2020年8月14日更新

新垣結衣出演のおすすめ映画12選【卓球少女、教師などガッキーが様々な役で魅了】

新垣結衣映画_サムネ

透明感に溢れ繊細な顔立ちから“天使”とも称される清純派女優・新垣結衣。その人気からCMにも多く起用されています。この記事では、ガッキー出演のおすすめ映画を紹介します。

目次

新垣結衣出演のおすすめ映画を紹介 ガッキーデビュー作から最新の出演作まで

新垣結衣(あらがき ゆい、1988年6月11日生)は沖縄県出身の女優・歌手・モデルです。2001年、13歳のときに女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』のモデルオーディションでグランプリを受賞し、モデルデビュー。 2004年ごろからバラエティや女優業に進出し、人気を獲得していきました。ドラマデビュー作は2005年放送の『Sh15uya(シブヤフィフティーン)』。翌年フジテレビで放送された『トゥルーラブ』では初主演を飾っています。 映画デビュー作は2007年公開で松田翔太主演の『ワルボロ』。同年公開の『恋するマドリ』では初主演を務め、主題歌「メモリーズ」で歌手デビューも果たました。 そんな透明感に溢れ、演技力にも定評があるガッキー出演のおすすめ映画を紹介します。

『ワルボロ』(2007年)

ガッキーの映画デビュー作!ヒロインとして天性の魅力を発揮

作家のゲッツ板谷による青春小説を映画化。松田翔太が主演し、本作で映画デビューした新垣結衣がヒロインとして天性の魅力を放っています。 舞台は1980年代の東京・立川。がり勉の中学生「コーちゃん」は、クラスの不良に歯向かったのをきっかけに喧嘩に目覚め、日常が一変。新たな仲間とともに他校のグループと抗争に明け暮れますが、ひそかに想いを寄せるクラスメイトの少女・山田との関係や、不良としての中途半端さに思い悩みます。 「男らしさ」と「かわいらしさ」を兼ね備えた松田翔太の熱演が印象的。大人数を相手にした決闘シーンはエネルギッシュで見応えがあります。ガッキーは、主人公に「逃げるな」とげきを飛ばし、一皮むけるきっかけをつくる芯の強いヒロインを好演しています。

『恋するマドリ』(2007年)

引越しをきっかけに出会った男女の甘酸っぱい青春ラブストーリー

一緒に住んでいた姉が結婚することになり、小さな部屋へ引っ越した美大生・ユイ。彼女は新しい部屋の元住人・アツコと出会い意気投合。バイト先もアパートも同じの男性・タカシとの出会いに運命を感じ、次第に惹かれていくユイでしたが、タカシとアツコは知り合いだった事が判明しました。 本作はインテリアショップ「Francfranc」の15周年記念に製作された作品で、同ショップのお洒落なインテリア家具や雑貨が使用されています。重要なシーンで使用されている椅子は映画のために制作されたオリジナルで、レプリカも販売されました。 アツコ役は菊地凛子、タカシ役は松田龍平が演じています。新垣にとっては映画初主演作品となり、主題歌の歌唱も務め歌手デビューを果たしました。当時19歳の初々しい彼女が観られる作品です。

『恋空』(2007年)

著者の実体験を元に描かれた切ない純愛ラブストーリー

美嘉原作の人気ケータイ小説『恋空』を実写化した作品です。桜井弘樹・通称ヒロと付き合う事になった主人公・田原美嘉。高校生活を楽しんでいた2人でしたが、美嘉がヒロとの子どもを身篭り流産してしまいます。 大きなショックを受けながらも強い絆で結ばれていった2人でしたが、ほどなくして美嘉はヒロから別れを告げられてしまいます。しかしヒロが別れを告げたのは彼女へのある想いからでした。 人気ケータイ小説の映画化ということ、ヒロ役が当時人気絶頂の三浦春馬ということもあり、中高生及び20代女性に絶大なる支持を得た『恋空』。その他にも中村蒼、波瑠、香里奈、小出恵介、臼田あさ美など豪華俳優陣が脇を固めています。

『フレフレ少女』(2008年)

弱小応援団の奮闘を描く青春映画。ガッキーが見事なエールを披露!

