後味最悪、でも面白い!おすすめ鬱アニメランキング30【トラウマ不可避】

2017年7月6日更新

見るだけでワクワクするようなアニメは人気ですが、それと同じくらい魅力的なのが「鬱アニメ」。暗い展開だからこそ人の心を揺さぶり、記憶の中に鮮烈にその名を刻みます。今回は鬱展開で多くの人を魅了するアニメを、ランキング形式で30作品紹介します。

憂鬱注意!おすすめの鬱アニメ30作品をランキング形式で紹介

サラっと見れる明るく楽しいアニメもいいですが、じっくりとその世界観に浸れる鬱アニメはいかがですか?悲しい設定、登場人物の突然の死、理不尽な展開など、見終わった後にやるせなさや切なさを感じて暗い気持ちになります。だからこそ鬱アニメは見た人の心に残るのではないでしょうか。 今回は、見終わった後の気分は最悪だけどそれでもおもしろくて何度も見てしまうような鬱アニメを、ランキング形式で紹介します。明るい気分になりたいときや落ち込んでいるときに見るのはおすすめしません。自分の精神衛生を考えつつ、自分のペースで見てくださいね。

30位 悲惨な戦争の後始末を任された『パンプキン・シザーズ』

月刊少年マガジンに連載されている同名漫画をアニメ化した作品『パンプキン・シザーズ』。 停戦条約を結び一時的に平和が訪れた帝国は、なかなか復興が進まずに社会混乱が続いていました。それにより難民の増加や盗賊による略奪など、「戦災」が各地で問題となっていました。そんなある日、戦災に対処するための専門部隊「陸軍情報部第3課」のマルヴィン少尉は、命を捨てることもいとわないオーランド伍長と出会います。 痛みや恐怖などを感じずに敵に突っ込んでいくオーランド伍長の狂気に触れるたび、戦争の悲惨さを痛感させられます。

29位 彼はだれの「代理人」なのか?『妄想代理人』

現代人をゾワっとさせる『妄想代理人』は、心の闇を描いた作品です。ローラースケートを履いた通り魔「少年バット」は次々と人を襲いますが、被害者が多いにもかかわらず、少年バットは一向に捕まりません。そして刑事たちが捜査を続けていくうちに、被害者が持っている不思議な共通項を発見します。 だれもが抱いている心の闇をあぶり出す作品で、ハラハラしっぱなしのアニメです。ミステリー系のアニメが好きな方には特におすすめです。カオスでありながら丁寧な心理描写がされる独特の世界観にハマってしまうと、一気見まちがいなしの作品です。

28位 引きこもりニートは要注意!?『NHKにようこそ!』

引きこもりが見ると鬱なってしまうこと間違いなしなアニメ『NHKにようこそ!』。 4年前に大学を中退した佐藤は、無職の引きこもり。佐藤はそれがNHK(日本ひきこもり協会)という組織によるものだという妄想をします。そんな佐藤のもとに、中原岬という少女がやってきて、佐藤をひきこもりから脱却させようとカウンセリングを行います。 本作はブラックユーモアが冴え渡る、シリアスギャグアニメ。社会風刺や教訓がつまっていて、現在引きこもりやニートの方が見るとかなりダメージを受けるでしょう。

27位 復讐もやむなしと思ってしまう鬱展開『アカメが斬る!』

月刊ガンガンJOKERに連載されていた大人気ダークファンタジー漫画をアニメ化した作品『アカメが斬る!』。 圧政によって苦しむ村を救うために、タツミは幼馴染の2人とともに帝都へ出稼ぎに行きます。その旅の途中で2人とははぐれてしまい、貴族の少女に救われ厄介になることに。そこで帝国の闇を払うべく暗躍している殺し屋集団「ナイトレイド」と出会い、タツミの運命は大きく変わっていきます。 全体的には復讐を軸にしたダークバトルアニメなのですが、幼馴染の末路がかなり凄惨でトラウマ必至。最終話の結末は予想していたものの、やはり衝撃を受ける内容になっています。

