『プロメテウス』を復習しよう!コヴェナントへと続くエイリアン新シリーズを徹底紹介

2017年6月15日更新 28312view

2012年のリドリー・スコット監督作品『プロメテウス』は公開前から話題となり、公開後は様々な議論を巻き起こしました。そんな話題作の続編『エイリアン コヴェナント』が2017年に公開。今回はそんなエイリアン新シリーズを徹底紹介します!

映画『プロメテウス』!リドリー・スコット監督による手に汗握るSF映画

『プロメテウス』は2012年公開のアメリカのSF映画。1979年の映画『エイリアン』や1982年の映画『ブレードランナー』で知られるリドリー・スコットが監督を務めた今作は公開前から大きな話題を集めました。

今回は人間の起源を探る科学者たちの冒険を描いた『プロメテウス』の魅力を大紹介!

映画『プロメテウス』あらすじ【ネタバレ注意】

太古の昔、人間のような姿をした真っ白な巨人が謎の黒い液体を飲むと、巨人の体は黒く変色していき、体が溶け崩れます。そして巨人のDNAを含んだ細胞は滝に飲まれて惑星中に広まるのでした。

時は進み、舞台は2089年。考古学者のエリザベス・ショウ(ノオミ・ラパス)とチャーリー・ホロウェイは古代遺跡を発見します。

古代遺跡から人類の起源となる謎の惑星の存在が浮かび上がることに。そこでウェイランド・コーポレーションは科学者を選抜して、宇宙船プロメテウス号と共に惑星LV223へと向かうのです。乗組員は冷凍休眠で眠り、その間アンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)がプロメテウス号を操縦します。

LV223へ近づくと、乗組員は目を覚ましホログラム映像で亡くなったウェイランド社長(ガイ・ピアース)のメッセージを見て、プロジェクトの目的を知らされることに。LV223へ到着した科学者一同は、頭を切断された巨人の死体を発見します。調査の結果、巨人のDNAは人類のDNAと同じことが判明。科学者たちは巨人が人類の創造主であると仮定しエンジニアと呼びます。

デイヴィッドは秘密裏に謎の壺を持ち帰ることに。そして壺の中に付着していた黒い液体をチャーリーのシャンパンに混入させるのです。

そんなことを知らないチャーリーは進められるがままシャンパンを飲み干してしまいました。そしてチャーリーとショウは関係を持ちます。翌朝目を覚ましたチャーリーは自分の体に異変が起きていることに気づきますが、誰にも言いません。

科学者の死体を発見し、チャーリーにも急激に異変が起きていたのでその日の調査は中止に。一方デイヴィッドは1人で行動を続け巨人の作った宇宙船を発見し、冷凍睡眠している巨人も発見するのでした。チャーリーの具合は悪くなる一方で、だんだんエイリアン化しているようです。エイリアンになる前に死を望んだチャーリーは火炎放射器で殺されます。その様子を見たショウはショックのあまり気を失うのです。

目が覚めた彼女にデイヴィッドは驚くべき事実を告げます。なんと不妊体質のショウが現在妊娠3か月であるというのです。ショウはチャーリーと関係を持ったことで、エイリアンのようなものが自身の胎内に宿っていると悟ります。彼女は帝王切開でクリーチャーを体内から取り除くことを求めました。

壮絶な手術の結果、ショウの体内からクリーチャーは取り除かれます。それはまるでイカのような姿のエイリアン。イカのエイリアンを倒した彼女は皆のもとへ戻ります。そこには死んだと思われていたウェイランド社長がいました。彼の願いはエンジニアと会って、老衰からの死を免れるというものだったのです。

プロメテウス号の船長ヤネック(イドリス・エルバ)は、LV223は巨人が作った生物兵器の試験場で、兵器は巨人にも制御できないほどの混乱を見せたのではないかと言います。ショウたちは遂に巨人と対面。ウェイランドはデイヴィッドに巨人と話して、死を防ぐことができる方法を教えてもらおうとするのです。

