2021年12月21日更新

海外アニメおすすめランキングTOP15!名作から最新カートゥーンアニメまで

トムとジェリー
©︎CBS/Photofest

ポップでキャラクターが人気な定番作品から、大人向けのブラックユーモアたっぷりな作品、海外ならではのウィットに富んだナンセンス&シュールアニメなどよりすぐりの15作品を集めました。 まだ観たことのない作品に触れて、海外ならではのアニメカルチャーを体感してみてください!

海外アニメを選んだ基準は?

海外アニメの順位はどう決めた?

キャラクターや、ユーモアセンス、作画のポップさなどを基準に編集部おすすめの海外アニメを選出しランキング化しました。

海外アニメのおすすめは?

上記の基準で選んだ結果、『ザ・シンプソンズ』がおすすめです。この記事では他にも様々な海外アニメを厳選して紹介しています。

海外アニメおすすめランキングTOP15

1位『ザ・シンプソンズ』

『ザ・シンプソンズ』
© 20TH CENTURY FOX TELEVISION/zetaimage

アメリカの国民的シュールアニメ

ジャンルコメディ , ファミリー
放送年1989年~現在

1989年から続く、アメリカの国民的アニメとなった『ザ・シンプソンズ』。 舞台は架空の街スプリングフィールド。そこで暮らす5人家族のシンプソン一家はアメリカの一般的な中流階級の象徴で、そのライフスタイルを皮肉ったパロディ作品がこの「シンプソンズ」。

日本でも大人気で、「C.C.レモン」のイメージキャラクターに起用されたこともありました。本国では2018年にシーズン30に突入し、アメリカのテレビ史上最長シリーズの記録を更新中!

ここがおすすめ!

実世界の事件や出来事を織り交ぜながら、痛烈な風刺を時に鋭く、時に面白く描いていきます。子どもと大人が一緒に楽しめるバランスの良いアニメで、ザ・アメリカン・ライフスタイルを堪能できる内容です。

2位『アドベンチャー・タイム』

ちょっとカオスなナンセンス・コメディ

ジャンルコメディ , SF
放送年2010年~2018年

全米で大人気のスーパーヒーローを目指す12歳の少年フィンと親友のジェイクのアドベンチャーが楽しめるカートゥーン作品です。 優しい色とタッチで描かれ、冒険に満ちたウー大陸を舞台に、フィンとジェイクはゾンビやヴァンパイアといった敵と戦うことに。

1話からカオスで独特な世界観が完成されていて、気がつくとフィンとジェイクのペースに乗せられて次から次へと観てしまう中毒の高いアニメです。

ここがおすすめ!

子供向けっぽいゆるいタッチの割に、大人でも楽しめる内容に仕上がっています。何も考えずに爆笑できるお下品ネタがあるかと思えば、不意に哲学的な問いが投げかけられることも。ウー大陸について考察してみるのも楽しいですよ!

3位『サウスパーク』

R指定になった異色のギャグ海外アニメ

ジャンルコメディ
放送年1997年~現在

アメリカのコメディ・セントラルで1997年から放送されている切り絵風アニメ。見た目はかわいらしいですが、規制音が多く、社会風刺やブラックユーモアを練り込んだR指定の過激なギャグアニメです。

スタンリー、カイル、カートマン、ケニーの小学生4人組をメインにアメリカ・コロラド州の小学校が舞台の作品。風刺、SF、ファンタジーなどテーマや舞台はエピソードによって様々。エミー賞を何度もするなど評価の高いカトゥーンです。

ここがおすすめ!

尖った作品を求めているなら怖いもの知らずの本作がおすすめ。時事ネタをいじるのは日常茶飯事で、かなりセンシティブな領域にもずかずかと踏み込んでいきます。観る人を選びますが、日本アニメでは得られない刺激は間違いなく得られますよ!

4位『ルーニー・テューンズ』

ワーナー・ブラザースの代表的海外アニメ

ジャンルコメディ , ファミリー
放送年1930年~1969年

初登場は1930年、『ルーニー・テューンズ』はワーナー・ブラザースアニメーションのアイコン的存在の短編シリーズです。

カリフォルニア郊外の一軒家で共同生活を始めたギャグセンス抜群の人気者バッグス・バニー、自分大好きダフィー・ダック、その他にもトゥイーティーなど動物を擬人化したキャラクターが登場する作品。キャラクター単体としての人気が高いことも特徴です。

ここがおすすめ!

魅力的なキャラクターたちが繰り広げるドタバタコメディは不動の面白さ。歴史あるシリーズなのでクラシックアニメ好きにもおすすめ。近年は『ルーニー・テューンズ・カートゥーンズ』として新シリーズが制作されています。

5位『リック・アンド・モーティ』

ハチャメチャSF!ナンセンスギャグアニメ

ジャンルアクション , コメディ , SF
放送年2013年~現在

2013年より放送を開始し、一躍人気作品となった作品が『リック・アンド・モーティ』。アニメ専門チャンネルであるカートゥーンネットワークの大人向けプログラムであるアダルトスイムという枠に向けて制作された作品です。

天才科学者でありながら、アルコール依存症というおじいちゃんであるリックと、そんな彼に簡単に感化されてしまう孫のモーティが主人公。リックが自身の発明を使って、モーティやその家族を異世界に連れまわすSFコメディ作品となっています。*日本でもNetflix配信が行われており、日本語で楽しむことができます。

ここがおすすめ!

