2019年12月23日更新

戦争アニメおすすめ25選【シリアスからライトまで】

図書館戦争 革命のつばさ DVD通常版

自分のため、愛する者のため、正義を信じて戦う“戦争アニメ”。数々の作品がある中、特に評価が高く、是非オススメしたい戦争アニメをまとめてみました!

目次

後世に残すべき戦争アニメを紹介!

戦争を舞台としたアニメ作品は数多く存在し、ファンタジーや戦記などジャンルはさまざまですが、どれも戦争の虚しさや哀しさなどをリアルに描いています。 残虐で重いストーリーのものから、戦争の中での穏やかな日々を描いたもの、そして戦いの中に生きる人物たちの勇姿を描いたものまで、オススメの25作品を紹介します。

1:『ジパング』

自衛官たちの苦悩や葛藤を描いたタイムリープ作品

2000年から2009年まで「モーニング」で連載し、第26回講談社漫画賞を受賞した『ジパング』。2004年10月からTBS系列にてアニメ放送されました。 物語は、海上自衛隊のイージス艦「みらい」が渡航中に落雷を受け、1942年の太平洋上にタイムスリップしてしまいます。そして、のちに起こる太平洋戦争などの歴史に関わり、未来を変えていくストーリーです。 タイムスリップしてしまった平和な国・日本の自衛官たちが、人を殺さなくてはならないという苦悩や葛藤を描いていて、戦争中に流れるBGMが、より緊迫感を与えてくれます。

2:『アルスラーン戦記』

祖国の奪還と再建を目指す王太子の物語

2015年4月から全26話で放送された、田中芳樹の小説を原作とした荒川弘の漫画版をアニメにした作品です。 味方の裏切りによって滅亡した王国の生き残りである王太子・アルスラーンが、さまざまな困難に遭いながらも、同じ志を持つ仲間達と旅をしながら成長し、奪われた祖国の奪還と再建目指す物語です。 主人公が仲間の力を得て、肉体的・精神的に成長していく、まさに王道ストーリー。架空の世界のでファンタジー要素はありますが、『三国志』のような歴史感溢れる作品が好きな方にはオススメです。

3:『ふたつの胡桃』

実際の出来事を元に、東京大空襲をリアルに描いた傑作

シンエイ動画が制作する「戦争童話」シリーズ6作目の作品です。2007年8月15日にテレビ朝日で放送されました。 平凡な小学6年生の中西彩花と飼い犬のライアンが、東京大空襲があった昭和30年3月にタイムスリップし、平和な時代しか知らない彩花が、恐ろしい空襲を体験してしまうというストーリーです。 空襲の恐ろしさや、トリップ先で知り合った人物たちが次々と死んでいく様が、リアルに描かれています。実際の出来事を知ることが出来るので、今の日本がどれだけ平和なのかを痛感できる作品かもしれません。

4:『銀河英雄伝説』

相反する2人の英雄を描いたヒューマンドラマ

『アルスラーン戦記』と同じ田中芳樹が書いたSF小説がアニメ映像となったものです。OVAを中心として制作されていて、関連作品を合わせると100話以上あります。 遥か未来の宇宙が舞台で、対立する二大勢力国家のそれぞれの英雄同士が、150年にも及ぶ争いに変化をもたらします。 この作品の魅力は、まったくタイプの違う2人の英雄です。野望に満ちたラインハルトと、なんとなく出世してしまったヤン。それぞれの視点が細かく描かれていて、戦争だけではなく、ヒューマンドラマとしても楽しめる作品です。

5:『ヨルムンガンド』

なんといっても迫力ある銃撃戦が魅力!

