2017年7月6日更新

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』登場キャラクターまとめ【全員濃すぎ!】

2015年に公開されたアクション映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。荒廃した近未来を舞台に、支配された者たちの反乱を描き大人気となった本作は、その個性豊かなキャラクターたちも魅力的。この記事では、主要キャラクターをご紹介します。

『マッドマックス 怒りのデスロード』に登場するキャラクターたちをご紹介!

2015年に公開され、世界中で大ヒットを記録した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。オーストラリアの人気カーアクションシリーズ第4作目です。資源が枯渇した近未来を舞台に、権力者に対抗する者たちとその戦いを描いています。

この作品に登場する、個性豊かなキャラクターたちをご紹介しましょう。

マックス【演:トム・ハーディ】

本名はマクシミリアン・ロカタンスキー、元M.F.P.(Main Force Patrol)特殊警察警官隊の隊員です。過去に助けられなかった人々の幻覚に悩まされながら、高放射線に汚染された土地を旅してしました。

ウォー・ボーイズに捕らえられ、短命な彼らのための輸血ドナーにされてしまいます。ニュークスによって荒野に連れ出されたマックスは、自らも逃亡するためフュリオサに協力することにします。

全身黒のレザースーツを身にまとい、レザーブーツを履いています。左足に金属製の歩行補助器具、右肩には強化プラスチックのショルダーパッドをつけており、右腕のパラコードブレスレットは、幻覚に現れる少女の形見です。

フュリオサ【演:シャーリーズ・セロン】

本名はフュリオサ・ジョ・バサ、シタデルの女性大隊長です。右腕が欠損しており、金属の義手を装着しています。この義手にはモーターが内蔵されており、人間の首を折ることができるほどのパワーがあります。

ガスタウンとの取引に向かうと見せかけて、ワイブスたちをウォー・タンクに乗せ「緑の地」に向かいます。

実は「緑の地」で生まれたスワドール・ドッグ一族の末裔でしたが、幼い頃に母親とともに誘拐され、シタデルに連れてこられました。その後、ジョーの子産み女になりますが、怒りを買って左腕を失ってしまいます。大隊長としてジョーの信用を獲得しながら、20年に渡って逃亡の機会をうかがっていました。

イモータン・ジョー【演:ヒュー・キース・バーン】

ウェイストランドで大量の地下水を占有する岩山の砦シタデルを支配する人物です。病気に侵されているため体を白塗りにし、両腕は包帯で覆われています。汚染された空気を避けるための特殊なマスクとボディ・アーマーを着用しています。

カルト宗教の教祖として、信徒兼私設軍隊「ウォー・ボーイズ」を率いて周囲の他の勢力と渡り合っています。フュリオサがワイブスたちを連れて逃亡したため、彼女たちとお腹の子供を取り戻すため怒涛かつ残酷な追跡を開始。

ニュークス【演:ニコラス・ホルト】

ウォー・ボーイズのひとりで、優秀なドライバー。イモータン・ジョーを狂信し名誉ある戦死を望んでいます。首の付け根に病変種の瘤が2つあり、それぞれをラリー、バリーと呼んでいます。

当初は非常に衰弱して常に輸血を必要としていましたが、フュリオサの追跡を志願し、マックスを常備用の輸血袋として連れ出しました。ジョーのために死のうと奮闘するものの作戦はことごとく失敗し、同情したケイパブルへの恋心から、フュリオサたちの仲間として逃亡に協力するようになります。

ワイブス

イモータン・ジョーの子を産むため、岩山の一画に幽閉されている5人の女性たちです。その扱いに耐えかね、身の回りの世話をしてくれていたミス・ギディの助けを借り、「緑の地」に脱出するためフュリオサの運転するウォー・タンクに身を隠します。

ワイブス1:スプレンディド【演:ロージー・ハティントン=ホワイトリー】

リーダー格で、イモータン・ジョーのお気に入りです。ジョーの子を身ごもっていますが、子供が彼の後継者となることを望まず、臨月の体で逃亡します。

ワイブス2:トースト【演:ゾーイ・クラヴィッツ】

5人のなかでいちばん戦う覚悟を持っており、メカニックの技術と知識もあります。シタデルができるずっと以前からジョーに囚われていますが、戦意を失わずにいました。常に戦略的に動く賢い女性です。

ワイブス3:ケイパブル【演:ライリー・キーオ】

赤毛の長い髪が特徴で、砂嵐の後からゴーグルを着用しています。逃亡後、彼女たちを追ってきたニュークスと心を通わせるようになります。

ワイブス4:ダグ【演:アビー・リー・カーショウ】

ジョーの子供を身ごもっており、子供が醜く生まれてくることを恐れています。感覚の鋭い人物で、追っ手を察知したり、通過した不気味な地が以前は「緑の地」であったことを最初に察したりしています。

ワイブス5:フラジール【演:コートニー・イートン】

ワイブスのなかで最も若く、シタデルの砦の中でしか暮らしたことがありません。過酷な旅を嫌がり、ジョーの元に戻ろうとします。