ドラマ『みんな!エスパーだよ!』に出演していたキャストの現在

2017年7月6日更新

みんなエスパーだよ!は漫画を原作に映像化された作品で、超能力者たちの性と正義について問う下ネタ満載のドタバタコメディです。主演の染谷将太を始め、若手俳優が多く集った今作品。当時のキャスト達はどんな活躍をしているのでしょうか?

下ネタ満載コメディドラマ『みんな!エスパーだよ!』

若杉公徳による漫画を映像化した作品で、突然超能力が芽生えてしまった高校生と、超能力者たちを描いたコメディドラマです。主人公である鴨川嘉郎は或る日突然、超能力に目覚めてしまい困惑するのですが、実は周囲の人々も何かしらの超能力を持っていました。

しかし、その能力はエロ目的で利用をする場面が多いという、下ネタ満載でドタバタのコメディドラマです。

鴨川嘉郎/染谷将太

鴨川嘉郎はちょっと気の弱い内気な性格をした男子高校生です。或る日突然、ラジオの周波数を合わせるように相手に集中する事で人の心の声が聞こえるようになるテレパシー能力に目覚め、ヒーローになろうと決意します。

染谷将太は7歳の頃から子役として活躍しており、2011年のサスペンスホラー映画『ヒミズ』にて、マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。2013年には『ヒミズ』と『悪の教典』にて日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。私生活では2015年に女優・菊地凛子と結婚。2016年に第一子が誕生し、現在は1児のパパです。  

平野美由紀/夏帆

平野美由紀は嘉郎と同じ高校に通う女子生徒です。嘉郎と同じくテレパシー能力を仕えるのですが、美由紀の場合は周囲の声が本人の意志に関わらず聞こえてしまいます。そのため、辛い思いをして心を閉ざしてしまった事も。嘉郎と行動を共にするうちに彼に魅力を感じ、徐々に惹かれていきます。

夏帆は小学生の時にスカウトされたのをきっかけに芸能界入り。モデルを経て2004年に『ケータイ刑事 銭形零』で初の主演を務め、2009年の連続ドラマ『オトメン』シリーズにヒロイン役で出演しました。2015年には女性の生き方を描いた映画『海街diary』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しています。

浅見紗英/真野恵里菜

浅見紗英は嘉郎のクラスメイトで、東京から転校してきた女子生徒。嘉郎が想いを寄せる相手でもあります。清楚な外見とは裏腹に心の声はかなりドス黒く嘉郎の事も含め人の事も平気で毒づいたりしています。しかし、本当は家庭をないがしろにした父親への反発から悩みを抱えており、悩み故にひねくれている部分もあるようです。

真野恵里菜は2008年にアイドルグループハロープロジェクトを卒業して歌手としてソロ活動を始め、同年にBSのドラマ『Pocky 4 Sisters! 〜出せない手紙〜』で女優デビュー。近年では2013年に漫画を元にした実写版機動警察パトレイバー『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』に主演・泉野明役として出演しています。

永野輝光/マキタスポーツ

 

喫茶店シーホースのマスターで”テルさん”という相性で呼ばれています。テレキネシスの能力を持っているのですが、エロい目的にしか使えないという限定した能力の持ち主。しょうもないオッサンといったキャラですが何かと相談を持ち掛けられては嘉郎に協力してくれる、どこか憎めないキャラクターです。

マキタスポーツはオフィス北野所属のお笑い芸人で、ミュージシャン、俳優としても活躍中です。お笑いでは2011年にピン芸人大会・R-1グランプリで準決勝に進出。音楽活動では2012年に「十年目のプロポーズ」という曲を出しています。2015年の映画『みんな!エスパーだよ!』では、テルさんとして挿入曲を担当しました。

榎本洋介/深水元基

嘉郎の高校の先輩で、バスケ部に所属しています。ある日テレポーテーションの能力に目覚めますが、テレポーテーションをすると同時に全裸になってしまう、という制限つき。自分の都合のいいように物事を解釈するポジティブな性格ですが、ある時、こんな楽な生活からは抜け出したい、エスパーを止めたいと言い出します。

深水元基はモデル活動を経て俳優業へと転身し、2001年の『ショコキ!』で映画デビュー。今作品と同じ監督が出がける『新宿スワン』『ラブ&ピース』にも出演しており、演じる度に雰囲気が変わるカメレオン俳優。私生活では2015年に一般女性との結婚を発表しました。

