2017年7月6日更新

『ゾーイ (原題)』あらすじ・キャスト【ユアン・マクレガー×レア・セドゥ】

2017年はユアン・マクレガーの年?自身が出演している映画が次々と公開予定の中、また新たに主演を務める映画『ゾーイ』が公開されます。マクレガーは研究者役に挑むという事で、新たな一面が見られる同作の見どころに迫ります。

ユアン・マクレガー主演『ゾーイ(原題)』の魅力に迫る

ユアンマクレガー

2017年、ユアン・マクレガーが出演する映画が目白押し、話題映画の公開も続々と差し迫っている中また新たな主演作品を発表しました。まだ、ほとんど情報が解禁されていない『ゾーイ(原題)』をいち早くご紹介します。

気になる『ゾーイ(原題)』あらすじ

同作は、近未来を舞台に描かれています。研究所に勤める同僚である2人が「完璧な恋愛関係」を求め研究をし、その研究が進むにつれ、自分たちが思っている以上にこの研究テーマには大きな問題がある事に気付くという話です。

『ゾーイ(原題)』のキャストは?

ユアン・マクレガーが主演

今話題の2017年公開作品『トレインスポッティング2』や『美女と野獣』にも出演しているユアン・マクレガーが主演を務めます。1996年に公開された『トレインスポッティング』では、トレードマークの長髪を切りスキンヘッドで撮影に挑みました。

『ゾーイ(原題)』の撮影が始まるのは、2017年4月からとのことです。研究者の設定だと白衣姿のマクレガーが観られるかも知れませんね。

また今までに、出演した作品にはヒット作が多い事で知られているマクレガー。以前には、監督をした経験や私生活では養子を迎え入れたこともあり、彼が持つその魅力にますます注目が集まりそうです。

レア・セドゥがユアンの相手役の研究者で抜擢

??

Lea Seydouxさん(@leaseydoux_genuine)がシェアした投稿 -

相手役の女優には映画『007 スペクター』でボンドガールに扮したレア・セドゥが演じます。セドゥはフランスの女優でもあり、その美貌を生かしモデルもしています。

有名なアクション映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では女スパイを演じています。ミステリアスな役に抜擢される事が多いセドゥは今作ではどのような役柄になるのでしょうか。

プライベートでは恋人がいる事を明かし、美しい家族関係を作りたいと匂わしつつこう話しています。

「人生に必要な協力者や様々な面でのパートナーには必ず出会えると信じているわ。チームとしての関係をね。私は恋愛に対して野心もあるけど楽観的でもあるの。いつか美しいラブストーリーを経験してみたいわ。」

その他キャストはまだ発表されていません。今後の選定に期待が高まります。

監督は一体誰?

(画像左) 『今日、キミに会えたら』や『あなたとのキスまでの距離』の恋愛映画の名監督、ドレイク・ドレマス。今作で、SFロマンをどう表現してくれるのか、今後の動向が気になります。

SFラブストーリー『ゾーイ(原題)』の見どころ

撮影は、2017年4月からカナダ・モントリオールより開始する予定。まだまだ情報が出てこないですが、SFラブストーリー映画とあって映像にも期待出来ます。

また主演2人の役柄の名前も未だ公開されておらず、他のキャスティングも不明なので、情報が解禁されるのが待ちきれません。

『ゾーイ(原題)』でマクレガーは最初はキャスティングされていなかった?

ドレイク・ドレマス監督は、当初主演をチャーリー・ハナムで決定していましたが、俳優側のスケジュールによりハナムが降板。代わりにユアン・マクレガーに旗が上がりました。

色々と情報が出てきてないながらも、主演がユアンとあって話題の同作。早めの情報解禁が待ちきれませんが、4月の撮影が延期しない事を願うばかりです。