2017年7月6日更新

本当に怖いおすすめホラーアニメ46選【トラウマ注意】

「毎日変わりがなくてつまらない」もしくは「ちょっとスリルが欲しい」という方におすすめしたいホラーアニメです!ただ怖いだけではなく、恐怖の裏にある背景にも目が離せません。こんな日常じゃなくて良かった、と感謝したくなる作品を揃えました。

この記事の目次 [閉じる]

本当に怖いホラーアニメだけをまとめました

c18b038c-s

出典: jin115.com

平凡だった日常が一変してしまうーー。そんな恐怖感のあるホラーアニメをまとめてみました。怖いけど続きが気になる!と一気に観たくなってしまうおすすめ作品です。

1:「理想郷」を目指すバスツアーに参加した若者たちを襲う恐怖『迷家-マヨイガ-』

迷家-マヨイガ-

平凡で変わりのない日常から離れて、「ユートピア」と呼ばれる村に向かうバスツアーに参加した30人の若者たちのストーリーです。「ユートピア」は一般的には「理想郷」ですが、「どこにもない場所」という意味の言葉となっています。

現実の日々に希望を持てず、理想の暮らしを求めて村を訪れた若者たち。彼らががたどり着いたのは、直前まで誰かが暮らしていた気配はするものの、誰1人として住んでいない無人の村でした。

それでも村で共同生活を始めようとした矢先、村の探索をしているうちに参加者が行方不明になってしまいーー。

謎が謎を呼び、続きが気になってしまうホラーアニメです。

2:周囲の人々が別の何かに変わるホラーアニメ『寄生獣 セイノ格率』

寄生獣 セイの確率

普通の高校生だった泉新一に、寄生した寄生獣、ミギー。本当は新一を殺して寄生するつもりが、不慮の出来事により右手にのみ宿ることになります。

奇妙な共同での生活を繰り広げることになった新一とミギーは次第に心を通わせて行きますが、別の寄生獣が現れ始め、密かに人間を殺し成り代わっていきます。

初期の寄生獣たちはただ人を喰らうだけでしたが、そのうち寄生獣たちは知能を高めていきます。そして「なぜ自分たちのような存在が生まれたのか?」と思考を巡らせるようになり、「種」という存在と人間たちとの争いの意味を問うようになります。

ただの恐怖では終わらない、恐ろしくも切ない世界が観られる作品です。

3:死が取り巻く村を描いたホラーアニメ『屍鬼』

屍鬼

舞台である小さな集落、外場村。そこは国道1本しか外部とは繋がっておらず、周囲から隔離されたような村で、未だに土葬の習慣が残っているような場所です。

そんな外場村に惹かれた両親に伴って引っ越すことになった高校生、夏野はそんな田舎で閉鎖的な村を毛嫌いしています。ところが、平凡で変わりのない村で突如として、謎の異変が起こります。次々と村人が謎の死や失踪を遂げていく背景には、新たに引っ越してきたある一族の影があってーー。

閉鎖的な村で次々と起こる異変は屍鬼によるものであり、主人公の夏野もまたその異変に襲われます。そして変異の根源である敵との対立は血生臭くホラー感たっぷりですが、それだけには終わらない面白さがあります!

4:近未来の世界で潜む恐怖を描いたアニメ『新世界より』

新世界より

こちらは近未来のSFアニメですが、呪力という力を手にいれた人間たちが織り成す、底知れぬ恐怖感があります。

主人公たちは12歳の子どもたち5人。彼らは12歳になると受ける試験に合格し、見事呪力を学ぶ上級学校に入学しました。

ところがこの試験は「選定」のある試験であり、この試験に落ちた同級生たちの記憶は、いつの間にか主人公たちの頭から抜け落ちていきます。選ばれなかった子どもたちがどうなったのか、主人公の子どもたちは大人になるにつれて知ることになるのです。

物語は3部作構成で進められ、学校などの生活の制度や仕組みは現代と通じるものがありながらも、全く別の何かが裏に隠されています。

その日常に潜む違和感や謎が明らかになっていくほど、これまで平凡だった世界が覆されていきます。もしもこんな未来が待っていたらーーと思ってしまうホラーアニメです。

5:閉鎖的な田舎を舞台に様々な怖い現象が起こる『ひぐらしのなく頃に』

ひぐらしのなく頃に

閉鎖的な村・雛見沢村に一家で引っ越してきた高校生の主人公・前原圭一。しかししばらくするとその村で怪死事件・失踪事件が立て続けに起こるという、サスペンスホラーです。物語が進むうちに、仲間の一人がタイムループしていることが分かります。その仲間をループから救おうと、奔走します。

