ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

雨宮兄弟がかっこいい!『HiGH&LOW』シリーズの重要人物を紹介!

2017年8月10日更新

元EXILEのHIROが総合プロデュースを務め、チームの抗争や男たちのプライドを描く『HiGH&LOW』シリーズ。様々なメディアで展開する物語の重要人物であり、高い人気を誇る尊龍・雅貴・広斗の”雨宮兄弟”についてご紹介します。

雨宮兄弟が大活躍する『HiGH&LOW』シリーズ

『HiGH&LOW/ハイアンドロー』
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

『HiGH&LOW』シリーズは、元EXILEのHIROが代表を務めるLDHと日本テレビがタッグを組み、HIRO総合プロデュースのもと企画、制作されている”総合エンタテイメントプロジェクト”です。

2015年にテレビドラマ放送開始以降、映画・漫画・ネット配信・ライブツアー・SNSなど、様々なメディア展開と連動する一大プロジェクト。EXILE TRIBEメンバーらをキャストに迎え、5つのチームが抗争を繰り広げる街「SWORD地区」を舞台に、男たちの戦いやプライドを描いてきました。

今回は、同シリーズで高い人気を誇り、物語の重要人物でもある雨宮兄弟をご紹介します。

ムゲンが唯一潰せなかった最恐最悪の極悪兄弟こと雨宮兄弟!

雨宮兄弟(あまみやきょうだい)とは、SWORD地区と呼ばれる前の街一帯を圧倒的な力で支配した「ムゲン」が、唯一潰すことが出来なかったという最恐最悪の兄弟です。

隣接する「国双地区」に住む運び屋で、ムゲンが創設メンバーの事故死を機に解散した後は姿を消していたものの、ある目的のためSWORD地区に帰還。元ムゲン総長の琥珀が、外部勢力と手を組んで襲撃すると知って、SWORD地区の5つのチーム”G-SWORD”側に加勢しました。

全員が武道・格闘技の経験があるため、猛者とのタイマンでも一対多数でも圧倒する高い戦闘能力を持っており、長男の尊龍は弟より遥かに強いとされています。また3兄弟は、幼少期からアイスキャンディーが好物で、成長後もお互いのものを食べ合ったりしていました。

TAKAHIRO演じるケンカが強くて女好きの次男・雨宮雅貴

次男の雨宮雅貴は、ムゲンが解散した1年前に失踪した兄・尊龍の行方を追ってSWORD地区を訪れ、弟の広斗と共にチーム「山王連合会」と関わりを持つようになりました。

かつて広斗とバイクで流していた時、偶然に遭遇した100人ものムゲン一派を蹴散らしたことから、2つの勢力の因縁が始まったのだとか。旧SWORD地区で、当時最強だった琥珀と互角に渡り合った唯一の存在である一方、クラブでナンパを試みる女好きの一面もあるそうです。

雅貴を演じるEXILEのTAKAHIROは、GRAYのHISASHIを中心に結成したロックバンド「ACE OF SPIDERS」として、雨宮兄弟のテーマ曲『SIN』も担当。広斗役の登坂とコラボしたこの曲以外にも、雅貴のテーマ曲『Louder』のほか、EXILEとして劇中歌なども歌っています。

登坂広臣演じるクールなトラブルメーカー三男・雨宮広斗

三男の雨宮広斗は、冷酷に見えるほどクールに振る舞っているものの、一度キレると手が付けられない喧嘩好きのトラブルメーカーです。

雅貴が面倒事の尻拭いすることも多く、空手などを軸にした蹴り技を使用する兄とは対照的に、ボクシングスタイルの戦いを得意とします。不器用ではあるものの、負傷者の治療のために医者を呼ぶなど、兄たちと同じ情に厚い部分も持っているキャラクターです。

