アニメ『アバローのプリンセスエレナ』あらすじ、キャラクター、声優まとめ【2016年冬】

2017年7月6日更新

ディズニー初のラテン系プリンセスが誕生!主人公エレナには知られざるソフィアとの関係が!?気になるあらすじ、キャラクター、声優は?2016年冬よりスタートし、今大注目の新プリンセスアニメ『アバローのプリンセスエレナ』の魅力を大特集します。

ディズニーから新たなプリンセス誕生!アニメ『アバローのプリンセスエレナ』

16歳のプリンセスエレナは邪悪な魔女から魔法の王国アバローを守り抜きました。まだ若く未熟なエレナは冒険を通して、国を治めるために必要な多くことを学びながら成長していきます。

『アバローのプリンセスエレナ』のストーリーは?

アバロー王国により、代々受け継がれてきた「アバローのペンダント」。ある日邪悪な魔女が王国を攻め入り、そのペンダントはプリンセスで持ち主のエレナを中に閉じ込め、魔女の攻撃から彼女を守り抜きました。

それから41年の時が経ち、ペンダントから解放されたエレナは邪悪な魔女を倒すことに成功。アバローには平和がもたらされ、エレナは王国を治めるプリンセスとなります。

若干16歳のエレナが仲間の力を借りながら、立派な女王となるため、成長していくストーリーです!

登場キャラクター、吹き替え版声優は?エレナの吹替は橋爪紋佳

エレナ

アバロー王国16歳のプリンセス。閉じ込められていた「アバローのペンダント」から解放され、魔女を撃退することで王国に平和をもたらしました。父を尊敬し、周り仲間たちに助けられながら、立派な女王になるために必要な技能や知識を学んでいます。

常にリーダーシップを発揮し危険を顧みず行動する性格。強い自信を持っています。また少し天然なところがあります。

声優はドミニカ共和国出身のモデル、エイミー・カレロ。日本語吹替を担当するのはライオンキングから派生したアニメ『ライオンガード』でジャスィリを演じた橋抓紋佳です。

イザベル

10歳のエレナの妹。祖父母と共に絵の中に閉じ込められていましたが、エレナから助け出されました。行動的なエレナとは対照的で、冷静な女の子です。彼女は頭が良く、たくさんの本を読むため、豊富な知識を持っています。日々日記をつけることや発明をするのが好きです。

エレナにとって死者の日(ラテンアメリカ諸国で個人への思いを語り合う祝祭の日)が一年で最も好きな日であるのに対し、イザベルは亡くなった両親を思い出してしまうという理由から、この祝日を嫌っていました。

声優は『アイアンマン3』や『ジェーン・ザ・ヴァージン』などに出演した、女優ジェナ・オルテガ。日本語吹替はアニメ『曇天に笑う』、『今日、恋をはじめます』などに出演した空見ゆきです。

ナオミ・ターナー

エレナを支える親友で、根気強く、実用的な考えを持っていたことから、エレナによって評議会に選ばれました。エレナをよく思わないエステバンを嫌っています。

誰に対してもも引けを取らない強気な性格ですが、ジャークインに乗ることは苦手なようです。彼女は港で働いていたため、普通の男性よりも強く、ロープや網を上手く使いこなします。

声優アメリカ出身の女優ジリアン・ローズ・リード。日本語吹替は『デート・ア・ライブ』でヒロインの声を担当した富樫美鈴です。

マテオ

エレナの親友で16歳の少年。魔法使いだったアラカザールの孫で、彼の魔法書を使い、独学で魔法を学んでいます。しばしば、上手く魔法を扱えないことがありますが、日々成長し、エレナたちからの信用を得ています。

警戒心が弱く、パニックになりやすいですが、エレナや他の友達がピンチの時は恐怖心を捨て、彼女らを守ります。

ゲイブ

18歳の王室警護官です。エレナに思いを寄せていますが、彼女はは友人としか思っていないようです。熱心で成熟していますが、たまに王室警護官という仕事にうぬぼれるところがあります。

エレナやイザベルの為なら、ちゅうちょなく危険に身を投じます。マテオとは良き友であり、フィエロの魔法から人々を守った時、マテオは初めてゲイブからの信頼を得ました。

フランシスコとルイーサ

評議会に一員で、エレナの祖父母です。イザベルと共に絵の中に閉じ込められていました。

フランシスコは規則や伝統に厳しい賢人で、エレナがしっかりと女王になれるよう、暖かく見守っており、彼女に的確なアドバイスを与えます。

ルイーサは夫のフランシスコと共にエレナを見守っています。楽天的で明るい性格で、エレナをいつも物事を明るく捉えるよう導きます。苦手なものは暗い場所で、特技は料理だそうです。

フランシスコの日本語吹替は、『ちいさなプリンセス ソフィア』のクローバーや『アナと雪の女王』のアレンデール国王の吹替をした根本泰彦が担当します。ルイーサの日本語吹替は『キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー』や『マレフィセント』でも吹替を担当した品田美穂です。

エステバン

アバローの大臣です。彼は幼い頃に両親を亡くし、祖父母によってまるで彼らの息子のように育てられたといいます。

10代の頃に権力を求めるようになり、それを得るために邪悪な魔女シュリキと契約を結びました。強力な権力を与える代わりにに、シュリキがアバローを支配できるように協力するというものです。

エレナがシュリキを撃退し、次期君主となってしまうため、エレナをよく思っていません。

日本語吹替は『オズ はじまりの戦い』や『インサイド・ヘッド』でも吹替を担当した及川ナオキです。

ジャークイン

トラのような容姿に翼が生えており、空を飛ぶことができます。アバロー王国のシンボルで、エレナの友達です。左から順に、スカイラー、ミグズ、ルナという名前があります。

人と対話ができ、とてもフレンドリーです。山の上に家を構え、鳥と同じような巣で眠ります。

ズーゾ

聖なるキツネ、エレナの守護霊です。アバローの魔法についてはなんでも知っています。

エレナは呼び出さなくても彼とコミュニケーションが取れ、ズーゾも必要な時にいつでも現れ、エレナにアドバイスを与えることができます。

楽しいラテンの歌とダンスがたくさん!

ディズニー初のラテン系プリンセス、エレナの物語を盛り上げるのは、歌とダンス。

オープニングソングをはじめとして、様々なスタイルのラテンミュージックがたくさん登場します!

『ちいさなプリンセスソフィア』と関連している!?

実は『アバローのプリンセス エレナ』は他のディズニープリンセス作品『ちいさなプリンセス ソフィア』のスピンオフ作品なのです。

ソフィアが身に付けていたペンダントは、実は「アバローのペンダント」で、中にはエレナが閉じ込められていたのです。エレナがペンダントから出ることができたのはプリンセスソフィアのおかげ。

このエピソードはアバローのプリンセスエレナ第一話冒頭で説明されますが、ソフィア側の「ひみつのとしょしつ」シリーズ4作目の中に、ソフィアがエレナを救いだすストーリーの全容があるようです。

本国アメリカでは2016年11月20日に放送されましたが、日本での放送日は2017年1月現在では、未定です。放送が待ち遠しいですね。