2017年10月19日更新

レニー・ジェームスが『ブレードランナー』続編に出演決定!変幻自在な黒人俳優に迫る

レニー・ジェームズ

俳優のレニー・ジェームスを知っていますか?ジャンルを問わず様々な作品に出演しているレニー、名前は知らなくても写真を観れば思い当たる人も多いかもしれません。そんなレニーの出演作品からプライベートまでをご紹介します。

目次

レニー・ジェームスって誰?

レニー・ジェームスは1965年生まれ、ロンドン出身の俳優です。国籍はイギリスですが、彼の両親はともにトリニダード・トバコにルーツを持っています。 レニー・ジェームスが12歳の時に母親がなくなり、兄と一緒に施設に入りましたが、16歳の時に今も親しくしている里親の元に渡ります。 その時から、自分で演劇を書いたりという創作活動を開始。その後、ギルドホール音楽演劇学校で役者としての勉強をし、1988年に卒業しています。

出演作は20作以上!様々なジャンルの映画に出演

レニー・ジェームスはこれまでに20作以上もの映画に出演しており、ジャンルや役どころも多種多様です。その中から代表的なものを紹介しましょう。

ヴィクトル・ユーゴー原作、不朽の名作ミュージカルの実写化【1997年】

ヴィクトル・ユーゴーの同名小説を原作とし、ミュージカル作品としても有名なタイトルの映画版です。窃盗の罪で19年もの重労働の刑に処せられたジャン・バルジャンを主人公に、映画版ではジャンと彼を追うジャベール警部の関係にスポットを当てた内容になっています。 レニーは、裕福な家庭に生まれ、共和派の秘密結社「ABCの友」の首領であるアンジョルラスを演じています。

盗まれたダイヤをめぐる犯罪コメディ【2000年】

ガイ・リッチー監督の犯罪コメディ作品です。主人公は強盗団のボス、フォーフィンガー・フランキー。ダイヤを盗んだ彼を嵌めようと、強盗団の裏切り者がロンドンの裏ボクシングを舞台に暗躍します。 レニーは、質屋の黒人オーナーで、事件に巻き込まれていくソル役を演じています。

宇宙空間を舞台に繰り広げられる脱獄劇【2012年】

フランスで制作されたSFアクション映画です。西暦2079年の宇宙空間に設置された、500人もの凶悪犯をコールドスリープ状態にして収監している刑務所で起きた脱獄事件を中心にストーリーは展開していきます。 レニー演じる諜報員のハリー・ショウは、ストーリーの中でも重要なカギを握る人物となっています。

人気テレビドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』にも出演

『ウォーキング・デッド』は2010年から続くHBOの人気テレビドラマシリーズ。舞台は、ゾンビによって一度終わりを迎えた後の世界におけるアメリカで、安住の地を求めてゾンビから逃げる主人公達を描いた物語です。 レニー演じるモーガン・ジョーンズは、主人公のリックが昏睡状態から目覚めて初めて会う黒人男性です。 シーズン1~3までに登場し、シーズン5でも再登場しています。ストーリーの途中で死亡してしまうキャラクターも多い中で、モーガンはまだ生き残っており、今後も重要な存在である可能性は高いです。

レニー・ジェームスの家族構成は?

レニーは長年にわたって女優のジゼル・グレースマンとパートナーの関係にあります。二人の間には三人の子供がおり、長女のロニーとその下に双子のセリーンとジョージアと続く三人姉妹だそうです。 料理好きなレニーは、家族の為に得意なカリビアン料理をふるまっているそうです。

2017年公開予定!『ブレードランナー』の続編に出演決定している

『ブレードランナー』は、1982年に公開されたアメリカのSF作品です。レプリカントと呼ばれる人造人間と人類の戦いを描いたSF映画の名作で、『ブレードランナー』が描いたアジア的な近未来の世界観はその後様々な作品に影響を与えました。 そんなSF映画の金字塔の続編に、レニー・ジェームスの名前が出演キャストとして掲載されています。ストーリーや役柄などはまだ発表されていませんが、今回も重要な役どころを担う可能性は高いでしょう。