『ストレンジャー・シングス』シーズン1をエピソードごとに詳しく紹介【ネットフリックス】【ネタバレ注意】

2017年7月6日更新

ネット上で話題騒然の大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス』。2016年7月にネットフリックスより配信されました。失踪した息子の無事を信じ、救出に挑む母親役にウィノナ・ライダー。内容・演技ともに大絶賛されています。全8話をエピソードごとにご紹介します。

80年代の映画好きにはたまらないネットフリックス配信ドラマ『ストレンジャー・シングス』!

2016年7月に配信されて以来、ネット上で話題騒然の大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス』。Netflix(ネットフリックス)のSFホラードラマで、2017年にはシーズン2が配信されることも決定しています。

このドラマは、小さな町である男の子が突然姿を消し、生存を信じる母や友だちたちがさまざまな超常現象を経験をするストーリーです。

失踪した子どもの母親ジョイスを演じるのは、80年代に人気を博した女優ウィノナ・ライダー。彼女の迫真に迫る演技は、高い評価を得ました。彼女だけでなく、子どもたちの演技も大変すばらしく、とても見応えのあるドラマに仕上がっています。

少なからず『E.T.』や『スタンド・バイ・ミー』がモチーフとなっている感は否めませんが、あらゆる場面で出てくる手掛かりを元に、型破りな展開を見せてくれる必見のドラマです。

全8話と少し短めですが、シーズン2が始まるまでにシーズン1をしっかりマスターしておきましょう!

エピソード1

ウィル・バイヤーズの失踪

ストレンジャー-エピソード1

1983年のある日、ウィル(ノア・シュナップ)はマイク(フィン・ウルフハード)の家でダスティン(ゲートン・マタラッツォ)・ルーカス(カレブ・マクラフリン)たちと遊んでいましたが、マイクのお母さんに促され、ウィルたちは家に帰ります。

自転車で帰っている途中、気がつくと山奥にある研究所の近くにいました。何かが付いてきている気がしながらも家にたどり着きましたが、家には誰もいません。やはり何かの気配を感じるウィルは家の裏にある小屋に逃げ込みます。しかし光が消えた瞬間、彼も消えてしまいました。

次の日、ウィルの母ジョイス(ウィノナ・ライダー)、兄ジョナサン(チャーリー・ヒートン)はウィルが帰っていないことに気づきます。彼女は警察に捜索を依頼しましたが、担当した警察署長のジム・ホッパー(デヴィッド・ハーバー)は、ジョイスの元夫であるウィルの父親が連れ去ったのだろうと取り合ってくれません。

一方、イレブンという女の子がベニーの食堂に現れました。彼女は坊主頭で病衣を着ており、限られた言葉しか話せません。お腹がすいているようだったので、ベニーはご飯を食べさせ、ソーシャルワーカーに連絡しました。しかし、彼女を迎えにきたのはソーシャルワーカーではなく、武装したエージェント。ベニーは殺されましたが、イレブンはどうにかエージェントから逃れることができたのです。

なかなか動かない警察に業を煮やし、ウィルの友だちは自分たちで彼を捜すことにします。そんな時にイレブンに出会うことに。

一方ジョイスは、一本の電話を受けます。その電話で雑音の向こうにウィルの息づかいを確かに感じました。

エピソード2

メープル通りの変わり者

ストレンジャー-エピソード2-1

マイクたちは両親には内緒で彼女をマイクの家に連れて帰ります。イレブンが「悪い奴ら」に追われていると聞き、マイクは彼女をしばらくかくまうことにしました。そして彼女を「エル」と呼ぶことに。

徐々にマイクたちとも打ち解けてきた彼女は、彼女の持っている超能力を彼らに見せたりもしました。そんな時、ふと写真に写っているウィルを見つけ、彼が怪物から身を隠しているとマイクたちに伝えました。

一方ジョイスは、警察とともにウィルの捜索を続けています。ある日、ジョイスがうたた寝をしていた時にまた電話がかかってきました。電話からはわずかに「ママ」というウィルの声が聞こえてきます。しかし、その後電気が点滅したり、壁が突然うねり出すなどポルターガイスト現象が発生。彼女は慌てて逃げようとするも、その時、ウィルの部屋から音楽が鳴り出し、足を止めます。

ジョナサンもウィルを捜し出そうと、父親の元を訪れたり、ポスターを貼るなど一人で活動していました。ある夜、偶然マイクの姉ナンシー(ナターリア・ダイアー)がボーイフレンドのスティーブ(ジョー・ケアリー)の家でプールパーティをしているのを見かけます。ナンシーに好意を寄せるジョナサンは、持っていたカメラで影から写真を写していました。

ナンシーに誘われパーティに参加していたバーブは、ナンシーたちが部屋に入ったため、一人でプールサイドにいることに。カンで切った手から血のしずくがプールに落ちた瞬間、何かに襲われ、一瞬で姿を消しました。

