2017年9月27日更新

山王連合会、ムゲンの血を継ぐ山王街二代目喧嘩屋がかっこいい!【HiGH&LOW(ハイアンドロー)】

『ハイアンドロー2』『HiGH&LOW2』
(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

2017年8月と11月にMOVIE 2と3が相次いで公開される『HiGH&LOW(ハイアンドロー)』。いよいよ大団円へと向かう同シリーズにおいて、常に抗争の中心に位置する山王連合会についてご紹介します。

目次

山王連合会はムゲンの血を受け継ぐチーム

商店街である「山王街」を拠点に活動するチームが山王連合会です。レストラン「ITOKAN」がたまり場で、「山王街二代目喧嘩屋」の異名を持ち、互いに敵対し合うチームの中で常にカギを握る存在です。 かつて地域全体を圧倒的な力で支配していたムゲンが解散したことで、様々なチームが覇権を争うようになり混沌とした状況の中で、ムゲンのメンバーだったコブラとヤマトが新たに創設しました。伝説と化したムゲンの血を引き継ぐと言われるのはそれゆえです。 ここでは、『HiGH&LOW』シリーズ全体を通して重要な柱の一つである山王連合会について、そのあらましや位置づけ、さらに所属する主なメンバーと演じる俳優陣についてご紹介します!

『HiGH&LOW(ハイアンドロー)』シリーズとは

『HiGH&LOW/ハイアンドロー』
(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

EXILEのメンバーとして活躍後、LDH JAPANの会長となったHIROが総合プロデュースを手掛ける『HiGH&LOW』は、テレビドラマに始まり映画・コミック・ライブツアー、さらにはコラボイベントに至る様々なメディアを駆使して展開する壮大なエンターテイメントプロジェクトです。 ある架空の街を舞台に、権力と支配をめぐって複数のチーム間で繰り広げられる熾烈な闘争と、愛憎入り混じる人間模様が描かれます。シリーズ通して豪華なキャストが多数出演し、『HiGH&LOW THE MOVIE2』ではついに総勢100名を超えるなど、大きな話題になっています。 シリーズはまずテレビドラマが2015年10月から2016年6月まで2シーズンに渡って放送され、映画はテレビの総集編上映に続いて2016年7月に第1弾『HiGH&LOW THE MOVIE』、10月にスピンオフ『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開されました。2017年8月と11月に相次ぐ続編の公開で、さらなる盛り上がりを見せています。

山王連合会はG-SWORDのS

圧巻の力を誇ったムゲンがある事情で解散し、唯一対抗していた雨宮兄弟も姿を消して無法地帯と化した地域一帯。そこで次第に頭角を現した5つのチームの総称がG-SWORDです。 山王連合会、White Rascals(ホワイトラスカルズ)、鬼邪高校、RUDE BOYS(ルードボーイズ)、達磨一家のそれぞれの頭文字を合わせたものであり、もちろんSが山王連合会を意味しています。そして5大勢力が微妙な均衡と思惑で支配するそのエリア全体を、SWORD地区と呼んでいます。 このほか、裏社会と繋がる極悪組織・九龍グループの不気味な動き、また湾岸地区で暴れるMIGHTY WARRIORS(マイティーウォーリアーズ)やDOUBT(ダウト)といった新たな勢力がSWORD地区をたびたび襲撃するなど、混沌を極める権力闘争の中心にいるのがまさに山王連合会なのです。

山王連合会のリーダー・コブラ

コブラ/岩田剛典

ムゲンが解散してから一年後、メンバーの一人だった幼なじみのノボルのために山王連合会を創設したのがコブラこと緋野盾兵です。輝く金髪と冷たい眼光が特徴の総長であり、ノボルのみならず仲間と山王街を守る気持ちは人一倍強いリーダーです。 プロレスとアントニオ猪木好きで、幼い頃からコブラツイストを得意としていたことから「コブラ」と呼ばれるようになりました。クールな外観とは裏腹に、酒が入ると一転して饒舌になるという意外な一面もあります。 コブラを演じているのは、EXILEと三代目J Soul Brothersのメンバーとして、さらに俳優としても目覚ましい活躍をしている岩田剛典です。2016年に高畑充希とW主演を果たした映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』を大ヒットに導いたほか、2018年には主演映画『パーフェクトワールド』が控えているという人気絶頂の俳優です。

