©PHOTOPQR/LE PARISIEN

ジャン・レノについてもっと詳しくなろう!あまり知られていない事実15選

2017年12月29日更新

ジャン・レノはフランス・アメリカ合作映画『レオン』(1994年)で世界的な大スターになりましたが、華やかな舞台の裏ではどのような顔を見せているのでしょうか。今回はジャン・レノについてあまり知られていないエピソード15選をご紹介します。

1. ジャン・レノの出身は?

jean-reno-05

出典: freelook.info

ジャン・レノはフランス人ですが、実は、生まれたのはモロッコのアンダルシア州。両親はスペイン人でした。彼がフランスに移住したのは17歳のときでした。

2. ジャン・レノは兵役に就いていたことがある

e407250c84a2

フランスの国籍を得るために兵役に就き、娯楽・エンターテイメント部門に配属されていました。

3. ジャン・レノが通っていたエリート校とは?

Jean%20Reno%20Flushed%20Away%2001

フランスで最も古く格式がある演劇学校のひとつ、クルール・ルネ・シモンの元生徒でした。

4. ジャン・レノが映画『マトリックス』出演拒否?!

jean-reno-wallpaper-2

出典: pcwallart.com

彼は『マトリックス』の敵キャラ、エージェント・スミス役を辞退しています。故郷のフランスを数か月も離れてオーストラリアで撮影をするのは嫌だった、ということが理由でした。

5. ジャン・レノの職業歴

GettyImages-168598108

ジャン・レノは以前、トラック・ドライバー、会計、さらに店員として働いていたことがありました。

6. 「ドラえもん」役に抜擢!

20111118_jeanreno_doraemon

ジャン・レノと言えばドラえもんという印象があるかもしれません。トヨタ自動車のCMシリーズに出演したことで、そのイメージを定着させました。

7. ジャン・レノはコメディが好き

15184303-mmmain

出典: www.nj.com

ジャン・レノといえば、スリラー系やアクション映画に数多く出演していることで最も有名です(『ゴジラ』、『ミッション・イン・ポッシブル』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『RONIN』など)。しかし、フランスでは、主にコメディ作品に出演しています。

“私は、銃に心を惹かれるタイプの男ではないんです。フランスでたくさんコメディに出演するのが好きなのは、そういう訳なんです。”
引用:ppcorn.com

8. フランスの批評家たちはジャン・レノに裏切られたと感じている?!

jean-reno

ジャン・レノによると、フランスの批評家たちはアメリカの批評家たちのように彼を誉めてはくれないと言います。明らかに、アメリカのエンターテイメント市場に身を売ったことを責められている模様です。

“もしあなたがなにかしらの才能を持っているとしたら、それをフランスの外に持ち出さない方が良いです。それと、もし外国に行く予定がある場合は、アメリカ以外にしておいた方が良いでしょう。”
引用:ppcorn.com

9. ジャン・レノのベスト・マンはサルコジだった?!

171027843

2006年、フランスの前大統領ニコラ・サルコジは、ジャン・レノの三度目の結婚式でベスト・マンを務めました。花嫁はゾフィア・ボルッカ。ジャン・レノはサルコジとパリで10年にわたって隣人として暮らし、非常に仲が良くなったそうです。

10. ジャン・レノに最も影響を与えた人物

The Tiger and the Snow

ロベルト・ベニーニは2015年に映画『人生は、奇跡の詩』を監督した際、ジャン・レノを指導しました。またリュック・ベンソンのほかに、最も影響を受けた映画製作者はロベルト・ベニーニだと言っています。

ロベルト・ベニーニについて、以下のように語っています。

‟彼は人間ではなく、天使です。大地を歩くというよりも、宙を飛んでいるような人なんです。彼を愛しています。”
引用:ppcorn.com

11. ジャン・レノは脚本には興味なし?!

Men_Male_Celebrity_Jean_Reno_026781_

これまでいつか自分の映画を脚本したり、監督したりすることに関心はあるのかと尋ねられたことがあるそうです。

実は、ジャン・レノはショート・ムービーを監督し、舞台劇を書いたこともあります。しかし彼自身はこの経験を好ましく思っていませんでした。ジャン・レノの情熱は俳優業に向けられているのです。

12. ジャン・レノのスピリット・アニマルはラクダだった?!

Jean-Reno-pop-art-ppcorn-2016

出典: ppcorn.com

ジャン・レノはラクダと自分を同一視しています。なぜなら、人生はラクダのようにゆっくりと進んでいき、その風景は絶えず変わっていくから、と彼は言います。

“なぜかはわかりませんが、私にははっきりとわかるんです。自分の中では、私はラクダなんだって。”
引用:ppcorn.com