2017年7月6日更新

『ラビング 愛という名前のふたり』あらすじ・キャスト【コリン・ファース製作】

(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

異人種間の結婚が違法とされていた1950年代のアメリカを舞台に、夫婦としての権利を求めて闘った一組の夫婦の実話を描いた『ラビング 愛という名前のふたり』。第89回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた話題作の紹介です。

アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品『ラビング 愛という名前のふたり』

2016年製作のイギリス・アメリカ合作映画『ラビング 愛という名前のふたり』は、まだ人種差別が色濃かった1958年のアメリカを舞台に、異人種間の結婚を認めるよう法律改正を求めたラビング夫妻の実話をを描いたドラマです。

2017年(第89回)のアカデミー賞では主演女優賞の候補に挙がっています。

『ラビング 愛という名前のふたり』あらすじ

『ラビング 愛という名前のふたり』

(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

1958年のアメリカ・バージニア州でレンガ職人として働く白人のリチャード・ラビングは、恋人で黒人のミルドレッドの妊娠を知り結婚を決意します。しかし当時のバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていました。

そこで2人は、異人種間の結婚が認められているワシントンDCで手続きをしたのち、地元に戻って新居での暮らしを始めます。ところが数日後、夜中に突然保安官が押し入り2人は逮捕され、州判事から有罪を言い渡されてしまうのでした。このまま地元に留まれば離婚を余儀なくされる2人は、ある思い切った行動に出るのでした――。

『ラビング 愛という名前のふたり』キャスト

リチャード・ラビング/ジョエル・エドガートン

51iIrKH8pmL

黒人女性の恋人ミルドレッドとの結婚を認めてもらうべく行動を起こすリチャード。様々な困難が待ち受ける中、その愛を貫くために闘います。

リチャードを演じるジョエル・エドガートンは、『ウォーリァー』や『ブラック・スキャンダル』、『ジェーン』などの出演作で著しく注目を集める俳優で、『ザ・ギフト』では監督・脚本も務めるなど多才ぶりを発揮しています。

ミルドレッド・ラビング/ルース・ネッガ

51h67F-HTHL__SX357_BO1,204,203,200_

愛する夫ジョエルと共に異人種間結婚を認めてもらうべく動く妻のミルドレッド。少々口ベタな性格の夫を支える、芯の強い女性です。

ミルドレッドを演じるのは、『プルートで朝食を』やテレビドラマ『エージェント・オブ・シールド』で知られるルース・ネッガ。自身も両親が異人種間結婚だったため、ミルドレッドという役に人一倍感情移入して演じています。その成果が実ったのか、本作の演技でアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

グレイ・ビレット/マイケル・シャノン

810XmUj3C0L__SX342_

ライフ誌の写真家として活躍するグレイ・ビレット。ラビング夫妻の「ラビング対バージニア」訴訟についての記事を掲載したことで、世間の関心を一気に高めるきっかけを作る事となります。

グレイを演じるマイケル・シャノンは、2008年の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた一方で、『マン・オブ・スティール』などのSF大作にも出演する名バイプレーヤーです。日本では2017年公開予定の『ノクターナル・アニマルズ(原題)』では、二度目のアカデミー助演男優賞にノミネートされました。

プロデューサーはオスカー俳優のコリン・ファース

41l7Ud5+kJL

本作『ラビング 愛という名前のふたり』のプロデューサーに名を連ねているのは、『英国王のスピーチ』でアカデミー主演男優賞を獲得した、イギリス人俳優コリン・ファースです。

彼はラビング夫妻の軌跡に感銘を受けて映画化を希望、自ら立ち上げた製作会社レインドッグフィルムズの第一回製作作品として企画を進めました。なおファースは、『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』でもプロデューサーを務めています。

映画の主人公のラビング夫妻とは

415dhOSiQ8L__AC_UL320_SR248,320_

本作『ラビング 愛という名前のふたり』の主人公のリチャード&ミルドレッドのラビング夫妻は、異人種間の結婚を禁止する「異人種間結婚禁止法」の改正を求めて州政府を訴えました(通称「ラビング対バージニア」訴訟)。

これにより最高裁は1967年、同法を違憲とする判決を下し、夫妻は禁止法の撤廃の立役者となったのです。その後、夫のリチャードは1975年に交通事故で、妻のミルドレッドも2008年に68歳でそれぞれ亡くなっています。

ラビング夫妻の実娘が製作顧問として参加

71kvZfr7vLL__AC_UL320_SR208,320_

本作では、ラビング夫妻の実の娘のペギーが製作顧問に名を連ねています。彼女は、両親が全くケンカをしなかったなどのエピソードをスタッフに伝えるなどの助言をしたそうです。

役作りに意欲的だったジョエル・エドガートン

『ラビング 愛という名前のふたり』

(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

リチャードを演じるジョエル・エドガートンは、リチャード本人がレンガ職人だった事から職業専門学校でレンガ積みを習っています。さらには口ベタな性格を表すために歯並びを悪くした上に、口元を受け口にするほどでした。

気になる『ラビング 愛という名前のふたり』の日本公開は?

『ラビング 愛という名前のふたり』

© 2016 Focus Features

アメリカで2016年11月4日に公開された映画『ラビング 愛という名前のふたり』は、2017年3月3日より公開されます。