(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

映画『不能犯』キャスト・あらすじ【松坂桃李主演で2018年公開!dTVでオリジナルドラマも配信】

2018年1月26日更新

グランドジャンプで連載中の人気急上昇漫画『不能犯』の実写映画が、2018年2月1日、松坂桃李主演で公開されることが発表されました。新感覚サスペンスエンターテイメントとして話題の今作、あらすじやキャストをご紹介します。

実写映画『不能犯』で主演キャストを飾るのは松坂桃李!2018年公開

集英社の「グランドジャンプ」にて2013年から連載されている人気漫画『不能犯』。宮月新(みやつきあらた)が原作、神崎裕也(かんざきゆうや)が作画を務める新感覚サスペンス・エンタテインメント作品として注目を集めています。

主役に抜擢されたのは松坂桃李。『今日、恋をはじめます』ではモテモテのイケメン役を演じ、『ピースオブケイク』では心優しいオネエ役、『劇場版 MOZU』では残虐なテロリスト役など、さまざまな役を演じてきた松坂。

不気味な能力で確実に人を殺していく主人公・宇相吹正役を演じ、今作で初めてダークヒーローに挑戦します。

『不能犯』のあらすじ

沢尻エリカ・松坂桃李『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

不可解な殺人事件に関わる経歴不詳の黒スーツの男・宇相吹正(うそぶきただし)。とある電話ボックスに殺して欲しい相手の連絡先と理由を書いた手紙を貼ると、宇相吹が完璧に始末してくれる事から、SNS上では「電話ボックスの男」と呼ばれています。

宇相吹の犯行はどれも立証できるものではありませんでした。そこで多田刑事が立ち上がり、宇相吹の身柄を確保して事情聴取を始めます。ベテラン捜査官たちが彼の能力に惑わされお手上げ状態の中、多田だけがコントロールできないと知った宇相吹は……。

映画『不能犯』の主演キャストには松坂桃李

宇相吹正/松坂桃李

松坂桃李『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

数々の変死事件現場にあらわれる正体不明の黒スーツの男・宇相吹正。社会に蔓延する様々な悪事や人間の心を失くしてしまった者たちを死に追いやっていきます。きめ台詞は「愚かだね…人間は」。

主人公・宇相吹役に抜擢されたのは松坂桃李(まつざかとおり)です。2009年の『侍戦隊シンケンジャー』シンケンレッド役でデビュー。

2017年にはドラマ『視覚探偵 日暮旅人』や映画『キセキ -あの日のソビト-』など主演を務める作品が続々公開されました。前者では、驚異的な視覚を活かす探し物専門探偵に、後者ではGReeeeNの楽曲をプロデュースする兄のジンに扮しています。

『不能犯』の宇相吹正役は、監督・プロデューサー、原作ファンの間からもぴったりだ、と太鼓判を押されています。

宇相吹正に振り回される刑事に沢尻エリカ!

多田友子/沢尻エリカ

『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 

正義感が強い美人刑事・多田友子。立証不可能な犯罪に警察上層部ががお手上げの中、立ち上がり事件に切り込んでいきます。多田は宇相吹が唯一コントロールできないキャラクター。原作では多田友樹という男性キャラクターでしたが、映画では女性へと変更されているようです。 そんな多田友子を演じるのは沢尻エリカです。沢尻エリカといえばドラマ『1リットルの涙』での演技が好評となり、多くの映画などに出演していましたが、映画『クローズド・ノート』での「別に」発言で世間からバッシングを受け、一時芸能界から姿を消すことになります。 しかし、2014年のドラマ『ファーストクラス』では主演の吉成ちなみを演じ、その美しさとかっこよさからまた人気が徐々に復活。最近は多くの作品で主演やヒロイン役を務めています。

映画『不能犯』キーパーソンとなる登場人物とキャスト

百々瀬麻雄/新田真剣佑

新田真剣佑『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

宇相吹の捜査をしていく多田の部下・百々瀬麻雄。原作では17話から登場し事件の解決に向けて尽力する女性キャラですが、映画では新田真剣祐が演じる男性キャラとなっています。 演じる新田真剣祐は、千葉真一の息子としてブレイク中の若手俳優。2018年には続編である『ちはやふる 結び』に続投して出演することも決まっています。

川端タケル/間宮祥太朗

間宮祥太朗『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

多田の助けによって更生した、元不良少年・川端タケル。予告編では川端が手錠にかかった状態で逃げ出そうとしているシーンが映し出されています。 演じる間宮祥太朗は、若手イケメン俳優として人気急上昇中の俳優。2017年には『帝一の國』や『トリガール』に出演しました。

木村優/真野恵里菜

真野恵里菜『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会 

宇相吹に仕事を依頼する女性・木村優。彼女はある切ない理由から宇相吹による殺人を望んでいますが、その理由とは……? 演じるのはドラマ「逃げ恥」の田中安恵役で再び注目されつつある真野恵里菜。最近では『覆面系ノイズ』や『坂道のアポロン』など漫画原作の映画への出演が目立っています。

夜目美冬/矢田亜希子

誤認逮捕をして自殺に追い込んでしまったという過去を持ち、精神安定剤を服用している多田の先輩女刑事・夜目美冬(やめみふゆ)。宇相吹を疑いつつも、その罠にはまっていってしまいます。 演じるのは近年刑事ドラマへの出演が多い矢田亜希子。主演の松坂とはドラマ『視覚探偵 日暮旅人』で共演しています。

その他にも注目キャストが続々出演!

