©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

2018年夏休みに公開されるおすすめ映画ランキング20【アニメから実写まで!】

2018年5月8日更新

2018年の夏休みも映画がアツイ!少女漫画・少年漫画の実写化、2017年邦画No.1ヒットの続編、注目のディズニーアニメ映画、細田守最新作アニメ映画など、老若男女が楽しめるおすすめ映画をランキング形式で紹介します!

2018年夏休みに公開されるおすすめ映画をランキング形式で紹介!

未来のミライ
©2018 STUDIO CHIZU

暑い盛りの夏休み、涼しく快適なシアターでの映画鑑賞も外せない楽しみの一つです。さて、2018年の夏はどんな作品がラインアップしているのでしょうか? 日本アニメ界が放つ新プロジェクト、人気クリエイターの最新作、豪華なW主演が話題のミステリー、大ヒットのスパイアクションシリーズ、2017年夏No.1ヒット作の続編、人気コミック待望の実写映画版、ミュージカル映画の続編など、バリエーション豊かな話題作や大作が勢揃いです。 そんな中からここでは注目のおすすめ20作品を選び、ランキング形式にてご紹介します。夏の予定の一つにぜひ組み込んでみてください!

20位:男子4人組の甘酸っぱい青春を描いた人気コミックの実写映画化

7月6日(金)公開

仲のいい男子高校生4人組の恋と友情を描いた水野美波のベストセラーコミックが原作です。「GENERATIONS from EXILE TRIBE」で活躍する佐野玲於がなっちゃんこと夏樹、中川大志がまっつんこと智也、高杉真宙がつよぽんこと剛、横浜流星がけいちゃんこと恵一を演じています。 いつものんきにつるんでいる仲良し4人組ですが、明るく元気でも実はピュアななっちゃんが同級生の杏奈のことを好きになってしまったことから、平凡な日常に波風が立ち始めます。純な片思いをみなで応援しつつ、それぞれもまた恋に悩みます。 対する女性陣は、杏奈を吉川愛が演じるほか、堀田真由や恒松祐里らが名を連ねています。フレッシュな若手俳優たちの切なくみずみずしい演技に注目です。

19位:『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが放つ第2弾!

8月24日(金)公開

2017年に公開された『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが放つ第2弾は、短編アニメのオムニバスです。「ポノック短編劇場」と題し、あるテーマに基づいた複数の短編アニメを一緒に公開するという、世界に先駆けた新プロジェクトです。 記念すべき1作目に選ばれたテーマは「ちいさな英雄」。『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督がカニの兄弟の大冒険を描いた『カニーニとカニーノ』、故・高畑勲の右腕だった百瀬義行監督が母と子のきずなを綴った『サムライエッグ』、宮崎駿チームの主要メンバーだった山下明彦監督によるアクションファンタジー『透明人間』の3編です。 声優陣にはオダギリジョーや尾野真千子ら豪華なキャストが発表されているほか、スタッフに中田ヤスタカの名前もあります。

18位:エマ・ストーンが実在の伝説的テニスプレーヤーを演じる!

7月6日(金)公開

女性テニスプレーヤーの草分け的存在かつ絶対的女王として、60年代から80年代に活躍したビリー・ジーン・キングにまつわる実話を映画化したのが『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』です。 1973年、女子の世界チャンピオンだったビリー・ジーン・キングが、テニス界における男女差別撤廃を求めて「女子テニス協会」を設立します。そんな彼女に元男子チャンピオンのボビー・リッグスが挑戦状を叩きつけたことで、世界が注目する世紀の一戦「バトル・オブ・ザ・セクシーズ(性別を超えた戦い)」が実現することになります。 『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンが主役に抜擢され、リッグスにはスティーヴ・カレルが扮しています。レズビアンで知られる男勝りなビリー・ジーン・キングに、可憐なエマ・ストーンが見事になりきっているのも話題です。

17位:幸田もも子の人気コミックが原作の学園ラブコメディ

8月1日(水)公開

高校教師と女生徒の恋愛をコミカルに描いた幸田もも子の人気コミックを、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が映画化しました。クールだけれどどこかひねくれた教師の弘光由貴を竹内涼真、バカ正直なぐらいまっすぐな女子高生の佐丸あゆはを浜辺美波が演じます。 主人公である弘光由貴は、幸田もも子の別の人気コミック『ヒロイン失格』に登場する弘光廣祐の実の兄であり、幸田ファンの間ではおなじみのキャラクターとして抜群の人気を誇ります。 主役2人のほか、佐藤大樹、川栄李奈、新川優愛らが脇を飾ります。原作者自身、思い描いたイメージにぴったりのキャスティングだと述べており、どれだけ人物描写や原作の面白さが忠実に実写化されているかが見どころです。

16位:爆発的人気を誇るファンタジーコミックが初の劇場版に!

