映画「コードブルー」が2018年に公開決定!成功の鍵は脚本家にあり?

2017年10月7日更新

「コードブルー」シリーズの映画版が、2018年に公開される事が発表されました!第3シーズンにわたって放送された人気シリーズの映画化ということで期待が高まっています。こちらの記事では同シリーズを振り返りつつ、映画版についてご紹介していきます。

「コードブルー」の映画化が決定!2018年に公開

映画化決定! 2018年公開

【公式】コード・ブルーさん(@codeblue3_fujitv)がシェアした投稿 -

「コードブルー」シリーズの映画版が2018年に公開される事が決定しました!山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香など豪華キャストが集結した本作は、長くにわたってファンに愛されてきました。ドラマ視聴者には嬉しい一報だったのではないでしょうか? この記事では2008年に放送されたシリーズ1作目から、2017年に放送された『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』までを振り返りつつ、映画版の情報をご紹介していきます。

気になる映画「コードブルー」のあらすじは?

同シリーズの最新作に当たる「3rdシーズン」では、藍沢らの成長した姿と、新たに加わった名取ら若きフライトドクター候補生たちの奮闘が描かれました。 映画版のストーリーは現在明かされていませんが、ドラマ版以上のスケールのある展開が待ち受けているかもしれません。 また、本作と同じくフジテレビが制作に携わっている映画「海猿」シリーズでもスケールの大きな事件を描いているので、「コード・ブルー」シリーズの映画版にも期待が持てるのではないでしょうか!

キャストに注目が集まる!山下智久らは続投するのか?

長年ドラマを支えてきた山下智久や新垣結衣ら主要キャストに加え、有岡大貴、成田凌ら3rdシーズンから登場したキャラクターも、映画版では続投が期待されますよね。 レギュラー陣は全員続投、欲を言うなら映画版でさらに魅力的なキャストも登場して……というのがファンの願いではないでしょうか。一刻も早く、キャストの情報が解禁されて欲しいですね!

浅利陽介が比嘉愛未を口説いていた……?!

これまで切磋琢磨する同僚だった藤川と冴島は、「コードブルー3」で同棲から結婚に至るまでのカップルになりました。 実はこの藤川を演じた浅利陽介は共演者を口説く癖があるらしく、共演した比嘉愛未に対しシーズン1のときから好意を持っていたことを告白。シーズン3では晴れてカップル役となった2人でした。映画では藤川&冴島カップルの“その後”が描かれるのでしょうか?

「コードブルー3」で物議を醸した脚本家の変更

2008年と2010年に放送されたシーズ2までは『医龍』や『BOSS』などで知られる林宏司が脚本を務めていました。シーズン1、2とも平均視聴率が15%を超えており、彼の脚本は評価されていたと言えます。 しかし2017年に放送されたシーズン3では脚本家が安達奈緒子に変更。安達は過去に『大切なことはすべて君が教えてくれた』や『リッチマン、プアウーマン』、『失恋ショコラティエ』などを手掛けてきた脚本家です。 この脚本家の変更により、「コードブルー3」ではストーリーに違和感を覚えるファンも多かったようです。キャラクターに肉付けをしたストーリー構成という印象を受けたという声も。シーズン1、2が成功を収めただけに、シーズン3の脚本は難しかったのかもしれません。 映画ではストーリーを構成する脚本家、それに沿って映画を撮っていく監督は、誰に抜擢されるのでしょう。注目が集まります。

ドラマを支えてきた主題歌は映画でも使用される?

本シリーズといえば、一貫して主題歌がMr.Childrenの「HANABI」が使われています。本作のプロデューサーが「ドラマに欠かすことのできない登場人物」と語るなど、本主題歌と「コード・ブルー」は切っても切れない関係です。 映画版の主題歌はまだ発表されていませんが、Mr.Childrenが再び楽曲を提供するとなれば、ドラマでの雰囲気を引き継ぐことができるのではないでしょうか?

映画公開前に知っておきたいシリーズの歴史

若手俳優キャストが集ったシリーズのスタートは2008年から!

シリーズの第一作目は2008年に放送。翔陽大学付属北部病院救命救急センターに集まった4人の救命見習い、藍沢耕介・白石恵・緋山美帆子・藤川一男のフェローが成長する姿を描きました。 当時若手俳優として注目を集めていたキャストの集結は話題を呼び、ドラマ初回放送は21.2%の視聴率を記録。日本ドラマ史に残る「コードブルー」が始まったのです。

2009年1月にはスペシャルドラマが放送!

