大河ドラマ『天地人』に出演していた豪華キャストの現在

2018年1月24日更新

2009年に放送された、直江兼続の生涯を描いたNHK大河ドラマ『天地人』。兼続を演じた妻夫木聡を筆頭に、主要キャストの近況はどうなっているのかを探ります。

妻夫木聡主演の大河ドラマ『天地人』

2009(平成21)年に放送されたNHK大河ドラマ『天地人』は、わずか5歳にして上杉景勝の家臣となり仕えた、直江兼続の生涯を描いた作品です。 兼続役の妻夫木聡を筆頭に北村一輝、常盤貴子、阿部寛といったキャスティングは、放送当初こそ「時代劇っぽくない顔ばかりでリアリティに欠ける」と非難されましたが、最終的に平均視聴率 21.2%という好成績を記録しています。

1.直江兼続/妻夫木聡

ドラマの主人公にして、知勇兼備の名将との誉れ高い直江兼続。「愛」という字を前立にあしらった兜がトレードマークの兼続は、主君となる上杉景勝に尽くしました。 兼続役の妻夫木聡は、2016年8月に女優のマイコとの結婚を発表しました。仕事面においても、11月公開の映画『ミュージアム』で連続猟奇殺人鬼を演じます。

2.直江兼続(少年時代)/加藤清史郎

わずか5歳にして上杉景勝の家臣となった兼続(幼名・与六)ですが、その天真爛漫ぶりから景勝と意気投合します。 演じた加藤清史郎は、放送当時あまりの人気ぶりから兼続の子の竹松役で再登場しましたが、そんな彼ももう中学生になりました。2016年10月公開の映画『クハナ!』では、バンドを組む小学生役で出演しています。

3.上杉景勝/北村一輝

長尾政景の次男として生まれ、後に兼続の主君となった景勝。主従関係にありながら、幼い頃から常に一緒に行動してきた兼続とは強い絆で結ばれていました。 景勝役の北村一輝は、2017年2月11日公開の映画『相棒-劇場版IV-』に出演が決定しています。

4.お船/常磐貴子

兼続の従姉にして、後に彼の妻となるお船。しっかりとした男勝りな性格で夫の兼続を支えます。 演じた常盤貴子は2016年9月10日公開の『だれかの木琴』で、美容師の男にときめきを覚えてつきまとう主婦を熱演じています。

5.石田三成/小栗旬

秀吉の側近として仕えてきた石田三成は、同い年の兼続とは意気投合し親友関係にありました。後に天下分け目の戦いと云われる、関ヶ原の戦いを引き起こすこととなります。 演じた小栗旬は2016年11月公開の映画『ミュージアム』で、妻夫木聡演じる連続猟奇殺人鬼を追う刑事を演じています。

6.初音/長澤まさみ

真田幸村の姉で、くノ一としても活動する初音。誰に付けばいいかを世相を読んだ上で判断して動いており、兼続にも元々興味本位で接触してきます。 初音を演じた長澤まさみは、2016年には君塚良一監督のコメディ『グッドモーニングショー』で、女性アナウンサー役を演じています。

7.真田幸村/城田優

天才軍師として知られ、関ヶ原の戦いや大坂夏の陣などの戦で大いに活躍した真田幸村。兼続を兄と慕い、上杉家を離れてからも景勝と兼続への恩を忘れずに生きていきます。 幸村役の城田優の2016年は、岸谷五朗と寺脇康文の演劇ユニット・地球ゴージャスの舞台『The Love Bugs』への客演や、自ら舞台演出を手がけた『アップル・ツリー』を発表するなど、主に舞台方面での活動が目立ちました。

8.伊達政宗/松田龍平

“独眼竜”で知られる名将、伊達政宗。兼続のライバルであり、派手好きで自己主張の強いという性格も、兼続の真逆を行きます。 演じる松田龍平は、2016年11月公開の映画『ぼくのおじさん』で、屁理屈をこねまくるおじさん役を演じています。

9.大国実頼/小泉孝太郎

兼続の弟で惣右衛門の次男でもある大国実頼。兄とともに景勝を支えますが、後に小国重頼の養子となり小国氏の家督を相続します。 演じる小泉孝太郎は、2016年はフジテレビのドラマ『Chef~三ツ星の給食~』で、フレンチレストランのオーナーを演じています。

10.上杉謙信/阿部寛

“越後の虎”と称されるあまりにも有名な武将。義を重んじる統率力で、家臣たちを取りまとめます。 謙信役の阿部寛は、2016年10月放送のNHKドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』で、人間離れした嗅覚を武器に事件を解決するコンサルタントを演じています。

11.華姫/相武紗季

景勝の妹で天真爛漫な性格の華姫は、北条家の人質として連れて来られた景虎と後に夫婦となります。 演じた相武紗季の2016年は、テレビ東京のドラマス『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』などに出演する一方で、5月に一般男性との結婚を発表するなど公私ともに充実した年となっています。