弱小応援団の奮闘を描く青春映画。主演の新垣結衣は、成り行きで応援団長を任された女子高生をみずみずしく演じています。 高校生の桃子は小説の中の恋物語に夢中な文学少女。しかし一目ぼれした野球部のエースを応援しようと一念発起し、廃部寸前の応援団に入部します。最低限の団員をなんとか勧誘し、流されるまま団長に就任した彼女のグダグダな応援で、むしろ試合の足を引っ張ってしまうことに。見かねたOBたちから桃子たちは特訓を受けますが、団員たちは次々に不満を爆発させ……。 今や人気・実力とも認められた永山絢斗、染谷将太らが癖のある団員たちを初々しく好演。ガッキーを筆頭に、キレキレの見事なエールを披露しています。ガッキーのセーラー服と学ラン姿のギャップには、男女問わずキュンとすること間違いなし。

『BALLAD 名もなき恋のうた』(2009年)

あの有名アニメを実写リメイク!タイムスリップしてきた少年が出会った武将と姫の恋路を描く

戦国時代の武士・井尻又兵衛と春日の国の姫・廉姫の悲恋の物語。 映画『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の実写リメイクで、原案はしんのすけが戦国時代にタイムスリップし、武士と姫に出会うという物語でした。本作はお姫様と一介の武士の身分違いの恋を中心に描いています。 武士・井尻又兵衛を草彅剛が、春日の国の姫・廉姫を新垣結衣が好演。脚本・監督は『ALWAYS三丁目の夕日』などでおなじみの山崎貴が務めました。

『ハナミズキ』(2010年)

北海道・釧路を舞台に一青窈の歌の世界観を表現した映画

一青窈の代表曲「ハナミズキ」をもとに制作された本作。夢のために東京の大学への受験を目指す主人公・紗枝と漁師の家業を継ぐため地元に残る康平は、遠距離恋愛という選択をします。しかしさまざまなすれ違いから別れることとなり、別々の道を歩んでいくという青春ラブストーリーです。 主演を新垣結衣が務め、康平役を生田斗真が演じました。監督は『いま、会いにゆきます』(2004年)、『涙そうそう』(2006年)の土井裕泰で、「この夏一番泣けるラブストーリー」と話題になりました。 主題歌、挿入歌ともに一青窈の曲が使われており、映画のキャッチコピーは「君と好きな人が、百年続きますように」と、原曲の要素や世界観がふんだんに盛り込まれた作品です。

『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』(2012年)

日本橋を舞台にした東野圭吾のミステリー小説を実写化

東野圭吾原作の連続ドラマ『新参者』および、その後に放送されたスペシャルドラマ『東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画赤い指~「新参者」加賀恭一郎再び!』の続編として公開された作品です。 日本橋の欄干で胸にナイフが刺された男が発見されます。刑事加賀との加賀と松宮が捜査を始めると、事件直後に若い男が現場から逃走し、トラックに跳ねられ昏睡状態に陥っていることが明らかになりました。 警察はこの不審な男を犯人と断定しますが、果たして本当に犯人なのか?加賀が事件の真相に迫ります。 加賀恭一郎役を阿部寛、相棒の刑事・松宮役を溝端順平が演じる本作。新垣結衣は昏睡状態に陥っている若い男の恋人で、「彼が人殺しをするはずがない」と警察に反論する中原香織役を演じています。

『トワイライト ささらさや』(2014年)

新垣結衣と大泉洋が夫婦役に!幽霊の夫が妻子を助けるハートフルムービー

加納朋子のファンタジーミステリー小説「ささら」シリーズの第1弾である『ささらさや』を原作としたハートフルストーリー。 不思議な事が起こる小さな田舎町「ささら」を舞台に、愛する妻子が心配で成仏できない幽霊・ユウタロウは、他人の体に乗り移って妻子を助けようと奮闘します。そんな中、妻サヤは母親としても人間としても成長し、たくましく強い母親になっていくのでした。 始めは頼りないながらも様々な危機を通して強い母に成長していくサヤを新垣結衣が、幽霊になりながらも妻と子を助けようとする夫を大泉洋が演じています。本作で新垣は、母親役初挑戦となりました。

『くちびるに歌を』(2015年)