もともとサウンドノベルのゲームが原作で、それからヒットしアニメ化、マンガ化、映画化、小説化と多くのメディアミックスが展開されました。

原作は物語の始めの4編が謎を残す「出題編」、そしてその後の4編がそれらの謎を明かす「解決編」となっていますが、アニメ版では「出題編」の4編と「解決編」のうち2編を題材に話が構成されています。

6:いないものとして扱われる少女、次々と死んでいく人、多くの謎が散りばめられた『Another』

another

父の不在や自身の病気の療養により、母の実家に身をよせて、夜美山北中学校に転校してきた主人公の榊原恒一。彼のクラスの3年3組は、みんなが何かにおびえているような異様な雰囲気でした。また、クラスメイトの見崎鳴の不思議な雰囲気に惹かれますが、まるで彼女はクラスでいないものように扱われていることが気になり始めます。

やがて、恒一は鳴は自分だけが見えている存在なのではないかと疑い始めます。そしてある日、クラスメイトが突然死亡することによって、このクラスが抱えるある秘密に直面することになるのです。

原作は小説で、2010年の「このミステリーがすごい!」の第3位にランクインしたほか、実写映画化もされました。

7:少女が自分の恨みを晴らしてくれる1話完結型ホラーアニメ『地獄少女』

地獄少女

午前0時にだけアクセスできるサイト「地獄通信」に怨みを晴らしたい相手の名前を書くと、地獄少女がその相手を地獄へ送ってくれる―――という都市伝説がありました。しかしそれは本当だったのです。

サイトで一連の行動をすると、依頼者の前に地獄少女の閻魔あいがあらわれます。そして依頼者に契約となる藁人形を渡すのです。その藁人形の首に巻き付いた赤い糸を解くことで、契約が成立します。しかし依頼者は、ただ憎い相手を地獄へ送るだけではなく、ある代償が付きまとうのでした。

それは、「自分も死後、地獄へ落ちて永遠に苦しむことになる」というもの。一話完結型で、毎回違う依頼人が登場します。

8:呪い、祟り、怪奇現象を超能力者たちが解決『ゴーストハント』

41aiq17-ibL

渋谷一也が所長を務める「渋谷サイキックリサーチ」(SSR)は心霊現象調査事務所。あることからSSRの一員、リンにケガをさせてしまった主人公の谷山麻衣は、そこで調査員のアルバイトととして働くことになります。

坊主、霊媒師、エクソシスト、巫女たちと力を合わせて依頼された心霊現象を解決していくミステリーホラーアニメです。

当初は依頼された事件を解決していく展開でしたが、後半では、謎が多い所長の渋谷一也の正体にも迫っていきます。

9:人の内面の弱さを少年とバットが暴き出す怖さ『妄想代理人』

妄想代理人

主人公の鷺月子は人気キャラクターデザイナーですが、彼女の生み出したキャラクター「マロミ」のあまりの人気ぶりにプレッシャーを感じ、新しいキャラクターを生み出せず苦む日々を送っていました。苦しむ月子は締め切り前日の夜に金色のバットを持った少年に襲われます。そしてこの少年は月子に感化された人間を次々に襲いだしてしまいます。

『パプリカ』『千年女優』などで知られる鬼才・今敏を原作にむかえて、マッドハウスが製作したアニメーション作品です。本当に怖いのはお化けや吸血鬼ではなくて人間なのかもしれないと思わされる作品になっています。

また音楽はミュージシャンの平沢進が務め、OPの斬新な不気味さでも話題になりました。

10:見知らぬ廃校舎で始まるスプラッターホラーアニメ『コープスパーティー』

コープスパーティー

大人気同人ゲームを原作に映像化した作品です。薄暗い廃校舎で目を覚ました直美と世以子は離れ離れになった仲間と出口を探して歩き出すが、数々の恐怖が彼女たちに襲いかかります。目を覆いたくなるような残酷な描写が多く、逃げ場のない主人公の焦燥感や世界の閉塞感を体験することができる映像作品になっています。