エピソード3

悲しみのクリスマス

ストレンジャー-エピソード3

気がつくとバーブは、とても暗く閉塞的な場所にいました。大声で助けを求めても誰もいません。そして再び襲ってきた怪物から必死に逃げていました。

プールパーティの翌朝、ナンシーはバーブが学校を欠席していることを不安に思い、家に電話をします。そしてバーブが失踪していることを知りました。

昨夜のパーティを撮影していたことがバレたジョナサンは、スティーブたちにカメラを壊され、現像した写真を破られます。しかしナンシーはその中からバーブがプールサイドにいる写真を見つけ、もう一度バーブを捜しにスティーブの家に行きますが、何かが彼女の前を横切り、恐怖を感じて逃げ出しました。

ジョイスの言葉を疑いつつも警察署長のホッパーは捜査を続け、ホーキンス国立研究所にたどり着きます。何か違和感を抱いたホッパーは、研究所を調べ始め、同僚にも協力を仰ぐことに。

ジョイスは先日起きたポルターガイスト現象以来、たくさんの電球を部屋中に飾り、壁を文字盤に見立てアルファベットを書き、電球の点滅でウィルと会話が出来ると信じ込んでいました。そしてその点滅が「RUN」と示した瞬間、壁から怪物が出てきたため、ジョイスは一目散に逃げます。

ちょうど同じころ、事件近くの採石場からウィルと思われる遺体が発見されるのです。その様子を影から見ていたマイクは、一緒に来ていたエルやダスティンたちを残して家に帰り、母に抱きついて泣き崩れました。

エピソード4

遺体

ストレンジャー-エピソード2

採石場から見つかった遺体がウィルであるとホッパーがジョイスに告げ、書類にサインを求めます。しかし遺体に生まれた時からのあざがないうえに、電球でウィルと会話ができていると信じているジョイスは、彼の死を認めません。

もう一つの事件であるバーブの失踪に関しても、捜査が行われていました。失踪直前まで一緒にいたナンシーは警察に事情を聞かれ、自責の念に駆られます。その上、その場に一緒にいた母カレン(カーラ・ブオノ)にパーティでの出来事を知られ、後ろめたさも感じていました。

家に着くと、母に反発し自分の部屋に閉じこもります。しかし部屋で見返していたジョナサンが撮った写真に、バーブの後ろに怪しい生物が写っていることを発見するのです。

ある日、エルが執拗に無線機をいじっていました。マイクはその音がうるさいので止めるようエルに言っていましたが、無線からウィルの声が聞こえ、彼の生存を確信します。そこでダスティンとルーカスも連れて学校へ向かい性能のよい通信機を使ってみると、ウィルが母に救いを求める声がはっきりと聞こえました。

実際にその声を家のリビングでジョイスは聞いていました。リビングの壁紙をはがすと、ゼリー状の物質の中でもがくウィルがいたのです。しかし半狂乱で壁を壊すもウィルを救い出すことができず、放心状態に。

一方、ホッパーも遺体の検死官の選出に関して不審に思うようになりました。そこで強行して遺体を切ってみると、中から綿が...。その遺体はウィルではなかったのです。

エピソード5

ノミと曲芸師

ストレンジャー-エピソード5

ホッパーはホーキンス研究所に潜入し、怪しく仕切られた領域に入っていきます。奥へと突き進んでいき、膜で覆われた箇所にたどり着きました。そこは先日ホーキンス研究所の科学者マーティン・ブレナー博士が職員を調査に向かわせましたが、叫び声を最後に二度と戻って来なかったところでした。ホッパーは彼を追ってきた施設の職員に注射を打たれ気を失います。しかし目を覚ました場所は自宅のベッドの上でした。

ジョイスの意に反して、ウィルの葬式が行われることに。元夫のロニーはジョイスに代わって式を執り行いました。葬式に参列していたナンシーとジョナサンも、マイク・ルーカス・ダスティンもそれぞれ怪物や裏側の世界の存在を信じ、いかに失踪した2人を助け出すかを考え始めます。

しかし、実はロニーはウィルの死を利用して借金返済をしようと企んでいたことがわかるのです。激怒したジョイスは家からロニーを追い出しました。

マイクたちは彼らの先生に聞いた裏世界への行き方を参考に、エルを連れてその入口を探しに出かけます。しかし、エルは自分が裏側の世界で受けてきたひどい実験や経験を思い出し、彼らを入口に近づけまいとしますが、それが元でマイクとルーカスがケンカを開始。

しかし感情が抑えきれなくなった彼女はルーカスを超能力で吹き飛ばしてしまいます。一瞬気を失ったルーカスが目を覚ました時には、エルはすでにいなくなっていました。

ナンシーとジョナサンも手がかりを求めて森の中を歩いていました。2人がはぐれた直後、ナンシーは根元に大きな穴の開いている木を見つけます。一人でその穴に入っていくと、中には動いている怪物が……。飛びかかられそうになり、ナンシーは思わず大きな叫び声をあげます。

エピソード6

怪物

ストレンジャー-エピソード6

ナンシーは怪物に襲われそうになりましたが、ジョナサンの声を頼りに出口を見つけだし、危機一髪、現実世界に戻ってくることができました。恐ろしい体験をしたナンシーをジョナサンは家まで送りますが、その様子をスティーブが目撃していたのです。