あらすじだけ聞くと子供も楽しめる作品に思えますが、中身自体は完全に大人向け。エロ有り、グロ有り、ナンセンスギャグ有りという、過激な内容が盛りだくさんです。テンポよく1話の完成度が高い点も魅力!

6位『パワーパフガールズ』

強くて可愛い正義の味方が大活躍!

ジャンルアクション , ファミリー
放送年1998年~2005年

1998年にシリーズ放送が開始、アメリカのカートゥーンネットワークを代表するアニメーション作品の1つが『パワーパフガールズ』。

可愛い女の子を作る実験中に、誤って謎の物質ケミカルXが混ざって生まれたブロッサム、バブルス、バターカップの3人娘によるスーパーヒロインコメディです。3人は一見すると平和だけど悪者が潜む大都会タウンズウィルで、SOSの声に駆けつけ大活躍します。

ここがおすすめ!

レトロポップなデザインは日本でも知名度抜群。意外にもパロディやブラックユーモアも含んでいて、ビターな展開になる回も。ストーリー自体はわかりやすいのですが、単なる勧善懲悪になっていないところが魅力です。

7位『ウォレスとグルミット』

世界的な人気を誇るクレイアニメ

ジャンルコメディ , ファミリー
放送年1990年~

1990年に初公開。世界中に多くのファンを抱えるイギリスのアニメ工房アードマン・スタジオによる人気クレイアニメーションです。

とぼけた自称天才発明家のウォレスと、ウォレスのパートナーのビーグル犬グルミット。グルミットは言葉は発しないものの、しっかり者で字が読めます。表情やジェスチャーが豊でウォレスがピンチに陥ると信じられない力を発揮することも。

いつも事件に巻き込まれるウォレスのピンチを、主人思いのグルミットが助けるストーリーです。

ここがおすすめ!

雄弁なグルミットの表情がなんといっても本作の見どころ!クレイアニメ独自のぬくもりが感じられる作品で、お茶目な動物たちに癒やされます。もふもふ好きならスピンオフの『ひつじのショーン』もおすすめです。

8位『トムとジェリー』

2021年『トムとジェリー』
©2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

ネコとネズミのドタバタコンビよ永遠に!

ジャンルコメディ , ファミリー
放送年1940年~現在

知らない人はいないほどの人気コンビ、トムとジェリー。1作目は1940年にアメリカで公開されました。

凶暴だけどまぬけでどこか憎めないネコのトムと、小さくて賢いネズミのジェリーの追いかけっこを主軸としたドタバタコメディアニメです。

もともとは大人向けの社会風刺ありの短編として公開されていました。現在ではスラップスティックなアニメとして有名ですが、ふんだんに盛り込まれるウィットに富んだユーモアはまだまだ輝きを放っています。

ここがおすすめ!

こんなに飽きないネズミと猫の追いかけっこがあるのか!と感心してしまう作品。トムが意外にも音楽の才能にあふれていて、ドタバタしているときとのギャップが最高にかわいいので要注目です!

9位『ピンクパンサー』

スピンオフから大躍進!日本でも大人気

ジャンルアクション , コメディ , ファミリー , ミステリー・サスペンス
放送年1940年~現在

1964年公開の実写映画『ピンク・パンサー』のオープニングアニメーションで登場したピンクの豹を主人公にしたスピンオフ的アニメシリーズ。

宝石泥棒のピンクパンサーが主人公で、クルーゾー警部に追いかけられ毎回逃げ切るまでがオチとなっています。公式サイトで数点動画が公開されているので、是非チェックしてみてください。

ここがおすすめ!

スタイリッシュなパンサーがかっこいい!クールなところが余計にシュールな笑いを誘います。世界観も全体的におしゃれで、センスあふれる作品に触れたいときにおすすめ。

10位『ハッピー・ツリー・フレンズ』

閲覧注意の可愛いグロアニメ

ジャンルコメディ
放送年1999年~2014年

1999年にFlashアニメーション界に登場した閲覧注意作品が『ハッピー・ツリー・フレンズ』。

登場するキャラクターはカラフルでいずれも見た目は可愛いのですが、彼らは毎回悲惨な目に遭ってしまい、非業の死を遂げてしまいます。首がもげたり、身体をまっぷたつにされたり、目玉が取れてしまったり。キャラクター独自の個性が織り成す様々な要因により、残酷な事件が毎エピソード展開されます。

ここがおすすめ!

死んだキャラクターが次の話では何事もなかったかのようにケロッと生き返っているのもポイント。キャラクターたちの死に様を楽しめる、ちょっとした死に様コレクションです。グロ耐性が強い人におすすめ!

