峰竜太、人気司会者の知られざる魅力に迫る!

2017年5月25日更新 496view

峰竜太は、若手時代に「石原軍団」の三枚目アクション俳優として、『西部警察』で活躍をした後、マルチタレントとして転向。数々のテレビ司会番組を持ちようになりました。現在は「あっこにおまかせ!」で司会を務める峰竜太の魅力をご紹介します。

峰竜太のプロフィール

峰竜太

峰竜太は、バラエティ番組の人気司会で知られ、現在はテレビやラジオで活躍しています。1952年3月1日に長野県下伊那郡下條村で生まれ、本名は下嶋清志といいます。噺家として活躍した初代林家三平の愛娘である、長女の海老名美どりの夫ということでも有名ですね。

峰竜太の趣味は、熱帯魚を飼うことや、ジョギングをすることだそうです。他にも特技としては、スキューバダイビングとやり投げだと言われています。

当初俳優として活躍し、主な過去の作品には、『太陽にほえろ!』『西部警察』などがあります。

石原プロモーションに所属し活躍

峰竜太

峰竜太は一時期、「石原軍団」の通称で知られる石原プロモーションに所属していました。『西部警察』では、平尾一兵役で出演しています。

第75話の「平尾一兵、危機一髪」からの登場する、自衛隊から転職してきた刑事という役柄でした。愛称は「イッペイ」で、大門軍団のメンバーの中では、典型的な三枚目として活躍します。お調子者キャラの名台詞は、「一兵のガードで安心、お買い物」を口説き文句に使っていましたね。

峰竜太

この頃の峰竜太は、アクション俳優として活躍しました。しかし峰は俳優としての仕事よりもバラエティ出演への興味を抱くようになり、石原プロモーションを辞めたようです。そのことに石原裕次郎と親交のあった義理の母親、海老名香葉子はとくにご立腹だったとか。

現在は、俳優としての活動はほとんどなく、石原軍団で貴重な三枚目役のイッペイの存在であっただけに、残念に感じているファンも多いようです。

妻の実家は落語一家!峰竜太は芸能一族

林家一家

峰竜太の妻で、小説家の海老名美どりの父親は初代林家三平です。「ど〜もスミマセン」というギャグで有名な噺家で、テレビでも人気者として活躍しました。次女の泰葉は歌手として活躍したことで知られていますが、春風亭小朝元夫人ということでも有名ですね。

長男は長いこと林家こぶ平を名乗っていましたが、現在は9代目林家正蔵を襲名。次男の林家いっ平は、林家三平を襲名しました。

その2代目三平の妻は、元タレントの国分佐智子です。9代目正蔵の息子も林家たま平と名乗りをあげましたから、並べるだけでも華やかな芸能一族です。

峰竜太の実家はスーパーマーケット!?

スーパーさかや

峰竜太の実家は、スーパーさやかという店舗を経営しています。「竜太ワイン」や「そば焼酎竜太」を中心に、信州の銘酒を取り揃えているようです。タレントの峰竜太の名前をブランドとした、ワインとそば焼酎は地元のオリジナル商品。

「竜太ワイン」の赤はメルロー種で、白はセミヨン種を使った香り高い一品だそうです。「そば焼酎竜太」は、地元下條産の蕎麦を100%使用。蕎麦の香りが強く甘みがあり、まろやかな味わいのようです。

酒類のほかにも、食料品や生活必需品の雑貨も販売しているスーパーさかやは、地元に愛される庶民的なスーパーのようです。

司会としても大活躍

あっこにおまかせ

出典: laughy.jp

現在の峰竜太の看板番組は、和田アキ子と一緒に司会を務めている「あっこにおまかせ!」が活躍の中心となっています。

2000年に「オフィスさかや」として石原プロモーションから独立すると、数々の司会業をこなすようになります。日本テレビの『ザ!情報ツウ』では、平日の「朝の顔」として主婦層に人気を定着させます。

その後は、週末土曜日は『スーパーサタデー』、日曜日は『アッコにおまかせ!』などのレギュラー番組を毎日持っていたため、一時期は、売れっ子司会者のみのもんたよりも大活躍していたようです。

峰竜太は中日ドラゴンズの大ファン

100205_105724

中日ファンの峰竜太、落合監督とのツーショット!

峰竜太の出身地の下伊那郡下條村が愛知県に近いこともあって、熱烈な中日ドラゴンズファンのようです。ただし、峰以外、家族は全員読売ジャイアンツのファンだとか。

以前に出演していた『ザ!情報ツウ』の「ドラゴン・ツウ!」コーナーも担当して、スポーツ新聞などに記載されたドラゴンズの記事を紹介。それは日本テレビでは異例のことでした。ジャイアンツの話題を扱うことが大きい局内で、峰竜太がドラゴンスの話題を扱う様子が視聴者の笑いを誘い好評だったようです。

また、2010年には「中日ドラゴンズ公式ファンクラブ」の名誉会員となったそうです。