映画『フラッシュ (仮)』エズラ・ミラーが地上最速の男を演じる!【あらすじ・キャスト】

2018年3月16日更新

全身赤のコスチューム、胸には稲妻のマーク。DCコミック最速のヒーロー“フラッシュ”が映画化されることになりました。今回は映画『フラッシュ (仮)』のキャストおよび最新情報についてお届けします。

地上最速のヒーロー“フラッシュ”の映画化が決定!

DCコミックから誕生したスーパーヒーロー“フラッシュ”の映画化が発表されました。日本では同じDCコミックのヒーローであるスーパーマンやバットマンに比べ、やや知名度が低く感じられる彼ですが……。 2014年にスタートしたCWのドラマ『THE FLASH/フラッシュ』が全米で大ヒットとなり日本でも人気上昇中です。 この記事では本作のあらすじ・キャストなど最新情報を紹介します。

フラッシュのオリジナルストーリーは?

警察の化学班に所属するバリー・アレン。ある嵐の夜、研究室内で作業中雷に打たれて化学薬品を体に浴びたことが原因で超高速の能力を手に入れることになりました。アレンはフラッシュを名乗り、セントラル・シティを守るために戦うことを決めたのです。 以上が原作コミックのオリジナルストーリーです。映画版『フラッシュ』はどのようなストーリーになるのでしょう?楽しみですね。

映画『フラッシュ (仮)』のキャスト

主人公バリー・アレンを演じるのは元オペラ歌手という経歴をもつ美声の持ち主

主人公バリー・アレン/フラッシュ役に抜擢されたエズラ・ミラーは1992年9月30日、ニュージャージー州ワイコフに生まれ。出版社で役員を務める父、ダンサーの母と2人の姉の5人家族の中で育ちました。 父親がアシュケナージ系ユダヤ人、母親がドイツ系オランダ人という血筋で自身をユダヤ人だと自負しています。 ミラーは子供の頃にオペラ歌手としてメトロポリタン歌劇場に立ったことがあるという変わった経歴の持ち主。 2012年公開の映画『少年は残酷な弓を射る』において、殺人を犯した主人公の息子・ケヴィン役を演じ演技力を絶賛されました。

『DOPE/ドープ!!』のディジー役で注目を浴びたカーシー・クレモンズ

カーシー・クレモンズはバリー・アレンが思いを寄せるアイリス・ウェスト役を演じます。1993年!2月17日、ロサンゼルス生まれのカーシー・クレモンズ。2015年公開の映画『DOPE/ドー!!』の中でレズビアンの高校生ディギー役を演じたことで知られています。 ヒップホップオタク三人組の青春をコミカルに描いた本作は高い評価を受けました。2015年にアカデミー賞歌曲賞にノミネートされたレディー・ガガの「ティル・イット・ハプンズ・トゥ・ユー」のミュージックビデオにも出演しています。

スーパーヒーロー“サイボーグ”役に抜擢されたレイ・フィッシャー

DCコミックのスーパーヒーローがスポット参戦しています。その名は“サイボーグ”。2017年の『ジャスティス・リーグPART1(原題)』で初お目見えし、本作に登場する予定のサイボーグ。主演作『サイボーグ(原題)』(2020年)が公開される頃には注目度も上がっているでしょうね。 サイボーグ(ヴィクトリア・ストーン)を演じるレイ・フィッシャーは1988年、ニュージャージー州生まれ。『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)にカメオ出演していますよ。

ベン・アフレックが最後のバットマン姿を披露……?

ベン・アフレック扮するバットマンを見れるのは『フラッシュ (原題)』が最後かもしれません。 マイケル・キートンやクリスチャン・ベールらがつとめてきた大役を見事に受け継いだ彼ですが、そろそろバットマン役を卒業するつもりだと言われています。2017年には、ヒーロー役は永遠にやり続けるものではないから優雅にかっこよく引退したい、と語っていました。 ちなみにベン・アフレックは本作の監督へのオファーを断ったことも知られています。監督オファーを断ったのは本作が「かっこよく優雅に」バットマンを引退する方法だから……?それについての真相はまだわかりませんが、いずれにせよ出演が見込まれていることは確かです。

バットマンの父役にジェフリー・ディーン・モーガンか?

テレビドラマ『ウォーキング・デッド』のニーガン役などで広く知られるジェフリー・ディーン・モーガン。『ウォッチメン』(2009年)『ジョナ・ヘックス』(2010年)といったDC映画に出演経験のある彼は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2006年)にバットマンことブルース・ウェインの父親、トーマス・ウェイン役で出演していました。 そんな彼は本作で再びトーマス・ウェイン役を演じること、バットマンスーツを着ることに意欲的な姿勢を見せているのだそう。 「なぜバットマンスーツを!?」と思ってしまうかもしれませんが、原作コミックス『フラッシュ (原題)』はブルースを殺されたトーマスがバットマンになっている世界線を描いているのです。彼が本作にどのように関わるのか、出演が確定したわけではないにしろ、期待が高まります。

ついに監督決定か!?

映画『フラッシュ (仮)』の監督は誰がつとめるのか。これまで有力説だったのは、ジョナサン・ゴールドスタインとジョン・フランシス・デイリー。『お!バカんす家族』(2015年)や『ナイト・ゲーム』(日本未公開)などのコメディ映画で知られるタッグです。 未だ正式発表はされていませんが、本作のメガホンを取るのは、この2人で決定とみてよさそうです。というのも、ジョン・フランシス・デイリーが噂を認めるようなツイートをしたから。本作もコメディ色の強い作品になるのかもしれません。 実はこの2人、マーベル映画『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)で脚本を担当していました。すでに「ヒーロー物」で成功を収めている彼らですから、ますます楽しみです。

ヴィランとしてローグスが登場?

本映画版の悪役として、ローグスが登場するのではないかという話題に注目が集まっています。ローグスとはフラッシュを倒すために結成された悪役集団の名称です。 メンバーはコールドガンを武器にする“キャプテン・コールド”や火炎放射器を操る“ヒート・ウェーブ”、トリックスターにパイド・パイパー、そしてブーメランを使って戦う“キャプテン・ブーメラン”等々。一人一人では足りなくても力を合わせたら彼と互角に戦えるほどの勢力になるのです。 映画ジャーナリストのジェフ・スナイダーは、ツイッターでこのようにコメントしています。

『フラッシュポイント(原題)』のヴィラン(悪役)はローグスのゴールデン・グライダーとキャプテン・コールドだって噂を耳にしたよ。

出典: lrmonline.com

悪党だけどなぜか憎めないローグスのメンバーたち。さて、誰が登場するのでしょうか?

フラッシュとサイボーグの友情が見られる?

ALL IN. #JusticeLeague #Cyborg #BORGLIFE

Ray Fisherさん(@rehsifyar)がシェアした投稿 -

エグゼクティブプロデューサーのザック・スナイダー監督は、サイボーグとバリー・アレン(フラッシュ)という2人のヒーローが本作で共演することを明らかにしました。

フラッシュのエズラ・ミラーとサイボーグのレイ・フィッシャー、真の友情で結ばれた若者2人が共演しているんだ。エズラはすごく楽しいヤツだよ。『フラッシュポイント(原題)』はこれまでの作品とは全く違った色合いになるだろうね

映画『フラッシュ (仮)』公開日はいつ?

映画『フラッシュ (仮)』の公開時期は未だ未定です!ただ、2017年10月頃脚本の初稿が完成した模様。続報に期待です!