シリーズとして様々なゲーム機に移植をされたり、2015年には乃木坂46の生駒里奈主演で映画化もされており、スプラッターホラー作品として根強い人気を誇っています。

11:地方の風習と恐怖と謎が交錯する『おおかみかくし』

91u3SOEl+OL._SL1500_

河川によって旧市街と新市街に隔てられたニュータウン嫦娥町に転校してきた主人公の九澄博士は戸惑いながらも新しい生活を謳歌していました。そんな中クラスメイトから「旧市街に行くな」と言われたことから嫦娥町に伝わる風習と謎に踏み込んでいく作品になっています。

『ひぐらしのなく頃に』シリーズの原作者で知られる竜騎士07が原案・監督を、キャラクターデザインを漫画家のPEACH-PITが務めたことでも話題になった作品です。竜騎士07の持つ世界観とPEACH-PITの可愛らしいけど闇がありそうなキャラクターが見事に融合し、ついつい続きを見ずにはいられない作品の一つです。

12:萌えアニメと侮るなかれ、学園サバイバルアクション『がっこうぐらし!』

81-TRbTGTLL._SL1351_

学校で寝泊まりするゆき、くるみ、りーさん、みーくん、太郎丸(犬)、そして顧問のめぐねえ。「学園生活部」と称する彼女たちは校舎の外に一切出ないのですが、実は外の世界はゾンビで侵蝕されているという世界観の作品になっています。

大人気漫画を原作にしたアニメですが、一見萌えアニメのような見た目をしているのですが、彼女たち世界の脆さと彼女たちの強さを中心に一人一人の闇が深く描かれた作品です。放送時もその絵柄とストーリーのギャップから非常に話題になりました。

13:不気味でホラーな丸尾末広ワールドを堪能『少女椿』

少女椿

戦後昭和を舞台に主人公である12歳の少女・みどりの数奇で不幸な物語です。母の急死を機に、みどりは生活のためにしていた花売りの際に出会った男の元を訪れますが、「赤猫座」という変人ばかりの見世物小屋の下働きにされてしまいます。

包帯で顔を覆った両腕がない男、サディスティックな女、男性器を持った美少女などの異形のものに虐げられたみどりでしたが、ワンダー正光という手品師と親密な関係になります。果たしてみどりは幸せになれるのでしょうか?

『少女椿』の原作はエログロ・怪奇漫画を得意とする漫画家・丸尾末広による作品です。1992年にはアニメ化、2011年には舞台化、2016年には中村里砂主演で実写映画化もされました。

14:旧校舎のおばけを退治する小学生たちの物語『学校の怪談』

学校の怪談

主人公・宮ノ下さつきとその友人たちは小学校の旧校舎に迷い込んでしまいますが、そこでなんと妖怪に襲われてしまいます。さつきの母親が旧校舎に残した「おばけ日記」に書かれた方法で、さつきたちで妖怪を撃退しました。

その際に猫のカーヤの中に妖怪天邪鬼を封印してしまいます。カーヤの体から天邪鬼を追い出すためには、旧校舎に潜んでいる妖怪たちを全て退治しなければなりません。さつきたちは協力しながらおばけ日記を使って妖怪を撃退していく物語です。

怖いシーンのみならず、少年少女のおばけ退治を通じた成長も楽しむことができる作品です。

15:大人気ミステリー小説の美しくも怖い世界をアニメ化『魍魎の匣』

71c+XyKwYOL._SL1274_

小説家・京極夏彦の人気小説『魍魎の匣』をアニメ化した作品です。2007年には映画化され、その次の年2008年にアニメは放送されました。

内向的な性格で友人も少なかった楠本頼子は、クラスの美少女・柚木加菜子に突然「あなたは私の生まれ変わりだ」と告げられ戸惑います。しかし、心を通わせ、互いの孤独を埋めていきます。そして二人で最終電車で湖を見に行こうと約束した後に、何者かにホームに突き落とされてしまいます。

たまたまその事故列車に乗っていた刑事・木場修太郎や女優・美波絹子、シリーズを通しての登場人物である中禅寺秋彦や小説家・榎木津礼二郎たちを巻き込んで謎が謎を呼ぶホラーミステリーになっています。第1話の冒頭部分から不気味で恐ろしい雰囲気が漂っています。

