2019年11月26日更新

『ユーリ!!! on ICE』あらすじ・登場人物・声優キャストを一気に紹介!美しく舞う氷上の戦士達に注目

ユーリ オンアイス

GPファイナルを目指す男子フィギュアスケートの世界を描く『ユーリ!!! on ICE』。原作はなく、久保ミツロウ・山本沙代両名が原案を担当、MAPPAが制作に当たる新作オリジナルアニメーションです。映画化も決定しており、注目の一作です。

目次

映画化が決定!『ユーリ!!! on ICE』(ユーリオンアイス)とは?大人気フィギュアスケートアニメについて紹介

男子フィギアスケートの世界を描く『ユーリ!!! on ICE』。「モテキ」の漫画家・久保ミツロウと「LUPIN the Third-峰不二子という女-」の監督・山本沙代が原案を手掛け、MAPPAが制作に当たっています。 原案の2人が自腹を切って海外までGPシリーズの取材に出掛け、トップスケーターの振付師・宮本賢二が全てのプログラムを担当するというこだわりよう。滑らかなスケーティングシーンはCG処理ではなく全て手描きで行っており、高い作画レベルを誇る作品です。 既に映画化が決定しており、注目が集まってい本作。さらにスケールアップして戻ってくるであろう劇場版、公開が待たれます。

「ユーリ オンアイス」のあらすじ【2人のユーリが織り成す氷上の戦い】

シニア5年目にして初出場したグランプリファイナルで敗退を期した勝生勇利。現在25歳、フィギュアスケーターとしてもそろそろ正念場ということもあり、人生を見つめ直すため九州・長谷津に帰ることを決めることにしたのでした。 実家の温泉に浸かりながらだらだらと過ごす勇利の前に憧れのスケーター・ヴィクトルが現れます。ヴィクトルはネットで勇利が滑る姿を見てコーチをすることに決めたというのです。世界トップスケーターの突然の出現に驚きながらもしだいにエンジンがかかり始める勇利。 そんな2人の前にもう1人のユーリが現れました。ジュニアタイトルを総なめにし鳴り物入りでシニアデビューを迎える若手のホープ、ユーリ・プリセツキーです。シニアに上がったらヴィクトルに振付をしてもらう約束をしていたのだとか。 フィギュア界の“リビング・レジェンド”ヴィクトルは果たしてどちらのコーチにつくのでしょうか。九州の小さな街で2人のユーリの戦いが始まります。

「ユーリ オンアイス」登場キャラクターと担当声優を一気に紹介!

日本の「ユーリ」、勝生勇利(かつきゆうり)/cv.豊永利行

2人の「ユーリ」のうちの1人、勝生勇利はシニア5年目の23歳。グランプリファイナルまで進むもののガラスのハートが災いして大敗を期してしまいます。 勝生勇利の声を演じる豊永利行はスパーエキセントリックシアターに所属。11歳の時にアルゴミュージカルで子役デビュー。19歳からは「ミュージカル・テニスの王子様」の加藤勝郎役を3年間務めました。 2014年にはアルバムをリリースしインディーズデビューしています。アニメ出演作に『デュラララ!!×2』の竜ヶ峰帝人や『文豪ストレイドッグス』の谷崎潤一郎などが挙げられます。

ロシアの「ユーリ」、ユーリ・プリセツキー/cv.内山昂輝

もう1人のユーリはロシアの若手ホープ、ユーリ・プリセツキー。ジュニアタイトルを総なめし来シーズンにはシニアデビューを控えた15歳です。姿形はロシアの妖精、その中身はロシアンヤンキーとも……。 ユーリ・プリセツキーの声を演じる内山昂輝は劇団ひまわりに所属しています。子役時代にはテレビドラマに出演したり海外作品の吹替えを担当していました。 2005年ゲームソフト「キングダムハーツⅡ」のロクサス役でブレイクしたのを機に声優業に重心を置くようになり、2011年声優アワード新人男優賞、2015年には東京アニメアワードでは声優賞を受賞。アニメ出演作に『屍鬼』の結城夏野役や『心が叫びたがってるんだ。』の坂上拓実役が挙げられます。

フィギュア界の“リビングレジェンド”、ヴィクトル・ニキフォロフ/cv.諏訪部順一(すわべじゅんいち)

