映画『エイリアン:コヴェナント』あらすじ・キャスト【シリーズ最新作!プロメテウスの続編】

2017年7月6日更新 139948view

2017年9月に公開を控える、エイリアンシリーズの最新作『エイリアン:コヴナント』。リドリー・スコット監督が再び構築するエイリアンワールドについて、現時点で明らかになっている情報や予想をまとめてチェックします。

シリーズ最新作『エイリアン:コヴェナント』とは!

『エイリアン:コヴェナント』とは、1977年製作の『エイリアン』の流れを汲む、いわゆるエイリアンシリーズの最新作となります。時系列的には、『エイリアン』の前日譚を描いた2012年製作の『プロメテウス』の続編になると云われています。

『エイリアン』『プロメテウス』のリドリー・スコットが監督を務めるとあって、期待を裏切る作品となることはまずないでしょう。

不気味なポスタービジュアル

真っ黒な背景に不気味に浮かびあがるエイリアンのポスターが公開に!

映画『エイリアン:コヴェナント』のあらすじは?

Paradise. #AlienCovenant

Alien: Covenantさん(@alienanthology)がシェアした投稿 -

2000人以上の入植者を乗せた宇宙船コヴェナント号は、遙かな銀河系にある惑星を目指していました。その途上で、クルーは人類が生存可能な未知の惑星を発見します。奇妙なことに、そこには植生はあるのですが、動物が確認できないのです。

植物しかいないはずの星に、影のような謎の人物が出没します。そして、楽園かと思われた、その惑星は実は危険な暗黒世界だったのです。

クルーたちの身体が徐々に変化をきたしていきます。こうして、想像を超えた脅威からの、彼らの悲惨な脱出が始まります。コヴェナント号の搭乗員は無事に逃げることができるのでしょうか?

映画『エイリアン:コヴェナント』の出演キャスト

ダニエルズ/キャサリン・ウォーターストン

ダニエルズはコヴェナント号の乗務員で、ブランソン艦長(ジェームズ・フランコ)の妻でした。彼女は未知の惑星での探索には反対でしたが、率先して危機に立ち向かいます。 宇宙船のパイロット、テネシーと協力して、なんとか危難を乗り越えたかに見えたのですが、最後に思いがけない結末が待っているのです。 まだまだどんな役柄なのかは謎に包まれていますが、一部リークされた情報によるとダニエルズは『エイリアン』での中心人物となったエレン・リプリーの母親ではないかと目されています。 ダニエルズを演じるのは、キャサリン・ウォーターストーン。『スティーヴ・ジョブス』(2015)、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)などで、注目株の女優です。

エリザベス/ノオミ・ラパス

前作『プロメテウス』での主人公的立場だった考古学者エリザベス。本作の製作が発表された当初、エリザベス役のノオミ・ラパスの出演予定は未定でしたが、後に再登場が発表されました。時系列のつながりを鑑みて、同じ役で出演するのは間違いないとみられます。 エリザベス・ショウ博士は、古生物学、考古学、神話学に通暁した学者で、プロメテウス号のクルーでした。人類を創造したとされる「エンジニア」を発見する探検隊の一員だったのです。 前作『プロメテウス』では、想像を絶するような修羅場を経験しながらも、唯一生き残った人間となります。エンジニアの惑星を脱出した後、彼女がどうなったのか?ということが本作では明かされます。 演じるのはノオミ・ラパス。スウェーデン版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』でリスベット役に抜擢され、世界的にブレイクした女優です。

デヴィッド/マイケル・ファスベンダー

『プロメテウス』に登場した宇宙船プロメテウス号の乗組員アンドロイド、デヴィッドの再登場も発表されており、演じたマイケル・ファスベンダーも引き続き続投します。 デヴィッドはピーター・ウェイランドに仕える、アンドロイドでした。造られたときに、ミケランジェロの彫像を見て、自分の名前は「デヴィッド(=ダビデ)」と答えたのがその名の由来です。 前作『プロメテウス』でエンジニアの惑星を脱出後、10年間1人で活動していました。その間にデヴィッドは個性と感情を身につけていたようです。これは彼が公然とエリザベス・ショウに対する愛を表明していることからも分かります。 それにもかかわらず、デヴィッドは人類を劣等なものと見なし、研究のためにコヴェナント号のクルーを犠牲にしようと企てるのです。 果たして本作のデヴィッドは『プロメテウス』の時と同じアンドロイドなのか、それとも姿形は同じでもタイプが違う別のアンドロイドなのか?あらゆる意味でも興味深いです。

宇宙船コヴナントの乗組員/ダニー・マクブライド

『スモーキング・ハイ』や『ディス・イズ・ジ・エンド』などのコメディ映画に多数出演しているコメディ俳優のダニー・マクブライドも、宇宙船コヴナントの乗組員役で出演します。

コメディ演技に対評があるマクブライドですが、『エイリアン:コヴェナント』でもコメディリリーフ的なポジションとしての出演になるのでしょうか?

