手塚国光、全く中学生に見えない青学のキャプテンを紹介【テニスの王子様】

2017年7月6日更新

個性豊かなプレーヤーが活躍する『テニスの王子様』。多くのキャラクターがそれぞれ魅力的で人気を集め大ヒットしました。青学テニス部を中心に物語は始まり、その要となるテニス部キャプテンの手塚国光について紹介します。

『テニスの王子様』に登場する手塚国光とは

プロ

手塚国光は青学3年生、テニス部の部長を務め、生徒会長もこなし人望が厚い人物です。

手塚は長身で細身、クールな顔立ちに眼鏡をかけイケメン。冷静沈着で努力家、自他共に厳しく多くの人に信頼されています。

テニスの腕前はとても強く、中学のテニス界では有名人で、落ち着いた雰囲気と存在感は全く中学生には見えません。

青学テニス部部長としての手塚国光

部長

出典: prcm.jp

テニスに対する思いは誰よりも熱く、かなり厳しい部長です。規律を重んじ、破った者にはグランドを走らせるなど、妥協を許さない緊張感が漂います。

部にとってプラスになることは積極的に取り入れ、主人公である1年生のリョーマを校内のランキング戦に参加せるなどの柔軟性も持ち合わせているようです。

常にチームの事を考え一人一人の個性の活かし方を思案する手塚。勝利をいつも頭に入れ責任感が強く、テニス部を導く姿勢はとても魅力的で人気が高いです。

手塚国光の熱い名セリフ

22214193

出典: ameblo.jp

「油断せずに行こう」が口癖で、試合前のエールや事あるごとにメンバーにこの言葉を掛けています。真面目な性格で、全く笑ったことのない手塚からこの一言をかけられると気が引き締まりますね。

主人公の越前リョーマには「青学の柱になれ」と託し、この言葉は『テニスの王子様』の中では有名な名言となりました。手塚はテニス部に入部した1年生の時にはすでに強く、当時の部長と戦った際、勝利をおさめます。その後、手塚自身も当時の部長に「青学の柱」を託されていたのです。

先輩に託され青学テニス部の柱となり、重要な責務を果たしている熱い男の言葉は重みがあります。

過去のヒジの怪我

かこ

出典: ameblo.jp

入部当時、先輩より強かった手塚は、利き手を使わずに右手で試合をします。その行為に怒った先輩は手塚の左ヒジを殴打し、それが原因で彼の左ヒジは故障してしまいました。そのため長期戦や大技を制限したり、ヒジをかばったため肩を痛めるなどと障害に悩まされることに。それでも爆弾を抱えながらも部を率いて試合に挑んでいる姿は胸を打たれます。

クールで顔色ひとつ変えない手塚ですが、ヒジが原因で負けた試合では今まで見せた事もない熱い部分を見せ、物語の名シーンとして人気が高く心に残ります。

その後、手塚は故障を完治し、完全復活を果たしました。

強い手塚国光の得意技

つよい

出典: ameblo.jp

手塚プレーヤーは全国でも有名な実力者で高いレベルの技を用いて敵を圧倒しています。そんな彼の得意技を一部ですが紹介します。

手塚ゾーン

手塚ゾーン

球に回転をかけて、相手打った球がすべて自分のところに引き寄せる技です。

手塚ファントム

手塚ファントム

「手塚ゾーン」の応用で、球に回転をかけ、相手の球を全てアウトにしていまいます。腕の負担が激しく、使う頻度が多いと腫れてしまうことがあります。

零式ドロップショット

零式ドロップショット

相手のコート内の地面に落ちた際、球に回転がかかりバウントすることなくネットへ戻ってきます。

百錬自得の極み

百錬自得の極み

奥義のひとつで、力を片手に集中することで相手の球の威力を倍にして返し、疲労は最小限に抑えます。しかし、ヒジの故障により封印してしまいました。

手塚国光は様々な高度な技を使用し勝利に導いてきました。

手塚国光の声優は置鮎龍太郎

置鮎龍太郎

出典: ure.pia.co.jp

置鮎龍太郎は1990年『ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説』のリリパット役で初出演を果たしました。後に『SLAM DUNK』三井寿役や『BLEACH』朽木白哉役など人気アニメの主要キャラクターに数多く出演し、演技の幅も広いベテラン声優です。

低めのセクシーな声は魅力的で、一度聞くと置鮎龍太郎だと分かるくらい特徴があります。

手塚国光の名言が今でも耳の残るのは声優置鮎龍太郎の力もあると思います。

セクシーなキャラソンが人気

うた

出典: ameblo.jp

『テニスの王子様』は様々なキャラクターソングが出ていて人気を集めています。手塚国光もその中の一人で、いつもクールな手塚が歌う声は特に女性ファンには高評価です。

手塚のキャラソンは他よりも数が多く、2003年の「Never Surrender」から2015年の「Decide」まで全9作発表していて、アルバムも発売されています。

中でも「抱きしめてしまいそうさ」や「Kiss」が人気があり、「バレンタイン・キッス」は元は国生さゆりが大ヒットした曲を歌い好評です。この曲は『テニスの王子様』キャラクターの多くが歌い、「バレンタイン・キッス」のアルバムが出きてしまいました。

あと、ユニット眼鏡's(メガネーズ)が歌う「真夏の眼鏡's」は夏を感じさせる曲調ですが、手塚を含むメンバーが夏にはミスキャストでアンバランスが愉快で人気があります。