“リビングレジェンド”の異名をもつヴィクトル・ニキフォロフ(27)。世界選手権5連覇中のカリスマフィギュアスケーターは大胆な行動力と斬新なアイデアで常に周囲を驚かせています。 ヴィクトルの声を演じる諏訪部順一は俳協に所属。アニメ『テニスの王子様』の跡部景吾を担当したのを機に声優としてブレイク、リリースしたキャラクターソングはオリコン9位にランクインしました。 他にも『うたの☆プリンスさまっ♪』の声優ユニットST☆RISHがリリースした「マジLOVE1000%」はオリコン初登場7位、2012年声優アワードでは歌唱賞を受賞を受賞しています。 代表作は『黒子のバスケ』の青峰大輝役や『fate/stay night』のアーチャー役など。またバラエティ番組『笑う犬シリーズ』や『人気者でいこう!』等のナレーションも務めていました。

有言実行のビッグマウス男、JJ(ジャン・ジャック・ルロワ)/cv.宮野真守

J.J.ことジャン・ジャック・ルロワは、カナダの選手で19歳。常に自信満々でビッグマウスですが、実力も相当なものです。両親はともにアイスダンスの元オリンピック・チャンピオンで、弟妹もジュニアで活躍中。GPFと世界選手権の金メダル最有力候補です。 ジャン・ジャック・ルロワを演じる声優は、劇団ひまわり所属の宮野真守。小学生のころから子役として活躍し、声優デビューは高校3年生です。その後、『DEATH NOTE』の夜神月役で知名度が上昇。『機動戦士ガンダム00』の刹那、『うたの☆プリンスさまっ♪』の一ノ瀬トキヤなどが代表作です。 2008年には歌手としても正式デビュー。アニメ関係にとどまらず、幅広い歌手活動をおこない、2015年にはオリコンデイリーランキング1位を獲得しました。

自撮り大好きの好青年、ピチット・チュラノン/cv.小野賢章(おのけんしょう)

ピチット・チュラノンは、タイの選手で20歳。ホームリンクはタイのバンコクで、勇利とはデトロイト時代のリンクメイトでルームメイトでした。SNSがとにかく大好きで、自撮りをアップするのが趣味。友達思いの好青年です。 そんなピチット・チュラノンを演じる声優は、アニモプロデュース所属の小野賢章(おのけんしょう)です。4歳で子役デビューし、12歳から「ハリー・ポッター」シリーズの日本語吹き替え版でハリー・ポッター役を10年間担当しました。 代表作は『黒子のバスケ』の黒子テツヤ、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のジョルノ・ジョバァーナなど。俳優、声優のほか、舞台にも多数出演しており、近年ますます活躍の場が広がっています。

色気の破壊兵器、クリストフ・ジャコメッティ/cv.安元洋貴

クリストフ・ジャコメッティは、スイスの選手で25歳。ヴィクトルに次ぐ世界的スケーターで、色気にあふれた演技が特徴です。GPFには毎年出場していますが、優勝経験はなし。ヴィクトルがいなくなりモチベーションが下がっていましたが、勇利の登場で奮起します。 そんなクリストフ・ジャコメッティを演じる声優は、シグマ・セブン所属の安元洋貴です。演劇出身ですが、低すぎる自分の声にコンプレックスがあり、逆にそれを活かそうと声優に転身。洋画の吹き替えやナレーションで広く活躍しています。 アニメの代表作は『BLEACH』の茶渡泰虎、『ワンパンマン』のキングなど。2014年にはじまった『鬼灯の冷徹』では、鬼灯役で初の主演となりました。洋画の吹き替えでは、ジェイソン・モモアの担当声優です。

無口でシャイなカザフの英雄、オタベック・アルティ/cv.細谷佳正(ほそやよしまさ)

オタベック・アルティは、カザフスタンの選手で18歳。シニアデビューの世界選手権で、いきなり3位という好成績を残した実力者です。感情をほとんど表に出さない性格で、常にストイック。ジュニア時代にロシアでユーリに惹かれており、後に友達となります。 そんなオタベック・アルティを演じる声優は、フリーの細谷佳正(ほそやよしまさ)です。ナチュラルな芝居と表現力が持ち味で、熱血漢、クール、悪役とさまざまな役を演じ分けます。また、方言声優としても有名。大阪弁、福井弁、広島弁、秋田弁など、方言で話すキャラクターを多く演じています。 代表作は『ちはやふる』の錦谷新、『進撃の巨人』のライナー・ブラウンなど。アニメやゲーム作品への出演のほか、映画やドキュメンタリー作品の吹き替えでも活躍しています。