高橋慶太郎のガンアクション漫画で、2012年に独立局などにて分割2クール構成でアニメ放送されました。 戦争で両親を失ったトラウマから武器を憎む少年・ヨナが、ひょんな事から武器商人の女・ココとその部下達と世界を旅する物語です。 銃が主な武器となるので、迫力のある銃撃戦にはハラハラドキドキさせられます。癖が強く難ありな登場人物たちのやり取りはおもしろく、観てて飽きません。

6:『戦国BASARA』

無双ゲームでお馴染みの戦国アクションアニメ

無双ゲームでお馴染みの『戦国BASARA』。2009年4月から7月までに第1期が、2010年7月から9月まで第2期がTBSなどで放送され、第2014年7月から9月まで第3期が日本テレビにて放送されました。 天下統一を目前に、さまざまな個性溢れる戦国武将たちのぶっ飛んだ戦いを描いた、戦国アクションストーリーです。 メインキャラは伊達政宗と真田幸村ですが、名のある戦国武将たちがたくさん出てきて、それぞれの野望や無双ゲーム特有のダイナミックな爽快感を味わえます。キャラクターのほとんどがイケメンなので、女性にも人気のある作品です。

7:『アルドノア・ゼロ』

ロボットによる星間戦争は必見!

2014年7月から9月まで、2015年1月から3月まで、分割2クールにて放送されたアニメです。『魔法少女まどか☆マギカ』で知られる虚淵玄がストーリー構成を担当しています。 強力なエネルギー源である「アルドノア」を使用し、人類は火星への移住を始めますが、火星を新たな国として独立国家を目論む人物たちとの星間戦争が勃発。大規模な戦争の後に休戦協定が結ばれましたが、火星からの襲撃に遭い、地球と火星は再び対立する事になります。 この物語では、地球・火星・その間の立場にいる3人の主人公がいます。3人の違った視点から話が進んでいく群像劇を中心とした作品です。また、複数のロボットが登場しますが、技術の優れた火星側のロボットに対し、地球側のロボットは工業的なものばかりなので、ロボット同士の戦いも必見のアニメです。

8:『図書館戦争』

“言論・表現の自由”を巡る、政府と図書館の戦い

元は小説から実写映画にもなり話題を呼んだ作品で、2008年4月から6月までフジテレビの「ノイタミナ」枠で放送されました。 人権侵害などの恐れがある表現を規制する「メディア良化法」が施行され、疑いのある書籍が押収されてしまう日本が舞台です。横暴な取り締まりを行う「良化特務機関」に対し、“言論・表現の自由”を掲げる図書館側が武力で戦いを繰り広げるストーリーです。 戦争ものではありますが、主人公とその鬼教官のアホっぽいけど純愛な展開も見どころです。ただの戦争ものには抵抗がある方や、萌え要素がほしい女性にオススメ出来る作品です。

9:『機動戦士ガンダム00』

元祖・SF戦争アニメが描くダークヒーロー

大人気『機動戦士ガンダム』シリーズで、ファーストシーズンが2007年10月から翌年3月まで、セカンドシーズンが2008年10月から翌年3月までTBS系列にて放送されました。 ファースト・セカンド共に25話で、全50話です。3大超大国に別れている地球では、それぞれの理念の元、各地で壮絶な戦いが起こっています。そんな戦争を終わらせるために、謎の組織「ソレスタルビーイング(CB)」が各国の戦いに武力介入を始めていきます。 戦争を終わらせるために武力行使をする、というダークヒーロー的な立場に立たされている主人公たちを見て、本当の正義とは何かを考えさせられます。サンライズが誇る繊細かつダイナミックな作画、特に宇宙戦は息を飲むほどの迫力があります。また、キャラクター達はイケメン揃いなので、女性ファンも多い作品です。

10:『まおゆう魔王勇者』

2ちゃんねる発のSFラブコメ

2ちゃんねるに投稿された、素人が載せた即興小説が人気になり、そのまま書籍化する事になった『まおゆう魔王勇者』。独立局にて2013年1月から3月までアニメ放送されました。 人間と魔族の戦争が勃発している世界が舞台です。人間の勇者が魔族討伐に向かいますが、人間の女性の姿をした魔王と出会い、種族間の戦争を終わらせるために契約し、平和な世界を作ろうと協力するファンタジーな物語です。 魔王と勇者の頑張りを見た人々が、平和な世界を作るために協力していきます。RPGゲームのようなストーリー展開と、可愛い魔王と真面目な勇者によるドタバタなラブコメディが、王道のようで新しい設定です。