『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

真野恵里菜演じる木村優の姉で、有名ジュエリーデザイナーとして名が知れ渡っている夢原理沙を演じるのはドラマ「ST」などで知られる芦名星。原作では夜目の上司のベテラン刑事として登場する、鑑識官・河津村宏として安田顕が登場します。 さらに多田の上司である赤井芳樹は、アメリカやヨーロッパで活躍する俳優テット・ワダが扮し、刑事の若松亮平役にはテラスハウス出身の菅谷哲也が抜擢されました。河津村の後輩鑑識官・前川夏海にはモデルとして活躍する岡崎紗絵など、様々なバックグラウンドを持つ俳優たちが本作に集結します。

映画『不能犯』の主題歌を歌うのはGLIM SPANKY

映画とコラボしたMVが解禁!

GLIM SPANKYが映画のために書き下ろした楽曲「愚か者たち」が本作の主題歌に決定しました。 宇相吹が作中で何度も言うセリフ「……愚かだね、人間は。」を彷彿とさせるタイトルに、作品の世界観を見事に再現した楽曲。GLIM SPANKYは作品を鑑賞し、自分たちが手掛けた楽曲が作品にハマると確信したようで、製作の工程はワクワクしたと語っています。 5月12日にはグループ初となる日本武道館でのライブも決定したGLIM。勢いのあるグループが、新たにリリースするシングル「愚か者たち」は1月31日(水)に発売予定です。

「不能犯」の意味って?

沢尻エリカ、松坂桃李『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

「不能犯」(ふのうはん)とは、犯罪であるにもかかわらず証拠を特定できず、刑罰の対象にならない「立証不可能犯罪」のことを言います。

つまり藁人形で人を呪い、呪われた人物が死んだとしてもその行為自体が原因だという証拠にはならず殺人罪を着せられる事はない、という事。

宇相吹は実際に人を殺していく殺し屋なのではなく、思い込みや洗脳によって確実に死に追い込む「不能犯」の為、罪に問われることはないのです。

監督はホラー映画で知られる白石晃士

沢尻エリカ・新田真剣佑『不能犯』
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会

本作の監督を務めるのは、『ノロイ』や『ある優しき殺人者の記録』、『貞子VS伽椰子』など数々のホラー作品を世に送り出し、リアリティのある“嘘"を描く表現に定評のある白石晃士。

原作では男性キャラクターの多田を女性として描いたり、女性キャラの百々瀬を男性として描いたりするなど、本作はホラー界で活躍してきた白石監督のアレンジが加えられたスリラー・エンターテイメントとなりそうです。

原作の作画を手掛けるのは『ウロボロス』の作者!

『不能犯』の漫画を手掛けるのは熊本県出身の漫画家・神崎裕也(かんざきゆうや)。

神崎が描いている2009年から連載中の漫画『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』は、2015年、『ウロボロス ~この愛こそ、正義。』というタイトルにより生田斗真主演でテレビドラマ化もされた人気作品です。

『不能犯』は原作を宮月新が考え、漫画を神崎裕也が描いているという共同作品。心理戦や催眠術などに詳しい宮月が考える斬新で深みのあるストーリーと、神崎が描く妖艶でダークネスな絵はぴったりマッチし、恐ろしい話ながらも宇相吹ファンが増えていくという不思議な現象が巻き起こっています。

リアル宇相吹?メンタリストDaiGoと心理戦を繰り広げた松坂&沢尻

『不能犯』(プレス)
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

人の心を操るプロであるメンタリストのDaiGoが、映画『不能犯』のイベントに登場。映画を鑑賞したというDaiGoは「共感した。自分と共通点が多かった。」と映画を絶賛。宇相吹のようにマインドコントロールを用いて人を殺すことは不可能ではないと言い、それを聞いた松坂は「この作品に対してリアリティが増した」と興奮した様子を見せていました。 イベントでは8色あるマジックの中から1本、色を選択しそれをDaiGoが当てるという心理戦が行われました。松坂、沢尻ともにDaiGoに当てられ、驚く会場。これまでの言動や細かい仕草から答えを導いたと聞いた松坂は「ゾッとする」と、本物のマインドコントロールを目の前にたじたじのようでした。

『不能犯』がdTVでオリジナルドラマとして配信!

映画公開と連動して2017年12月22日、dTVオリジナルドラマ『不能犯』が配信されることが決定しました。ドラマは全4話で、松坂桃李が映画と同役の宇相吹正を演じます。さらには映画でも活躍する沢尻エリカや水上剣星が登場することも決定。 dTVオリジナルドラマでは彼らのほかに、永尾まりや、永井大、平岡祐太など実力派俳優が集結しています。ドラマ版でメガホンを取るのは『ライチ☆光クラブ』で知られている内藤瑛亮。主題歌は映画と同じGLIM SPANKYが歌う「愚か者たち」が使用されるとのことです。 映画をより楽しみたい方は、是非チェックしたいオリジナルドラマになっています!