11位『悪魔バスター★スター・バタフライ』

『悪魔バスター★スター・バタフライ』
© Disney Channel/Photofest/zetaimage

破天荒なアメリカ版魔法少女!?

ジャンルアクション , コメディ , SF
放送年2015年~2019年

2015年にアメリカで放送が始まり、日本でも2016年の本放送が始まる前から「スタバちゃん」の愛称で人気を集めていたドタバタコメディ。

魔法の国ミューニから地球にやってきたプリンセス、スター・バタフライがホームステイ先の1人息子マルコたちを巻き込みながら、魔法修行をしていきます。日本語吹き替え版ではミューニの人々に関西弁の設定がなされ、さらに独特で破天荒な世界観になりました。

ここがおすすめ!

原作者が『美少女戦士セーラームーン』など日本アニメのファンとのことで、既視感のあるパロディも登場。同作を意識した変身シーンがあったり、マルコの特技が空手だったりと、日本文化を感じる描写が多くてクスッとできます!

12位『スポンジ・ボブ』

『スポンジ・ボブ』
© Paramount/Photofest/zetaimage

海の生き物たちのハイテンションな日常

ジャンルコメディ , ファミリー , SF
放送年1999年~現在

1999年からニコロデオンで放送されている『スポンジ・ボブ』。架空の海底都市ビキニ・ボトムに住む、黄色くて四角い主人公のスポンジボブは、怒りっぽいイカルド、親友のヒトデパトリック、スリリングなことが好きなサンディといつも楽しく遊んでいます。

いつもトラブルに巻き込まれてばかりのボブの姿がとてもおかしく、アメリカでは子供から大人まで多くの人に親しまれているアニメです。

ここがおすすめ!

巻き込まれ体質でありトラブルメーカーでもあるスポンジボブの行動に、頭を空っぽにして笑えます。彼はいつでもポジティブなので、観ていると自分の悩みがちっぽけに思えるかも。

13位『ベン10』

エイリアンヒーローが悪と戦うSF海外アニメ

ジャンルアクション , SF
放送年2005年~

世界中のカートゥーンネットワークで高視聴率を記録した大ヒット作『ベン10』。

10歳の少年ベンジャミン・テニスンがひょんなことから、エイリアン・ヒーローに変身できる腕時計「オムニトリックス」を見つけ、悪と戦うSF要素満載のアクションアニメ。

ベンはオムニトリックスの力で10種類のヒーローに変身することができ、その力を駆使して宇宙からの侵略者に戦いを挑むことになります。

ここがおすすめ!

すごい力を手に入れるベンですが、その力の使い方が実に10歳らしくて好印象。キャラが生き生きとしていてアクションシーンでは躍動感があります。アメコミと日本アニメのいいとこ取りのような作品です!

14位『フィリックス・ザ・キャット』

魔法のカバンを持つ不思議な黒猫

ジャンルファミリー , ヒューマンドラマ , 音楽・ライブ
放送年1919年~

クラシック・アニメの名作『フィリックス・ザ・キャット』。怖いもの知らずの冒険家で、メカにも強いフィリックスが、スーパー猫ぶりを披露します!個性あふれる悪党キャラクターたちとの愉快な攻防戦や、フィリックスにしか使いこなせない魔法のバッグをめぐるドタバタコメディです。

ここがおすすめ!

時代を超えて愛されてきた世界的な黒ネコの活躍は必見!ユーモアと機転でどんなピンチもくぐり抜けてしまう姿は愛らしくも勇敢で元気がもらえます。100周年を機に再度注目されているので、ぜひ抑えておきたいタイトルです!

15位『ガーフィールド・ショー』

世界一有名なネコのファミリーコメディ

ジャンルコメディ , ファミリー
放送年1988年~

1980年代からアニメ化されている人気作品。主人公はギネス記録(世界1読まれているコミック)を持つ世界1有名なオレンジ色のぽっちゃりネコ・ガーフィールド。怠け者でワガママなのに憎めないガーフィールドと、飼い主のジョンたちを取り巻くキャラクター達のドタバタコメディです。宇宙や異次元など日常では味わえない展開がたくさん詰まっているのも特徴。

ここがおすすめ!

ガーフィールドのぐうたらな様子が見どころ。人間だったらイラッとしそうなことも、なぜだかガーフィールドなら許せてしまいます。わかりやすいギャグで、子供から大人まで楽しめる健全な作品です!

日本とひと味違う海外アニメも楽しんでみては?

おすすめの海外アニメ15選を紹介しました。気になる作品はありましたか? 海外は原色の使い方が巧みで、キュートでカラフルな世界観が楽しいですよね。その一方で、時に暴力的なまでに社会風刺やブラックジョークが効いているのも特徴。大人の存在を強く意識して制作されているのは、日本の子ども向けアニメとひと味違うところかもしれません。 近年はネット配信が普及し、日本でも海外アニメを楽しむ方法が増えてきました。あまり親しみがないという人も、ぜひこの機会に視聴してみてくださいね!