コブラとともに山王連合会を立ち上げたヤマト

ヤマト/鈴木伸之

小学生の頃からコブラとは幼なじみで、ムゲンを経てともに山王連合会を立ち上げたのがヤマトこと朝比奈大和です。劇団EXILEの鈴木伸之が演じています。 コブラとは長いつきあいながら性格は正反対であり、純粋でまっすぐゆえ、何事にもすぐ熱くなる熱血漢なところが特徴です。また屈強な肉体からくりだすキックやパンチは相当の威力を持つパワーファイターとして知られており、トラブルや抗争の際は常に先陣に立つ役回りです。 ヤマトを演じた鈴木伸之にとって、2017年は大きな飛躍の一年になりそうです。波留と共演したテレビドラマ『あなたのことはそれほど』で演じた不倫相手・有島光軌役は大きな評判をよび、また話題の実写映画『東京喰種トーキョーグール』では亜門鋼太朗を演じています。

その他のメンバー

ノボル/町田啓太

幼なじみであり、ムゲンの仲間だったコブラやヤマトとは別の道を歩むことになるのがノボルこと原田登です。弁護士志望という3人の中で最もインテリでしたが、恋人に関係する殺人事件を起こし一時刑務所に服役していました。 出所後は九龍グループ傘下の家村会に属していましたが、やがてコブラらの説得で山王連合会に戻り、情報屋として手腕を発揮します。家村会の策略で生死をさまよう大怪我を負うなど、波乱の宿命を背負った人物です。 ノボルを演じているのは町田啓太です。2010年にオーディションで合格し劇団EXILEに所属するも、舞台で大怪我をして止むなく脱退。GENERATIONSの候補メンバーに選ばれるも再び怪我で断念し、劇団に再加入したという波乱のキャリアは、どこか劇中のノボルを彷彿とさせます。

ダン/山下健二郎

山王連合会の中でもムードメーカー的存在がダンこと壇一八です。関西弁を話し、女性にはあまり縁のない三枚目キャラですが、野球部出身で意外と俊足。 テッツとコンビで先輩面をしていますが、やや抜けたところもあって、White Rascalに襲撃されるきっかけを作ってしまったこともありました。実家は何でも屋を営んでおり、普段はそこで店長をしています。 個性的なダンを演じているのは、三代目J Soul Brothersのメンバーとして活躍する山下健二郎です。もともとは、オーディションを経て劇団EXILE風組のメンバーとなったのが最初ですが、2010年に三代目J Soul Brothers入りしたことで翌年に劇団の方を脱退しています。

伊集院甲/八木将康

伊集院甲は「床屋ピューマ」の次男坊ですが家業をまじめに手伝わず、ぶらぶらと遊び惚けているがゆえに世間に関し情報通なところがあります。コブラやヤマトとは幼なじみであり、当初は山王連合会の取り巻きのような存在でしたが、やがてメンバーの一人としても際立った活躍するようになりました。 幼少時のトラウマから「カニ」という言葉自体が弱点ですが、戦闘能力は随一です。 演じているのは劇団EXILEに所属する八木将康です。2012年に正式加入し、以後舞台やドラマ・映画で性格俳優としてキャリアを積んでいます。EXILEおよびEXILE THE SECONDで活動するSHOKICHIは実兄です。

テッツ/佐藤寛太

長髪ドレッドヘアというインパクトのある容姿が特徴のテッツこと黒崎鉄平は、コブラとヤマトに憧れてメンバー入りした若手の切り込み隊長です。ちなみにMOVIE 2以後は、トレードマークだったドレッドヘアを止めて登場します。 山王連合会ではメンバーから可愛がられる弟的存在ですが、敵対する相手に立ち向かうときは実に狂暴になります。銭湯「山乃湯」が実家です。 テッツを演じているのは佐藤寛太です。2014年に劇団EXILEのオーディションに合格し、翌年に正式メンバーとなりました。入江直樹役で主演した映画『イタズラなKiss』は人気シリーズ化し、役者として当たり役となりました。

