2017年下半期公開の注目おすすめ映画21選【話題作盛りだくさん!】

2017年7月6日更新 34840view

スター・ウォーズ、エイリアン、トランスフォーマー、人気シリーズの続編が次々に公開される2017年下半期。中でもSF作品の金字塔『ブレードランナー』の続編公開には期待が膨らみます。話題作いっぱいの2017年下半期公開作を紹介します。

12:夫の姿をした宇宙人が侵略したものとは?風変わりな夫婦愛を描く!

9月16日公開

行方不明になった夫・真治が数日後に帰宅。すっかり穏やかに人柄まで変わってしまった真治は自分は「侵略者」なのだと言います。毎日散歩に出掛けるようになった真治と、戸惑いながら暮らしを続ける鳴海。

時を同じくして町では一家殺人事件が発生していました。事件を追うジャーナリストの桜井は関係者に聞き込みを続ける中で天野という青年に出会います。天野もまた「侵略者」でした。

宇宙からの侵略者によって少しずつ様相が変わっていく地球。果たして何を侵略したのでしょう? 長澤まさみ、松田龍平が夫婦役を熱演、ジャーナリストの桜井を長谷川博己、天野役を高杉真宙が演じます。

13:なぜ、殺したのか?裁判が進行するにつれ明かされる事件の真相とは?

9月9日公開

是枝裕和監督がカンヌ映画祭出品作『海よりもまだ深く』に続き着手したのは、福山雅治を主役に迎えた法廷サスペンス『三度目の殺人』。

殺人を自供した容疑者・三隅の弁護を引き受けることになった弁護士の重盛。聞けば殺人の前科があり服役していたのだとか。諦めムードで裁判に臨む重盛でしたが、関係者からの聴取が進むにつれ違和感を感じるようになるのです。

弁護士重盛役の福山雅治、容疑者・三隅役の役所広司をメインに、被害者の妻役に斉藤由貴、娘役に広瀬すずをキャスティング。かつて裁判長として三隅の事件に関わった重盛の父・彰久役に名優・橋爪功が挑みます。

14:クリストファー・ノーランが第二次世界大戦中の実話を描く!

9月9日公開

『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のクリストファー・ノーラン監督が第二次世界大戦中にあった実話を描きます。

ドイツ侵攻が進む1940年、フランス北部の都市・ダンケルクに追い詰められた連合軍は成すすべもなく目前に迫った死に恐怖していました。ドイツ軍の攻撃は地上戦から空爆に切り替わり更なる絶望に陥ります。

ところがイギリスは兵士を見捨てませんでした。イギリス海軍指揮の下、860隻の船舶を調達し30万人もの兵士を救出する作戦を決行したのです。

15:巨匠リドリー・スコットの新シリーズ第2弾!

9月15日公開

1979年公開の『エイリアン』から30年以上の時を経て巨匠リドリー・スコットが新たなシリーズを展開。『エイリアン』から遡ること30数年、人類発祥の謎を解くために宇宙船「プロメテウス号」に乗った調査チームが飛び立ちました。

『プロメテウス』の続編に当たる本作では、人類の植民地を探そうと「コヴェナント号」を派遣します。素晴らしい惑星を発見したと喜ぶクルーたちを嘲笑うかのように次々と恐怖が襲いかかるのです。

本作のヒロインは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のキャサリン・ウォーターストン。前作からの唯一の生き残りとしてデヴィッド役のマイケル・ファスペンダーも出演します。

16:30年後もハリソン・フォードのリック・デッカード健在!

10月27日公開

SF映画の金字塔と呼ばれる『ブレードランナー』の続編となる本作。前作から30年後の世界をリドリー・スコット制作総指揮、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督で描きました。

本作から登場する新人捜査官Kを演じるのは『ラ・ラ・ランド』でアカデミー主演男優賞にノミネートされているライアン・ゴズリング。

ネオンの輝く退廃した街を背にハリソン・フォード扮するデッカードを探すところから物語が始まります。前作に散りばめられた謎は本作で回収できるのでしょうか?

17:荒川弘原作の大人気コミック、ついに実写化!

12月1日公開

原作は荒川弘による累計発行部数6000万部の大人気コミック。エドワードとアルフォンス兄弟は幼い日の過ちがもとでエドの右腕左脚とアルの体を失ってしまいます。

エドは弟の体を取り戻す方法を探るため賢者の石を求め広い世界に旅立つのです。ハガレンの世界観、スケールの大きな技を表現するため、VFX技術に秀でた曽根文彦がメガホンを取りイタリアで撮影に挑みます。

18:古都鎌倉を舞台にミステリー作家が怪事件に挑む!

12月9日公開

鎌倉という土地を愛し、鎌倉に暮らす人、魔物、幽霊、妖怪(?)まで全てを甘受する堺雅人扮する一色正和。

ミステリー作家という職業柄、鎌倉署管内で発生した事件が混迷すると知恵を求められることもしばしばで、今回も殺人事件の解明を依頼されたようです。高畑充希扮する年の離れた新妻・亜紀子ともども名探偵ぶりを見せてくれるのでしょう。

『ALWAYS 三丁目の夕日』の原作者として知られる西岸良平のもう一つの代表作「鎌倉ものがたり」を山崎貴監督が待望の実写化。監督の他にも堤真一、薬師丸ひろ子、三浦友和と『ALWAYS』の出演者が再集結しています。

19:ルークに何があったのか?最後のジェダイ・ルークの謎に迫る!

12月15日公開

前作のラストにちらっと登場したルーク。すっかり年老いて仙人のような風貌でしたが、エンドアの戦いの後に何が起きたのでしょう?

銀河系の僻地で孤独に暮らすルークを訪ねるレイ。惑星ダゴバのヨーダを訪ね、修行に励んだ日々が蘇ります。

30年前に何があってルークが行方をくらますことになったのか? 謎が解ければ、レイやカイロ・レンの生い立ちに繋がるのかもしれません。

20:アガサ・クリスティの代表作、リメイク版登場!

12月公開

オリエント急行の殺人

アガサ・クリスティーを代表する名作ミステリー「オリエント急行殺人事件」が再び映画化されることになりました。1974年に制作されたオリジナル版は巨額な製作費と豪華キャストが話題となり、アメリカだけで3500万ドルの興行収入を記録しています。

リメイク版として制作される本作も、被害者ラチェットをジョニー・デップ、メアリーを『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のデイジー・リドリー、ハバート夫人役をミッシェル・ファイファー、他にもペネロペ・クルス、ウィレム・デフォーと豪華な出演者ばかりで数え上げたらきりがありません。

なお、主人公・ポアロを演じるケネス・プラナーは自身でメガホンを取り、リドリー・スコットらとともにプロデュースを務めることが分かっています。

21:女子高生の戦車道!?最終章いよいよ開幕!

12月公開

2015年公開の映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』の後日談を描く『ガールズ&パンツァー 最終章』。全6章で構成され、1章辺り40分、合わせて240分ほどの作品になる模様です。

季節は冬、第1章の多くは日常パートで占められているので、戦車戦に期待している方々は肩透かしに合う可能性あり。

新生徒会メンバーが決まりましたが旧生徒会の3人も出演予定なのでどうかご安心を!