ピアノを猛特訓して合唱部の顧問役に挑戦

原作は中田永一の同名の青春小説。長崎県の五島列島のある中学校で、合唱部の代理顧問に元ピアニスト・柏木ユリが配属されます。美しい臨時教師目当てに合唱部には男子生徒が入部してきますが、真面目に合唱に取り組んでいた女子生徒とは当然上手くいくわけもありません。 合唱部を立て直す柏木ユリ役を新垣結衣が演じます。監督は『ホットロード』(2014年)や『陽だまりの彼女』(2013年)で有名な三木孝浩。ガッキーはこの役を演じるにあたって、弾けなかったピアノを3ヶ月猛特訓し撮影に挑みました。 また、舞台となっている五島列島特有の自然に囲まれた風景も、本作の見どころのひとつです。

『ミックス。』(2017年)

新垣結衣×瑛太が卓球でダブルスを組む!

偶然の出会いから始まるラブコメ映画『ミックス。』は、卓球を題材とした作品で、新垣結衣と瑛太がW主演を務めました。彼氏を寝取られ田舎に帰った富田多満子は、亡くなった母が残した卓球クラブで全日本卓球選手権出場を目指し奮闘していきます。 新垣結衣演じる多満子は、瑛太演じる元プロボクサーの荻原久と男女混合ダブルス(ミックス)を組み、ケンカをしながらも、卓球クラブに活気を与えていくのでした。 卓球に挑む真剣な表情はもちろんのこと、時折見せるガッキーの変顔が見どころの一つになっています。

『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』(2015年)

警察庁特殊部隊の活躍を描く一大プロジェクト最終章。スナイパー役ガッキーの見せ場に注目!

犯人の生け捕りを目的とする警察庁の架空の特殊部隊「NPS」の活躍を描いたストーリーを、ドラマと映画で連続させる一大プロジェクトの最終章。向井理、綾野剛、新垣結衣ら豪華キャストによる激しいアクションが見どころです。 劇場版で描かれるのは、向井理が演じる主人公の隊員・神御蔵一號(かみくら いちご)たちと、宿敵のテロリスト・正木との最終決戦。核燃料を積んだタンカーと子供たちを乗せたバスがほぼ同時に乗っ取られる緊急事態に対し、警察庁の特殊部隊「NPS」と「SAT」、そして海上保安庁の特殊部隊が手を組んで立ち向かいます。 新垣結衣が扮するのは、NPS唯一のスナイパーのイルマ。犯人の急所を外した銃撃が子供を巻き込んでしまい、自らの任務に苦悩する役どころです。綾野剛が演じるSATのスナイパーとともにヘリから狙撃するシーンは、本作の大きな見せ場です。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)

人気医療シリーズの集大成!山下智久、新垣結衣らが再結集

ドクターヘリで現場急行する医師や看護師たちの、成長と苦悩を描いた人気医療ドラマシリーズの劇場版作品。山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香らドラマ版のレギュラーが再び結集し、観客を魅了しました。興行収入は90億円を超える大ヒットを記録しています。 ドラマを通じて、候補生(フェロー)から現場のリーダーへ成長した主人公たち。劇場版では、乱気流に巻き込まれた航空機、フェリーのアクアライン衝突といった未曽有の大事故が続発。それぞれの道を歩み始めていた主人公たちが再び力を合わせ、シリーズ史上最悪の難局に立ち向かいます。 緊迫感にあふれたリアルな救命シーンは健在。余命わずかな花嫁、脳死状態の少年、鉄パイプに身体を貫かれた父親。患者たちの人間ドラマが主人公たちの人生と交錯していくストーリーも秀逸です。10年続いた人気ドラマの集大成にふさわしい作品に仕上がっています。

国民的人気女優ガッキー、今後の映画出演にも注目

「ガッキー」の愛称で国民的人気を誇る新垣結衣。『恋空』『ハナミズキ』などのラブストーリーを中心に、映画・ドラマの主演女優として第一線を走り続けています。 『トワイライト ささらさや』では母親役に初挑戦。『ミックス。』では日本アカデミー賞主演女優賞にノミネートするなど、30代に突入しますます演技の幅が広がっています。国民的女優・ガッキーの今後の出演作が楽しみですね。