謎の言語で巨人に話しかけるデイヴィッドですが、巨人は突然彼の頭をもぎ取ります。そして社長と彼の側近も巨人に殺されるのです。巨人は宇宙船に乗り、離陸しようとします。巨人の目的は宇宙船に積んだ黒い液体を地球にばらまき人類を滅ぼすということでした。巨人の目的を止めるためにプロメテウス号は巨人の宇宙船に突っ込んでいきます。

爆発が起き、乗組員は全員死亡。生存しているのはショウと首だけのデイヴィットという状況です。巨人も死んですべてが終わったかと思いきや、あのイカのようなクリーチャーが巨大化していました。そして死んでいなかった巨人もショウのもとに現れ絶体絶命の状況。しかしショウが機転を利かし巨人とクリーチャーが戦い、両者は死亡します。

本当に生存したショウにデイヴィッドは地球に帰還できる宇宙船の存在を知らせます。しかしショウは地球への帰還を拒否し、巨人の本拠地である惑星へと向かうことに。ラストシーンではクリーチャーと戦って死亡した巨人のお腹から、小さなエイリアンが現れるのでした。

『プロメテウス』出演のキャスト

エリザベス・ショウ/ノオミ・ラパス

今作の主人公である考古学者エリザベス・ショウを演じたノオミ・ラパスは1979年12月28日生まれのスウェーデン出身の女優。彼女が世界的注目を浴びた作品は2009年の映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』です。彼女は背中にドラゴンのタトゥーを入れたヒロインのリスベット・サランデルを演じました。

その他にも2011年の映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』にマダム・シム・ヘロン役で出演、そして2013年の映画『デッドマン・ダウン』にベアトリス役で出演するなど活躍を続けている女優です。

メレディス・ヴィッカーズ/シャーリーズ・セロン

調査ミッションの責任者メレディス・ヴィッカーズを演じたのはシャーリーズ・セロン。彼女は1975年8月7日南アフリカ共和国出身の女優です。トップ女優としての地位を築いた彼女は多数の出演作を誇ります。2003年の映画『モンスター』では実在した殺人者アイリーン・ウォーノス役を怪演し、アカデミー賞主演女優賞に輝きました。

2005年の映画『スタンドアップ』では炭鉱で働く2児のシングルマザー、ジョージー・エイムズを演じアカデミー賞主演女優賞にノミネートされます。そして2015年の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』では丸刈り頭の屈強な女戦士フュリオサ大隊長を演じて話題になりました。美貌だけではなく、その徹底した役作りでも話題となる演技派女優です。

デヴィッド/マイケル・ファスペンダー

今作のキーマンであるアンドロイドのデヴィッドを演じたのはマイケル・ファスペンダー。彼は1977年4月2日ドイツ生まれの俳優です。

2001年にスティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスが製作を務めたことで話題のドラマ『バンド・オブ・ブラザース』でバートン・パット・クリステンソンを演じたことで注目を集めました。

その後2008年の映画『ハンガー』でボビー・サンズを演じたことで、英国インディペンデント映画賞主演男優賞を受賞します。2011年の映画『SHAME -シェイム-』では主人公のブランドン・サリヴァンを演じヴェネチア国際映画祭男優賞受賞を果たしました。

2013年の映画『それでも夜は明ける』ではプランテーションの残酷な支配人エドウィン・エップスを演じアカデミー賞助演男優賞にノミネート、2015年の映画『スティーブ・ジョブズ』ではiPhone等を開発した天才スティーブ・ジョブズを演じアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

ピーター・ウェイランド/ガイ・ピアース

ウェイランド社の社長で永遠の命を求めるピーター・ウェイランドを演じたのはガイ・ピアース。彼は1967年10月5日イギリス生まれオーストラリア育ちの俳優です。

ハリウッドデビュー作品は1997年の映画『L.A.コンフィデンシャル』。彼はエリート刑事のエド・エクスリーを演じました。ケヴィン・スペイシーやラッセル・クロウ等の豪華共演者に負けない演技を見せ注目を集めることになります。

2008年にはアカデミー賞作品賞に輝いた映画『ハート・ロッカー』にマット・トンプソン軍曹役で出演、また2010年にもアカデミー賞作品賞を受賞した映画『英国王のスピーチ』にエドワード8世役で出演を果たしました。2013年には映画『アイアンマン3』でアルドリッチ・キリアン役で出演するなど、様々なジャンルで活躍する俳優です。

続編映画『エイリアン・コヴェナント』は2017年公開!