嫉妬したスティーブは翌日、仲間たちとともに2人を中傷する落書きをしていました。それを見つけ、スティーブたちに話をしに行ったナンシーを連れ戻そうと、スティーブの元へ行ったジョナサンですが、彼の挑発にのって殴りかかります。結局、ジョナサンのみ警察に逮捕されてしまいました。

ホッパーは今までの自分の身に起こった出来事や調べたことから仮説を立て、ジョイスとともに以前「娘のジェーンをブレナー博士に奪われた」と訴えていたテリー・アイヴスに会いに行きます。しかし娘を奪われた彼女は12年間会話のままならない状態のため、彼女の姉が話をしてくれました。

生まれたばかりのテリーの娘は人体実験に利用され、今では超能力を持つようになったとのことでした。

ケンカ別れをしたマイクとルーカスを仲直りさせようとダスティンが2人を会わせます。しかしうまくいかず、結局マイクとルーカスは2人でエルを捜しに、ダスティンは1人でウィルを捜しに出かけました。

マイクたちは森の中でいじめっ子2人に出会います。捕まったダスティンを助けるため、2人の言うがまま崖を飛び降りたマイクをエルは超能力で救いました。そしていじめっ子2人を超能力で撃退したエルは疲労から倒れてしまいます。目を覚まし、研究所にいた時の事件を思い出した彼女は「私は怪物だ」と涙ながらに訴えますが、マイクは「違う」と否定し、3人で抱き合いました。

1人でホーキンス研究所を目指したルーカスは、何台も車を連ね、ただならぬ雰囲気でマイクの家に向かう所員たちを見かけることとなります。

エピソード7

浴槽

ストレンジャー-エピソード7

マイクの家に戻ったマイク・ダスティン・エルは、ひどく興奮したルーカスからの無線連絡を受けます。ホーキンス研究所の所員がエルを捕まえにマイクの家に向かっているとのことでした。彼らは間一髪で家から逃げ出し、ルーカスと落ち合います。そしてルーカスはエルを誤解していたことを謝り、再び4人で協力し合うこととなりました。

その頃ホーキンス署では、連絡を受けたジョイスとホッパーが逮捕されたジョナサンに会いに行っていました。ホッパーはエルに腕を折られた子どもと母親が被害を訴えているところにちょうど遭遇し、子どもの話からエルの存在を確信します。ジョイスの家に戻った4人は無線を使いマイクたちの居所を聞き出し、彼ら4人はホッパーによって保護されました。

彼らは自分たちの持っている情報を持ち寄り、全員でウィルとバーブの救出に取り組むことになります。そしてエルが裏側の世界との交信をするのに必要な状況を作り出すため学校の体育館に浴槽を設置し、そこに浮かんだ状態で彼女は交信を開始。エルは交信に成功し、ウィルだけはなんとか生きていることがわかります。

ジョイスとホッパーは裏側の世界にいるウィルを救出するため、ホーキンス研究所に向かうのでした。

エピソード8

裏側の世界

ストレンジャー-エピソード8

ホッパーとジョイスは、ホーキンス研究所に入ろうとしましたが警察に捕まり、きつい取り調べを受けます。そしてエルの居場所を教える代わりに、ウィルを救出に裏側の世界へ行くことの許可を得ました。

ジョナサンとナンシーは、ジョイスの家で怪物を撃退しようと買ってきた道具をセッティングしていきます。2人は血によって怪物をおびき寄せようと自らナイフで手を切ることに。タイミング悪くスティーブがやってきました。2人に謝りたかったのです。しかしその直後、怪物が姿を現しました。3人で協力し怪物に火をつけましたが、怪物の姿はなく、逃げられてしまいます。

エルを確保するため研究所員たちが学校に駆け付けました。彼らから逃れようとマイクたちは必死に抵抗し、エルは超能力を使ったことで力尽きます。とうとうエルが連れ去られようとした時に、壁から怪物が出現。4人はその隙に逃げ出しますが、再び怪物が現れ襲われそうになります。最後の力を振り絞ったエルがマイクたちを救いますが、怪物とともに彼女の姿は消えてしまいました。

裏側の世界にたどり着いたジョイスとホッパーは、ウィルを捜し歩きます。凄まじい光景を目にしながら、ホッパーは亡くなった自分の娘との出来事をオーバーラップさせていました。ついに見つけたウィルは瀕死の状態。ホッパーの必死の蘇生術によってなんとか一命を取り留め、本当の世界に戻って来ました。

感動の再会を果たした1ヵ月後、クリスマスの日を迎えます。それぞれが平穏な生活を取り戻し、家や職場でクリスマスを祝っていました。ホッパーは雪の降る中、森に入り、置いてあったボックスの中にあるお皿にワッフルを置きます。エルがよく食べていたものでした。

ウィルはマイクたちと遊んだあと、自宅に戻ります。トイレに手を洗いに行った時、鏡の前で咳をすると、口からナメクジのような物体が飛び出し、排水溝へとすべり落ちました。すると一瞬、裏側の世界の光景が再現され、恐怖を覚えます。

テーブルに戻ったウィルはそのことは誰にも告げず、家族団らんで食事を始めるのでした。