チハル/佐藤大樹

チハルこと片岡千春はもともと鬼邪高校の生徒でしたが、転校してきたその日にトラブルを起こし、ヤマトに助けられたのがきっかけで山王連合会と関わりを持つようになりました。ノボルとの関係で一時不可解な動きもありましたが、結局山王連合会の正式メンバーに収まります。 その後はコブラらを尊敬して見習い、ハチャメチャな高校生から次第に頼りがいのあるメンバーへと成長していきました。とりわけドラマのシーズン1で目立った活躍をみせることになります。 チハルを演じたのは、2014年よりEXILEのメンバーとして活動する佐藤大樹です。合わせて2017年からはFANTASTICSとしての活動もスタートさせるなど、LDH期待の若手です。

『HiGH&LOW THE MOVIE』から登場するメンバー

ケン/岩谷翔吾

山王連合会の主要メンバーの中でも、特に若手の新人と言えるのがケンです。かつて山王連合会に入る前は山王街にたむろする若者たちを仕切っていたテッツの後輩であり、テッツの紹介でメンバー入りするに至りました。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEで活躍する岩谷翔吾がケンを演じています。EXPG大阪校で学び、しばらくGENERATIONSのサポートメンバーとして活動していましたが、2014年に現メンバーに晴れて抜擢されました。 ケンという役柄と同じく、2017年3月にようやく20歳を迎えたばかりであり、これからの飛躍が期待される若手の一人です。ケンはドラマには登場せず、劇場版第1弾『HiGH&LOW THE MOVIE』で初めてその姿を見せました。

ヒカル/山本彰吾

ケンと並び、山王連合会の中でも特に若い新人メンバーがヒカルであり、同じくテッツの後輩として紹介されメンバー入りしました。ケンとともに山王連合会の次世代を担う存在だと言えるでしょう。 ヒカルを演じるのは、ケンを演じる岩谷翔吾と同じく、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEで活躍する山本彰吾です。2014年に受けた「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」では残念ながら落選するも、THE RAMPAGEの候補に選出され、同年9月に正式なメンバー入りを果たしました。 1995年10月6日生まれで、実際は岩谷翔吾より2歳上です。本シリーズをステップアップに大きな飛躍が期待されます。

テーマ曲は「Do or Die」

『HiGH&LOW』シリーズは、映像のみならず音楽にも同等の重点を置いた総合エンターテイメントです。2016年には複数のドームで大規模なライブツアーが繰り広げられ、各地で好評を博しました。 ドラマや映画の劇中においても音楽そのものが重要な位置を占めており、各チームにテーマ曲が設定されています。山王連合会は、ノリのいいリズムとラップが印象的な「Do or Die」です。 担当したのはDOBERMAN INFINITYです。2000年に関西エリアを中心に活動を開始し、2004年にミニアルバム『CONVERSATION PIECE』でメジャーデビューを果たしました。2008年にLDHに所属し、本腰を入れた音楽活動をスタートさせています。

山王連合会の映画『ハイアンドロー2・3』での活躍に期待!

いよいよ2017年8月19日と11月11日に映画の続編となる『ハイアンドロー2・3』が相次いで公開されます。タイトルは2が『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』、3が『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』です。 湾岸連合軍との壮絶な闘争後、一時の落ち着きを得ていたSWORD地区に、再びDOUBTやプリズンギャング、九龍グループが抗争を仕掛けます。2の予告編では「さらば、SWORD」の文字も見え、どうやら大変な事態が勃発しそうです。 3のタイトルにはついにFINALのワードが選ばれ、いよいよ物語が大団円へと流れこむのは間違いありません。そんな中、常に抗争の中心にいた山王連合会がどのような動きを見せるのか、最後まで目が離せません。