FayesVision/WENN.com

リュック・ベッソン監督のおすすめ映画6選!

2017年11月28日更新
フランス映画を代表する映画監督リュック・ベッソン。フランス人らしく真の愛を描く映画が多いのが特徴です。監督以外にもトランスポーターシリーズやtaxiシリーズ、96時間シリーズなど幅広く脚本・プロデュースもしています。リュック・ベッソン監督作品を観て、リュック・ベッソンの世界にハマったらプロデュース作品にも幅を広げよう!

孤独な殺し屋レオンと、暗い過去を背負ってしまっている少女マチルダの純愛が心にグッとくる、未だに語られる名作

mari1226 1番好きな映画( ´ ▽ ` )? ゲイリー→スタンスフィールド ジャンレノ→レオン ナタリーポートマン→マチルダ

麻薬中毒の少女が殺し屋になり人生の階段を一気に下落していくなか、愛することを知ってしまった…切ないストーリーに感涙

senceofwonder_0 ナイスセンス。 生き生きとしたニキータに恋をした。

海に生きる男たちの熱すぎる友情物語。日本ではCMでのドラえもんでもお馴染みのジャン・レノがカッコ良すぎ!

Hideaki_Yodogawa 見た後にしばらく立ち上がれなくなった映画のひとつ。 ジャンレノの出世作でもあり、リュックベッソンの名前を世界的にした作品でもある。 エリック・セラの音楽がまたいい。 海洋モノっていうのは、今一感情移入ができなかったけど、これは別。 見るなら完全版の一択しかありえない。TVでカットされたもの見た人は全然印象が違うんじゃないかな? これはレオンも一緒だけど。 スローモーションの使い方がうまい。サムペキンパー以来だね、意味のあるスローモーションがきちんと使えている監督は。映像と音楽の調和、セリフ回し、キャラクターの魅力、ストーリー、水中撮影、カメラワーク、どれをとっても完璧。 一か所、私には違和感のある演出もありはするけど、ああいう映像表現でしか表せなかったのかな?と考えるとマイナスにはならないかな。 室内照明を消して、夜中にできるだけクリアな音質で浸るように見るのがお薦め。

百年戦争下のフランスに生まれた悲劇の少女ジャンヌダルクの悲劇ストーリー!ミラ・ジョボヴィッチの演技に目が奪われる!

Maaaaaaboou おもしろい!前半の戦争も迫力があっておもしろいけれど、ジャンヌが捕まってからが特におもしろかった。ミラジョヴォヴィッチの演技が圧巻でした。

リュック・ベッソンが贈る児童文学三部作の一作目!日本語吹きかけ版で主人公を演じている神木隆之介の声もGOOD!!

arukom_ta ちょっと頭の悪いというか、 アホの子の悪役って愛おしい 見入ってしまったよ

記念すべきリュック・ベッソン初監督作品!今観ると逆に新鮮で斬新な白黒無声映画。

1VQ9 シャレオツ