16:誰もが見たことあるあの名作アニメシリーズのホラーな話『まんが日本昔ばなし』

まんが日本昔ばなし

累計1400話を超える人気アニメシリーズ『まんが日本昔ばなし』には実はいくつか怖い話があります。 「三本枝のかみそり狐」「牛鬼淵」「佐吉舟」「子取り」「おいてけ堀」「猫岳の猫」「飯降山」「吉作落とし」「十六人谷」「亡者道」の10本が怖い話としてよく挙げられます。

その中でも特に怖いと言われる「十六人谷」のあらすじを紹介します。

若い木こり・弥助のもとを見知らぬ女が訪れ、「明日、柳の木を切らないでください」と弥助にお願いしますが、酔っぱらった弥助は無視してしまいます。次の日弥助たちは北又谷に向かい、見事な柳の木を見つけ切り倒してしまいます。そして次の日、小屋で寝ている木こりたちは次々に昨夜の女に舌を吸われ殺されていくというホラーテイストな物語になっています。

17:深夜に放送された大人向けのゲゲゲの鬼太郎『墓場鬼太郎』

墓場鬼太郎

水木しげる原作の人気漫画『ゲゲゲの鬼太郎』は2007年に毎週日曜の朝に子供向けアニメとして放送されましたが、2008年には深夜に『墓場鬼太郎』としても放送されました。その内容は怪奇漫画風で、終始不気味な雰囲気が漂うホラーアニメになっています。

あらすじは幽霊族の末裔の鬼太郎と目玉のおやじが戦後の世の中を生き、人間たちの生き様を皮肉を交えて笑いながら「生の歓び」を考えていく作品になっています。

朝に子供向けで放送された『ゲゲゲの鬼太郎』とは異なり、鬼太郎は正義漢ではなく妖怪の借金の取り立てのアルバイトをしたり、欲望に振り回され苦しむ人間を嘲笑ったりととにかく腹黒いブラックな鬼太郎を見ることができます。

18:「どろろんえん魔くん」が大人になったら……『鬼公子閻魔』

鬼公子閻魔

永井豪が2006年から2007年に発表したOVA作品です。1973年から1974年に漫画として連載され、同時期にアニメ化もされた『ドロロンえん魔くん』の登場人物が大人になったら、という設定で構想され、コメディー色を排除され純然たるホラーとして完成しました。

大人に成長したえん魔くんは人間界でオカルト探偵として活躍し、雪子姫は雪鬼姫と改名し、炎魔の助手となっています。また、カパエルやシャポ爺も登場します。

人間の闇をあぶり出す、ダークヒーロー的な存在に成長した閻魔は一見の価値あり。

19:江戸時代の妖怪ハンター『京極夏彦 巷説百物語』

京極夏彦 巷説百物語

京極夏彦の人気シリーズ、『巷説百物語』シリーズのアニメ作品です。本シリーズはテレビドラマ、マンガ、アニメとマルチメディア展開をしています。

物語は大店の若隠居で怪談・奇談が大好きな山岡百介の視点から描かれ、御行の又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平といった怪しげな小悪党たちがその周囲に出没します。彼らは妖怪になぞらえて様々な怪事件を解決します。

往年の「必殺シリーズ」を彷彿とさせるくだりもあったりして、時代劇ファンも楽しめるはずです。

​20:劇場でフルCGアニメーションの迫力を堪能しよう『バイオハザード ヴェンデッタ』

バイオハザード ヴェンデッタ

© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

昨今のゾンビブームの原点的作品『バイオハザード』のフルCGアニメ映画です。歴代ゲームに登場した人気キャラクターも活躍します。

バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドと国際手配犯グレン・アリアスとの死闘を軸に進行する物語の中に、お馴染みのクリーチャーが登場するのです。

エグゼクティブプロデューサーに『呪怨』シリーズの清水崇、監督は『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の辻本貴則、脚本が『PSYCHO-PASS サイコパス』の深見真と豪華スタッフによる劇場版は、2017年5月27日公開です。

​21:ホラーゲームから生まれた謎の怪生物『青鬼 THE ANIMATION』

もともとはフリーホラーゲームであった「青鬼」が爆発的な人気を博し、ノベライズ、漫画、実写映画、アニメと多彩な展開をみせたコンテンツです。

元来がRPGなので、迷路のような洋館で「青鬼」という謎の怪物を避けながら、謎を解いて脱出するというストーリーを基調としています。劇場版アニメでは洋館風の学校という設定で、そこで起きる惨劇が3Dアニメで描かれます。

