『名探偵コナン』に登場する秘密道具一覧

2017年5月11日更新 2141view

国民的と言ってよい漫画&アニメ作品『名探偵コナン』。そこには007並みに様々なガジェットが登場します。それらのほとんどを発明するのは工藤家の隣人、阿笠博士です。コナンが劇中で使いこなすアイテムを紹介します。

『名探偵コナン』にはガジェットがたくさん登場!

名探偵コナン

青山剛晶原作の漫画で、1994年のスタート以来、いまだに続いている『週刊少年サンデー』史上最長連載漫画です。アニメ放送をはじめ、ほぼ年に1本のペースで映画も制作されている国民的人気作と言えます。

今回は、この大人気アニメに登場する、阿笠博士が発明した道具についてまとめてみました。

腕時計型麻酔銃

腕時計型麻酔銃

コナンが普段から着けている腕時計には麻酔針が仕込んであります。竜頭の部分を押すとガラス面が飛び出し、照準を合わせることができ、もう一度押すと麻酔針が発射されます。

第6話「バレンタイン殺人事件」に初登場

腕時計

近くにいる人物を眠らせることが可能で、主に毛利小五郎がその標的になることが多いです。

「眠りの小五郎」の由来になった道具ですが、テレビ・オリジナル・エピソード「バレンタイン殺人事件」で初めて披露されました。

第747話「怪盗キッドVS京極真」

名探偵コナン82

怪盗キッドが宝石を狙うエピソードで、コナンの腕時計からブラックライトを照射します。

コナンは怪盗キッドから手紙にブラックライトを当てて、郵便局のインビジブル・インクの有無を確認して、キッドの正体を見破るのです。

『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』【2013年】

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

いつものように毛利小五郎を狙って麻酔針を放ちましたが、誤って銭形警部に当たってしまいます。

が、どういうわけか全然効果がありませんでした。

『名探偵コナン 絶海の探偵』【2013年】

名探偵コナン 絶海の探偵

映画『名探偵コナン 絶海の探偵』では、衛星電話機能とUSBメモリの機能が追加されました。これでデジタル・データのやり取りが可能になったのです。

DBバッチ

DBバッチ

探偵団のメンバーがもっているバッチ。シャーロック・ホームズの絵とDB(DETECTIVE BOYS)の文字が刻まれています。

第12話「歩美ちゃん誘拐事件」で初登場

名探偵コナン9

超小型トランシーバーが内蔵されていて、それで交信もできます。歩美の姿が見えなくなったときに、この機能を使い一難逃れることができました。

『名探偵コナン 異次元の狙撃手』【2014年】

名探偵コナン 異次元の狙撃手

スマートフォンの影響もあってか、通信性能が改善され、アンテナにLEDライトが装着されました。ところがモスキート音が発生してしまうようです。

蝶ネクタイ型変声機

蝶ネクタイ型変声機

蝶ネクタイの裏に付いているダイヤルを操作して声を変えることができる、ボイス・チェンジャー。毛利小五郎の振りをして推理を披露する際に、必ず使用する必需品です。

第616話「ホームズの黙示録(名探偵の弟子)」

名探偵コナン71

第3話「アイドル密室殺人事件」で初使用してから、毎回事件を解決する際に使用してきた蝶ネクタイ型変声機。

「ホームズの黙示録(名探偵の弟子)」では解毒剤を飲んで工藤新一に体が戻っていたコナンに、毛利蘭から電話がかかってきてしまいました。あわてて、コナンの声を出すために使用しました。

第190話「命がけの復活 第三の選択」

名探偵コナン26

コナンが一時的に工藤新一の姿に戻るので、「マスク型変声機」を灰原哀が使ってコナンに変装しました。

第52話「霧天狗伝説殺人事件」

名探偵コナン11

蝶ネクタイ型変声機の声を飛ばすことができる、ボタン型スピーカーが使用されました。声を装う人物のそばにいなくても、声が出せるのです。

『名探偵コナン 水平線上の陰謀』【2005年】

水平線上の陰謀

「カフスボタン型スピーカー」が登場しました。これによってかなりの距離まで声が飛ばせるようになっています。

盗聴機能も付いていて、応用範囲がかなり広いです。

ターボエンジン付きスケートボード

太陽電池で駆動するスケートボード。主に犯人の追跡用に使用します。太陽光で充電しておけば夜間でも30分動きます。

毎回犯人を捕まえる物語の佳境で使用されるため、スケートボードを使っているときはあの緊迫感がお馴染みになっています。

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』【1999年】

世紀末の魔術師

ハングライダーで逃走する怪盗キッドを追うために、服部平次がバイクを運転していたのですが、平次が事故を起こしてしまい、急遽コナンがこのスケートボードを使用します。

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』【2001年】

天国へのカウントダウン

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』ではこれに乗ってビルからビルへと飛び移って、少年探偵団の窮地を救いました。