11:『うたわれるもの』

アドベンチャーRPGゲームがアニメ化

元はPC・PS2・PSP用に作られたアドベンチャーRPGゲームで、2006年4月から9月までCS放送などで放送されたアニメです。 舞台は戦国時代、のどかな村に助けられた記憶を失った青年が、理不尽な理由で殺された村長の敵を討ち、新たな国を建国します。しかし、次々と青年や国に戦いの火種が飛びこみ、平和を望む青年の苦悩と戦いの日々を描いたストーリー。 戦争ものではありますが、ファンタジーだったりどこか日常を感じさせるものだったりと、ひとつのテーマに縛られていない感じが観る人を飽きさせません。少しグロテスクな描写があるので注意してください。

12:『フルメタルパニック!』

アニメ好き必見!ラノベ発のロボットアニメ

アニメ好きなら必ず聞いたことがある『フルメタル・パニック!』。ライトノベルから人気に火がつき、漫画化・アニメ化になりました。 アニメは2002年1月から6月までWOWOWで放送されています。その後、シリーズが2作品制作され、2017年秋には新たな新シリーズが放送予定です。 各地の紛争に介入し、争いを止める軍事組織「ミスリル」に所属するエリート・相良宗介は、特殊能力の持ち主・千鳥かなめを護衛するため、普通の男子高校生に扮してかなめを守る事になります。戦争と恋愛を織り交ぜた学園ラブコメ要素を持ちつつ、ロボットを用いた戦いもしっかり描いているので、暗くなりすぎずに見れる作品です。

13:『機動戦士Zガンダム』

シリアスな展開が魅力の大人気「ガンダム」シリーズ

初代『機動戦士ガンダム』の続編として7年後の世界を舞台に、1985年3月から翌年2月までテレビ朝日にて放送されました。 横暴なやり方でジオンの残党狩りをする連邦軍の部隊「ティターンズ」と、それに反発する勢力「エゥーゴ」、そして元ジオン軍の残党「アクシズ(ネオ・ジオン軍)」との戦いに、主人公の少年・カミーユが巻き込まれて行くストーリーです。 『ガンダム』シリーズの見どころである、登場人物達の心情や人間関係を中心に、魅力溢れる機体とキャラクターがたくさん詰まった作品です。かなりシリアスな内容ですが、観れば観るほどこの作品の奥深さを感じる事ができます。

14:『ハイスクール・フリート』

日露戦争後のパラレルワールドを描いた物語

TOKYO MXなどで2016年4月から6月まで放送されたアニメです。 日露戦争後、プレートの歪みなどによって国土のほとんどが海に沈み、海上都市が増えたという日本が舞台です。海上交通などが盛んになったため、軍艦が民間用に使われるようになり、軍艦の艦長に憧れ「横須賀女子海洋学校」に入学した女子生徒たちの日常を描いています。 戦争のために使われていた軍艦が、平和を象徴する日常的なものとなり、女の子たちの憧れとなる面白い設定。人が殺される戦争ストーリーではありませんが、かっこいい軍艦に魅了される作品です。

15:『戦場のヴァルキュリア』

帝国と連邦の鉱物資源を巡った戦いを描く

元はPS3用のRPGアクションゲームで、人気となりアニメ化した『戦場のヴァルキュリア』。TOKYO MXなどで2009年4月から9月まで放送されていました。 帝国と連邦の2大勢力に別れた世界で、鉱物資源をめぐる戦いに巻き込まれる主人公を軸に描かれています。 古代ヨーロッパのようなファンタジーな雰囲気と、主人公たちの純愛っぷりが見どころの作品です。その中で、戦争ものには欠かせない残虐的で哀しいシーンが映えていて、戦争の虚しさを感じる事が出来ます。