広斗を演じる三代目 J Soul Brothersの登坂広臣は、HIROがプロデュースするユニット「PKCZ」とコラボし、広斗のテーマ曲『CHAIN BREAKER』などを担当。TAKAHIROとは私生活でも仲が良いそうで、シリーズ開始当初から自然に兄弟を演じることが出来たと言います。

雨宮兄弟が主役のスピンオフ映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』【2016年】

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、シリーズの長編劇場版第2弾であり、雨宮兄弟にスポットを当てたスピンオフ的な作品です。ファンの間で様々な憶測が飛び交い、消息不明のままとなっていた長男の尊龍が、物語の重要なキーマンとして初登場しました。

雅貴と広斗は、両親の命日に尊龍が訪れることを期待して墓参りに行くものの、現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る少女・成瀬愛華。彼女の父が遺したUSBには、「九龍グループ」の上園会と政界が目論むある計画のデータが入っており、上園会に狙われているそうなのですが・・・・・・。

1年前に姿を消した尊龍が、両親の死の真相を探るべく「九龍グループ」の上園会に潜入していたこと、雨宮兄弟の過去に関する秘密などが明かされます。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』のネタバレが知りたい方はこちら

斎藤工演じる弟思いの謎多き長男・雨宮尊龍

長男の雨宮尊龍は、10年前に両親が首つり自殺をした後から雅貴・広斗の面倒を見て、喧嘩ばかりだった弟たちの仲を取り持った人物です。父の再婚相手の連れ子の広斗とは異母兄弟ですが、2人に「大切なもののために拳を使う」ことを教え、三兄弟の絆は強固なものになりました。

紳士的な性格に反して兄弟一の強者と恐れられており、銃に対し生身の近接戦で渡り合う、ゼロレンジコンバット(近接格闘術)を得意とします。

弟思いの尊龍を演じたのは、出演が決まる以前からシリーズを観ており、雨宮兄弟のかっこよさに惚れ込んでいたという”セクシー俳優”の斎藤工。映画『THE RED RAIN』では、絡みが少ない中でも”弟たちへの思い”を大切にしたそうで、物語の重要な役柄を見事に演じました。

雨宮兄弟のテーマ曲はACE OF SPADES feat. 登坂広臣による「SIN」

『HiGH&LOW』シリーズではグループごとにテーマ曲が存在します。雨宮兄弟の劇中歌を歌うのはTAKAHIROがボーカルを務めるロックバンドACE OF SPADESと登坂広臣がコラボした“ACE OF SPADES feat. 登坂広臣”。激しいロックナンバーになっています。 さらにEXILEのHIROがプロデュースし、DJ MAKIDAIやVERBALが所属するクリエイティブチームPKCZ®も参戦した"ACE OF SPADES×PCKZⓇ feat.登坂広臣"は、雨宮兄弟のスピンオフ映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」の主題歌「TIME FLIES」を担当しています。

バイクを自在に操る雨宮兄弟がかっこいいと話題!

雨宮兄弟『HiGH&LOW/ハイアンドロー』
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

兄弟たちは黒い大型バイクを高い操縦技術で乗りこなし、3つの頭を持つ鷹のロゴがあるヘルメットを愛用するなど、バイクに強いこだわりを持っているとのこと。体の一部のように操って標的を追い詰めたり、離れた目的地へもあっという間に辿り着くことが出来ます。 雨宮兄弟のバイクは『HiGH&LOW』ファンの間でも話題ですが、これらはアメリカンバイクの王道とされる、「ハーレー・ダビッドソン」をカスタムしたものです。 雅貴のバイクは、極太のリアホイールなどのフルカスタムで原型が無くなっており、元になった車種は不明とのこと。広斗のバイクは「ナイトロッドスペシャル」が元の車種で、ハーレー伝統の”空冷Vツインエンジン”ではなく、「ポルシェ」と共同開発した”水冷エンジン”が使用されました。 ハーレーは新車で200万以上、カスタム費用は500万以上と言われるので、700万円以上のバイクであることは間違いないようですね。