ダイナミック・スケーター、エミル・ネコラ/cv.日野聡

エミル・ネコラは、チェコの選手で18歳。イタリアのミケーレを兄貴分のように慕っています。優しく、裏表のない紳士的な性格。ダイナミックなスケーティングが特徴で、シーズンオフにはエクストリームスポーツもこなします。 そんなエミル・ネコラを演じる声優は、アクセルワン所属の日野聡です。アメリカ生まれの東京育ちで、10代のころから劇団で活動していました。大のプロレスファンであり、プロレスラーの藤波辰爾とは幼少からの知り合いです。 アニメの代表作は、『バクマン。』の高木秋人、『ハイキュー!!』の澤村大地など。吹き替えでは、韓国のチェ・ジフンの担当声優でもあります。

九州が生んだ次世代エース、南健次郎/cv.村瀬歩

南健次郎は、日本の選手で17歳。九州のホープと呼ばれており、いつも博多弁で話します。とても明るく、天真爛漫な性格。勇利の熱狂的ファンで、いつか勇利とGPFで競いたいという夢を持っています。 そんな南健次郎を演じる声優は、ヴィムス所属の村瀬歩です。アメリカ生まれの愛媛育ちで、周囲から声が独特といわれたことから声優を目指しました。2016年には声優アワードで新人男優賞を受賞しています。 代表作は『ハイキュー!!』の日向翔陽、『D.Gray-man HALLOW』のアレン・ウォーカーなど。尊敬する声優には、大友龍三郎と松岡禎丞などを挙げています。

女嫌いの美形スケーター、イ・スンギル/cv.野島健児

イ・スンギルは、韓国の選手で20歳。美形で高い人気を誇りますが、フィギュアスケートひと筋のためか女嫌いでファンサービスも一切しません。滑りながらでも、自分の演技を診断してスコア計算できるほどの冷静さです。 そんなイ・スンギルを演じる声優は、青二プロダクション所属の野島健児です。父の野島昭生、兄の野島裕史は同じく声優で、弟は作家の野島智司。音域が広く、幅広い役柄をこなします。 代表作は『PSYCHO-PASS サイコパス』の宜野座伸元、『弱虫ペダル』の黒田雪成など。「マクロス」シリーズに関わるゲームでは、故人となった長谷有洋の後任として主人公の一条輝役を担当しています。

ハートブレイクが似合う影の男、ギオルギー・ポポーヴィッチ/cv.羽多野渉(はたのわたる)

ギオルギー・ポポーヴィッチは、ロシアの選手で27歳。長い間ヴィクトルの影に隠れていましたが、ヴィクトルが勇利のコーチになったことで陽の目を見ます。自らの芸術的感性に自信を持っており、女性に振られた心情を泣きながら演じるなど、少し痛々しい面も。 そんなギオルギー・ポポーヴィッチを演じる声優は、81プロデュース所属の羽多野渉(はたのわたる)です。母親がアニメ好きだったこともあり、学生時代の生活は漫画やアニメの影響だらけ。ラブライバーでもあり、推しは絢瀬絵里とのことです。 代表作は『ダイヤのA』の増子透、『黒子のバスケ』の実渕玲央など。幅広いキャラを演じることを信条としており、「羽多野の声が覚えられない」と言われることを最高の誉め言葉と受け取っています。

夢はハリウッドセレブ、季光虹(ジ・グァンホン)/cv.本城雄太郎

季光虹(ジ・グァンホン)は、中国の選手で17歳。そばかすが特徴のシャイな青年で、友人であるピチットの影響でSNSに自撮り写真をアップすることが多いです。ハリウッドセレブになるという夢があり、合宿で洋服を大量購入することも。 そんな季光虹を演じる声優は、劇団ひまわり所属の本城雄太郎です。3歳から子役として活動をはじめ、声優としても6歳からと長いキャリア。ゲームが趣味で、食べ物ではピーマンが大好きだそうです。 代表作は『エウレカセブンAO』のフカイ・アオ、エレメントハンターのレン・カラスなど。アニメのほか、洋画の吹き替えにも多く出演しています。

シスコン童貞スケーター、ミケーレ・クリスピーノ/cv.前野智昭(まえのともあき)