26位 設定だけでも鬱になる『GUNSLINGER GIRL』

アニメ『GUNSLINGER GIRL』は、設定だけですでに鬱になってしまうそうな作品。 テロや暗殺などにより混乱しているイタリア国内で、障害者支援のために「社会福祉公社」が設立されました。その実態は福祉から程遠く、障害のある少女たちの体を改造し洗脳した上で武器として扱う組織だったのです。そして洗脳されて体もいじられた少女たちが銃を背負い、国のためにその命を削って戦っていきます。 理不尽な大人たちと無邪気な子どもたちの対比が狂気を感じます。

25位 死んだ人が遺した想いとは?『シゴフミ』

『シゴフミ』は、タイトルの通り死後の文、つまり死んだ人間からの手紙を扱っている作品です。死んだ人間からの手紙を届ける配達人フミカとしゃべる杖カナカが、遺された人のもとへシゴフミを届けます。 1話完結のアニメなのでとても見やすい作品です。ですがいじめや自殺、児童虐待など、扱っているテーマは重いものばかりで、リアルで生々しく残酷さが描かれているために、見た後はかなりユウウツな気分になること間違いなしな一作。

23位 恐怖に包まれた世界を描いた『屍鬼』

ホラー小説を原作とした『屍鬼』は、寝る前に見ることをおすすめできないグロ&鬱アニメです。 隔絶された集落、外場村ではいまだに土葬が行われていました。ある日その小さな村で、3人の死体が発見されます。その後次々と死者が増えていき、村にあった神像も壊される始末。そして村は恐怖に包まれ、異変が次々と村を襲います。 後半からかなりグロいシーンが増え、鬱度もアップしていきます。グロ耐性がない方にはおすすめしません。背筋がぞっとするような鬱アニメが見たい、という方にはおすすめです。

23位 独特な雰囲気に引き込まれる『灰羽連盟』

序盤のほんわかした雰囲気から一気に鬱展開に突入する『灰羽連盟』は、ダークファンタジーが好きな方にはぴったりの作品です。 飛べない灰色の羽を持った灰羽たちが暮らす街で、水に満たされた繭のなかにいた少女が目を覚まします。彼女はラッカと名づけられ街に馴染んでいくのですが、彼女にひとつの別れが訪れます。 心理描写が巧みで、色彩を抑えた作画が独特な世界観を作り出しています。マイナーな深夜作品ではありますが、この雰囲気の虜になる人が続出。

22位 作られた美しい世界が崩壊する!『新世界より』

作りこまれた独特な世界観で人気のアニメ『新世界より』。1000年後の日本に住む人類は、呪力という能力を使って生活していました。ですがその世界はどこか歪んでいて、渡辺早季は同級生と町の外に出てその歪みの原因を知ってしまいます。そして早季は、人類に従属していたバケネズミの戦いに巻き込まれていきます。 壮大なファンタジー作品で、想像だにしない展開が続く本作。物語が進むにつれてどんどんその世界に引き込まれていき、最後は衝撃のラストを迎えてしまい、ホラーアニメとしても名前が挙がる作品です。

21位 鬱×ホラー×ロボットアニメ『M3 ~ソノ黒キ鋼~』

『M3~ソノ黒キ鋼~』は全編を通して陰鬱な雰囲気が漂うアニメーション作品。 10年前突如現れた異空間「無明領域」。その内部では物質すべてが黒い結晶になり、周辺にはその結晶によってできた異形の「イマシメ」が現れます。無明領域からの復興を目指しイマシメと戦うため、次世代型可動肢重機のマヴェスが開発されました。マヴェスのパイロット候補生は、イマシメとの戦いをはじめます。 ホラーとロボアニメを融合させたような作品で、ロボアニメが好きな方にはおすすめです。画面がずっと暗いのもまた鬱アニメとして魅力的な点ではないのでしょうか。

20位 希望はいったいどこにある?『TEXHNOLYZE』

近未来を舞台にしたSFアニメ『TEXHNOLYZE』は、あまりにも希望がない鬱展開が続く悲しい物語です。 荒廃した流9洲という街が舞台。外界から孤立した流9洲に、賭けボクシングで生計を立てている櫟士、近い未来を見る能力を持っている蘭、街の声を聞ける大西京呉、未来の義肢「テクノライズ」に魅了された科学者ドクがいました。そこにとある野望を持った男、吉井一穂が訪れたことによって、惨劇がはじまります。 絶望の連続、希望が見えない展開が続きます。マイナーではありますが、良質の鬱アニメとしてマニアックなファンから愛されている作品。ぜひチェックしたいアニメです。