オラム/ビリー・クラダップ

クリストファー(クリス)・オラムはコヴェナント号の艦長代理であり、科学責任者です。妻のカリーヌは生物学者。 事故によって47人の入植者と艦長が死亡した後、近くの惑星で人間の歌声が傍受されます。ダニエルズの反対を退けて、オラムはこの未知の惑星の探査を決断します。 その結果、とんでもない事態に見舞われることになるのです。オラムはある人物と対話する中で、信仰についての話題になり、厳しいクリスチャンの家庭に育ったことを語っています。 『ビッグ・フィッシュ』(2003)や『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)のビリー・クラダップがオラム役です。

ピーター・ウェイランド/ガイ・ピアース

ピーター・ウェイランド卿はウェイランド者の創業者でありCEOです。前作で彼はプロメテウス号に密かに乗り込み、人類を創造したエンジニアとコンタクトを取ろうとしました。 自らの寿命を延ばしてもらおうと考えていたのですが、その目論見は脆くも崩れ、エンジニアに殺されてしまいます。 元々は、ルトガー・ハウアーやマックス・フォン・シドーをこの役にキャスティングしようとしていたそうですが、ガイ・ピアースに老けメイクをほどこして演じさせることになりました。 本作では冒頭、デヴィッド誕生のシーンに登場します。

実はジェームズ・フランコが出演していた!

ジェームズ・フランコ

これまで、ノオミ・ラパス、キャサリン・ウォーターストン、マイケル・ファスベンダーなど本作の豪華なキャスト陣が発表されていましたが、ここにきて新たに、ジェームズ・フランコというビッグネームが本作に出演していること明らかとなりました。

サム・ライミがメガホンを取った『スパイダーマン』シリーズ(ハリー・オズンボーン役)やアカデミー主演男優賞にノミネートされた『127時間』などを代表作に持つ俳優です。

『エイリアン:コヴェナント』は『プロメテウス』三部作の第2作目となる?

監督のリドリー・スコットは、『エイリアン:コヴェナント』は『プロメテウス』トリロジーの一本となり、トリロジーを経てオリジナルの『エイリアン』につながると語っています。

「トリロジー」とは「三部作」の意味ですから、つまり『エイリアン:コヴェナント』の次作も構想されている事となります。

撮影セットも大がかり?

A new world. #AlienCovenant

Alien: Covenantさん(@alienanthology)がシェアした投稿 -

パイロット役のダニー・マクブライドは、撮影ではエイリアンのスーツを着たスーツアクターに実際に追いかけられて撮影したことを明かしています。

その一方でセットについても触れており、セットそのものが巨大なジンバル(物体を回転させる回転台)に乗っていて、それが上下に揺れるという仕組みになっているとの事。かなりの大がかりな撮影方法で行われているようです。

メイキング画像も!

ダニエルズを演じるキャサリン・ウォーターストンの緊迫した姿が確認できます。

『プロメテウス』の生存者たちの行方は?

『プロメテウス』に登場したエリザベスとデヴィッドの再登場は前述した通りですが、2人がどのように生き延びたのかといった明確な描写はありませんでした。『エイリアン:コヴェナント』ではそのあたりの詳細が描かれるのは確かなようです。

ウェイランド社とコヴナント号の関係は?

『プロメテウス』で登場する宇宙船プロメテウス号は、ウェイランド社により派遣されたという設定がありましたが、同社は後に日系企業ユタニに買収され、ウェイランド・ユタニ社となります。そして『エイリアン』ではウェイランド・ユタニ社が派遣したノストロモ号の惨劇を描きました。

それでは、『エイリアン:コヴェナント』で登場するコヴナント号は一体どこの企業が派遣するのか?細かい事のようですが、シリーズを見続けているファンとしては重要な関心事の一つです。

「コヴェナント」の意味とは?

『エイリアン:コヴェナント』の「コヴナント(covenant)」には「契約」、「聖約」、「盟約」といった意味があります。前作『プロメテウス』同様、タイトルに何らかの意味を持たせるのもリドリー・スコットらしい謎かけとなっています。

新たな予告が公開に!

新たな予告は希望を胸に惑星に降り立った宇宙船のクルーたちの姿から始まります。木々は茂り自然豊かで、一見人類にとってパラダイスになり得る惑星に思えました。しかし、動物の気配はなく、どこか不穏な雰囲気が彼らを包むのです。そう、この惑星はパラダイスなどではありませんでした。

『エイリアン:コヴェナント』の気になる公開日は?

“We don’t know what’s out there.” #AlienCovenant

Alien: Covenantさん(@alienanthology)がシェアした投稿 -

『エイリアン:コヴェナント』は、2017年9月15日公開となります。本作ではどのような、エイリアンの物語が紡がれているのでしょうか。公開を待ちましょう。