劇場版の脚本は『かまいたちの夜』の我孫子武丸で、2017年2月11日公開です。

22:食人鬼と人間の果てしなき攻防『東京喰種トーキョーグール』

石田スイの漫画を原作として、人間の姿をした食人種、「喰種(グール)」をテーマとしたホラー・サスペンス、あるいはダークファンタジー。アニメ版は2014年から2015年まで、TOKYO MXなどで放映されました。

主人公のカネキは平凡な大学生でしたが、「喰種」の臓器を移植されたことにより「半喰種」となってしまい、人肉に対する食欲で苦悩します。物語は喰種とそれを駆逐しようとする人間の喰種対策局との死闘を描く独特の世界観を展開させています。

2015年に舞台化もされ、2017年に実写映画の公開が決定と、今後の展開も楽しみです。

​23:幼なじみのあの娘に忍び寄る黒い影『黒の栖-クロノス-』

アニメーター育成を目的とした文化庁のプロジェクト「アニメミライ」で、2013年度に制作された作品。監督は『機動戦士Zガンダム』、『ベルセルク 黄金時代篇』などのアニメーター、恩田尚之です。

主人公の高校生は幼少時より「死神」が見えてしまうという特異体質の持ち主です。ある日、幼なじみにそばに死神がいるのを発見して、運命に抗おうと決めるのですが……。

制作は『鉄コン筋クリート』、『マインド・ゲーム』などを世に送り出したSTUDIO4℃です。

24:SMの女王様はイタコ?『低俗霊DAYDREAM』

低俗霊デイドリーム

奥瀬サキ原作の漫画をアニメ化したOVA作品です。奥瀬サキはこの他にも「低俗霊」シリーズを発表しています。

主人公の崔樹深小姫(さいきみさき)の本業は口寄せ屋。口寄せとは霊を自分に憑依させて、死者の言葉を語る行為で、口寄せ屋とは「イタコ」のような存在のことです。さすがに口寄せ屋だけでは生活できないので、SMの女王様を副業としているわけです。

物語が進行するに連れ、ある陰謀を企む口寄せ屋が出没し、深小姫は彼ら一味と戦わざるをえなくなります。

25:怖くて楽しい学園ホラーアニメ『怪談レストラン』

怪談レストラン

もともと児童文学のベストセラーが原作で、テレビアニメ、実写映画、ゲームと展開された人気コンテンツ。

主人公は小学生、大空アコです。彼女のクラスに甲本ショウという美少年が外国から転入してきます。彼は世界各地の怪談を収集している不思議な少年で、町外れにある廃墟、通称「怪談レストラン」に行こうとアコたちを誘うのですが……。

「お化けギャルソン」などの人気キャラも登場して、怖くて楽しいホラーに仕上がっています。製作は東映アニメーション。

​26:不気味な融合生命体が燃焼する!『燃える仏像人間』

2014年に公開されたアニメーション映画ですが、本作は切り絵を背景の上で動かして加工するという手法で作られています。この手法は、1976年のテレビアニメ『妖怪伝 猫目小僧』でも採用された「劇メーション」というものなのです。

京都で仏像盗難事件が多発する中、主人公の女子高生、紅子の実家である寺でも仏像が盗まれ、両親が惨殺されます。紅子は円汁という僧の寺に引き取られますが、実は円汁が事件の黒幕で、彼は仏像と人間の融合を研究していて……。

劇メーションという変わった手法に加えて、何とも破天荒なストーリーによって、相当インパクトの強い作品と言えます。

​27:悪魔と神の終わりなき死闘『魔王ダンテ』

魔王ダンテ

原作は、1971年に『ぼくらマガジン』に連載されていた永井豪の漫画で、『ぼくらマガジン』の休刊により打ち切りとなってしまった幻の作品。本作のアイディアを発展させて『デビルマン』として結実するのですが、2002年に永井豪自身がリメイクして完結させています。

アニメ版はアニメ専門チャンネル、「アニメシアターX」で2002年に放映されました。物語は『デビルマン』と同様に悪魔と神の死闘なのですが、悪魔が先住民族で、神は宇宙から来た生命体であるとされる点が特徴的です。