『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』【2006年】

探偵たちの鎮魂歌

殺し屋風の二人組にバイクで追われ、激しいカーチェイスを繰り広げます。橋の欄干に駆け上がりますが、銃で撃たれ川に落下してしまいます。

『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』【2013年】

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』で水陸両用タイプが登場しますが、五ェ門の斬鉄剣で真っ二つにされてしまいます。

『名探偵コナン 沈黙の15分』【2011年】

名探偵コナン 沈黙の15分

『名探偵コナン 沈黙の15分』では、ターボエンジン付きスノーボードが使用されます。決壊したダムの水を止めるために、高性能スノーボードで雪崩を起こすという超人技を見せています。

キック力増強シューズ

スニーカー

スイッチを入れると磁力によって足のツボを刺激し、筋力を増強することができるという仕組み。これで蹴ったボールが木を真っ二つに折ったり、超人的な破壊力を見せます。

第5話「新幹線大爆破事件」で初登場

名探偵コナン4

新幹線の車内に仕掛けられていた時限爆弾が入ったケースを、このシューズで車外に蹴り出したのが初登場回でした。

その後も、絶妙な距離にあるものを破壊したり犯人にぶつけたりする際に使用されます。

伸縮サスペンダー

普段からコナンが身につけている、何の変哲もないサスペンダーですが、スイッチ1つで変幻自在に伸び縮みし、強度も最高です。重すぎて動かせない物を動かしたり、犯人を縛り上げたり…と使い方は様々です。

『名探偵コナン 漆黒の追跡者』【2009年】

名探偵コナン 漆黒の追跡者

第20話「幽霊屋敷殺人事件」で初登場した伸縮サスペンダーですが、『名探偵コナン 漆黒の追跡者』において、100メートルまで伸ばすことができるようになりました。

犯人追跡メガネ

犯人追跡メガネ

工藤新一の正体を隠すためにかけているメガネですが、左のつるのスイッチを入れるとアンテナがのび、レーダーと化します。20メートル以内の発信器を感知して、場所を特定できます。

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』【2001年】

天国へのカウントダウンサントラ

右レンズに赤外線望遠鏡の機能が搭載されました。暗視モードで夜間でも見ることができます。これでスナイパーを発見します。

『名探偵コナン 戦慄の楽譜』【2008年】

名探偵コナン 戦慄の楽譜

サーモグラフィーを見る機能が付け加わりました。もはや無敵の眼鏡です。

どこでもボール射出ベルト

サッカーボール

コナンがしているベルトはボタン1つ押すだけで、バックルからサッカーボールが射出されます。キック力増強シューズと合わせて犯人を捕まえる際に活躍します。

『名探偵コナン 天空の難破船』【2010年】

名探偵コナン 天空の難破船

『名探偵コナン 天空の難破船』で、ボールを気球ほどの大きさにまで膨らませて、飛行船の軌道を変え、明石海峡大橋との衝突を回避しました。

『名探偵コナン 沈黙の15分』【2011年】

名探偵コナン 沈黙の15分

『名探偵コナン 沈黙の15分』でコナンは雪崩に巻き込まれてしまい、自分の居場所を知らせるためにボールを打ち上げました。コナンの頭の回転の良さによって、物に当てる以外の幅広い使用用途があるようです。

『名探偵コナン 業火の向日葵』【2015年】

名探偵コナン 業火の向日葵

『名探偵コナン 業火の向日葵』で、湖に沈みそうになったコナンは、ボールをアドバルーン状にして無事に浮かび上がることができました。

弁当型携帯FAX

第10話「プロサッカー選手脅迫事件」

名探偵コナン7

こちらは発明というか、単に弁当箱にFAXを入れただけの代物。なぜか、おかずは阿笠博士が作った本物です。

真ん中の梅干しを押すとFAXとしての機能が機動し電話としても使うことができます。ただ活躍の場は少ないようです。

イヤリング型携帯電話

名探偵コナン14

イヤリングの形をした携帯電話。ボタン型のスピーカーと同じように、ボイスチャンジャーで加工された声を飛ばすことも可能です。携帯電話の普及とともに廃れていきました。

ボイスレコチェンジャー

第163話「月と星と太陽の秘密(前編)」で初登場

名探偵コナン12

蝶ネクタイ型変声機をペンの形状にしたもの。探偵団のメンバーが携帯しています。実際にバンダイから発売されました。