今作の続編である映画『エイリアン・コヴェナント』。続編とされていますが、話は全く違った内容になるそうです。あらすじは以下の通り。

宇宙船コヴェナントの乗組員たちは前人未到の楽園を発見します。しかしその惑星は楽園なんかではありません。実際にはダークで危険な世界でした。その世界に住んでいるのはアンドロイドのデヴィッドだけ。デヴィッドはあのプロメテウス号の唯一の生存者でした。

続編映画にはデヴィッドを演じたマイケル・ファスベンダー、エリザベス・ショウを演じたノオミ・ラパスが引き続き出演します。新キャストは2016年の映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でヒロインの魔法使いポーペンティナ役を演じたキャサリン・ウォーターストン、2009年の映画『マイレージ、マイライフ』でジム・ミラーを演じたダニー・マクブライド等が出演します。

リドリー・スコットが監督を務める『エイリアン・コヴェナント』は2017年9月15日公開予定です。

音楽を担当したのはリドリースコット監督作品には欠かせないあの人物

今作で音楽を担当したのはドイツの映画音楽作曲家マルク・ストライテンフェルト。

彼は2005年の映画『キングダム・オブ・ヘブン』、2006年の映画『プロヴァンスの贈りもの』、2007年の映画『アメリカン・ギャングスター』等でリドリー・スコット監督と手を組んでいます。『アメリカン・ギャングスター』では英国アカデミー賞作曲賞にノミネートされました。

『プロメテウス』のCiatrユーザーの感想・評価を紹介!【ネタバレ注意】

『エイリアン』を彷彿とさせるシーンが随所にある!

Yusuke_Kawai ・人類の起源を探すべく、遺跡に残されたメッセージから見つけた惑星に調査隊が派遣された。そこには創造主であるエンジニアなる宇宙人が存在するとされていたが、彼らを待っていたのは恐ろしい体験だった。 ・「エイリアン」を彷彿とさせるシーンが随所にあったりして、まぁそこそこ面白かった。ただ今ひとつ緊張感に欠けるというか、あまり印象に残らない話だった。唯一、女性の体内に宿った地球外生命体を治療装置により摘出するシーンはとても衝撃的だった。

マイケル・ファスペンダーのキャラ立ちが素晴らしい!

ime_cine マイケル・ファスベンダーのキャラ立ちが素晴らしい!3DならではのPOV撮影のヘルメットガジェットや、コールドスリープの時の夢の描写に表現の可能性を感じた。ストーリーだけを見れば、デヴィッドがいなかったら個人的見解では多分B級映画。

ノオミ・ラパスの手術シーンがもう、シュール&グロ。女って強い。

映像がすごく綺麗

nieve822 人類はどこから来たのか。エイリアンの前日譚。Rスコットっぽいというか。映像がすごく綺麗。これは大画面3Dで観たかった。そしてシャーリーズセロンの美しさがすごい。

リドリー・スコット信者にはたまらない映画!

fafnir_dpimpct IMAX 3Dにて鑑賞。 色々と賛否両論あるようですが、リドスコ信者の私としてはたまらない映画でした! 確かに話は明らかに説明不足ですし、登場人物の動機も意味不明で、欠点の多い作品であることは間違いないです。宣伝で哲学的な側面を押し出しすぎたのも良くなかったですね(終わった後のカップルの顔が面白かったですが)。 ただ、さすがリドリースコット、映像の説得力は衰え知らずですね。大画面を前提としたスケール感のある画作り、3Dが映画内世界に入りこませるようにちゃんと機能してるなどやはりこの人の才能はSFでこそ真に発揮されるのだなぁと再確認。そしてグロさにも容赦がなく、趣味全開で突っ走るのも素晴らしいです。キャスト面ではリプリー並に逞しくエロいノオミラパスは最高ですし、ファスベンダーが相変わらず何考えてるのか分からない役所にハマっています。 超絶グロテスク版の旅番組としてこの映画を捉えると、サイコー以外の言葉が見つかりません。旅らしく、久々に圧倒的な非日常体験となりました。