ミケーレ・クリスピーノは、イタリアの選手で22歳。サーラという双子の妹がおり、ほかの男を絶対妹に寄せつけさせないほどのシスコンです。おまけに22歳で童貞という、イタリア人らしからぬ硬派な男。 そんなミケーレ・クリスピーノを演じる声優は、アーツビジョン所属の前野智昭(まえのともあき)です。中学時代に『ときめきメモリアル』をプレイしたことがきっかけで、声優の道を志しました。趣味はスポーツ観戦。プロ野球では読売ジャイアンツのファンです。 代表作は『弱虫ペダル』の福富寿一、『はたらく細胞』の白血球など。洋画の吹き替えでは、アンドリュー・ガーフィールドの担当声優です。

陽気なエンターテイナー、レオ・デ・ラ・イグレシア/cv.土岐隼一(ときしゅんいち)

レオ・デ・ラ・イグレシアは、アメリカの選手で19歳。メキシコ系らしく、陽気でエンターテインメント精神にあふれています。振りつけなども自分でおこなうなど、プログラムもオリジナリティ満載。SNSでの発信力も高く、楽しんで試合に臨む生粋のエンターテイナーです。 そんなレオ・デ・ラ・イグレシアを演じる声優は、WITH LINE所属の土岐隼一(ときしゅんいち)です。高校生時代に周囲から特徴的な声だといわれたことから、声優を目指しました。目標はラスボスができる声優とのこと。 代表作は『アイドルマスター SideM 理由あってMini!』の都築圭、『かくりよの宿飯』の銀次など。2019年5月には、歌手としてもファーストシングルをリリースしました。

勇利の良き理解者、西郡豪(にしごおりたけし)/cv.福山潤

西郡豪(にしごおりたけし)は、勇利の幼馴染みで24歳。妻の優子とともに元リンクメイトで、空挧流(あくせる)、流譜(るっつ)、流麗(るーぷ)という三つ子姉妹の父親です。 そんな西郡豪を演じる声優は、BLACK SHIP所属の福山潤です。声質を自在にコントロールし、クール系、熱血系、コミカル系と多彩な演じ分けが武器。ダジャレが得意で、アフレコ現場では常に周囲を笑わせています。 代表作は『コードギアス 反逆のルルーシュ』のルルーシュ、『PERSONA5 the Animation』の雨宮蓮など。洋画の吹き替えでは、ルーカス・グラビールの担当声優です。歌手としても活躍しており、キャラソン以外にオリジナルアルバムも多数発表。

「ユーリ オンアイス」の振り付けはトップスケーターを担当する人気プロ!

振り付けは、第一線で活躍中の宮本賢二が担当

『ユーリ!!! on ICE』のスケーティングシーンはフィギュアスケーターが実際に滑っているところカメラに収め手書きで描写しています。3Dを使っていないのでもの凄い枚数になるのだとか。 全てのプログラムを担当しているのが振付師の宮本賢二。振付をし自らスケーティングしているのです。宮本賢二は世界で有数の人気振付師!これまでに羽生結弦、高橋大輔、浅田真央、といった名立たるスケーターの振付を行っています。こだわりの映像をお楽しみください。

『ユーリ!!! on ICE』のオープニングを歌うのはディーン・フジオカ

『ユーリ!!! on ICE』のオープニングテーマを歌うのはディーン・フジオカです。朝ドラの五代様で一躍お茶の間の人気者となったことで一躍有名に。イケメン俳優というイメージの強い彼ですが、2008年から音楽活動を開始しアルバムをリリースしています。 原案の久保ミツロウの熱烈なオファーを受け実現したのだとか。今回リリースした「History Maker」は初回放送のたった1時間でツイート数が300を超える反響!氷の上を滑るような美しいメロディー、重厚なサウンドは映像によくはまっています。

『ユーリ!!! on ICE』日本が誇る技術によって完成した美しい作画は要チェック!

『ユーリ!!! on ICE』は高い作画レベルを誇るアニメです。また、フィギュアスケートというマイナースポーツに焦点をあてているにも関わらず高い人気を誇っています。2人のユーリがたがいを高めあい、成長する姿は王道スポーツアニメを彷彿とさせます。 劇場版最新作は現在(2019年11月)、鋭意制作中とのこと。元々の公開日を、「さらにスケールアップするため」と延期するほど熱意がこもっています。話題作となること間違いなしなので、劇場公開前に見直すのもいいかもしれません。