魔王ダンテのデザインは「マジンガーZ」の外観に影響を与えたと永井豪自身が語っていますので、そこにも注目しましょう。

28:日本で唯一の霊能教師『地獄先生ぬ〜べ〜』

地獄先生ぬ〜べ〜

原作は一時期、「少年ジャンプ」の看板漫画にまでなっていた人気連載でした。

小学校教師、鵺野鳴介(ぬえのめいすけ)は「ぬ〜べ〜」のニックネームをもつ霊能者。彼は「鬼の手」の持ち主で、子どもたちを守るために妖怪や悪霊を退治します。内容はホラー、アクション、ギャグ、ラブストーリーとかなり幅広い範囲をカバーしているのです。

テレビアニメ、アニメ映画、ゲーム、実写ドラマにもなった人気作で幅広い年代層から支持されている鉄板コンテンツです。

29:永遠に14歳を生きる美しきヴァンパイア『吸血姫美夕』

吸血姫美夕

もともと1988年〜1989年に発表されたOVAでしたが、その後、テレビアニメとして放映されました。ただし、両者の世界観は微妙に異なっており、OVA版が耽美的世界を追求しているのに対して、テレビ版は娯楽性がかなり高いようです。

主人公のヴァンパイア美夕は神魔と呼ばれる闇の住人を狩る監視者で、永遠に14歳の姿を保っています。といっても、美夕は積極的に人間を救うことはしませんし、美夕に血を吸われた人間は永遠に幸福な夢を見続けますが、実際は狂人として処理されます。

本作は漫画、小説といったメディアミックス的な展開もしていて、スピンオフ作品も存在するのです。

30:学校で多発する心霊・怪奇現象『ハイスクールミステリー学園七不思議』

ハイスクールミステリー学園七不思議

原作はホラー漫画界の巨匠、つのだじろうの『学園七不思議』です。題名が示している通り、学校で起こる心霊現象を題材としています。

霊感の強い女子高生、一条みずきが通う黄泉高校で起こる怪奇現象、校内の伝説、事故、いじめ、自殺などにまつわる事件が描かれます。

子どもの時に観て、夜トイレに行けないほど怖かった思いをした人も多いようでうが、久々に見直してみてはいかかでしょうか。

31:正体不明の「鬼」に追われるホラーアニメ『カクレンボ』

カクレンボ

2005年に発売されたOVA作品です。監督は『東京喰種トーキョーグール』などの森田修平、キャラクターデザインは桟敷大祐が担当。

どことも知れない荒廃した街で、行われる子供たちにしかできない遊戯がありました。「カクレンボ」と呼ばれる、その遊戯に参加できる子どもは7人で、全員が狐面を被り、正体不明の「鬼」と遊びます。主人公の少年ヒコラは、「カクレンボ」に参加して行方不明になった妹を探すために遊戯に加わるのですが……。

「鬼」と呼称される異形の怪物たちに捕まる恐怖を味わってください。

32:戦慄のサバイバル・サスペンスの傑作がついにアニメ化『彼岸島X』

彼岸島X

原作は2002年に発表された松本光司のベストセラー漫画、『彼岸島』で、そこからゲーム、映画、テレビドラマと派生したメディアミックス群です。

「彼岸島」と呼ばれる孤島には吸血鬼やモンスターが跋扈しています。そこからの脱出を描くホラー・サスペンスが物語の骨子です。

本作は2016年10月からYouTube・ニコニコ動画などでネット配信されるショートアニメ。隔週土曜日に配信される1話完結型のストーリーで、1話ごとに1人の声優がすべてのキャラクターの声を担当します。

33:セルフイメージに関する精神的な恐怖『パーフェクトブルー』

パーフェクトブルー

1998年に公開された今敏監督のアニメ映画。『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督に大きな影響を与えた作品です。

アイドルグループ「チャム」のメンバー、霧越未麻(きりごえ みま)は突然、脱退と女優への転身を宣言します。疑問を抱きながらもレイプシーンやヘアヌード写真集の仕事をこなす未麻ですが、ストーカーが自分を監視しているのではないかという疑惑を抱き、仕事の関係者が次々と殺される事件が起きます。

