映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの名言・名セリフまとめ

2017年7月6日更新

今なお根強い人気のある『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ。本シリーズは、その美しい映像や魅力的なキャラクター、世界観だけでなく、多くの名言や名セリフも注目したいシリーズです。こちらでは、作中の画像と共に名セリフなどをご紹介しています。

ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』名言集

lotr名言_03

J.R.R.トールキンによって執筆された同名小説を映画化したファンタジー映画『ロード・オブ・ザ・リング』。今作は、その緻密で壮大な世界観などから決して満足いく映画化は不可能だと言われ続けていました。

lotr名言_01

しかし、監督ピーター・ジャクソンによる指揮で大人気シリーズとなり、2004年に日本でも公開されたシリーズ最終作『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』は、第76回アカデミー賞で監督賞や作品賞をはじめとする11部門を受賞しています。

lotr_02

出典: www.csfd.cz

そんな今シリーズには多くの名言や名セリフが存在していました。今回は今シリーズの名言・名セリフ10選をお届けします。

フロドによる名セリフ

「僕が指輪を捨てに行く。でも道が分からない。」

lotr名言_04

出典: ja.fanpop.com

後にフロドが葬る為に持ち主となる“ひとつの指輪”。世界を滅ぼすほどの強大な魔力から誰が葬るのかで論争が激化する中、小さなホビット族の彼が人間やエルフ、ドワーフに向けて自分が葬ることを告げる一言です。

この言葉が後のフロドの運命を決め、そして彼を助けるべく8人の旅の仲間が集結した瞬間でした。

ガンダルフによる名セリフ

「それより今自分が何をすべきか考えることだ」

lotr名言_05

出典: wallup.net

旅の最中、フロドがふと魔法使いガンダルフに自分の悩みや思いを語った時に返答した言葉です。

やるべきことがあるのならば、追われていることや過ぎたことに気を取られるのではなく、“これから自分がどうすべきなのか”、“自分には何が出来るのか”、に意識を向けるべきだということを気づかせてくれる言葉でしょう。

フロドによる名セリフ

「サム。お前がいて良かった。」

lotr名言_06

途中で襲撃に遭いこれからひとりで旅に出ようとするフロドを追い、付いていくことを決めたサムへの言葉。

いかにこの二人の絆が強いものかが分かると同時に、孤独で過酷な環境下での旅の始まりを表す言葉でもあります。

ピピンによる名言

「この世界に住んでるんでしょう?」

lotr名言_07

ホビットのピピンが、悪に染まったサルマンの悪行を見ようとせず助けようともしない木の精エントの長老、木の鬚に対して言った言葉。

一見自分には関わりが無いことに思えても、この世界の一員だからこそ苦しめられている人や悪行を働いている人、存在に対して正義感を持って挑むべきだと思わされる一言です。

ガラドリエルによる名言

「もっとも小さなものが世界の運命を変えるのです。」

lotr名言_08

指輪を葬るという重荷を背負ったフロドが忍び寄る恐怖感を打ち明けた時にエルフの女王ガラドリエルに言われた言葉。

何かを成すことに、それがいかに大きく壮大なものでも見た目やその存在の大きさは関係なく、例え小さな存在でも大きく運命を変えることが出来ることを教えてくれた名言です。

サムによる名言

「この世には命を懸けて戦うに足る、素晴らしいものがあるんです。」

lotr名言_09

フロドが指輪の魔力に蝕まれていき、指輪を葬ることが自分には成せない、と言った際にサムが語った言葉です。この言葉によって、2人は旅を放棄せず、自分たちで指輪を葬るという意思を固くするのでした。

この台詞の一連の流れは、今シリーズの中でも多くの人が心に残ったと言う名場面でもあります。

ギムリによる名セリフ

「いいね、それならいい。」

lotr名言_10

不利な状況での戦が始まる際、ドワーフのギムリが「エルフの隣で討ち死にするとは..」と嘆きます。すると、それに対してエルフのレゴラスが「友達の隣なら?」が問い、ギムリが「いいね、それならいい。」と答えます。

元来、エルフとドワーフは非常に仲の悪い種族でしたが、2人はこの旅を通じて生涯に渡って良き友となります。元来種族間で仲が悪くてもひとたび友達となれば、その概念すらも覆し、いかに先入観がちっぽけなものかが分かりますね。

アラゴルンによる名セリフ

「フロドのために」

lotr名言_11

最終章『王の帰還』を代表する台詞のひとつであると共に、シリーズを象徴する言葉でもあるのではないでしょうか。

常に命の危険がある中で決して背を向けず、そして自分のためではなく人のために命を落とす覚悟をもって戦うという、旅の仲間たちの想いが詰まったセリフですね。

フロドによる名セリフ

「お前がいてくれて良かったよ、サム。全てが終わりを告げる、今。」

lotr名言_12

指輪を葬り、冥王サウロンが消滅した時にフロドが告げた言葉です。

1作目『旅の仲間』の終盤から、指輪を直接的に葬る旅に出たのがフロドとサムの2人となりましたが、2人の旅が始まる時にフロドがかけた言葉「サム。お前がいて良かった。」が、旅を終わる時も同じ言葉で終わるとは、いち鑑賞者にとっても感慨深くなりますね。

サムの名言

「ただいま。」

lotr名言_13

何気ない言葉ですが、この「ただいま」が彼らにとってどれだけ重くて尊い言葉なのか、彼らの旅を見届けた時にその重みが伝わってきます。

”全てを成し遂げた”という思いはもちろん、決して帰ることが出来なかった人々もいる中で、自分の帰るべき場所に自分が帰って来れるありがたみが分かる言葉です。