16:『コードギアス反逆のルルーシュ』

ロボットの戦いと頭脳戦が魅力の大人気アニメ

『機動戦士ガンダム』シリーズを手掛けるサンライズが制作したSFロボットアニメです。MBSなどで2006年10月から2007年3月まで放送され、続編となる『コードギアス 反逆のルルーシュR2』が2008年4月から9月まで放送されました。 「イレヴン」と呼ばれる元・日本人達が、占領し自由を奪った「ブリタニア帝国」に復讐し、日本独立を目指すストーリーです。 「ギアス」と呼ばれる絶対遵守の力を得た主人公・ルルーシュが、正体を隠して日本独立のため「黒の騎士団」の指揮を執ります。ロボット同士の戦いはもちろん、軍のトップたちとの計算された頭脳戦にはハラハラさせられます。また、対立するブリタニア軍のパイロット・スザクとの哀しい友情関係も見どころです。

17:『最終兵器彼女』

儚く、残酷な純愛ストーリー

高橋しんの漫画『最終兵器彼女』のアニメ版です。中部日本放送で2002年7月から10月まで放送され、その後毎日放送などでも放送されました。想いを寄せあうシュウジとちせの住む街が、謎の敵の空襲に遭い、「最終兵器」として戦いながら肉体的・精神的に崩壊していく少女との純愛を描いています。 同級生や友達がどんどん死んでいく中で、悲しむ暇もなく兵器として戦わなくてはならないちせの姿に涙が出来ます。「この星で1番最後のラブストーリー」というキャッチコピーが謳われるほど、残酷で儚くて、ただただ切ない純愛ストーリーです。

18:『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』

自衛隊が主役の異世界系物語

元は小説投稿サイトに投稿されていたWEB小説で、TOKYO MXなどで第1クールが2015年7月から9月まで、第2クールが2016年1月から3月までアニメ放送されていました。 突如出現した「異世界への門(ゲート)」からモンスターが現れた東京。このゲートの向こう側の生態を調査をするため、自衛隊隊員が異世界に足を踏み入れていくストーリーです。 モンスターたちとの激しい戦闘を繰り広げる自衛隊がとにかくかっこいいです。また、個性的なキャラクターが多く、ただのモブにならずにひとりひとり立っていて、登場人物たちにも魅力のある作品です。

19:『ソラノオト』

戦うことの怖さや虚しさが描かれている日常系アニメ

2010年1月から3月まで、テレビ東京系列にて放送されたアニメで、テレビ東京とアニプレックスが共同した、アニメ好きの制作者と視聴者に向けたプロジェクト「アニメノチカラ」の第1弾作品です。 物語は、戦争によって荒廃してしまった世界が舞台。幼少期にトランペットを持った女性兵士と出会い魅了され、軍に入ればトランペットが吹けると勘違いした空深カナタが、軍に入隊していろんな人と出会います。そして、平穏な日々に起こるちょっとした出来事を描いたストーリー。 カナタや同じく入隊した少女たちの日常がメインストーリーとなっているので、休戦中ののんびりとした雰囲気が全体的にあります。しかし、メインが戦争という事もあり、後半から急速に入ってくるシリアスな展開とのギャップに引き込まれます。ただの萌え系ではなく、しっかり戦う事の虚しさや怖さを描いています。

20:『ガールズ&パンツァー』

戦車が乙女のたしなみ!独特な世界観を持つスポーツ(?)アニメ

可愛い女の子たちが、戦車を使った「戦車道」という武道で、全国制覇を目指すアニメ『ガールズ&パンツァー』。TOKYO MXなどで2012年10月から12月までと、2013年3月に放送されました。また、続編となる劇場版を2015年11月に公開するほど、人気のある作品です。 戦争の象徴とも言える戦車が、『ガールズ&パンツァー』の世界では「乙女のたしなみ」とされている、今までになかった新しい設定です。内容も、スポーツの全国大会で優勝を目指すような青春アニメ。残酷な戦闘シーンはありませんが、あまり馴染みのない戦車をまじまじと見れるチャンスなのでオススメします。

