井出卓也はヘタレイケメン?ダンスが上手な俳優の魅力に迫る

2017年7月6日更新

爽やかなルックスと弾ける笑顔が印象的なイケメン俳優、井出卓也。とてもかっこいいのに、実は残念なヘタレイケメンであるという噂が?注目の若手イケメン俳優、井出卓也の魅力と素顔に迫ります!

井出卓也のプロフィール

井出卓也は東京都出身で、生年月日は1991年3月12日生まれです。スカウトをきっかけにデビューし、モデルとして活動を開始ししました。ダンスやラップが得意で、これまでにいくつかの音楽ユニットや歌手活動を経験してきました。

2001年から『天才てれびくんシリーズ』でてれび戦士として活躍

井出卓也はモデルとしてデビューしたのちに、2001年から教育番組『天才てれびくん』にレギュラー出演します。

1993年から放送されている人気子供向け番組『天才てれびくん』シリーズは、番組内で進行役を務める「てれび戦士」と呼ばれる子役たちがいろいろな企画やチャレンジを行う教育番組。井出卓也も「てれび戦士」として活躍し、番組内でさまざまなことに元気いっぱいに挑戦し、人気と注目を集めました。

『きらりん☆レボリューション』では声優としてレギュラー出演

井出卓也は声優としても活動しているのです。2008年に放送されたアニメ『きらりん☆レボリューション STAGE3』で風真宙人役を務めました。

アニメ『きらりん☆レボリューション』は、2006年から放送が開始され、2009年まで三部構成で放送。14才の少女、月島きらりが憧れのアイドル日渡星司に近づくために自身もアイドルを目指す物語です。そのストーリーの中で重要な役割を担う、井出はアイドルグループ「SHIPS」の一員で、きらりに想いを寄せる風真宙人を好演しました。

井出卓也演じる風真宙人が物語中で結成しているアイドルユニットがSHIPSですが、実際に『TOKYO FRIEND☆SHIPS』でCDデビューを果たしています。物語中でユニットメンバーである日渡星司の声優を務めた金井史更とSHIPSとしてユニットを結成し、『きらりん☆レボリューション』の挿入歌として使用されたほか、アルバム『きらりん☆レボリューション ソングセレクション4』にも収録されています。

番組から派生したバンド「ココア男。」ではキーボードを務める

井出卓也は「ココア男。」というバンドメンバーとしても活動しており、キーボードとラップを担当していました。このココア男。は、2010年に放送されていたバラエティ番組『イケメンデルの法則』の企画で結成されたものです。井出卓也は、ゲストとしてこの番組に出演しており、共演者の鈴木勝吾、細貝圭、鎌苅健太、米原幸佑と井出卓也の5人で活動を開始。

2010年にシングル曲『甘い罠 苦い嘘、、、』がリリースされます。その後、メンバー全員が主演を務めるドラマ『ヘヴンズ・ロック』が放送されることになり、人気を得ました。ファーストアルバム『RICHCOCOA』を発売しライブやイベントを精力的に行ってきましたが、2012年3月で解散を発表しています。

KAT-TUNの亀梨が大好き

井出卓也の憧れの人はKAT-TUNの亀梨和也なんだとか。井出はデビュー当時からいろいろな場所で、亀梨の大ファンであることを公言しています。

自身のブログでも、その熱い思いを常に綴っている井出卓也。KAT-TUNファンやジャニーズファンからも、ジャニオタとして認知されているイケメン俳優なのです。

高校時代には自らダンス同好会を設立

井出卓也の趣味と特技でもあるダンスとラップ。高校時代に大好きなダンスを本格的にやるためにダンス部に入ろうと考えたそうですが、井出の通っていた高校のダンス部は女子ばかり。

それならと、仲間を集めて自らダンス同好会を設立します。部室が与えられなかったため、早朝に練習を行っていたそうです。朝5時起きで同好会の活動を行っていたというのですから、その熱意と努力には驚きですね。

『山田くんと7人の魔女』では山本裕典とのキスも披露

2013年のドラマ『山田くんと7人の魔女』に宮村虎之介 役で出演した井出卓也。共演者である山本裕典との男同士のキスシーンを披露し、話題を集めました。

『山田くんと7人の魔女』は、キスをするとその相手と入れ替わってしまう少女白石うららと、キスをすると魔女の能力が宿る少年山田竜が巻き起こすドタバタラブコメディです。ヒロインの白石うららを西内まりやが、山田竜を山本裕典が演じています。井出卓也は、二人の入れ替わりを見破る生徒会長、宮村虎之介を熱演。山本裕典とのキスシーンを披露しました。

このドラマの撮影現場では男性共演者が少ないこともあり、山本裕典とはいつも一緒にいたという井出卓也。キスシーンを演じるにあたっても、特に深い話し合いをしたわけでもなく、リハーサルの段階から二人の息はぴったりだったとか。ヒロインの西内まりやよりも、山本裕典と多くキスをしたかもしれないですね。

「ラストキス」の井出卓也がヘタレすぎる!

出演者二人が一日デートをして、最後にキスをするという話題の番組『ラストキス』。井出卓也は2016年3月8日に『ラストキス』に出演しました。デートのお相手は、川辺優紀子。スラリとした長身が印象的なクールなルックスの美人女優です。

放送前の予告の段階から、「一番やばいヤツ」と噂され不安を感じる井出卓也の『ラストキス』でしたが、最初の挨拶の段階でかなり挙動不審。これには川辺優紀子もあきれ気味で「何もかもが、タイプとは違う。」ときっぱり言われてしまいます。

その後もデートの間中、頼りない井出卓也でしたが徐々に川辺優紀子は心開いたようで、最後の別れのシーンでは涙ぐむほどに。感動的で素敵なキスができた素晴らしい回となりました。

2016年からはダンスユニット「龍雅-Ryoga-」としても活動

井出卓也は2015年に結成されたダンスユニット「龍雅-Ryoga-」のメンバーとしても活動しています。担当はラップ。

「龍雅-Ryoga-」は井出の他に、パフォーマーの三谷怜央、後藤 慶太郎、清水 啓太、ボーカルの岸本 勇太の男性5人組からなるダンスユニットです。2016年にシングル曲『Live For You』を発表し、ライブイベントなどを各地で精力的に行っています。

井出卓也の女装姿「ケンちゃん」が話題に

ダンスユニット「龍雅-Ryoga-」としての活動、役者としての活動の他に、バラエティ番組にも多数出演している井出卓也。

2014年から放送されているバラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」の再現VTR内で、オネエのキャラクターを演じ大反響を呼びました。主人公の女性の親友であるオネエのケンちゃんを熱演し、失恋した女性を勇気づける姿に大勢の視聴者が惹きつけられたようです。