2008年9月11日に最終回を迎えたシリーズ1作目からわずか4ヶ月後の2009年1月10日、「コード・ブルー」はスペシャルドラマとして帰ってきました。スペシャルドラマでは最終回の数週間後を舞台に、鉄道の脱線転覆などの事件が描かれました。

2010年には続編「2ndシーズン」が始動!

スペシャルドラマから1年後の2010年。シリーズ1作目が放送された木曜劇場枠から月9枠へと放送枠を移し、「2nd season」が放送されることになります。同シリーズでは、主要キャラクターたちが研修を過程を終え、医師としてそれぞれの道を見つけていくストーリーが描かれています。

7年ぶりの続編には新たなキャラクターも多数登場!2017年放送の「3rd」シーズン!

2010年の「2ndシーズン」から約7年の時を経て、2017年には「3rdシーズン」が放送されました。「3rdシーズン」では、レギュラーキャラクターたちの成長した姿に加え、新たに登場した若手キャラクターたちの成長も。 最終回で最高視聴率を更新するなど、大ヒットのままに幕を閉じました。

映画「コード・ブルー」はヒットする?映画化されたフジテレビのドラマたち

「サラリーマン刑事」こと青島の活躍を描いた「踊る大捜査線」シリーズ

「コード・ブルー」シリーズと同じく、フジテレビがドラマから映画化した作品の中でも代表的なのは「踊る大捜査線」シリーズが挙げられるでしょう。 テレビシリーズ終了後も数多くの映画やスピンオフ作品を作り出し、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!』は観客動員数1260万人を記録。日本実写映画史上に残る興行成績を残しました。ファンとしては、「コード・ブルー」も「踊る」と同じく大ヒットして欲しいものですね!

「実に面白い」でおなじみ、福山雅治の「ガリレオ」シリーズ

フジテレビのドラマから映画化というと、福山雅治が主演を務めた東野圭吾原作のドラマ「ガリレオ」をイメージする方も多いのではないでしょうか。こちらの作品は国内での人気もさることながら、韓国、中国それぞれでも映画化されるなど、アジア圏での人気の高さが伺えます。

ダウンジャケットも大流行、中卒検事の活躍描く木村拓哉主演の「HERO」シリーズ

フジテレビの大ヒットドラマの映画化として忘れてはいけないのは、元SMAPの木村拓哉が主演を務める「HERO」シリーズです。宇多田ヒカルが主題歌を歌ったドラマ版も高い人気を誇りましたが、映画版も大ヒット。 木村演じる久利生公平が劇中で着用していたA BATHING APE®ブラウンのレザーダウンジャケットも大流行し、社会現象にまでなりました。

香取慎吾×坂元裕二のドラマ『西遊記』も映画化!

『カルテット』『最高の離婚』などで知られる坂元裕二が、元SMAPの香取慎吾とタッグを組んだフジテレビ系のドラマ『西遊記』も映画化されています。 残念ながら2007年度の文春きいちご賞7位を獲得してしまった本作ですが、複数回にわたって中国ロケを行ったり、約10億円の制作費を投じたりと日本映画としては大作と言える部類に入るでしょう。 スケールの拡大はドラマを映画化する際の大きな見所の一つ。そういった部分に注目して本作を見てみると、「コードブルー」の映画化に対する期待も膨らむのではないでしょうか!

ドラマの3年後を描いた映画『昼顔』!

人気ドラマの映画化として記憶に新しいのが、不倫劇を描いた『昼顔』。映画版はドラマ版の完結から約3年後の物語となっており、主人公・紗和と出会った教師・北野裕一郎の再会を描いています。 『昼顔』のように、ドラマ版の続きが見られるというのはファンとしては嬉しいものですし、ついつい劇場にも足を運んでしまうというもの。これらの事からも、「コード・ブルー」シリーズの映画版も十分ヒットが期待できます!

映画「コードブルー」は2018年に公開!

そんな大人気ドラマ「コード・ブルー」シリーズの映画版は2018年に公開です!この記事では続報が発表され次第、最新情報を追記していきます。