21:『終末のイゼッタ』

リアルとファンタジーが入り混じる世界大戦

2016年10月から放送された『終末のイゼッタ』は、第二次世界大戦をモデルに魔法などのファンタジーを混ぜ合わせた架空戦記物のアニメです。 1939年、ゲルマニア帝国による隣国リヴォニアへの侵攻を切欠に欧州全土を巻き込んだ大戦が勃発。アルプスの小国・エイルシュタット公国の公女・フィーネと「魔女」の末裔・イゼッタ2人は、欧州の平和のためにゲルマニア帝国との戦いに赴きます。 現実世界における第二次世界大戦の流れを沿いながらも「魔法」というファンタジー要素を取り入れた本作は、兵器と魔法によって繰り広げられる生々しい戦争が描かれています。2人の少女の友情や人々との交流といった日常とシリアスな戦場描写を両立させた、リアルとファンタジーが入り混じる作品です。

22:『幼女戦記』

原作小説とは違った側面を見せるアニメ

2011年からWeb上で連載が開始され、2013年に書籍化された『幼女戦記』は2017年1月からアニメが放送されました。舞台は現実世界と似ていながらも、まだ1度も世界大戦の起きていない異世界。 現代日本で非情なリアリストとして生きてきた男は、死後に「存在X」によって異世界の幼女・ターニャへと転生させられてしまいます。今にも世界大戦が勃発しようとしている世界で平穏な生活を手に入れるため、ターニャは帝国軍での出世を目指します。 『幼女戦記』の原作は作者カルロ・ゼンによる極めて緻密で現実的な戦争描写が光り、多くの思想や宗教も絡んでくる作品です。しかしアニメ版はあえてエンターテインメントに振り切っており、Web版・書籍版の両方ともまた異なる作品として楽しむことができます。

23:『ストライクウィッチーズ』

史実の軍人達が美少女となって空を翔ける!

『ストライクウィッチーズ』は2005年創刊の「月刊コンプエース」でのイラストコラムを前身とするメディアミックス作品であり、テレビアニメ版は2008年から放送が開始されました。 異形の敵「ネウロイ」と、魔力兵器「ストライカーユニット」を扱う少女たち「ウィッチ」との戦いが描かれており、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門も受賞した作品です。 主要人物のほとんどが実在した軍人をモデルにしており、元となった人物にちなんだ能力や経歴を持ちます。そのため、ミリタリー知識が深ければ深いほどキャラクターへの理解が深まり、逆に本作を通して知識を得ることもできるため、現在でも幅広い層から支持されています。

24:『キングダム』

中国戦国時代を舞台に描かれる時代劇漫画の傑作!

2006年から「週刊ヤングジャンプ」で連載が開始された『キングダム』は、2012年6月からテレビアニメ版第1シリーズが放送され、2019年現在でも2020年4月から第3シリーズの放送が予定されている手塚治虫文化賞マンガ大賞も受賞した大人気歴史漫画です。 中国戦国時代を舞台に主人公・信と信の親友にして後の秦の始皇帝・政の2人を主人公とする物語であり、作品オリジナルの武将や展開が魅力となっています。 本作は主人公陣営である秦国による中華統一がひとつのゴールとして見えているため、今後の展開などでも想像できる部分が多い作品です。しかし歴史書の記述を逆手に取ったオリジナルのストーリーやキャラクター設定などが評価されている作品でもあり、2019年現在も高い人気を誇っています。

25:『荒野のコトブキ飛行隊』

拘りぬいた「レシプロ戦闘機」の描写が光る

2019年1月から放送された『荒野のコトブキ飛行隊』は、西部劇調の広大な荒野を舞台にレシプロ戦闘機による戦いが描かれるレトロながらも斬新な世界観のアニメです。 地下資源に乏しい荒野の広がる世界「イジツ」を舞台に、空路による交易専門の用心棒集団「コトブキ飛行隊」が、謎の空賊の出現から始まる世界を揺るがす戦いへと巻き込まれていくストーリーとなっています。 作中に登場する飛行機は3DCGによる緻密な描写だけでなく、新規にエンジン音を作成したり、実際の飛行隊による挙動監修も行われた程に細部にこだわって作られています。「レシプロ戦闘機」のために作られたアニメと言っても過言ではない作品であり、飛行機マニア必見のアニメです。