アイドルの自分と生身の自分に引き裂かれた女の子のサイコホラーと言えるのではないでしょうか。

34:心や脳に関する蘊蓄が満載のアニメ『神霊狩/GHOST HOUND』

神霊狩

Production I.G・20周年記念のアニメ作品で、2007年から2008年にWOWOWで放映されました。『攻殻機動隊』の士郎正宗が原案ですが、彼自身はこの企画に関わっていません。

11年前にある事件が起き、それがトラウマとなってしまっている中学生、古森太郎と大神信。二人は東京からの転校生・中嶋匡幸との出会いによって、自分たちの過去を検証していくことになります。3人は現世とは別の「幽世」を彷徨することで、死者や心霊を見ることができるようになるのですが……。

心理学、脳科学、魂抜けとProduction I.Gらしい題材を扱っています。

35:小学生がサイバーパンク?『電脳コイル』

電脳コイル

2007年にNHKで放映されていたテレビアニメ。いわゆる、「電脳」の技術が普及している近未来、眼鏡型のウェアラブルコンピュータでインターネットに入るのが当たり前になっている世界を描いています。

主要登場人物である小学生たちは、「コイル電脳探偵局」のメンバーであり、AR(拡張現実)と現実世界を行き来しながら大黒市で起きる事件に遭遇します。

近未来を描くSFですが、怪談や都市伝説も登場するのです。

36:近代の東京を舞台としたサイキック・ウォーズ『帝都物語』

帝都物語

博物学者・荒俣宏が1985年に発表したベストセラー長編小説を原作とするOVA。原作は荒俣宏の博物学、オカルト、陰陽道の知識が総動員された非常にペダンチックな内容で、実在の人物も多数登場します。

平将門の怨霊を操り、帝都壊滅を企む魔人・加藤保憲とそれを阻止しようとする人々との死闘を描きます。実在した渋沢栄一、幸田露伴、寺田寅彦、森鴎外なども、霊能力の戦いに参加するのです。

実写映画版で加藤を演じて当たり役となった、嶋田久作がアニメ版でも加藤の声を当てています。

37:彷徨える魂が集うコメディホラーアニメ『GREGORY HORROR SHOW』

GREGORY HORROR SHOW

1999年にテレビ朝日系で放映された、日本初のCGアニメ。1話が3分程度と短く、真四角にデフォルメされたキャラクター造形が特色です。

平凡な主人公である男が「グレゴリーハウス」という奇妙なホテルに迷い込みます。そこに宿泊する他の客も奇妙で、主人公は理不尽な恐怖に襲われるのです。果たして、彼は無事に「グレゴリーハウス」から脱出して、現実世界に帰れるのでしょうか。

ホテルの支配人はグレゴリーというネズミで、物語のナレーターでもあります。

38:幻のアダルト・アニメ『超神伝説うろつき童子』

超神伝説うろつき童子

もともとは『漫画エロトピア』に連載されていたアダルト漫画で、アニメ版はそれを忠実にアニメ化された作品です。1987年に発表されたアニメ版は、『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士Zガンダム』のスタッフが多数参加しています。

「獣人界」「人間界」「魔界」の3つが交錯し、獣人や魔人が人間の女性を陵辱する事件が多発します。しかしこれは全世界を巻き込む恐怖の始まりにすぎませんでした……。

デーモン木暮が声優として参加しているといわれる、幻の作品。

39:この世のものではないペットたちが集まる店『Petshop of Horrors(ペットショップオブホラーズ)』

Petshop of Horrors

秋乃茉莉によるホラー・ファンタジー漫画を原作とするテレビアニメで、1999年にTBSで放映されました。

アメリカの大都市のチャイナタウンにあるペットショップを舞台とする1話完結の作品です。謎の中国人、D伯爵が経営するペットショップでは、どんな動物でも入手可能という噂。もちろん、そこで買えるペットは一筋縄で行くはずもなく……。

各エピソードがDで始まるという凝りようです。

40:オカルト風味のロボットホラーアニメ『ベターマン』

ベターマン

本作はロボットSFアニメの体裁をとってはいるのですが、テーマは「恐怖」で、ホラー、オカルト色が強いという変わり種です。スタッフは『勇者王ガオガイガー』のクリエイターたち、放映は1999年にテレビ東京系列でした。

舞台は2006年で、主人公の高校生・蒼斧蛍汰は「覚醒人1号」という巨大メカを操縦し、「アルジャーノン」という大量虐殺を引き起こす奇病を調査します。蛍汰がピンチに陥ると、救ってくれる「ベターマン」と呼ばれる異形の存在が現れます。果たしてベターマンの正体は?