8月18日(土)公開

累計発行部数が2800万部を突破し、「週刊少年マガジン」の看板作品とも言われる鈴木央のコミックがついに映画化されました。2014年のテレビアニメ第1期に続き、2018年から新シリーズが放送されて好評を博すなか、満を持しての劇場版です。 剣や魔術を駆使したアクションファンタジーに加え、仲間たちの友情や絆など熱い人間ドラマが感動を呼ぶ『七つの大罪』。『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』では鈴木央があらたに書き下ろしたオリジナルの物語が展開し、新キャラクターも登場します。 国王のため幻の天空魚を探しにやってきた7人ですが、メリオダスとホークが「天空宮」へと飛ばされてしまいます。天翼人が暮らす天空宮において、ベルリオン率いる凶悪な魔神族の「黒の六騎士」と熾烈な闘いを繰り広げる姿を描きます。

15位:幻のポケモン・ゼラオラの正体は?劇場版シリーズ第21作

7月13日(金)公開

今や世界中で愛される「ポケットモンスター」劇場版シリーズの第21作目です。1作目からから前作までメガホンをとった湯山邦彦に代わり、あらたに前作で副監督を担当した矢嶋哲生が監督に抜擢されました。 年に1度開催される「風祭り」。最終日に伝説のポケモン・ルギアが出現し、恵みの風を吹かすといわれているフウラシティの街を舞台に、サトシとピカチュウ、そして新しく出会った仲間たちの冒険が始まります。 おなじみの声優陣に加え、ゲストとして芦田愛菜、濱田岳、野沢雅子ら、さらに劇場版では常連となった中川翔子と山寺宏一の名前が発表されています。

14位:原作は『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦による日本SF大賞受賞作

8月公開

アニメ化されて話題になった『夜は短し歩けよ乙女』や『有頂天家族』など、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気小説家・森見登美彦による日本SF大賞受賞作『ペンギン・ハイウェイ』があらたに劇場アニメ化されました。 主人公はコツコツと勉強する真面目な小学4年生アオヤマ君と行きつけの歯科医のお姉さんです。ある日、海のない街なのに突然ペンギンが出現!その謎と秘密をめぐる仲良し2人の姿を描いた青春ファンタジーです。 ドラマ『バイプレイヤーズ』でジャスミンに扮した北香那が初の声優でアオヤマ君を演じ、お姉さん役を蒼井優が務めます。短編『台風のノルダ』を手掛けたスタジオコロリドの長編第1作目にあたる作品です。

13位:原始時代を舞台にしたストップモーションアニメ

7月公開

『ウォレスとグルミット』や『ひつじのショーン』など世界的ヒットシリーズでおなじみのニック・パーク監督とアードマン・アニメーションズが手掛けるストップモーションアニメの新作です。 マンモスたちが原野を闊歩する先史時代。暴君ヌース率いるブロンズ・エイジ・シティの軍隊に攻められて住処を追われた少年タグと仲間たちは、大切な故郷を取り返そうとブロンズ・エイジ・シティで人気のサッカーで挑むことに……。 少年ダグの声をエディ・レッドメイン、ヌース卿の声を『アベンジャーズ』のトム・ヒドルストンが務めています。

12位:大根仁が手掛ける韓国映画の日本リメイク

8月31日(金)公開

ロングランヒットを記録した韓国映画の秀作『サニー 永遠の仲間たち』が、『モテキ』など才気あふれる大根仁監督の手によってリメイクされました。舞台を日本に移し、90年代カルチャーをふんだんに散りばめた女たちの甘く切ない青春が描かれます。 平凡な40歳の専業主婦・阿部奈美が、22年ぶりに再会した伊藤芹香からガンで余命わずかだと告白されます。もう一度昔の仲良しグループ「SUNNY(サニー)」に会いたいという芹香の願いを叶えるため、音信不通のメンバー探しを始めるのでした。 主人公の奈美を篠原涼子、その若き時代を広瀬すずが演じるほか、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、板谷由夏らが個性的な女たちを演じます。90年代のJ-POPが華やかに物語を彩るばかりか、音楽を小室哲哉が担当しているのも話題です。

11位:大ヒットした医療救命ドラマが10周年を迎えて待望の劇場版公開!

7月27日(金)公開

災害・事故現場に立ち向かう医療関係者たちの姿を描く本格救命ドラマとして、2008年に放送開始してから10年。同クールで視聴率1位を獲得してからスペシャルドラマとシーズン2・3を経て、ついに壮大なスケールの劇場版として帰ってきます。 今回の舞台になるのは2017年に放送されたシーズン3のトンネル崩落事故から3か月後です。濃霧のためフェリーが海ほたるに衝突し、さらに成田空港でも……。連続大事故現場で藍沢たちの奮闘が始まります。 主人公の藍沢耕作を演じる山下智久のほか、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介ら不動の5人が引き続き活躍します。また、椎名桔平、Hey! Say! JUMPの有岡大貴、成田凌、安藤政信らおなじみのメンバーも勢揃いしておりファン必見です。

10位:全員美しき女たち!「オーシャンズ」シリーズ第4弾

8月10日(金)公開

ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットら豪華スターが犯罪スペシャルチームの面々を演じ、世界中で大ヒットを記録したのが11・12・13の「オーシャンズ」シリーズです。第4弾の8はメインキャラクターを全員女性に一新し、女たちによるクールにしてあざやかな犯罪が描かれます。 リーダーとなるサンドラ・ブロックが演じるのは、ジョージ・クルーニー扮したダニー・オーシャンの妹デビーです。その他、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、リアーナ、サラ・ポールソンら豪華過ぎるスターが8人のかっこいい女たちを演じます。 犯罪の舞台になるのはニューヨークで開催される大規模なファッションショー「メットガラ」です。それゆえ多数のセレブがカメオ出演することも明かされており、公開前から大きな話題をよんでいます。