浅見教授/安田顕

超能力の研究をする教授で実は浅見紗英の父親です。超能力の研究に熱を傾けるあまり、紗英に辛い思いをさせていました。過去に超能力で問題があった事実を知っており、街に危機が訪れている、と嘉郎の住む町にやってきます。

しかし、飲んだくれていたり部下の秋山にセクハラしていたり、と頼りないシーンの多い人物です。

安田顕はヤスケンの名で親しまれている俳優です。1998年に北海道のローカル番組だった『水曜どうでしょう』で準レギュラーを演じて以来、広く知られるようになりました。イロモノキャラを好んでおり、漫画を原作としたドラマ『アオイホノオ』や『ショムニ2013』では個性的なキャラが生かされています。

秋山多香子/神楽坂恵 

浅見教授の助手として働くとてもセクシーな美女。いつも教授からセクハラされていますが、無口でクールなキャラを徹底させています。他者に胸を見られている時だけ予知能力が発動する、という限定的な力を持っており、実戦ではカポエラという武術を使います。

神楽坂恵は元グラビアアイドルで現在は女優として活躍中です。2010年のホラー映画『冷たい熱帯魚』と2011年の殺人事件をテーマにした映画『恋の罪』にて体当たりの演技を披露しおおさかシネマフェスティバル、ヨコハマ映画祭にて助演女優賞を受賞しており、両映画を監督した園子温と2011年に結婚しています。

矢部直也/柾木玲弥 

内気で陰気な性格のキャラクターで、友達の少ない矢部は浅見教授のトレーニングを受けており透視能力を持っています。 嘉郎の目的の為に紗英の胸を覗こうとしますが、実はまだ修行不足から能力が未発達で透かして見ることが出来たのは内臓だけというオチでした。

柾木玲弥は2009年度のジュノン・スーパーボーイ・コンテストにて審査員特別賞を受賞し芸能界入り。2012年に放送されたサスペンスドラマ『高校教師』でドラマ初出演を果たし、『ガチバンZ 代理戦争』では主演を務めヤンキー役を熱演。ミュージカルにも出演しており2011年に『テニスの王子様』で壇太一役を演じました。

石崎英雄/鈴之助

物体に対して手を翳すとその物体に残った記憶などを読み取れるサイコメトリーという能力の持ち主です。母親がスナックで働いていたのですが、その時に母の事を誤解したまま育ったため、心に大きなコンプレックスを抱えています。

鈴之助は1996年に小説を原作としたファンタジー映画『地獄堂霊界通信』で主演デビュー。不良少年を描いた『クローズZERO』や落ちぶれ野球部の復活劇を描いた『ROOKIES』の不良役で注目を集めました。その後は幅広い役を演じる事となり2014年には昼ドラ『花嫁のれん』に出演しています。

ミツル/栗原類 

ドラマオリジナルキャラで影から嘉郎を見詰める謎の少年です。ミステリアスな雰囲気を纏い、時折登場しては謎めいた言葉を発しています。浅見教授と対立する位置に存在し、ヒプノキシスという催眠能力の持ち主。終盤でバイトを希望した履歴書には「パーオ大帝」という謎の名前を書いていましたが、本名なのかは不明です。

栗原類は父がイギリス人母が日本人のハーフで、6歳から11歳までをニューヨークで過ごしています。2012年に出たバラエティトーク番組『アウト×デラックス』に出た際、後ろ向き発言が受けてネガティブモデルとして広く知られるように。2013年にはサスペンスドラマ『潜入探偵トカゲ』で本人役を演じました。

林/矢柴俊博

嘉郎が通う学校の教師で、ウィンドコントロールという超能力を使う事が出来ます。非常に限定的な能力で”風を起こせる”だけの能力です。林はそれを”女性のスカートを捲る”という行動に使っています。

矢柴俊博は名脇役として名高い俳優で、元々は監督を目指して演技の世界に入りました2004年にみずほ銀行のCM「優遇される男」の出演で知名度が上がり、以降多くのドラマ、映画、CMに出演。2016年にはNHK大河ドラマ『真田丸』に細川忠興役で出演しています。