「ブラフマン」、「ラクシャーサ」、「チャクラ」など仏教=ヒンドゥー教用語が頻出します。

41:冴え渡るブラックジョーク『笑ゥせぇるすまん』

笑ゥせぇるすまん

藤子不二雄Aによる人気漫画が原作であることは言うまでもありません。1989年から1992年にかけてテレビアニメとして放映されました。

喪黒福造という不思議なセールスマンは、客の願望を叶える、ダークなドラえもん的存在。しかし、客が喪黒との約束を破ったりした場合、「ドーン!」というかけ声とともに客は破滅するというのが、お約束になっています。

2017年春に新シリーズがTOKYO MX 、読売テレビ、BS11、アニマックスで放送されることが決定しています。喪黒の声は玄田哲章が担当する予定です。

42:あらゆるものを食い尽くす未確認生物の恐怖『影鰐-KAGEWANI-』

影鰐-KAGEWANI-

2015年から2016年にTOKYO MX、BS11で放映されたテレビアニメ。『燃える仏像人間』の「劇メーション」を発展させた、CGによる紙芝居的手法が採用されています。

主人公の生物学者・番場宗介はUMA(未確認生物)の調査を専門としていて、人間を食らう奇獣、影鰐を追っています。影鰐をクローン化して、生物兵器として利用しようとしているのではないかという疑惑を抱いているのです。

監督は短篇アニメーション『闇芝居』などの高嶋友也です。

43:鬱アニメと名高い現実と電脳世界を描いたアニメ『serial experiments lain』

serial experiments lain

本作は1998年にグラフィック+テキストの雑誌連載企画とアニメーションとゲームが同時進行したメディアミックスです。

中学生の岩倉玲音(いわくら れいん)は死んだはずの友人、四方田千砂からメールを受け取ります。その文面に従って、コンピュータネットワーク端末NAVIを入手する玲音ですが、その日以来さらに奇怪な事件に巻き込まれます。

現実世界と電脳世界(ワイアード)の狭間に生じる混沌が、当時のコンピュータのネタ(アップル、NeXT、BeOS)とともに描かれる点に注目しましょう。

44:『怪物くん』女性版の美少女『怪物王女』

怪物王女

光永康則による漫画原作で、2007年にTBS系列でテレビアニメが放映され、OVA作品も発表されたホラー・コメディ。藤子不二雄Aの『怪物くん』の世界観を意識していますが、残酷な描写も時折見られます。

すべての怪物たちの上に君臨する王族の姫がヒロインです。中学生の日和見日郎は姫に見込まれて、血の戦士として蘇生されます。姫は王位継承の争いのただ中におり、様々な怪物に命を狙われているのです。

人狼、吸血鬼、半魚人、透明人間、フランケンシュタインの人造人間といった古典的な怪物も頻出します。

45:不条理で過激なギャグ満載のサイレント劇『ポピーザぱフォーマー』

ポピーザぱフォーマー

瑞鷹とキッズステーションが製作したCGアニメ。ブラックユーモアやシュールな不条理ギャグ満載のサイレント・コメディです。

ウサ耳をつけた見習いクラウンのポピーと、その助手で、仮面をつけたケダモノらが引き起こすドタバタギャグが中心で特にストーリーらしいものはありません。あまりにも過激すぎて放映を見送られた回もあります。

DVDには放送できなかった回も収録されていますから、チェックしてみてはいかが?

56:主人公は幽霊なホラーアニメ『黄昏乙女×アムネジア』

黄昏乙女

めいびいによるホラー漫画が原作で、アニマックスなどで2012年に放映されたテレビアニメ。

古い学園の旧校舎は増改築を繰り返し、迷路のような状態になっていて、怪談や都市伝説がつきまとっています。新谷貞一はそんな旧校舎に迷い込んでしまい、不思議な少女に出会います。庚夕子(かのえゆうこ)と名乗るその美少女は実は幽霊であり、自分の死の真相を探ってくれと貞一に頼むのですが……。

学校という閉鎖的な場につきまとう、何ともジメーっとした怪異にぞっとします。