© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

『ビブリア古書堂の事件手帖』が実写映画化!【黒木華×野村周平】

2017年11月7日更新

原作・三上 延がおくる大人気ビブリオミステリシリーズ『ビブリア古書堂の事件手帖』。本作を原作とした実写映画が公開されることになりました!また同時にアニメ映画の制作も進んでいるようです。

『ビブリア古書堂の事件手帖』が実写映画になって帰ってくる!

news_xlarge_biblia_20170210_02

原作・三上 延が送る、大人気ビブリオミステリシリーズの実写映画化が決定。2013年月9ドラマで放送されてから4年が経ちました。それから2015年5月「40年間のベスト400冊」では第1位になっています。

本作は実写映画だけでなくアニメ映画化も決定。同時の情報公開のためどのようなストーリー構成になるか気になります。2017年2月に実写映画化の情報がでましたが、この度主演を務める2人が発表されました。

実写映画『ビブリア古書堂の事件手帖』あらすじ

news_xlarge_biblia_20170210_01

原作では、鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」でお客が持ち込む古書の謎・秘密を解き明かしていくストーリーです。

店主・篠川栞子(しのかわしおりこ)と、本が読めない青年・五浦大輔(ごうらだいすけ)の謎解きビブリオミステリに期待が高まります。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の主演キャストは黒木華!

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の主要キャストが発表されました。 ビブリア古書堂店主・篠川栞子役は、第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を日本人として最年少で受賞したほか、『重版出来!』の主演などで知られる黒木華が演じます。ドラマ版では剛力彩芽が演じていましたが、映画では黒木がどのように演じるのか、楽しみですね!

栞子に密かに思いを寄せる五浦大輔役で野村周平も出演!

過去のある事件から本が読めないという特異体質を持ちつつ、ビブリア古書堂で働き始めることになる五浦大輔を演じるのは野村周平です。 密かに栞子に思いを寄せる不器用で誠実な大輔役を、様々な役柄に挑む野村周平がどのように表現するのかも、映画の見所になるのではないでしょうか?

実写映画『ビブリア古書堂の事件手帖』監督は三島有紀子

三島有紀子監督
©︎ciatr

監督を務めるのは、『幼な子われらに生まれ』『繕い裁つ人』などの作品で知られる三島有紀子。 『幼な子われらに生まれ』が、第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞に輝いた三島監督なら、原作の魅力を活かしつつも、素晴らしい映画化をしてくれるのではないかと期待が膨らみますね!

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は2018年公開!

本作は2018年に全国ロードショー予定です。映画公開まで首を長くして待ちましょう!