2017年7月6日更新

映画『ブレイブハート』に出演していたキャストの現在

『ブレイブハート』

1995年に公開されたメル・ギブソン主演の映画『ブレイブハート』。侵略してくるイングランド軍からスコットランド人の自由を守るために戦った実在の人物ウィリアム・ウォレスを描いた映画です。アカデミー作品賞をはじめとする多くの賞を受賞しました。

映画『ブレイブハート』に出演していたキャストたちは今どうなっている?

メル・ギブソンが実在した人物ウィリアム・ウォレスを演じ、アカデミー作品賞やアカデミー監督賞など数々の賞を総なめにした映画『ブレイブハート』。

スコットランドをイングランドからの侵略から守るために立ち上がったウィリアム・ウォレスたち。彼らの前に立ちはだかるのは太刀打ちできないほど強力なイングランド軍だったのです。

主演のメル・ギブソンを始め、多くの演技派ハリウッド俳優たちが出演した本作ですが、作品に登場した俳優陣は現在どうしているのでしょうか?その気になる現在をご紹介します。

ウィリアム・ウォレス/メル・ギブソン

主人公ウィリアム・ウォレス役を演じたのはみなさんご存知メル・ギブソンです。11人兄弟でアメリカ・ニューヨーク生まれの彼は12歳の時にオーストラリアへと移住。

1977年に映画『青春グラフィティ』スカロップ役で映画デビューを果たした後、1979年にはジョージ・ミラーがメガホンをとったアクション映画の金字塔『マッドマックス』で主人公マックス役を演じるとその名を世界に広めることになります。

その後も1987年の映画『リーサル・ウェポン』で主役マーティンを演じるなど、ハリウッド俳優としてのキャリアを着実に積んでいき、それと共にアクションスターの名も欲しいままにしてきました。

『ブレイブ・ハート』出演後は『ワンス・アンド・フォーエバー』(2002)ハル・ムーア役、『キック・オーバー』(2012)ドライバー役など俳優活動も続けながら、『パッション』(2004)『アポカリプト』(2006)など監督としても勢力的に活動しています。

エドワード1世/パトリック・マクグーハン

アメリカ・ニューヨーク生まれの俳優パトリック・マクグーハンが『ブレイブハート』で演じたのは、スコットランドを自分のものにしようと企む冷酷なエドワード1世役です。

本格的に俳優デビューを果たすまでは、劇団で演技をしていたという彼は1955年に映画『颱風圏』マクアイザック役でデビュー。1967年にテレビシリーズ『プリズナーNo.6』で主演、監督、脚本をつとめ一躍注目を集めます。

その後も1979年の映画『アルカトラズからの脱出』でも重要な看守役を演じていました。

本作出演後はジョエル・シュマッカーがメガホンをとった『評決のとき』でオマー・ノーズ判事を演じるなど、2009年に満80歳でこの世を去るまで数々の作品に出演しました。

ミューロン/キャサリン・マコーマック

イギリス人女優のキャサリン・マコーマックがヒロインであるミューロン役を演じました。彼女は映画だけでなく、テレビドラマや舞台でも活躍する女優です。

1994年に映画『Loaded(原題)』でデビューした彼女は、1998年の映画『娼婦ベロニカ』で主演のベロニカ役を演じています。その他にも2007年のホラー映画『28週後...』で感染者の1人であるアリス役を演じるなど、幅広い役柄を演じてきました。

ロバート・ザ・ブルース/アンガス・マクファーデン

1963年にスコットランド・グラスゴーに生まれたアンガス・マクファーデンが本作でスコットランド王ロバート・ザ・ブルースを演じました。

幼い頃はWHOの医師であった父の影響でフィリピン、アフリカ、シンガポール、フランスといった国で幼少期を過ごしたと言われています。

1991年に映画『クレーンの叫び』フィリップ役でデビューを果たし、これまでに1999年の映画『クレイドル・ウィル・ロック』ではオーソン・ウェルズ役、2006年の映画『ソウ3』ではジェフ役で出演していました。

ハミッシュ・キャンベル/ブレンダン・グリーソン

アイルランド人俳優であるブレンダン・グリーソンがスコットランドを守ろうとする兵士ハミッシュ・キャンベルを演じています。

35歳で映画デビューしてからこれまでに、2000年の映画『戦場のジャーナリスト』ではマーク・スティーヴンソン役、2003年の映画『コールド マウンテン』ではスタブロッド役など話題作に出演してきました。

絶対にどこかで見たことあると思ったかたもいるかと思いますが、日本人にはハリー・ポッターシリーズに登場したマッドアイ・ムーディ役で印象に残っている人が多いですよね。

イザベラ/ソフィー・マルソー

フランス人女優ソフィー・マルソーがイングランド王エドワード2世の王妃であるイザベラ役を演じました。

1980年13歳の時にフランス映画『ラ・ブーム』のビック役で華々しくデビューを飾って以来、フランスではマルソーのことを知らない人はいないともいわれているほど人気女優に上り詰めることに。

そんな彼女がハリウッドで映画デビューを果たしたのが、『ブレイブハート』でした。その後も『アンナ・カレーニナ』(1997)アンナ・カレーニナ役、ピアース・ブロスナン版ボンド映画『007ワールド・イズ・ノット・イナフ』(2000)エレクトラ・キング役など数多くの映画に出演しています。