンは原作に忠実

今の世代の人たちは、クリストファー・ノーラン監督作品のダークナイト・トリロジーこそがバットマンだという人も多いかと思います。

1世代前のバットマンファンの人たちにとっては、ティム・バートン監督のバットマンが好きなバットマン映画ではないでしょうか。特にティム・バートン監督が制作を手掛けた「バットマン」シリーズの映画は、原作にとても忠実であり、しかも映画がアニメに影響を及ぼしたとも言われています。

8. 『バットマン』初の映画化はアンディ・ウォーホルが監督だった

1966年にレスリー・H・マーティンソンがバットマン映画を制作したのはバットマンファンならご存知のかたも多いかと思います。しかしそれよりも前、最初にバットマンが映画に登場したのがいつかご存知ですか?

実は1964年にアンディ・ウォーホルがDCコミックの許可なしで『バットマン・ドラキュラ』という映画を制作していたのです。もちろん公式なバットマン映画ではなく、発売もされていませんがこれがバットマンが映画に登場した1番最初の作品となりました。

9. ゴッサム・シティは存在する!

バットマンについて語る時に欠かせないのが、ゴッサム・シティですね。バットマンが活躍する架空の街であるゴッサム・シティ。ゴッサム・シティという名前が最初にコミックに登場したのは1940年のことでした。ライターのビル・フィンガーが電話帳の中にゴッサム・ジュエラーという名前を見つけてそこから影響を受けたそう。

近年ではイギリス・ノッティンガム州の村ゴッサムとバットマンとの関連性がバットマンライターたちによって認められています。また、ゴッサムの村だけがバットマンと関連しているわけではありません。映画『ダークナイト ライジング』で使用されているウェインマナー(主人公ブルース・ウェイン=バットマンが住む豪邸)は同じくノッティンガム州にあるウォラトンホールを使用しています。

10. ルーク・スカイウォーカーとジョーカーは同一人物

スターウォーズに登場するルーク・スカイウォーカーとバットマンシリーズきっての悪役ジョーカー。この2人に何の共通点があるの?と思われる方も多いかと思います。

歴代のジョーカーを演じてきた俳優たちを振り返ってみても、代表的なのはヒース・レジャーやジャック・ニコルソンですよね。ですが、実は『スター・ウォーズ』シリーズでスカイウォーカーを演じているマーク・ハミルもバットマンのアニメやゲームに登場するジョーカーの声を多く担当しているんですよ。

11:バットマンのマントはダ・ヴィンチのスケッチが元になっている

ライターのボブ・ケインとビル・フィンガーはさまざまな物からバットマンのコスチュームのインスピレーションを受けていると語っています。

バットマンのマントや表と裏の顔を持つという設定はラジオ番組のキャラクター「シャドー」から、裕福な家の出身という設定は1920年公開の「マスク・オブ・ゾロ」、そしてマントの羽はレオナルド・ダ・ヴィンチのスケッチからヒントを得たそうです。