ジュリア・ロバーツについての面白い20の事実とエピソード

2017年7月6日更新 10310view

数多くのヒット作に出演し、日本でも大人気のハリウッド女優ジュリア・ロバーツ。そんなジュリア・ロバーツのあまり知られていない真実と面白いエピソードをご紹介します。

1. 3人兄弟の末っ子

julia_roberts_young

ジュリア・ロバーツは父ウォルターと母べティーの間にジョージア州スマーナに1967年10月28日に生まれました。

ロバーツは3人兄弟の末っ子で上に兄と姉がいます。

2. 様々な血が流れているジュリア・ロバーツ

julia-roberts

ジュリア・ロバーツにはイングランド、ドイツ、スウェーデン、アイルランド、スコットランドとウェルッシュ人の血が流れています。

3. 女優として活躍するまで

Julia-roberts-1

1985年に高校を卒業したのち、ジュリア・ロバーツはニューヨークへと移り住みます。すでにニューヨークで生活していた姉のリサと兄のエリックのもとに身をよせ、女優としての道を進み始めます。

4. ブレイクのきっかけ

Mystic-Pizza-julia-roberts

出典: cinapse.co

1988年のラブコメディ映画『ミスティック・ピザ』に出演したジュリア・ロバーツ。この作品でロバーツはピザ屋で働く自由奔放な女の子デイジーを演じ、ブレイクしました。

若い頃のロバーツのウェーブがかった髪が可愛らしく印象的ですね。

5. 逃したチャンス

Julia-Roberts-2

1998年の映画『恋におちたシェイクスピア』では、主演ヴァイオラ・デ・レセップス役のオファーがありましたが、ロバーツはこのオファーを断りました。

結局ヴァイオラ・デ・レセップス役はグウィネス・パルトローへとまわり、パルトーはアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

6. ジョージ・クルーニーと仲良し

george-clooney-julia-roberts

映画『オーシャンズ11』で共演したこともあるジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが仲良しなのはハリウッドでも有名です。

2007年に生まれたロバーツの第3子ハリーの名前を付ける際に、本当はジョージと名付けたかったロバーツ。ですが周りにジョージ・クルーニーから名前を付けたと思われるのが嫌で、ハリーにしたんだそう。

7. 夫、ダニエル・モダーとの出会い

Julia-roberts-daniel-moder

ロバーツの2番目の夫(現夫)であるダニエル・モダーとは、2001年の映画『ザ・メキシカン』で出会ったというロバーツ。

当時モダーはカメラマンのアシスタントとして働いており、撮影現場で2人は出会ったそうです。

8. リーアム・ニーソンと付き合っていた!

MICHAEL COLLINS FILM BEING MADE IN IRELAND IRISH FILM INDUSTRY

ロバーツがリーアム・ニーソンとの恋に落ちたのは、ロバーツが19歳の時。当時リーアム・ニーソンは35歳と歳の差カップルでした。

1988年に公開された映画『サティスファクション』で共演した2人が恋に落ちるのにそう時間はかからず、イタリア・ベニスで同棲もしていた2人。ですが、その1年後に破局を迎えてしまいました。

9. 結婚式に呼ばれたたった1人のハリウッドスター

Julia-Roberts-Bruce-Willis

2002年に映画カメラマンのダニエル・モダーと結婚したロバーツ。

2人の恋が略奪婚だったのもあったからでしょうか、結婚式に招待されたハリウッドスターはたった1人。ブルース・ウィルスだけでした。

10. 我が子のためならパパラッチにも忠告!

julia_roberts_kids

自分の子どもたちがパパラッチに写真を撮られるのをものすごく嫌うロバーツ。母親としてなら当たり前のことかもしれませんね。

パパラッチが子どもたちの学校の外で写真を撮っていることに気付いたロバーツは、ものすごい剣幕で近づいていき二度としないように忠告したんだそう。自分が女優だからと言って、子どもたちが嫌な思いをするのは親なら誰でもいい気持ちはしないですよね。

11. 本当は獣医になりたかった

3julia_roberts_

女優になるために生まれてきたとも言われるほど、演じる役にはまっているロバーツですが小さい頃から女優になりたかったわけではないそう。

小さい頃は獣医になりたいと考えていたロバーツですが、当時俳優を目指していた兄(現在も俳優として活動)と姉の姿をみて自身もその道に興味を持ち始めたのだそうです。

12. 本当はプリティ・ウーマンじゃなかった?!

1990年のラブコメディ映画『プリティ・ウーマン』で売春婦ヴィヴィアン・ワード役を演じゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞したロバーツですが、実はこの役は初めはメグ・ライアンが演じる予定でした。

メグ・ライアンが役を降りたことでまわってきたのがロバーツ。ヴィヴィアン役でいっきにハリウッドスターへの階段をのぼりました。